生命の言葉

神様を知り、信仰の種を育てましょう

創世記1章 天地創造の六段階

2017-07-12 01:02:12 | 旧約聖書 1創世記


創世記1章 天地創造の六段階

1:1
はじめに神は天と地とを創造された

1:2
地は形なく、むなしく、やみが淵のおもてにあり、神の霊が水のおもてをおおっていた

1:3
神は「光あれ」と言われた

すると光があった

1:4
神はその光を見て、良しとされた

神はその光とやみとを分けられた

1:5
神は光を昼と名づけ、やみを夜と名づけられた。夕となり、また朝となった

第一日である

1:6
神はまた言われた

「水の間におおぞらがあって、水と水とを分けよ」

1:7
そのようになった

神はおおぞらを造って、おおぞらの下の水とおおぞらの上の水とを分けられた

1:8 神はそのおおぞらを天と名づけられた。夕となり、また朝となった

第二日である

1:9
神はまた言われた

「天の下の水は一つ所に集まり、かわいた地が現れよ」

そのようになった

1:10
神はそのかわいた地を陸と名づけ、水の集まった所を海と名づけられた

神は見て、良しとされた

1:11
神はまた言われた

「地は青草と、種をもつ草と、種類にしたがって種のある実を結ぶ果樹とを地の上にはえさせよ」

そのようになった

1:12
地は青草と、種類にしたがって種をもつ草と、種類にしたがって種のある実を結ぶ木とをはえさせた

神は見て、良しとされた

1:13
夕となり、また朝となった

第三日である

1:14
神はまた言われた

「天のおおぞらに光があって昼と夜とを分け、しるしのため、季節のため、日のため、年のためになり

1:15
天のおおぞらにあって地を照らす光となれ」

そのようになった

1:16
神は二つの大きな光を造り、大きい光に昼をつかさどらせ、小さい光に夜をつかさどらせ、また星を造られた

1:17
神はこれらを天のおおぞらに置いて地を照らさせ

1:18
昼と夜とをつかさどらせ、光とやみとを分けさせられた

神は見て、良しとされた

1:19
夕となり、また朝となった

第四日である

1:20
神はまた言われた

「水は生き物の群れで満ち、鳥は地の上、天のおおぞらを飛べ」

1:21
神は海の大いなる獣と、水に群がるすべての動く生き物とを、種類にしたがって創造し

また翼のあるすべての鳥を、種類にしたがって創造された

神は見て、良しとされた

1:22
神はこれらを祝福して言われた

「生めよ、ふえよ、海の水に満ちよ、また鳥は地にふえよ」

1:23
夕となり、また朝となった

第五日である

1:24
神はまた言われた

「地は生き物を種類にしたがっていだせ。家畜と、這うものと、地の獣とを種類にしたがっていだせ」

そのようになった

1:25
神は地の獣を種類にしたがい、家畜を種類にしたがい、また地に這うすべての物を種類にしたがって造られた

神は見て、良しとされた

1:26
神はまた言われた

「われわれのかたちに、われわれにかたどって人を造り、これに海の魚と、空の鳥と、家畜と、地のすべての獣と、地のすべての這うものとを治めさせよう」

1:27
神は自分のかたちに人を創造された。すなわち、神のかたちに創造し、男と女とに創造された

1:28
神は彼らを祝福して言われた

「生めよ、ふえよ、地に満ちよ、地を従わせよ。また海の魚と、空の鳥と、地に動くすべての生き物とを治めよ」

1:29
神はまた言われた

「わたしは全地のおもてにある種をもつすべての草と、種のある実を結ぶすべての木とをあなたがたに与える。これはあなたがたの食物となるであろう

1:30
また地のすべての獣、空のすべての鳥、地を這うすべてのもの、すなわち命あるものには、食物としてすべての青草を与える」

そのようになった

1:31
神が造ったすべての物を見られたところ、それは、はなはだ良かった

夕となり、また朝となった

第六日である


創世記1章


聖書を学び、神様をはっきりと知り、神様をおそれ、神様を愛し
自分を愛するのと同じように隣人を愛し

まず心の中に天国を完成させましょう




十戒 現代バージョン

❶ あなたは わたしのほかに 何ものをも神としてはならない

❷ あなたは 自分のために 刻んだ像を造ってはならない

❸ あなたの神、主の名をみだりに唱えてはならない

❹ 安息日を守ってこれを聖とせよ

❺ あなたの父と母とを敬え

❻ あなたは殺してはならない、兄弟に対して憤りを持って暴言をはいてはならない

❼ あなたは姦淫してはならない、情欲を抱いて異性を見てはならない

❽ あなたは盗んではならない

❾ あなたは隣人について偽証してはならない

➓ あなたは隣人の妻を むさぼってはならない、またすべて隣人のものを ほしがってはならない

旧約オリジナルは申命記5章で
http://blog.goo.ne.jp/tomutomud2/e/b254b17c2ddd239eb2d8777060a8b997/?cid=0cc7c6b3d6099daf1eb4cfeb6b5c3996&st=0



にほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタントへにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合(統一教会)へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へにほんブログ村

人格育成のための聖書を学ぶ順番
http://blog.goo.ne.jp/tomutomud2/e/85758817ac37682216a2d53e26bdba5d/?cid=b7047e75a70f13849454979bef3bb3ad&st=0



<イエス様の答え>新約

「先生、永遠の生命を得るためには、どんなよいことをしたらいいでしょうか」

イエスは言われた、

「なぜよい事についてわたしに尋ねるのか。よいかたはただひとりだけである。もし命に入りたいと思うなら、いましめを守りなさい」

彼は言った、

「どのいましめですか」

イエスは言われた、

「『殺すな、姦淫するな、盗むな、偽証を立てるな。 父と母とを敬え』

また『自分を愛するように、あなたの隣り人を愛せよ』」

マタイによる福音書‬ ‭19章 より

よく言っておく

天地が滅び行くまでは、律法の一点、一画もすたることはなく、ことごとく全うされるのである

マタイによる福音書 5章より

<良心宣言>成約完成

良心は両親に勝る
良心は先生に勝る
良心は神様に勝る

神様と人の為に生きる人生は、神様が約束された栄光への道

統一教会の混乱克服の為の基本的な理解
テーマ 月別
http://ameblo.jp/tomutomud/themetop.html








聖書と原理講論を学びましょう
原理講論 聖書 神様教会
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 創世記2章 アダムに戒め | トップ | 箴言31章 宝石よりもすぐれて... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。