Tomuro Blog

お仕事以外の色々なことを気が向いた時に書いています。

ビールによる地方「巡礼」2017(福岡・佐賀編)

2017-08-05 19:57:43 | 食・レシピ
とにかくここしばらくの暑さと言ったら、暴力的ですらあります。
暑いからこその夏ではありますが、さすがに尋常ではありません。

そんな時に「涼」を求めるならば、どんな方法が良いでしょうか。
私の場合は、下準備が必要になってきます。

まずはあるモノを冷蔵庫に入れておきます。
実行の2~3時間前に、別のあるモノを冷凍庫に入れておきます。
後は「お楽しみ」の時間を待つばかりです。



「お楽しみ」とは、今年も頂くことができますご当地「一番搾り」!
ありがとうございます!
ビールは冷蔵庫、グラスは冷凍庫にて準備万端です!

福岡ではコンビニ調達のため、ロング缶しかありませんでした。
しかしながら、グラスとの相性もなかなかの見栄えです。
今後は容量も検討させて頂きます。



さっそく、乾杯です!
暑いさなかに、グラスに口をつけてののど越しは、
何とも言えない最高の瞬間です。
美味しい!…そのお味はいかに?
正統派のビールに仕立て上げているので、とても安心できます。
やや濃い目にも感じられますが、必要十分なレベルでまとめているように思います。
「奇抜じゃなくて、こういう普通のが美味しいんだよね~」と言いたくなる感じです。
『力強いうまみを引き出しました』とあります。まさにそんな印象があります。



合わせます「肴」は、「鯨ハム」のサカナです。
先般の展示会のビンゴにて入手しました「おつまみセット」、
大事に保管して、ここぞというところで頂いております。

『加熱せず、辛子マヨネーズ等を付けてお召し上がりください。
おつまみやサンドイッチの具にもおすすめです』だそうです。
残念ながら辛子マヨネーズは当家にはありませんでした。
辛子もありません。ワサビとはまた違いますよね。
残念ではありますが、それはそれとして盛り付けを…



思ったよりも「ハム」というより、もう少ししっとりとしています。
ツナをしっかりさせたようなイメージでしょうか。
マヨネーズは配備しました。ついでに七味唐辛子も…
(ちょっと違うような気もしますが、おつまみ系でこのパターンはありますよね)

記述的には前後しますが、この手の盛り付け後の乾杯です。
美味しいビールで喉を潤した後は、さっそく鯨ハムをいただきましょう!

何もつけずそのまま頂くと、美味しいのですがやや塩加減が強いような…
ビーフジャーキーをなめらかにして少しだけ脂分を抜いた感じです。

マヨネーズを付けるとだいぶマイルドになります。
ちょっとパンチに欠けるきらいがありますね~
やはり「辛子マヨネーズ」が合うのでしょうか…



振りかけてしまいました…七味唐辛子。
吉と出るか凶と出るか、でもイカなどでやりますよねこのパターン。
(不安となりましての自問自答です)

微妙な「辛子マヨネーズ」と和えましていただきます。
あっ!イイですね!美味しいです。ピリッと七味が引き締めます。
これはビールが進みますね~



ということで、九州第二弾へ突入します!
福岡に続きましては隣県の佐賀です。東京のお知り合いからの贈り物です。
色合いはベーシックな感じですね。
福岡との違いが楽しみです。



こちらもストレートで押してくる感じの正統派です。
基本に忠実なお味はやはり安心できます。
ややスッキリ飲みやすいように思います。
夏の暑さの中で飲むにはこれくらいがイイかもしれません。
「当たり」な印象を受けました。美味しかったです。



ということで、美味しくおつまみとお飲み物を頂くことができました。
その後は、楽しい「ぬり絵」の時間です。
昨年に引き続き、頂けた地域をマーカーで塗りつぶしていくことにしております。
遊び心で、色を変えてみました。本当に楽しい時間です。
(家族からは呆れられる時間でもあります…)
中国地方と九州地方が、マーカーにてつながりました!

今年はどこまで塗りつぶすことができるのでしょうか。
またレポート致します!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ウナギを食べるのは何年振り... | トップ | ビールによる地方「巡礼」201... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。