今なにしてる         (トミーのリペイント別館)

カメラ・時計修理などについてご紹介します。
(お問合せ)tomytmzk@titan.ocn.ne.jp

激しく落下のPEN-S3.5の巻

2016年10月18日 19時57分54秒 | ブログ

ご常連さんから、オークションで入手をされたPEN-S3.5 #1767XXが来ましたよ。シャッターが定番の不具合で不調なのと・・

 

駒数カウンター側が激しく落下して変形をしています。

 

 

駒数ガラス部分も楕円になってしまって、三次元的に変形をしています。修正をするにしても限度というものがあります。これは直らないのよ。しかし、駒数ガラスが脱落した状態では作動が出来ません。機能が回復すればよいとのことなりで何とか修正をしてみます。

とは言ってみたものの、全体に狂ってしまっていますので、どこから修正をしていけば良いか? 自動車の板金といっしょで、一番遠い部分から引っ張っていくのです。しかし、最後は駒数ガラスの◯ですが、これは真円にはならないのです。

こんなもんですね。何とか新しい駒数ガラスを入れて接着をしました。

 

 

この頃になるとシャッターのハウジングが黒アルマイトになります。

 

 

では、洗浄をして組み立てていきます。この個体はリールがEL(イージローディング)タイプになっています。上の駒数ギヤも真鍮製から樹脂製へと変わっています。

 

シャッターにも改良点があります。シンクロ接点は従来の接片ではなく、ポイントのような接点が追加されたタイプになります。その他、カム板の押えナットには回り止めも追加されています。

 

製造が新しいので摩耗腐食も無く、非常にきれいないユニットです。

 

 

完成したシャッターユニットを本体に搭載しました。

 

 

裏蓋のモルト貼りと圧板の清掃をしておきます。リールを留めるナットも真鍮(メッキ)から樹脂製に変わっています。

 

落下の大きなダメージを受けてしまった個体でしたが、メカの状態は非常に良い個体でした。3.5モデルは希少なので大切にしてください。

http://www.tomys800.sakura.ne.jp/

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 追加で来た三光PENの巻 | トップ | PEN-S3.5が続きますが・・の巻 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む