Tomuro Blog

お仕事以外の色々なことを気が向いた時に書いています。

弥山から瀬戸内海を一望で、空と海の青さが際立つ一日

2017-04-23 19:19:21 | 旅行


宮島の中で最も高い山になる弥山に登るには、
ロープウェーが便利です。

麓の駅に向かう道すがらも綺麗な景色が広がります。
紅葉の時期には、この緑が別の色に染められることでしょう。



まずは4人乗り位のやや小さなゴンドラで上昇します。
オーシャン&スカイビューが最高です。



中間駅にて一度降ります。
続いてはやや大人数乗りのゴンドラに乗り換えます。

ここで重要なのは、乗車位置です。
進行方向左側を向くように乗り込んでください。
そうすると、このような景色とご対面できます。
(逆側ですと山の緑と岩肌ばかりの景色でございます)



乗り換え含めて約20分くらいのロープウェーで山頂駅に到着です。
すぐに頂上と思いきや、本格的な山道が待っておりました。
油断していてはいけません!



頂上付近には巨大な岩が目立ってきます。
周囲を巡ったり、くぐったりしての「登山」が続きます。



「くぐり岩」の名前で有名な箇所です。
くぐる瞬間は、けっこう圧迫感ありでした。



30~40分程度、しっかり身体を動かして、頂上に到着!
展望台から登ってきたルートを見下ろしてみました。

弥山では行き交う人たちはほぼ外国人観光客で、
「日本人お断り」ルールがあるのかと思ってしまうほどでした。

こういうときに英会話ができると楽しみが増えると思いがちですが、
すれ違う方々の言語もさまざまで、
必ずしも英語ならイケる!という雰囲気でもありませんでした。



同じく展望台から、広島市方面を望みます。



道中には、「消えずの火」と呼ばれる、
1200年前からずっと灯し続けている「火」があります。
広島市内の平和記念公園の「平和の灯」の元火にもなりました。

それが…消えている(!)ように見えませんか???



下山して、海岸沿いの道には鹿のお出迎えがあります。
風景に溶け込んでいることもあり、
「こんなところにも!」と、その存在に驚くこともありました。



「激しい運動」の後なので、栄養補給も楽しみのひとつです。
揚げもみじは、もみじ饅頭を揚げたもので、
皮の食感の良さと中の餡の甘さのバランスが絶妙な気がします。

お参りから景色から登山からグルメまで、
しっかり堪能できました!
いろいろとパワーを頂けた気がします。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日帰りで訪れる喜びはグルメ... | トップ | 思わぬところでミニチュアを... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

旅行」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。