生命の言葉

神様を知り、信仰の種を育てましょう

後5-14 世 界 大 戦

2017-05-19 00:03:11 | 原理講論 後編5 メシヤ再降臨準備時代

14. 世 界 大 戦

第四節 世 界 大 戦

(一)蕩減復帰摂理から見た世界大戦の原因

戦争は、いつでも政治、経済、思想などが原因となって起こるようになる

しかし、このようなことはあくまでも外的な原因にすぎないのであって

そこには必ず内的な原因があるということを知らなければならない

これはあたかも人間の行動に内外両面の原因があるのと同様である

すなわち、人間の行動は、当面の現実に対応しようとする外的な自由意志によって決定されるのはもちろんであるが

復帰摂理の目的を指向し、神のみ旨に順応しようとする内的な自由意志によって決定されるものもあるのである

ゆえに、人間の自由意志によって起こる、行動と行動との世界的な衝突が、すなわち世界大戦であるので

ここにも内外両面の原因があるということを知らなければならない

したがって、世界大戦を、政治、経済、思想などその外的な原因を中心として見ただけでは

これに対する摂理的な意義を把握することができないのである

それでは、蕩減復帰摂理から見た世界大戦の内的な原因は何なのだろうか

第一に、主権を奪われまいとするサタンの最後の発悪によって、世界大戦が起こるようになるのである

既に上述したように、人間始祖が堕落することによって、元来神が成し遂げようとしてきた原理世界を

サタンが先立って原理型の非原理世界を成し遂げてきたのであり

神はそのあとをついていかれながら、サタン主管下のこの非原理世界を奪い

善の版図を広めることによって、次第に原理世界を復帰する摂理をしてこられたのである

したがって、復帰摂理の路程においては、常に、真なるものが来る前に、偽ものが先に現れるようになる

キリストが来られる前に偽キリストが来るであろうと言われたのは、その代表的な例であるといえる

ところで、サタンを中心とする悪主権の歴史は

再臨主が現れることによってその終末を告げ、神を中心とする善主権の歴史に変わるのであるから

そのときにサタンは最後の発悪をするようになる

モーセを中心とする民族的カナン復帰路程において

エジプトを出発しようとするイスラエル選民に対し、サタンはパロに最後の発悪をさせたので

天の側では三大奇跡により彼を打って出発したのである

このように、歴史の終末期においても世界的カナン復帰路程を出発しようとする天の側に対して、サタンが最後の発悪をするので

これを三次にわたって打つのが三次の世界大戦として現れるのである

第二に、神の三大祝福を成就した型の世界を、サタンが先に非原理的につくってきたので

これを復帰する世界的な蕩減条件を立てるために世界大戦が起こるのである

神は人間を創造されて、個性を完成すること、子女を繁殖すること、そして、被造世界を主管することなどの三大祝福を人間に与えた
(創一・28)

したがって、人間はこの祝福を成就して地上天国を実現しなければならなかったのである

神は人間を創造なさり、このような祝福をされたので、その人間が堕落したからといって、この祝福を破棄することはできない

それゆえに、堕落した人間がサタンを中心として、その祝福された型の非原理世界を先につくっていくのを神は許さないわけにはいかないのである

したがって、人類歴史の終末には、サタンを中心とする個性の完成、サタンを中心とする子女の繁殖、サタンを中心とする被造世界の主管など、三大祝福完成型の非原理世界をつくるようになる

ゆえに神の三大祝福を復帰する世界的な蕩減条件を立てるためには

サタンを中心とするこのような三大祝福完成型の非原理世界を

蘇生、長成、完成の三段階にわたって打つ三次の世界大戦が起こらざるを得ないのである

第三に、イエスの三大試練を世界的に越えるために世界大戦が起こるようになる

イエスの路程は、すなわち信徒たちが歩まなければならない路程であるので

信徒たちはイエスが荒野で受けた三大試練を、個人的に、家庭的に、国家的に、世界的に乗り越えなければならない

このようにして、全人類がイエスのこの三大試練を三次にわたって世界的に越えていくのが、すなわちこの三次にわたる世界大戦なのである

第四に、主権復帰のための世界的な蕩減条件を立てるために、世界大戦が起こるようになる

人間が堕落しないで、成長期間の三段階を経て完成されたならば、神の主権の世界が成就されたはずである

ゆえに、この堕落世界をカイン、アベルの二つの型の世界に分立したのち

アベル型の天の世界がカイン型のサタンの世界を打って

カインがアベルを殺した条件を世界的に蕩減復帰し、神の主権を立てる最後の戦争を遂行しなければならないが

これも三段階を経過しなければならないので、三次の世界大戦が起こるようになるのである

ゆえに、世界大戦は縦的な摂理路程において、主権復帰のためにあったすべての戦いの目的を、横的に蕩減復帰すべき最終的な戦争なのである

原理講論 後編5 メシヤ再降臨準備時代-14



聖書と原理講論を学び
神様をはっきりと知り、神様に感謝し
神様をおそれ、神様を愛し
自分を愛するのと同じように隣人を愛し

勝利されたお父様とご子女様と一つになって責任を果たし

2020年 地上天国を完成させましょう


にほんブログ村 哲学・思想ブログへにほんブログ村


人格育成のための聖書を学ぶ順番
http://blog.goo.ne.jp/tomutomud2/e/85758817ac37682216a2d53e26bdba5d/?cid=b7047e75a70f13849454979bef3bb3ad&st=0




<十戒 ダイジェスト>旧約

❶ あなたは わたしのほかに 何ものをも神としてはならない
❷ あなたは 自分のために 刻んだ像を造ってはならない
❸ あなたの神、主の名をみだりに唱えてはならない
❹ 安息日を守ってこれを聖とせよ
❺ あなたの父と母とを敬え
❻ あなたは殺してはならない
❼ あなたは姦淫してはならない
❽ あなたは盗んではならない
❾ あなたは隣人について偽証してはならない
➓ あなたは隣人の妻を むさぼってはならない、またすべて隣人のものを ほしがってはならない

詳細は申命記5章で
http://blog.goo.ne.jp/tomutomud2/e/b254b17c2ddd239eb2d8777060a8b997/?cid=0cc7c6b3d6099daf1eb4cfeb6b5c3996&st=0



<イエス様の答え>新約

「先生、永遠の生命を得るためには、どんなよいことをしたらいいでしょうか」

イエスは言われた、

「なぜよい事についてわたしに尋ねるのか。よいかたはただひとりだけである。もし命に入りたいと思うなら、いましめを守りなさい」

彼は言った、

「どのいましめですか」

イエスは言われた、

「『殺すな、姦淫するな、盗むな、偽証を立てるな。 父と母とを敬え』

また『自分を愛するように、あなたの隣り人を愛せよ』」

マタイによる福音書‬ ‭19章 より

よく言っておく

天地が滅び行くまでは、律法の一点、一画もすたることはなく、ことごとく全うされるのである

マタイによる福音書 5章より

<良心宣言>成約完成

良心は両親に勝る
良心は先生に勝る
良心は神様に勝る

神様と人の為に生きる人生は、神様が約束された栄光への道

統一教会の混乱克服の為の基本的な理解
テーマ 月別
http://ameblo.jp/tomutomud/themetop.html








聖書と原理講論を学びましょう
原理講論 聖書 神様教会
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 後5-13 文芸復興に伴う宗教.... | トップ | 後5-15 第一次世界大戦 »

コメントを投稿

原理講論 後編5 メシヤ再降臨準備時代」カテゴリの最新記事