埼玉のかあちゃん社長奮闘記

起業から17年。太陽や風、星や花の声を感じながら生きたい。藍染めをこよなく愛する田舎者の埼玉かあちゃん社長奮闘記です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

丁寧に。

2016-10-29 21:40:06 | ライフ&ワーク
今日、中学生50名ほどが田んぼの仕事を手伝いに来てくれた。若い力はエネルギッシュで疲れ知らず。そのパワーに圧倒される。おかげさまで仕事も随分はかどりました。ありがとう!

さて、活動中「丁寧に!」との言葉が何度も繰り返された。
私の心に、突き刺さる。

今日の仕事は脱穀。はさかけした稲束を外し、脱穀機にかける。脱穀を終えた藁をまた、戻して稲木にかける。難しい仕事ではない。稲木から稲束を外す、脱穀機まで運ぶ。バケツリレーで送ることにする。送る、送る…。声をかけながら、次の人に渡す。慣れてくると、稲を投げたりしだす。「投げるな!」「丁寧に」。

「丁寧に」の意味は、たぶん分かっていない。
自分は、稲を送る、それが仕事。渡された稲を、次に渡す。スピーディーに。もっと速く、もっとうまく。

「次の仕事を想像しなさい!」
怒られる。

そう、稲の束は、あなたの手を離れてどうなるのか。向きを揃え、その先の人が使いやすいように送る。脱穀を終えた藁を、風で落ちないよう考えて稲木にかける。などなど…。次に渡せと言われ、渡す、稲木にかけてといわれてかける、それは仕事じゃない。周りを見て、先を見て、そこに歯車の自分がいる。だったら、どうする?考えろ。

何のために、それをするのか。
状況判断、効率、柔軟性、個性を生かすことや、協調性などなど。
私も、まだまだ。

無駄な仕事をたくさんしてしまいました。
丁寧にと、考えろ。
今日の学びです。はい。

【写真】
田んぼにて。

藍染めくらし
有限会社E-スタヂオ
まめぼん亭
ジャンル:
独立開業起業
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ラジオの言葉 | トップ | 私、ヤンキーですかね? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ライフ&ワーク」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。