徒然草Ⅱ

「アッ!」「イイねえ!」「ウッソー!」「エーッ!」「オおぉ!」ということを書きたい!?

コンビニ人間

2017年07月14日 | 小説


書名   コンビニ人間
著者   村田 沙耶香
発行社 文藝春秋
発行年 2016年7月30日
頁数   151頁
価格   1,300円+税

36歳未婚女性、古倉恵子。
大学卒業後も就職せず、コンビニのバイトは18年目。
これまで彼氏なし。
日々食べるのはコンビニ食、夢の中でもコンビニのレジを打ち、清潔なコンビニの風景と「いらっしゃいませ!」の掛け声が、毎日の安らかな眠りをもたらしてくれる。ある日、婚活目的の新入り男性、白羽がやってきて、そんなコンビニ的生き方は恥ずかしいと突きつけられるが…。
「普通」とは何か?
現代の実存を軽やかに問う衝撃作。
第155回芥川賞受賞。

『本』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 共謀罪の何が問題か | トップ | フォトスクールの開催場所 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む