生命の言葉

神様を知り、信仰の種を育てましょう

後5-10 三権分立の原理的意義

2017-05-17 12:31:50 | 原理講論 後編5 メシヤ再降臨準備時代

10. 三権分立の原理的意義

(二)三権分立の原理的意義

三権分立思想は、絶対主義の政治体制によって、国家の権力が特定の個人や機関に集中するのを分散させるために

啓蒙思想派の重鎮であったモンテスキュー(Montesquieu 1689〜1755)によって提唱されたが

これはフランス革命のとき「人権宣言」の宣布によって実現された

しかし元来、この三権分立は、天の側で成し遂げようとした理想社会の構造であって

復帰摂理の全路程がそうであるように、これもまたサタン側で、先に非原理的な原理型として成し遂げたのである

それでは、我々はここで、理想社会の構造がどのようなものであるかを調べてみることにしよう

創造原理で明らかにしたように、被造世界は完成した人間一人の構造を基本として創造された

そればかりでなく、完成した人間によって実現される理想社会も、やはり完成した人間一人の構造と機能に似ているようになっているのである

人体のすべての器官が頭脳の命令によって起動するように、理想社会のすべての機関も神からの命令によってのみ営為されなければならない

また、頭脳からくるすべての命令が、脊髄を中心として末梢神経を通じて四肢五体に伝達されるように

神からの命令は、脊髄に該当するキリストと、キリストを中心とする末梢神経に該当する聖徒たちを通じて、社会全体に漏れなく及ばなければならない

そして人体における、脊髄を中心とする末梢神経は、一つの国家の政党に該当するので

理想社会における、政党に該当する役割は、キリストを中心とする聖徒たちが果たすようになっているのである

肺臓と心臓と胃腸が、末梢神経を通じて伝達される頭脳の命令に従って、お互いに衝突することなく円満な授受の作用を維持しているように

この三臓器に該当する理想社会の立法、司法、行政の三機関も、政党に該当するキリストを中心とする信徒たちを通じて伝達される神の命令によって、お互いに原理的な授受の関係を結ばなければならない

人間の四肢が頭脳の命令に従い、人間の生活目的のために活動しているように

四肢に該当する経済機構は、神の命令に従い、理想社会の目的を達成するために実践する方向へと動かなければならない

また、人体において、肝臓が全身のために栄養を貯蔵するように

理想社会においても、常に全体的目的達成のために必要な貯蓄をしなければならないのである

しかしまた、人間の四肢五体が、頭脳と縦的な関係をもち、肢体の間で自動的に横的な関係を結びながら、不可分の有機体をつくっているように

理想社会においても、あらゆる社会の人々が神と縦的な関係を結ぶことによって横的な関係をも結ぶようになるので

喜怒哀楽を共にする一つの有機体をつくるようになるのである

それゆえに、この社会においては、他人を害することが、すなわち自分を害する結果をもたらすことになるので、罪を犯すことができないのである

我々はまた、復帰摂理がこの社会構造をどのようなかたちで復帰してきたかということを調べてみよう

西欧における歴史発展の過程を見れば、立法、司法、行政の三権と政党の機能を国王一人が全部担当してきた時代があった

しかし、これが変遷して国王が三権を掌握し、法王を中心とする教会が政党のような使命を担当する時代に変わったのである

この時代の政治制度は、再びフランス革命により、立法、司法、行政の三権に分立され

政党が明白な政治的使命をもつようになり

民主主義立憲政治体制を樹立して、理想社会の制度の形態だけは備えるようになったのである

このように、長い歴史の期間を通じて政治体制が変遷してきたのは

堕落した人間社会が、復帰摂理によって、完成した人間一人の構造と機能に似た理想社会へと復帰されていくからである

このようにして今日の民主主義政体は、三権に分立され、また政党が組織されることによって

ついに人間一人の構造に相似するようになったが、それはあくまでも、復帰されていない堕落人間と同じように

創造本然の機能がまだ発揮されずにいるのである

すなわち、政党は神のみ旨を知っていないのであるから、それは頭脳の命令を伝達することができなくなった脊髄と、それを中心とする末梢神経と同様のものであるといえるのである

すなわち、憲法が神のみ言から成り立っていないので

立法、司法、行政の三機関は、あたかも神経系統が切れて、頭脳からくる命令に感応できなくなった三臓器のように

それらは相互間の調和と秩序を失って、常に対立し、衝突するほかはないのである

ゆえに、再臨理想の目的は、イエスが降臨することにより

堕落人間一人の構造に似ている現在の政治体制に完全な中枢神経を結んでやることによって

神のみ旨を中心とした本然の機能を完全に発揮させようとするところにあるのである

原理講論 後編5 メシヤ再降臨準備時代-10



聖書と原理講論を学び
神様をはっきりと知り、神様に感謝し
神様をおそれ、神様を愛し
自分を愛するのと同じように隣人を愛し

勝利されたお父様とご子女様と一つになって責任を果たし

2020年 地上天国を完成させましょう


にほんブログ村 哲学・思想ブログへにほんブログ村


人格育成のための聖書を学ぶ順番
http://blog.goo.ne.jp/tomutomud2/e/85758817ac37682216a2d53e26bdba5d/?cid=b7047e75a70f13849454979bef3bb3ad&st=0




<十戒 ダイジェスト>旧約

❶ あなたは わたしのほかに 何ものをも神としてはならない
❷ あなたは 自分のために 刻んだ像を造ってはならない
❸ あなたの神、主の名をみだりに唱えてはならない
❹ 安息日を守ってこれを聖とせよ
❺ あなたの父と母とを敬え
❻ あなたは殺してはならない
❼ あなたは姦淫してはならない
❽ あなたは盗んではならない
❾ あなたは隣人について偽証してはならない
➓ あなたは隣人の妻を むさぼってはならない、またすべて隣人のものを ほしがってはならない

詳細は申命記5章で
http://blog.goo.ne.jp/tomutomud2/e/b254b17c2ddd239eb2d8777060a8b997/?cid=0cc7c6b3d6099daf1eb4cfeb6b5c3996&st=0



<イエス様の答え>新約

「先生、永遠の生命を得るためには、どんなよいことをしたらいいでしょうか」

イエスは言われた、

「なぜよい事についてわたしに尋ねるのか。よいかたはただひとりだけである。もし命に入りたいと思うなら、いましめを守りなさい」

彼は言った、

「どのいましめですか」

イエスは言われた、

「『殺すな、姦淫するな、盗むな、偽証を立てるな。 父と母とを敬え』

また『自分を愛するように、あなたの隣り人を愛せよ』」

マタイによる福音書‬ ‭19章 より

よく言っておく

天地が滅び行くまでは、律法の一点、一画もすたることはなく、ことごとく全うされるのである

マタイによる福音書 5章より

<良心宣言>成約完成

良心は両親に勝る
良心は先生に勝る
良心は神様に勝る

神様と人の為に生きる人生は、神様が約束された栄光への道

統一教会の混乱克服の為の基本的な理解
テーマ 月別
http://ameblo.jp/tomutomud/themetop.html








聖書と原理講論を学びましょう
原理講論 聖書 神様教会
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 後5-9 アベル型の民主主義 | トップ | 後5-11 産業革命の意義 »

コメントを投稿

原理講論 後編5 メシヤ再降臨準備時代」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。