生命の言葉

神様を知り、信仰の種を育てましょう

後5-16 天の側とサタンの側との区別

2017-05-19 09:31:08 | 原理講論 後編5 メシヤ再降臨準備時代

16. 天の側とサタンの側との区別

(2)天の側とサタンの側との区別は何によって決定されるか

天(神)の側とサタンの側との区別は神の復帰摂理の方向を基準として決定される

神の復帰摂理の方向と同じ方向を取るか、あるいは間接的でもこの方向に同調する立場をとるときこれを天の側といい

これと反対になる立場をサタンの側という

ゆえに、天の側であるとかサタンの側であるというのは

我々の常識や良心による判断と必ずしも一致するものとはいえないのである

モーセがエジプト人を殺したという事実は、神の摂理を知らない人はだれでも悪だと言うであろう

しかし、復帰摂理の立場で見ればそれは善であった

そればかりでなく、イスラエル民族が何の理由もなくカナンの地へ侵入して数多くの異邦人を全滅させたという事実も

神の摂理を知らない立場から見れば悪であるといわざるを得ない

しかし、これもやはり、復帰摂理の立場から見れば善であったのである

カナン民族の中に、イスラエル民族よりもっと良心的な人がいたとしても

当時の彼らはみな一律にサタンの側であり、イスラエルは一律に天の側であったからである

なお一歩進んで、この例を宗教面において挙げてみよう

すべての宗教はその目的が等しく善にあるので、それはみな天の側である

しかし、ある宗教が、使命的に見て一層天の側に近い宗教の行く道を妨害するときには、その宗教はサタンの側に属するようになる

また、各宗教は各々時代的な使命をもっているので、ある宗教がその使命期を過ぎたのちまでも

次の時代の新しい使命を担当して現れた宗教の行く道に障害となる立場に立つとき

その宗教はサタン側になるのである

例えばイエスが現れる前には、ユダヤ教やその民族はみな天の側であった

しかし彼らが、ユダヤ教の目的を達成するために新しい使命をもってこられたイエスを迫害するようになったときには

彼らがいくら過去に神をよく信奉してきたとしても、イエスを迫害したその日からサタン側とならざるを得なかったのである

近世以後においては、アベル型の人生観の系統はみな天の側であり

カイン型の人生観の系統はみなサタンの側である

このような意味において唯物論者はカイン型の人生観の結実であるので、人間的に見るといくら良心的で他人のために献身していても、彼らはサタンの側である

したがって、共産世界はサタン側の世界となるのである

これに反して、信仰の自由が許されている民主世界は、アベル型の人生観として存立する世界であるから天の側である

前編で既に論じたように、キリスト教はすべての宗教の目的を達成するための最終的な使命をもって、中心宗教に立てられているので

復帰摂理の立場から見れば、この摂理の目的を指向するキリスト教の行く道を妨害するものは、何でもサタン側になるのである

したがって、キリスト教を迫害するとか、または、その発展を直接、あるいは間接的に妨害する国家は、みなサタン側になる

ゆえに、第一次世界大戦において、米、英、仏、露など、連合国側の主動国家はキリスト教国家であるばかりでなく

回教国であるトルコ内で迫害を受けていたキリスト教徒を解放させようとした国家であるので、みな天の側になり

ドイツやオーストリアなど同盟国側の主動国家は、キリスト教を迫害する回教国家であったトルコを支持したので

それらの国家はみなトルコと共にサタン側となったのである

原理講論 後編5 メシヤ再降臨準備時代-16



聖書と原理講論を学び
神様をはっきりと知り、神様に感謝し
神様をおそれ、神様を愛し
自分を愛するのと同じように隣人を愛し

勝利されたお父様とご子女様と一つになって責任を果たし

2020年 地上天国を完成させましょう


にほんブログ村 哲学・思想ブログへにほんブログ村


人格育成のための聖書を学ぶ順番
http://blog.goo.ne.jp/tomutomud2/e/85758817ac37682216a2d53e26bdba5d/?cid=b7047e75a70f13849454979bef3bb3ad&st=0




<十戒 ダイジェスト>旧約

❶ あなたは わたしのほかに 何ものをも神としてはならない
❷ あなたは 自分のために 刻んだ像を造ってはならない
❸ あなたの神、主の名をみだりに唱えてはならない
❹ 安息日を守ってこれを聖とせよ
❺ あなたの父と母とを敬え
❻ あなたは殺してはならない
❼ あなたは姦淫してはならない
❽ あなたは盗んではならない
❾ あなたは隣人について偽証してはならない
➓ あなたは隣人の妻を むさぼってはならない、またすべて隣人のものを ほしがってはならない

詳細は申命記5章で
http://blog.goo.ne.jp/tomutomud2/e/b254b17c2ddd239eb2d8777060a8b997/?cid=0cc7c6b3d6099daf1eb4cfeb6b5c3996&st=0



<イエス様の答え>新約

「先生、永遠の生命を得るためには、どんなよいことをしたらいいでしょうか」

イエスは言われた、

「なぜよい事についてわたしに尋ねるのか。よいかたはただひとりだけである。もし命に入りたいと思うなら、いましめを守りなさい」

彼は言った、

「どのいましめですか」

イエスは言われた、

「『殺すな、姦淫するな、盗むな、偽証を立てるな。 父と母とを敬え』

また『自分を愛するように、あなたの隣り人を愛せよ』」

マタイによる福音書‬ ‭19章 より

よく言っておく

天地が滅び行くまでは、律法の一点、一画もすたることはなく、ことごとく全うされるのである

マタイによる福音書 5章より

<良心宣言>成約完成

良心は両親に勝る
良心は先生に勝る
良心は神様に勝る

神様と人の為に生きる人生は、神様が約束された栄光への道

統一教会の混乱克服の為の基本的な理解
テーマ 月別
http://ameblo.jp/tomutomud/themetop.html








聖書と原理講論を学びましょう
原理講論 聖書 神様教会
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 後5-15 第一次世界大戦 | トップ | 後5-17 第一次世界大戦の摂理... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。