鳥瞰ニュース

空にいるような軽い気分で・・・

株分け第二弾

2017年06月18日 00時28分00秒 | 身の周りの植物




キンリョウヘンのもう一つの鉢は、均一小分けにしないで、半分と小分けにした。
あまりに変化を与えて全滅になっては困る。
鉢からはみ出したり、せり上がったりしているシンビジウムも株分けした。
葉っぱのない株(バルブ)だけの分もできてしまったので、そこから葉が出て花も咲かせられるかどうか実験的の分も作った。
シンビジウムとキンリョウヘンが2鉢ずつの4鉢だったのが、大小合わせて合計29鉢になった。
あとは枯らさぬよう、適当に水やりだけ。
達成感というよりも、気が抜けた。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 蘭の株分け | トップ | サクラソウに奇形の葉が発生 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (sukebo)
2017-06-19 19:53:19
高額で販売された、ランの集合鉢が、見るからに誰も買わない姿をしてしぼんでいます。鉢も含めて¥1000はボクの待っていた作戦。解体して株分けして楽しんでいます。2・3年で咲く。
まだ咲いている胡蝶蘭もそれです。

ミズゴケも高いですよね。立派です。咲かなくてもいいですね、葉っぱは・・・。
sukeboさんへ (とんび)
2017-06-20 06:29:06
>解体して株分けして楽しんでいます。2・3年で咲く。
>まだ咲いている胡蝶蘭もそれです。

なんと、そうでしたか!?
胡蝶蘭は開店祝いなんかに飾るものだという認識でしたから、どうやって手に入れたのかとは思っていました。
なかなか賢いやり方ですね!?

水苔はかなり圧縮されて売っているので、買う時は最小サイズで良いと知りました。
かなり余ってしまっています。ザンネン!

コメントを投稿

身の周りの植物」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。