生命の言葉

神様を知り、信仰の種を育てましょう

前1-18. 神 の 遍 在 性

2016-12-16 16:39:06 | 原理講論 前編1 創造原理

18. 神 の 遍 在 性

(四)神 の 遍 在 性

上述のように、正分合作用によって三対象目的を完成した四位基台は

神を中心として球形運動を起こし、神と一体となるので

それは、神が運行できるすべての存在の、また、その存在のためのすべての力の根本的な基台となるということを我々は知った

ところで、創造目的を完成した世界においては

神の本性相と本形状の実体となっているすべての個性体は、みな、このように球形運動を起こし

神が運行できる根本的な基台を造成するようになっている

このようにして、神は一切の被造物の中に遍在されるようになるのである

原理講論 前編1創造原理-18





聖書と原理講論を学び

神様をはっきりと知り、神様に感謝し

神様をおそれ、神様を愛し

自分を愛するのと同じように隣人を愛し

2020年 地上天国を完成させましょう

クリック!
↓ ↓ ↓ ↓
人格育成のための聖書を学ぶ順番

聖書完読の年間計画

一日4章読めば一年以内に完読することができます

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタントへ
にほんブログ村











原理講論 聖書 神様教会
聖書と原理講論を学びましょう
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 前1-17. 天宙の中心 | トップ | 前1-19. 生 理 体 の 繁殖 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。