徒然草Ⅱ

「アッ!」「イイねえ!」「ウッソー!」「エーッ!」「オおぉ!」ということを書きたい!?

きらきら眼鏡

2016年10月08日 | 小説


書名   きらきら眼鏡
著者   森沢 明夫
発行社 双葉社
発行年 2015年11月22日
頁数   491頁
価格   1,700円+税

愛猫を亡くし、喪失感にうちひしがれていた立花明海は、西船橋の古書店で普段は読まない自己啓発系の本を買う。
すると、中に元の持ち主の名刺が栞代わりに挟んであり、明海が最も心を動かされたフレーズにはすでに傍線が引かれていた。
気になった明海は意を決して名刺の「大滝あかね」に連絡をとる。
会うと、あかねは明るい年上の女性で、日常の物事を幸福感たっぷりに捉えている“幸せの天才”だった。
明海には、今まさに恋愛関係に発展しそうな会社の同僚・松原弥生がいたが、あかねの存在が徐々に大きくなっていく。
だが…あかねには恋人がいた。
彼は病に伏し、余命宣告を受けているという。

『本』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 結婚クライシス: 中流転落不安 | トップ | 言葉のチカラ »
最近の画像もっと見る

小説」カテゴリの最新記事