徒然草Ⅱ

「アッ!」「イイねえ!」「ウッソー!」「エーッ!」「オおぉ!」ということを書きたい!?

セックスと超高齢社会 「老後の性」と向き合う

2017年04月25日 | ノンジャンル


書名   セックスと超高齢社会 「老後の性」と向き合う
著者   坂爪 真吾
発行社 NHK出版
発行年 2017年2月10日
頁数   221頁
価格   740円+税

単身高齢者約600万人のうち、初婚・再婚するのは0.001%。また配偶者がいたとしても、75歳になれば男性の2割、女性の6割は離別・死別を経験する。
その時、私たちは残された自らの「性」とどう向き合えばいいのか。
シニア婚活の実態、介護現場の問題行動、高齢者向け性産業など…、長寿大国と言われつつもほとんど光が当たってこなかった「超高齢時代の性」の問題に個人・社会の両面から挑んだ一冊。

・高齢期の4つの「ムエン」
  ・「無縁」・・・関係性の貧困
  ・「無援」・・・社会的孤立
  ・「無円」・・・経済的貧困
  ・「無艶」・・・性的貧困

・性は、生殖の手段だけでなく、他者とのコミュニケーションの手段

・「余性」を生きざる得ない社会・・・20年~30年

  ・老後の「性」にどう向き合うか。

・高齢者の四重苦
  ・「経済的貧困」
  ・「健康の悪化」
  ・「役割の喪失」
  ・「孤独」

・サイレント・マジョリティ(もの言わぬ多数派)

・なにもせず躊躇している位であれば、とりあえず一歩を踏み出す。







『本』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017_04_23_新聞情報_自民党... | トップ | 101人が選ぶ「とっておきの言... »
最近の画像もっと見る

ノンジャンル」カテゴリの最新記事