TRPGはじめて物語

TRPGのプレイレポートやゲーム、アニメなど気になったことや感想などを独断と偏見でのたれ書いたもの

ソードワールド妄想リプレイ「失われた詩」 序章

2017年08月10日 18時03分31秒 | 妄想TRPGリプレイ

「よし、それじゃぁ、サイコロを振っていこうか?」

「少しワクワクしてきますね」

「頑張ります!」

 「僕から、振ってみるね……ええっと、とりあえず手順として……

能力値を決定する8つの副能力値(A〜H)

生まれ表。

所持金の順番で決めるからね?」

「本来ならば、副能力値を順番に(Aから順に)決めるんですよね?」

「でも、今回は割り振りなので、後でA〜Hに割り振るんですよね?」

「その通りです」

「そして、みんな『人間』で作成する。

確か、副能力値を全部2Dで決めるとか?

2Dというのは、サイコロを2つ振るんですよね?」

「はい。

じゃあ、いきます!

ーー⚀⚁……

う……いきなり、低いなぁ……」

「頑張ってください!」

「よし!

ーー⚄⚅……!

よしよし……

ーー⚄⚁……

ーー⚅⚂……

ーー⚅⚀……

ーー⚅⚀……

ーー⚃⚂……

ーー⚄⚄……

ふむ、期待値以上か……」

「結構、7がでますね?」

「……」

「……」

「?」

「(反転してもオルタと同じってことか……ちょっと懐かしいや)

さて、次に生まれ表……『悪党』になりたいなぁ……」

「……」

「ゲームですから!」

「(……攻撃系宝具じゃないから、即死はないけど……『ドレイン』って彼女たちに効きそうにないな……)

ーー⚂⚂……

商人/学者だったかな?

ここは、商人を選びます。

初期経験点は3,000点 初期技能はマーチャントLV3

所持金は2D✕200か……

ーー⚀⚃……

1,000ガメル……ここで、期待値以下は無いだろう(笑)」

「ガメルというのは?」

「通貨単位です。世界共通(!?)の銀貨で、1枚2グラムです。まあ、金貨や宝石にして大金は持ち歩くのが基本って言わなくてもわかってますよね?」

「はい……

なるほど……手順は理解しました。

では、私も振ってみていいですか?」

「はい!どうぞ!」

「ありがとうございます。

では……

ーー⚂⚅……

ーー⚂⚃……

ーー⚂⚅……

ーー⚃⚄……

ーー⚁⚃……

ーー⚅⚀……

ーー⚅⚅……

ーー⚅⚀……

これは、良いのでしょうか?」

「6ゾロです……一番高い数字が出ています!」

「平均値も高いんで、良いですよ?」

「では、生まれですね……

……『悪党』というのがあるのですか?」

「安心してください。蛮族っていうのもあります」

「ああ、主よ……どうか、私をそのような出自になさいませんように……!

ーー⚂⚂……

あ、さっきと同じですね。

……私も商人にしてよろしいですか?

学にはあまり、自身がありませんので……」

「あくまで、生まれた家の話ですし、プレイヤーがキャラクターの能力を持っていなくてもいいので……」

「なら、学者にします。

学者の場合は、どうなるんですか?」

「初期技能がセージLV1になります」

「セージ(賢者)ですか……役が勝ちすぎてるような気がしますが……なんとかやってみましょう……

あとは、所持金ですね……

ーー⚃⚁……

ええっと6✕200は……」

「1,200ガメルですね」

「これは、どれくらいの価値なんでしょうか?」

「1日の生活費が30ガメルなので……ひと月分の生活費ですね」

「ちょっとしたお金ですね」

「ええ、意外とね」

「最後は、私です!

やー……

ーー⚅⚅……!

やった!

ーー⚂⚂……

ーー⚄⚃……

ーー⚄⚃……

ーー⚁⚀……

う!?

ーー⚃⚂……

ーー⚃⚀……

ーー⚃⚀……

あまり、良くないかも……」

「ほぼ平均ですし……ちょうどいいですね……(ほぼと言うより、きっちり平均……)」

「よし!生まれは頑張ります!

ーー⚂⚁……です!

「悪党ですね」

「がーん!?

や、やり直しを要求します!」

「却下します。

初期経験値は2,500点、初期技能はシーフLV1ですね。

所持金は2D✕200です」

「……悪党の家でグレるとどうなるんだろう……

ーー⚂⚃……ええっと、1,400ガメルですね」

「悪党の家でグレたら、極悪人になるんじゃないですか?

真面目に生きていれば、いいこともありますよ?

いっそ、両親は捕まって、施設で育っても良いわけですし……」

「わかりました!

私は、両親を更生させるために真面目に生きます!」

「頑張ってください……

では、能力値を振り分けちゃいましょうか?」

「やり方を教えて下さい」

「(そっか、まず技能を取得してからの方がいいのかな?)

ま、何とかなるさ……

了解です」


こういうのがありましたっけ

ソード・ワールド・ノベル サーラの冒険2 悪党には負けない! (富士見ファンタジア文庫)
幻 超二
KADOKAWA / 富士見書房


ジャンル:
ロールプレイング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Fate/Grand Order | トップ | PKO日報問題……やってる場合か! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。