生命の言葉

神様を知り、信仰の種を育てましょう

箴言29 主に信頼する者は安らかである

2016-10-13 00:05:59 |  箴言1-31 人生の成功哲学


箴言29章

しばしば しかられても、なお かたくなな者は、たちまち打ち敗られて助かることはない

正しい者が権力を得れば民は喜び、悪しき者が治めるとき、民はうめき苦しむ

知恵を愛する人はその父を喜ばせ、遊女に交わる者はその資産を浪費する

王は公儀をもって国を堅くする、しかし、重税を取り立てる者はこれを滅ぼす

その隣り人にへつらう者は、彼の足の前に網を張る

悪人は自分の罪のわなに陥る、しかし正しい人は喜び楽しむ

正しい人は貧しい者の訴えをかえりみる、悪しき人はそれを知ろうとはしない

あざける人は町を乱し、知恵ある者は怒りを静める

知恵ある人が愚かな人と争うと、愚かな者はただ怒り、あるいは笑って、休むことがない

血に飢えている人は罪のない者を憎む、悪しき者は彼の命を求める

愚かな者は怒りをことごとく表わし、知恵ある者は静かにこれをおさえる

もし治める者が偽りの言葉に聞くならば、その役人らはみな悪くなる

貧しい者と、しえたげる者とは共に世におる、主は彼ら両者の目に光を与えられる

もし王が貧しい者を公平にさばくならば、その位はいつまでも堅く立つ

むちと戒めとは知恵を与える、わがままにさせた子はその母に恥をもたらす

悪しき者が権力を得ると罪も増す、正しい者は彼らの倒れるのを見る

あなたの子を懲らしめよ、そうすれば彼はあなたを安らかにし、またあなたの心に喜びを与える

預言がなければ民はわがままにふるまう、しかし律法を守る者はさいわいである

しもべは言葉だけで訓練することはできない、彼は聞いて知っても、心にとめないからである

言葉の軽率な人を見るか、彼よりもかえって愚かな者のほうに望みがある

しもべをその幼い時からわがままに育てる人は、ついにはそれを自分のあとつぎにする

怒る人は争いを起し、憤る人は多くの罪を犯す

人の高ぶりはその人を低くし、心にへりくだる者は誉を得る

盗びとにくみする者は自分の魂を憎む、彼はのろいを聞いても何事をも口外しない

人を恐れると、わなに陥る、主に信頼する者は安らかである

治める者の歓心を得ようとする人は多い、しかし人の事を定めるのは主による

正しい人は不正を行う人を憎み、悪しき者は正しく歩む人を憎む

箴言29章




聖書物語を子供に話してあげましょう


聖書を学び、神様を知り、神様に感謝し、神様をおそれ、神様を愛し、自分を愛するのと同じように隣人を愛しましょう


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合(統一教会)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

2017年の聖書の完読年間計画

一日4章読めば一年以内に完読することができます







聖書を完読しよう
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 箴言28 悪人は正しいことを悟... | トップ | 箴言30 神の言葉はみな真実で... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。