生命の言葉

神様を知り、信仰の種を育てましょう

ヨハネの黙示録 8章 七つのラッパ

2017-06-18 01:05:08 |  黙示録1-22 最後の警告

ヨハネの黙示録 8章 七つのラッパ

8:1
小羊が第七の封印を解いた時、半時間ばかり天に静けさがあった

8:2
それからわたしは、神のみまえに立っている七人の御使を見た

そして、七つのラッパが彼らに与えられた

8:3
また、別の御使が出てきて、金の香炉を手に持って祭壇の前に立った

たくさんの香が彼に与えられていたが、これは、すべての聖徒の祈に加えて、御座の前の金の祭壇の上にささげるためのものであった

8:4
香の煙は、御使の手から、聖徒たちの祈と共に神のみまえに立ちのぼった

8:5
御使はその香炉をとり、これに祭壇の火を満たして、地に投げつけた

すると、多くの雷鳴と、もろもろの声と、いなずまと、地震とが起った

8:6
そこで、七つのラッパを持っている七人の御使が、それを吹く用意をした

8:7
第一の御使が、ラッパを吹き鳴らした

すると、血のまじった雹と火とがあらわれて、地上に降ってきた

そして、地の三分の一が焼け、木の三分の一が焼け、また、すべての青草も焼けてしまった

8:8
第二の御使が、ラッパを吹き鳴らした

すると、火の燃えさかっている大きな山のようなものが、海に投げ込まれた

そして、海の三分の一は血となり

8:9
海の中の造られた生き物の三分の一は死に、舟の三分の一がこわされてしまった

8:10
第三の御使が、ラッパを吹き鳴らした

すると、たいまつのように燃えている大きな星が、空から落ちてきた

そしてそれは、川の三分の一とその水源との上に落ちた

8:11
この星の名は「苦よもぎ」と言い、水の三分の一が「苦よもぎ」のように苦くなった

水が苦くなったので、そのために多くの人が死んだ

8:12
第四の御使が、ラッパを吹き鳴らした

すると、太陽の三分の一と、月の三分の一と、星の三分の一とが打たれて、これらのものの三分の一は暗くなり、昼の三分の一は明るくなくなり、夜も同じようになった

8:13
また、わたしが見ていると、一羽のわしが中空を飛び、大きな声でこう言うのを聞いた

「ああ、わざわいだ、わざわいだ、地に住む人々は、わざわいだ。なお三人の御使がラッパを吹き鳴らそうとしている」


ヨハネの黙示録 8章


聖書と原理講論を学び
神様をはっきりと知り、神様に感謝し
神様をおそれ、神様を愛し
自分を愛するのと同じように隣人を愛し

勝利されたお父様とご子女様と一つになって責任を果たし

地上天国を完成させましょう


にほんブログ村 哲学・思想ブログへにほんブログ村


人格育成のための聖書を学ぶ順番
http://blog.goo.ne.jp/tomutomud2/e/85758817ac37682216a2d53e26bdba5d/?cid=b7047e75a70f13849454979bef3bb3ad&st=0




<十戒 ダイジェスト>旧約

❶ あなたは わたしのほかに 何ものをも神としてはならない
❷ あなたは 自分のために 刻んだ像を造ってはならない
❸ あなたの神、主の名をみだりに唱えてはならない
❹ 安息日を守ってこれを聖とせよ
❺ あなたの父と母とを敬え
❻ あなたは殺してはならない
❼ あなたは姦淫してはならない
❽ あなたは盗んではならない
❾ あなたは隣人について偽証してはならない
➓ あなたは隣人の妻を むさぼってはならない、またすべて隣人のものを ほしがってはならない

詳細は申命記5章で
http://blog.goo.ne.jp/tomutomud2/e/b254b17c2ddd239eb2d8777060a8b997/?cid=0cc7c6b3d6099daf1eb4cfeb6b5c3996&st=0



<イエス様の答え>新約

「先生、永遠の生命を得るためには、どんなよいことをしたらいいでしょうか」

イエスは言われた、

「なぜよい事についてわたしに尋ねるのか。よいかたはただひとりだけである。もし命に入りたいと思うなら、いましめを守りなさい」

彼は言った、

「どのいましめですか」

イエスは言われた、

「『殺すな、姦淫するな、盗むな、偽証を立てるな。 父と母とを敬え』

また『自分を愛するように、あなたの隣り人を愛せよ』」

マタイによる福音書‬ ‭19章 より

よく言っておく

天地が滅び行くまでは、律法の一点、一画もすたることはなく、ことごとく全うされるのである

マタイによる福音書 5章より



<良心宣言>成約完成

良心は両親に勝る
良心は先生に勝る
良心は神様に勝る

神様と人の為に生きる人生は、神様が約束された栄光への道












聖書と原理講論を学びましょう
原理講論 聖書 神様教会
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヨハネの黙示録 9章 人間の三... | トップ | ヨハネの黙示録 7章 印をおさ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。