生命の言葉

神様を知り、信仰の種を育てましょう

創世記3章 悪魔サタンの始まり

2017-07-11 01:05:37 | 旧約聖書 1創世記


創世記3章 悪魔サタンの始まり

3:1
さて主なる神が造られた野の生き物のうちで、へびが最も狡猾であった

へびは女に言った

「園にあるどの木からも取って食べるなと、ほんとうに神が言われたのですか」

3:2
女はへびに言った

「わたしたちは園の木の実を食べることは許されていますが

3:3
ただ園の中央にある木の実については、これを取って食べるな、これに触れるな、死んではいけないからと、神は言われました」

3:4
へびは女に言った

「あなたがたは決して死ぬことはないでしょう

3:5
それを食べると、あなたがたの目が開け、神のように善悪を知る者となることを、神は知っておられるのです」

3:6
女がその木を見ると、それは食べるに良く、目には美しく、賢くなるには好ましいと思われたから

その実を取って食べ、また共にいた夫にも与えたので、彼も食べた

3:7
すると、ふたりの目が開け、自分たちの裸であることがわかったので、いちじくの葉をつづり合わせて、腰に巻いた

3:8
彼らは、日の涼しい風の吹くころ、園の中に主なる神の歩まれる音を聞いた。そこで、人とその妻とは主なる神の顔を避けて、園の木の間に身を隠した

3:9
主なる神は人に呼びかけて言われた

「あなたはどこにいるのか」

3:10
彼は答えた

「園の中であなたの歩まれる音を聞き、わたしは裸だったので、恐れて身を隠したのです」

3:11
神は言われた

「あなたが裸であるのを、だれが知らせたのか。食べるなと、命じておいた木から、あなたは取って食べたのか」

3:12
人は答えた

「わたしと一緒にしてくださったあの女が、木から取ってくれたので、わたしは食べたのです」

3:13
そこで主なる神は女に言われた

「あなたは、なんということをしたのです」

女は答えた

「へびがわたしをだましたのです。それでわたしは食べました」

3:14
主なる神はへびに言われた

「おまえは、この事を、したので、 すべての家畜、野のすべての獣のうち、 最ものろわれる

おまえは腹で、這いあるき、 一生、ちりを食べるであろう

3:15
わたしは恨みをおく、 おまえと女とのあいだに、 おまえのすえと女のすえとの間に。 彼はおまえのかしらを砕き、 おまえは彼のかかとを砕くであろう」

3:16
つぎに女に言われた

「わたしはあなたの産みの苦しみを大いに増す。 あなたは苦しんで子を産む。 それでもなお、あなたは夫を慕い、 彼はあなたを治めるであろう」

3:17
更に人に言われた

「あなたが妻の言葉を聞いて、食べるなと、わたしが命じた木から取って食べたので、 地はあなたのためにのろわれ、 あなたは一生、苦しんで地から食物を取る

3:18
地はあなたのために、いばらとあざみとを生じ、 あなたは野の草を食べるであろう

3:19
あなたは顔に汗してパンを食べ、ついに土に帰る、 あなたは土から取られたのだから。 あなたは、ちりだから、ちりに帰る」

3:20
さて、人はその妻の名をエバと名づけた。彼女がすべて生きた者の母だからである

3:21
主なる神は人とその妻とのために皮の着物を造って、彼らに着せられた

3:22
主なる神は言われた

「見よ、人はわれわれのひとりのようになり、善悪を知るものとなった

彼は手を伸べ、命の木からも取って食べ、永久に生きるかも知れない」

3:23
そこで主なる神は彼をエデンの園から追い出して、人が造られたその土を耕させられた

3:24
神は人を追い出し、エデンの園の東に、ケルビムと、回る炎のつるぎとを置いて、命の木の道を守らせられた


創世記3章




ヨハネの黙示録

この巨大な龍、すなわち、悪魔とか、サタンとか呼ばれ

全世界を惑わす年を経たへびは、地に投げ落され、その使たちも、もろともに投げ落された

ヨハネの黙示録:12:9


聖書を学び、神様をはっきりと知り、神様をおそれ、神様を愛し
自分を愛するのと同じように隣人を愛し

まず心の中に天国を完成させましょう




十戒 現代バージョン

❶ あなたは わたしのほかに 何ものをも神としてはならない

❷ あなたは 自分のために 刻んだ像を造ってはならない

❸ あなたの神、主の名をみだりに唱えてはならない

❹ 安息日を守ってこれを聖とせよ

❺ あなたの父と母とを敬え

❻ あなたは殺してはならない、兄弟に対して憤りを持って暴言をはいてはならない

❼ あなたは姦淫してはならない、情欲を抱いて異性を見てはならない

❽ あなたは盗んではならない

❾ あなたは隣人について偽証してはならない

➓ あなたは隣人の妻を むさぼってはならない、またすべて隣人のものを ほしがってはならない

旧約オリジナルは申命記5章で
http://blog.goo.ne.jp/tomutomud2/e/b254b17c2ddd239eb2d8777060a8b997/?cid=0cc7c6b3d6099daf1eb4cfeb6b5c3996&st=0



にほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタントへにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合(統一教会)へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へにほんブログ村

人格育成のための聖書を学ぶ順番
http://blog.goo.ne.jp/tomutomud2/e/85758817ac37682216a2d53e26bdba5d/?cid=b7047e75a70f13849454979bef3bb3ad&st=0



<イエス様の答え>新約

「先生、永遠の生命を得るためには、どんなよいことをしたらいいでしょうか」

イエスは言われた、

「なぜよい事についてわたしに尋ねるのか。よいかたはただひとりだけである。もし命に入りたいと思うなら、いましめを守りなさい」

彼は言った、

「どのいましめですか」

イエスは言われた、

「『殺すな、姦淫するな、盗むな、偽証を立てるな。 父と母とを敬え』

また『自分を愛するように、あなたの隣り人を愛せよ』」

マタイによる福音書‬ ‭19章 より

よく言っておく

天地が滅び行くまでは、律法の一点、一画もすたることはなく、ことごとく全うされるのである

マタイによる福音書 5章より

<良心宣言>成約完成

良心は両親に勝る
良心は先生に勝る
良心は神様に勝る

神様と人の為に生きる人生は、神様が約束された栄光への道

統一教会の混乱克服の為の基本的な理解
テーマ 月別
http://ameblo.jp/tomutomud/themetop.html








聖書と原理講論を学びましょう
原理講論 聖書 神様教会
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 創世記4章 罪が門口に待ち伏... | トップ | 創世記2章 アダムに戒め »

コメントを投稿

旧約聖書 1創世記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。