徒然草Ⅱ

「アッ!」「イイねえ!」「ウッソー!」「エーッ!」「オおぉ!」ということを書きたい!?

縁を生きる

2017年07月12日 | 伝えたい思い


書名   縁を生きる
著者   中野 東禅
発行社 創元社
発行年 2017年5月20日
頁数   158頁
価格   1,200円+税

私たちは、縁があって生まれ、やがて死んでいきます。
生も死も数え切れない縁によって成り立っているのです。
仏教では、あらゆる存在は縁によって起り、
その縁はいろいろな条件の集合であると考えます。
出家してから60数年、ブッダの教えにのっとって
「いまをどう生きるか」を説いてきた著者が、
「命の縁」と「人間関係の縁」、さらにはそれらがクロスする
「こころの縁」を輝かせるにはどうすればよいかを説きます。

『本』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「男はつらいよ」を旅する | トップ | 共謀罪の何が問題か »
最近の画像もっと見る

あわせて読む