徒然草Ⅱ

「アッ!」「イイねえ!」「ウッソー!」「エーッ!」「オおぉ!」ということを書きたい!?

マイナンバーシステム ここがおかしいよ!

2016年10月01日 | 違和感

坊主憎けりゃ 袈裟まで憎い!

マイナンバーシステムは、おかしい! 

利用者目線でカードデザイン、端末の画面遷移が作られていない!

1.マイナンバーカードのデザインがおかしい。

 (1)カードの有効期間の印刷文字、および 脳死状態のときの臓器提供の有無文字が
    虫眼鏡で見ないと見えない。

 (2)電子証明書の有効期間が、プレプリントされていず、手書きしなければならない。
    手書きのスペースが非常に狭く、油性極細ペンで非常に書きずらい。

 (3)写真のバックのぼかしが「センス」がない。ぼかし、丸い縁取りは、必要ない。

    専門のデザイナーは、何をしていたのでしょうか?
    私のような素人でもデザインに違和感を持つのに、なぜ、このデザインが
    通っているのでしょうか?


 (4)電子証明書の暗唱番号は、英字は、大文字しか使えない。常識では、ありえない!
    普通、パソコンやスマートフォンは、英小文字が、ディフォルトなのに
    どういう設計思想になっているのでしょうか?

    ・市役所のマイナンバーの係りやマイナンバー総合センターに問い合わせても
     上から押し付けられて「そうゆうふうに決まっています」としか答えません。
     なんという「ていたらく」か。英小文字、英大文字を組み合わせたほうが、
     暗唱番号の強度は、高まると思います。
     英大文字をバソコンで打つ場合、シフトキーを同時に押さないといけないので
     操作性が悪くなります。

  このシステム、素人が設計したとしか思えません!、誰が承認したのでしょうか?
  東京都の豊洲市場の盛り土なし問題と同じ構造で責任があいまいです。


2.コンビニでマイナンバーカードを使って印鑑証明書を交付してもらったときのこと。

 (1)画面遷移が、わかりずらい。
    
    「本市の証明書か」 「他市の証明書か」 二つのボタンをタップすることにより
    次の画面に遷移するが、なぜこの画面を表示させないといけないのか意味が
    わからない。本来、カード情報があるのだから表示させなくても良い仕掛けと
    すべきと思う。なぜ、利用者に負担をかけるのか?
    実は、二つのボタンの選択のところで、はたっと考えこんでしまいました。
    しばらく考えてもわからないのでコンビニの店員さんに聞いても操作が
    分からなかったです。
    市役所のマイナンバーの係りに電話してもコンビニの端末を操作したことがないので
    画面遷移は、わからないとのこと。こんなことでシステムを運用すること自体、
    無理と感じました。
    あとで聞いた話ですが、マイナンバーの番号には、自治体を表す情報が含まれて
    いないので、銀行の振り込みのように画面により自治体を選択しなければならない
    とのこと。なんとも情けないシステムです。しかも、自治体により各種サービスの
    サポート時期が異なる。全国から利用できるが、サービスを受けられるか
    否かは、その証明書がある大元の自治体のサポート次第とのこと。
    政府主導でいつまでと期限を決めてすべての自治体でのサポート完了できるように
    できなかったのか? まさに「やっつけ仕事」です。無責任です。

3.マイナンバー総合センターや市役所の係りの人に聞いても

  (1)設計思想を聞くのは期待できません。

  (2)設計思想を聞ける公的な部署がありません。

以上、日本の代表的な「マイナンバーシステム」には、がっかりです。
やっつけシステムで日本のソフトウェアの恥です。






    
ジャンル:
むかつく
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 天皇の生前退位と天皇制 | トップ | 結婚クライシス: 中流転落不安 »
最近の画像もっと見る

違和感」カテゴリの最新記事