生命の言葉

神様を知り、信仰の種を育てましょう

後5-4 宗 教 改 革

2017-05-15 00:11:09 | 原理講論 後編5 メシヤ再降臨準備時代

4. 宗 教 改 革

(二)宗 教 改 革(Reformation)

中世社会における法王を中心とする復帰摂理は、法王と僧侶の世俗的な堕落によって成就することができなかった

そして上述のように、中世の人々が人本主義を唱えるにつれて

人々は人間の自由を束縛する形式的な宗教儀式と規範とに反抗し

人間の自主性を蹂躙する封建階級制度と法王権に対抗するようになったのである

さらにまた、彼らは人間の理性と理知を無視して、何事でも法王に隷属させなければ解決できないと考える固陋な信仰生活に反発し

自然と現実と科学を無視する遁世的、他界的、禁欲的な信仰態度を排撃するようになった

こうしてついに、中世のキリスト教信徒は法王政治に反抗するようになったのである

このようにして、中世社会の人々がその本性の外的な欲望を追求するにつれて、その反面、抑圧されていた本性の内的な欲望をも追求するようになり

ついには、使徒たちを中心として神のみ旨のみに従った熱烈な初代キリスト教精神への復古を唱えるようになった

これがすなわち、中世におけるヘブライズムの復古運動である

そうして、十四世紀に、英国のオックスフォード大学の神学教授ウィクリフ
(Wycliffe 1324〜1384)

は聖書を英訳して、信仰の基準を法王や僧侶におくべきでなく、聖書自体におくべきであると主張すると同時に

教会の制度や儀式や規範は聖書に何らの根拠をおくものでもないことを証言して

僧侶の淪落と、その民衆に対する搾取および権力の濫用を痛撃した

このように宗教改革運動は、十字軍戦争によって法王の権威が落ちたのち

十四世紀から既に英国で胎動しはじめ、十五世紀にはイタリアでもこの運動が起こったのであるが、それらはみな失敗に終わり、その中心人物たちは処刑されてしまったのである

その後一五一七年、法王レオ十世が、聖ペテロ寺院の建築基金を募集するために、死後に救いを受ける贖罪の札であると宣伝して免罪符を売るようになると、この弊害に対する反対運動が導火線となって

結局ドイツにおいてウィッテンベルク大学の神学教授であったマルティン・ルター
(Martin Luther 1483〜1546)

を中心として宗教改革運動が爆発したのであった

この改革運動ののろしは次第に拡大され、フランスではカルヴィン
(Calvin 1509〜1564)

スイスではツウィングリ
(Zwingli 1484〜1531)

を中心として活発に伸展し、イギリス、オランダなどの諸国へと拡大されていったのである

このように、新教運動を中心として起こった国際間の戦いは百余年間も継続してきたが

ドイツを中心として起こった三十年戦争が一六四八年ウェストファリア条約によってついに終結し

ここにおいて新旧両教徒間の戦いに一段落がついたのである

その結果、北欧はゲルマン民族を中心として新教が勝利を得

南欧はラテン民族を中心とする旧教の版図として残るようになったのである

この三十年戦争は、ドイツを中心とするプロテスタントとカトリック教徒間に起こった戦いであった

しかし、この戦争は単なる宗教戦争にとどまったのではなく、ドイツ帝国の存廃を決する政治的な内乱でもあった

したがって、この戦争を終結させたウェストファリア講和会議は、新旧両教派に同等の権限を与える宗教会議であると同時に

ドイツ、フランス、スペイン、スウェーデン諸国間の領土問題を解決する政治的な国際会議でもあったのである

原理講論 後編5 メシヤ再降臨準備時代-4



聖書と原理講論を学び
神様をはっきりと知り、神様に感謝し
神様をおそれ、神様を愛し
自分を愛するのと同じように隣人を愛し

勝利されたお父様とご子女様と一つになって責任を果たし

2020年 地上天国を完成させましょう


にほんブログ村 哲学・思想ブログへにほんブログ村


人格育成のための聖書を学ぶ順番
http://blog.goo.ne.jp/tomutomud2/e/85758817ac37682216a2d53e26bdba5d/?cid=b7047e75a70f13849454979bef3bb3ad&st=0




<十戒 ダイジェスト>旧約

❶ あなたは わたしのほかに 何ものをも神としてはならない
❷ あなたは 自分のために 刻んだ像を造ってはならない
❸ あなたの神、主の名をみだりに唱えてはならない
❹ 安息日を守ってこれを聖とせよ
❺ あなたの父と母とを敬え
❻ あなたは殺してはならない
❼ あなたは姦淫してはならない
❽ あなたは盗んではならない
❾ あなたは隣人について偽証してはならない
➓ あなたは隣人の妻を むさぼってはならない、またすべて隣人のものを ほしがってはならない

詳細は申命記5章で
http://blog.goo.ne.jp/tomutomud2/e/b254b17c2ddd239eb2d8777060a8b997/?cid=0cc7c6b3d6099daf1eb4cfeb6b5c3996&st=0



<イエス様の答え>新約

「先生、永遠の生命を得るためには、どんなよいことをしたらいいでしょうか」

イエスは言われた、

「なぜよい事についてわたしに尋ねるのか。よいかたはただひとりだけである。もし命に入りたいと思うなら、いましめを守りなさい」

彼は言った、

「どのいましめですか」

イエスは言われた、

「『殺すな、姦淫するな、盗むな、偽証を立てるな。 父と母とを敬え』

また『自分を愛するように、あなたの隣り人を愛せよ』」

マタイによる福音書‬ ‭19章 より

よく言っておく

天地が滅び行くまでは、律法の一点、一画もすたることはなく、ことごとく全うされるのである

マタイによる福音書 5章より

<良心宣言>成約完成

良心は両親に勝る
良心は先生に勝る
良心は神様に勝る

神様と人の為に生きる人生は、神様が約束された栄光への道

統一教会の混乱克服の為の基本的な理解
テーマ 月別
http://ameblo.jp/tomutomud/themetop.html








聖書と原理講論を学びましょう
原理講論 聖書 神様教会
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 後5-3 文 芸 復 興 | トップ | 後5-5 宗教および思想の闘争期 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。