けせらせら

何事もなるようになるさっ♪

プリンター不調

2011年12月29日 | 日記
昨晩調子の悪くなったプリンター。
これはいかん!純正インクを買おう!
と意気込んで買い物に行ったんだけど、純正って高いのよねー。

んで、結局、「ジット リサイクルインク」を買ってきました。
純正の半額くらい。
でも、ちゃんとインク残量の表示がされるタイプのものを買ったよ。

これで安心♪と思い、買ってきたインクを入れ替え、印刷を開始したのが23時くらいだったでしょうか。

突然、プリンターにエラーメッセージが!!

******************
廃インクパッドの吸収量が限界に近づいています。
マニュアルをご覧ください。 プリンター内の廃インクパッドの吸収量が限界に近付いています。
お早めにお買い求めいただいた販売店、またはエプソン修理センターへ、廃インクパッドの交換をご依頼ください。
******************

ど、どういうこと?

「廃インク吸収パッドは、クリーニング時や印刷中に排出される廃インクを吸収する部分です。お客様ご自身による交換はできません。」
だって。

えーーーーーー!
こまーるーーーーー!

でも、まぁ限界に近づいているだけだから、年賀状くらいなんとかなるかな!なぁんて思ったら、プリンターのディスプレイが激しく点滅してメッセージが変わったよ。

******************
廃インクパッドの吸収量が限界に達しました 。
インクカートリッジを交換してください。
******************

おーい、いきなり交換かーい!(笑)

って、笑ってる場合じゃないんですけど。
ど、どうするんですか?!

修理に出せって?
今から?
無理。

調べたら、1万円ちょっとかかるみたいなんだよね。
だったら買い換えたほうがよくない?
っつーか、今日、12/29なんですけどっ(怒)

どうにかならないものだろうか。

調べてみましたよ、頑張って。
そしたら、こちらのHP「暇なおやじのサイドストーリー」さんによい情報が!
なんと、廃インクカートリッジの外し方が載ってます!
すごいー!
そして、簡単そう♪
外せるなら、掃除可能じゃん!

でも、掃除をしてもエラー表示が出なくなる訳ではないし、廃インク吸収パッドエラーもリセットは出来ないんだって。
ってことは印刷もできないってことなの。
それじゃぁ掃除しても意味ないの?

そう思ったら、またまた素敵な情報が!
「30代SE、通勤大学!転職しない!」というHPの中に、「EPSONプリンタ EP-801A 廃インク吸収パッドのエラーに対処する」という記事が!
なんと、ご自身で対処し、年賀状の印刷に成功したそうです!

どうせ買い替えになるだろうし、ダメもとでやってみますか!と、夫を引っ張りだしてきて、一緒にプリンターを分解。

まず、廃インク吸収パッドを掃除してみました。
パッドを洗って掃除するのって、結構大変みたい。
今回は時間もないし、洗浄せずに、新聞紙で余分なインクを吸い取るという方法にしました。

ものすごいインクの量。
もったいなーい!と驚きつつ、なんとかインクを吸い取りました。

次に、プリンターのエラー表示を解除しなくてはなりません。
数多くのサイトがあり、ウィルスの危険もあるんだって。
自己責任で安全なサイトを探し、ウィルススキャンをする必要ありだそうです。

tomyはhttp://tricks-collections.com/newest-epson-adjustment-program/
こちらのサイトで、 EP-801A用の「adjustment program」を探しました。

EP-801Aの型番は、欧米ではTX700らしいので「Adjustment Program Epson TX700」をダウンロードです。
さて、あとはダウンロードファイルを解凍し、その中のPDFファイル「INSTRUCCIONES RESET TX700W.pdf」の手順書通りに、カウンターリセットをすればいいのね!と思ったら、また難題。

ダウンロードしたファイルの形式がRARってやつで、うちのPCでは読めなかった・・・(涙)
仕方がないので、「RARファイルを開けない方にお勧め」という「WinZip」というソフトをダウンロードしました。
WinZip 15」っていうので、45日間試用することができる無料体験版があったのだ。

こちらをインストールしたら、ようやくファイルを読めました。
そしてなんとかプリンターの起動に成功!です。
印刷、できるようになりました!!

やったー!!
っつーか私、すごくない?!(笑)

今年一番頑張ったかも(笑)ってくらい、本当に真剣に取り組んじゃったよ。
ま、応急処置だからね、近いうちにプリンターを買い替えることになるでしょう。
残念だけど。

tomyはプリンターの設定で「自動ヘッドクリーニング」をONにしていました。
これって、どうやらもったいないみたいです。

また、プリンターは電源を入れるとノズルチェックだかをして、インクを捨てることになるんだって。
こちらももったいないようです。

ということで、
・プリンターの電源は切らない
・ノズルがつまらないように、数日に一度はなにかしらプリントアウトする
という使い方をすると、ちょっとはマシみたいですよ。

いやぁ、年末に大変勉強になりましたです。
どっと疲れました。

プリンターの機嫌のいいうちに印刷頑張ろう!
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2) |  この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« 家族写真 | トップ | プリンターなんとか動いてます »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
同感です (Ozayann)
2012-01-14 10:36:55
44 これは、メ―カーの高い純正インクを売りつける策略と思われる。廃インキトラブルも顧客にリセットをさせず!〜、高い修理費で新品を買わせる策略??〜と思います。
 従い、私はこのやり方に疑問をいだき不満の為にメーカーを変えた。
 
Ozayannさま (tomy)
2012-01-14 13:42:12
メーカー、変えたくなりますよねー。
わかります。
うちはこの間詰め替えインクを買ってしまったので、それが使い終わるまでは現機種に頑張ってもらいますよ!
その後は、キャノン?それともブラザー?と検討中です。
いずれくる廃インク処理問題もしっかり考えて次の機種を買いたいと思います!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。