生命の言葉

神様を知り、信仰の種を育てましょう

ヨハネの黙示録 1章 イエス キリストの黙示

2017-06-20 12:16:43 |  黙示録1-22 最後の警告

ヨハネの黙示録 1章 イエス キリストの黙示

1:1
イエス・キリストの黙示

この黙示は、神が、すぐにも起るべきことをその僕たちに示すためキリストに与え、そして、キリストが、御使をつかわして、僕ヨハネに伝えられたものである

1:2
ヨハネは、神の言とイエス・キリストのあかしと、すなわち、自分が見たすべてのことをあかしした

1:3
この預言の言葉を朗読する者と、これを聞いて、その中に書かれていることを守る者たちとは、さいわいである

時が近づいているからである

1:4
ヨハネからアジヤにある七つの教会へ

今いまし、昔いまし、やがてきたるべきかたから、また、その御座の前にある七つの霊から

1:5
また、忠実な証人、死人の中から最初に生れた者、地上の諸王の支配者であるイエス・キリストから、恵みと平安とが、あなたがたにあるように

わたしたちを愛し、その血によってわたしたちを罪から解放し

1:6
わたしたちを、その父なる神のために、御国の民とし、祭司として下さったかたに、世々限りなく栄光と権力とがあるように

アァメン

1:7
見よ、彼は、雲に乗ってこられる

すべての人の目、ことに、彼を刺しとおした者たちは、彼を仰ぎ見るであろう

また地上の諸族はみな、彼のゆえに胸を打って嘆くであろう

しかり、アァメン

1:8
今いまし、昔いまし、やがてきたるべき者、全能者にして主なる神が仰せになる

「わたしはアルパであり、オメガである」

1:9
あなたがたの兄弟であり、共にイエスの苦難と御国と忍耐とにあずかっている、わたしヨハネは、神の言とイエスのあかしとのゆえに、パトモスという島にいた

1:10
ところが、わたしは、主の日に御霊に感じた

そして、わたしのうしろの方で、ラッパのような大きな声がするのを聞いた

1:11
その声はこう言った

「あなたが見ていることを書きものにして、それをエペソ、スミルナ、ペルガモ、テアテラ、サルデス、ヒラデルヒヤ、ラオデキヤにある七つの教会に送りなさい」

1:12
そこでわたしは、わたしに呼びかけたその声を見ようとしてふりむいた

ふりむくと、七つの金の燭台が目についた

1:13
それらの燭台の間に、足までたれた上着を着、胸に金の帯をしめている人の子のような者がいた

1:14
そのかしらと髪の毛とは、雪のように白い羊毛に似て真白であり、目は燃える炎のようであった

1:15
その足は、炉で精錬されて光り輝くしんちゅうのようであり、声は大水のとどろきのようであった

1:16
その右手に七つの星を持ち、口からは、鋭いもろ刃のつるぎがつき出ており、顔は、強く照り輝く太陽のようであった

1:17
わたしは彼を見たとき、その足もとに倒れて死人のようになった

すると、彼は右手をわたしの上において言った

「恐れるな

わたしは初めであり、終りであり

1:18
また、生きている者である

わたしは死んだことはあるが、見よ、世々限りなく生きている者である

そして、死と黄泉とのかぎを持っている

1:19
そこで、あなたの見たこと、現在のこと、今後起ろうとすることを、書きとめなさい

1:20
あなたがわたしの右手に見た七つの星と、七つの金の燭台との奥義は、こうである

すなわち、七つの星は七つの教会の御使であり、七つの燭台は七つの教会である


ヨハネの黙示録 1章


聖書と原理講論を学び
神様をはっきりと知り、神様に感謝し
神様をおそれ、神様を愛し
自分を愛するのと同じように隣人を愛し

勝利されたお父様とご子女様と一つになって責任を果たし

地上天国を完成させましょう


にほんブログ村 哲学・思想ブログへにほんブログ村


人格育成のための聖書を学ぶ順番
http://blog.goo.ne.jp/tomutomud2/e/85758817ac37682216a2d53e26bdba5d/?cid=b7047e75a70f13849454979bef3bb3ad&st=0




<十戒 ダイジェスト>旧約

❶ あなたは わたしのほかに 何ものをも神としてはならない
❷ あなたは 自分のために 刻んだ像を造ってはならない
❸ あなたの神、主の名をみだりに唱えてはならない
❹ 安息日を守ってこれを聖とせよ
❺ あなたの父と母とを敬え
❻ あなたは殺してはならない
❼ あなたは姦淫してはならない
❽ あなたは盗んではならない
❾ あなたは隣人について偽証してはならない
➓ あなたは隣人の妻を むさぼってはならない、またすべて隣人のものを ほしがってはならない

詳細は申命記5章で
http://blog.goo.ne.jp/tomutomud2/e/b254b17c2ddd239eb2d8777060a8b997/?cid=0cc7c6b3d6099daf1eb4cfeb6b5c3996&st=0



<イエス様の答え>新約

「先生、永遠の生命を得るためには、どんなよいことをしたらいいでしょうか」

イエスは言われた、

「なぜよい事についてわたしに尋ねるのか。よいかたはただひとりだけである。もし命に入りたいと思うなら、いましめを守りなさい」

彼は言った、

「どのいましめですか」

イエスは言われた、

「『殺すな、姦淫するな、盗むな、偽証を立てるな。 父と母とを敬え』

また『自分を愛するように、あなたの隣り人を愛せよ』」

マタイによる福音書‬ ‭19章 より

よく言っておく

天地が滅び行くまでは、律法の一点、一画もすたることはなく、ことごとく全うされるのである

マタイによる福音書 5章より



<良心宣言>成約完成

良心は両親に勝る
良心は先生に勝る
良心は神様に勝る

神様と人の為に生きる人生は、神様が約束された栄光への道












聖書と原理講論を学びましょう
原理講論 聖書 神様教会
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヨハネの黙示録 2章 忠実であれ | トップ | ヨシュア記24章 主に仕えます »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。