TRPGはじめて物語

TRPGのプレイレポートやゲーム、アニメなど気になったことや感想などを独断と偏見でのたれ書いたもの

Burnin’X’mas 《戦うサンタクロース》

2016年12月20日 15時11分47秒 | 妄想TRPGリプレイ

「さ、さくっとやってクリスマスパーティーしないとな」

「ねえ、このへろへろファンタジーって面白そう……」

「とっととやりますよー!」

「以外に時間がなくって焦ってるなぁ」

「まあ、前回のことを考えたら、あまり脱線できないか……ただ、まあ……」

「予定通り行くかな?」

「行かすんだよ!

大体の事情は前回参照だ。

サンタ師匠の代理戦争としてラリーをすることになった君たち。

まだ、サンタと認められていない半人前なので、トナカイも仮です」

「だから、前回どっちかを決めたのね……」

「そして、私が勝ったので、早い方を貰いました!」

「どうでもいいけど……ナビないと事故るよ?」

「大丈夫です!秘策はあります!」

「?」

「こっちは、協力していきましょう!

コーナリングとか任せたからね?」

「まあ、ナビがあれば……勝負になるかな?

……あの戦法やられたら、正直勝てないけど……

なんとかするか……」

「なんかあるの?」

「スタートダッシュで頭抑えて、ブロックされるの」

「!……それ狙ってるってこと?」

「可能性はあるなぁ……まあ、対策はあるから安心して」

「了解」

「よし、じゃあ位置について!」

「!」

「よーい!」

「!!」

「GO!

と、言うわけでコースに出るわけだけど……

まず、イニシアティブを振って」

「〈T+1D6〉か……⚀!?」

「あ、あれ?」

「……レーシングスタート起動!

〈T+2+……⚄〉」

「8」「14」

「圧倒的じゃない!」

「クロノレースが開始されます。一般車両はただちに退避してください。繰り返します

『クロノレース』が開始されます。一般車両は直ちに退避してください!」 

「サンタの世界の一般車両って?」

「イニシアティブに勝った人。

どこから周りたい?」

「え?決めていいんだ」

「どぞ」

「……第5特異点『北米神話大戦』から行くわ!」

「……まあ、なんとかしましょう!ずっと登りなんで、不利なんですが!」

「でも、絶対1回は登らなきゃ行けないのよ?」

「そですね……ここで勝てれば、活路がある!」

「イニシアティブに勝ったからって!勝った気にならないでくださいね!

パワーがダンチなのよ!」


 ルナマリア様がこんなセリフ言ってなかったけ?


 

使用可能なクロノレーンを検索。グランドマスターサンタに申請、オーソリゼーション!」

「デュエル!」

 「ナビゲーション!

Tが7で……⚅⚂で16!

目標値が12だから成功ね!」

「よし……コースがわかったぁ!」

「むむ!」

「こっちは、コースがわからないが……つっこむ!」

「……そうか、それだけのスピード差があるから、スピンしてもいいってことか!」

「こっちは、どうするの?」

「トナカイ、フルスロットル!」

「直線か?なら!」

「ドリフト!」

「え?」

ーー⚄⚀⚁で……5と2を選んで7足して、ドリフト+3で17!!

ーーあわわ⚄⚁で7足してで14!

「高速コーナー、目標値が14

頭文字Wが+5優勢です!」

「はえぇ!」

「あぶねー」

「次のターンです」

「⚀だから8」

「⚀だから8」

「じゃ、先頭の人から……イニシアティブが同値なのでブロック不可ね」

「……相対速度を同じにします!」


彼らの作戦は、邪魔することでトップを取り続けるという作戦。

スピードが早いからできる作戦である。が……


「じゃ〜次のターンだ!」

「なかなか、ちぎれないなぁ」

「そうそう、やらせんよ!ーーあ、8……」

「うう、こっちも8だ……可能性としては、そろそろヘアピンが来そうなんだけどなぁ……相手がスピード落ちないし……賭けるのは怖いなぁ……スピード5落とします!」

「(頭文字Bのサイコロを見て……)GM!私は、前の車のタイヤを撃ちます!」

「え!?」

「ゴム弾なんで、ダメージは入りませんよ」

「うう」

「よかった……ええっと、基本値が13だからよしよし、21なら大丈夫だ!」


一番難易度の高いヘアピンカーブの難易度が20なので、それ以上出せば、大体クリアである。

その後、頭文字Wはリードを守ったまま安全運転に徹し

山もなく谷もなく、コースクリアする。


「つまらん!」

「作戦勝ちって言ってよ!」

NASCAR見てから、出直してこい!」


レース勝者には合計聖魂20

レース完走者には合計聖魂10が支給されて、レース終了!

おのおのレベルアップして、サンタはプレゼントを渡しに行くのでした!

「え”……あれに会うの?」

「寝てるときに行けばいいんですよ!」

「……だって……あの人……『一人で24時間看護してる』じゃない!」

「頑張ってねー!」

「……」

ジャンル:
ロールプレイング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 艦これ? | トップ | 北朝鮮動かず…… »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

妄想TRPGリプレイ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。