鳥瞰ニュース

空にいるような軽い気分で・・・

ベンチにルイ・ヴィトン

2017年01月03日 16時06分16秒 | アングル


バス停に着いたら、ベンチにこれがあった。
1ヶ月近く前のことだが、書く記事がなくなったので、何てこともないこんなことでも・・。
反対側から同時にやってきたおばさんと目を見合わせ、とりあえず私が手にとって中身を検分。
一瞬の高揚と期待を裏切って、中身は1円玉2つと5円玉1つだけ。
万札どころかレシートさえもなかった。
抜かれたんやね!
指紋つけたらアカンな!
私には幸いなことに、エンボス加工がしてあって、指紋は取れないだろうと思われる。
どうしたものかと思ったが、おばさんと相談するまでもなく、持ち主が探しに来ることもあろうから、そのままにした。
ブランド物に疎いので、これがルイ・ヴィトンであることも知らなかった。
この財布が高いのか、偽ブランドっぽいかどうかも分からない。
帰りもバスに乗ったが、すっかり忘れてしまっていたので確認することもなかった。
ベンチのルイ・ヴィトンがどういうことになったか知るすべもない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« (続々) 男の病 その19... | トップ | 秘密基地 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (sukebo)
2017-01-04 19:44:36
ものを見ると、活字が出てくるのですね。
素晴らしいです。

屋敷内に財布が捨てられ、現金はなかったけれど、カード類が多かったので「派出所」が打てないから交番と打とうと思った。交番でいろいろ聞かれて、もしかして
何処からか感謝の電話でもと思ったけど今日まで来ず。3年経過。

先日JAL・WAONカードが書留で届いた。どこで紛失したのかもわからない。
残高は0でした。せいぜい2千円未満だとおもう。もし残があったとすると。
sukeboさんへ (とんび)
2017-01-04 20:08:20
私は、免許から何から何まで入った財布を落としたことがあります。
慌てていろんなものを止めたけれど、少ししてから届けられ、助かったけれど戸惑ったことがあります。
お礼をしようと思ったけれど、連絡もしないで良いみたいな対応で、変な気分が続きました。
アレいらい、鎖をつけています。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。