徒然草Ⅱ

「アッ!」「イイねえ!」「ウッソー!」「エーッ!」「オおぉ!」ということを書きたい!?

ひとさし指のノクターン ~車いすの高校生と東京藝大の挑戦~

2017年05月18日 | ノンフィクション


書名   ひとさし指のノクターン ~車いすの高校生と東京藝大の挑戦~  
著者   新井 鷗子 (著),高橋 幸代 (著)
発行社 ヤマハミュージックメディア
発行年 2016年12月20日
頁数   210頁
価格   1,500円+税

「本物のピアノでショパンが弾きたい」障がいのある4人の若者が藝大を動かした!
2015年12月、4人の車いすの高校生が東京藝術大学の舞台に立った。
指が不自由でペダルが踏めない彼らは、いかに困難を乗り越えたか?
障がい者と芸術家、技術者が起こした奇跡の記録。

・「技術」は、人に寄り添うものでなければならない。

・価値は、ひとつではない。

・すべては、人と人とのつながりの中で生まれる。


『本』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 茜雲 日航機御巣鷹山墜落事... | トップ | 人の一生の性―その自然なあり... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む