TRPGはじめて物語

TRPGのプレイレポートやゲーム、アニメなど気になったことや感想などを独断と偏見でのたれ書いたもの

お酒の力

2016年12月07日 21時17分20秒 | よた話

「お酒のことなら、私よね」

「なんで、僕のカウンターバーにあなたのボトルがキープしてあるんですか?」

「聞いてますよぉ?うわばみさん」

「む?」

「お酒が回りだすと、量が止まらないって……三リットルのビールのピッチャーを一人で開けたことあるんですよね?」

「ビールは、酔わないですからね」

「酒飲みの発想ですよそれ?」

「辞めてください!僕はあんな人非人じゃない!」

「(これは、身内に相当な人がいるなぁ)

最近晩酌を始めたんですって?」

「一杯だけですが」

「うふ、それが、これですか?」

チョーヤ 紀州 紙パック 1000ml
チョーヤ梅酒
チョーヤ梅酒 

「僕は、安酒が飲めないんだよ

「あら〜舌肥えてるんですね」

「いや、受け付けないの(泣)これもちょっと抵抗があるくらい……昔はもうちっと美味しくなかった?」

「すみません。私は量飲めればいいんで」

「あっそう。

まあ、安くても美味しいお酒があれば、教えてほしいよ!

今、絶賛お試し中だからさ……

ワインは苦手だけど……白なら飲める(何とか)

紹興酒は、苦手(飲めなくはないけど、砂糖はちょっと)

蒸留酒は、多分大丈夫……

中国のお酒はあんまし試したことないなぁ……」

「白ワインがOKって」

「赤は酸い」

「あ、酸っぱいものが苦手ですもんね」

「まあ、今飲んでんのが10日くらいで終わるけど……

晩酌の種類は別にいくつあっても構わないでしょう。

オススメあれば試しますよ?」

「なら、私は聞き役で!」

「本当に量だけなんですね……」

ジャンル:
お酒・お茶
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« FFTRPG 妄想リプレイ 「フ... | トップ | Fate/Grand Order »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。