Tomuro Blog

お仕事以外の色々なことを気が向いた時に書いています。

ビールによる地方「巡礼」(岡山・山形・福島編)

2016-10-16 19:10:12 | 食・レシピ
福祉機器に関する企業にとって、重要なイベントであるH.C.R.も無事に終わりました。
来場頂いたお客さまへのフォローがさらに重要なお仕事ではありますが、
いったんはひと区切りでございます。

広島へ帰ってきて、さてどうしましょうか…
まずは喉でも潤しますか!



だいぶ見慣れた構図となってまいりました。
今回は、岡山→山形という「しりとり」リレーに旅立ちたいと思います。



岡山工場製造なので、そのまま「岡山」を冠することができます地元産です。
色はライトな感じでございます。

さっそくひと口のその前に、それは圧倒的な感じで立ち上がりました。
グラスを傾けたときにしっかりと分かるその香りは、とても良い印象です。



「晴れの国の太陽を浴びて育った」というフレーズもありましたが、
お味もスッキリとのど越し良く、乾いた日差しの下で飲むには最高なイメージです。

幸先の良いスタートであっという間に、「次、行ってみよう~」状態です。



山形でございます。実は行ったこと(仕事&プライベート合算)はまだありません…
岡山よりはやや濃い目の色合いは、味は「しっかり」系なことを予想させます。

いただきま~す!

予想を覆す感じでした。もちろんライト系よりはしっかり系に分類されるとは思いますが、
重たくはなくクリアな感じの飲み口なんですよね~



「低温濾過でていねいに雑味をとりのぞいた」と手間暇をかけた製法がそのお味にたどり着いたということですね。
これぞビールという感じを受けました。美味しかったです。
こうなると、一度は山形までお出掛けしたくなってきますね~

と、ここで、大切なことを忘れておりました。
H.C.R.の会場で頂いたお土産でございます。



新潟の、とある工房の代表は、いわゆる「ハレ」の場では和服で登場されます。
今回もさっそうと現れ、このようなモノを頂いた次第です。ありがとうございます!

笹団子です。中には餡子が顔を出すのが普通の想像だと思います。
ところが、笹を広げますと…



餡の色とはちょっと違った何かが…

味噌なんですよね~辛みが刺激的な感じで、これは和菓子の位置付けではなく…
つい、2本までと何となく決めていたルールを逸脱しそうな、
いや、もうすでに抗いきれない雰囲気になっておりまして…



プルトップを引いてしまいました!
ちょうど、「熊本づくり」が発売されまして、震災復興への想いが強くなっている頃ではあります。
しかしながら、まだまだ東日本大震災の影響も残っております。
福島のことも置いてきぼりにしてはいけません!

ひと口飲んで、これは美味しいなぁ~と思いました。
香りと味と、色合いとがバランス良く完成しています。



「ずっと飲み飽きないうまさの一杯」
なるほど納得の表現です。
これを片手に、地元の皆さまが少しでも楽しい時間が過ごせれば良いと感じました。

ということで、
「追加ラウンド」もありました今回の地方「巡礼」でした。
お飲み物もおつまみも、大変美味しゅうございました!



お楽しみの図画工作時間です。いっきに3か所の追加となりました。

東北地方は大きさもあって、塗りがいがありますね~
次はどちらにお邪魔しましょう!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カレー天国! | トップ | これほどまで凝視した日本シ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。