gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

河川敷切断遺体 頭部だけポリ袋に

2016-10-18 08:26:12 | 報道・ニュース
 兵庫・伊丹市の河川敷で切断された遺体が見つかった事件で、土の中から見つかった頭部が、大型のポリ袋に入れられていたことが新たにわかった。

 この事件は、伊丹市の河川敷で、頭部や胴体、それに両腕、両足がバラバラに切断された成人男性の遺体が発見されたもの。頭部と胴体は河川敷の深さ数十センチの土の中から見つかったが、捜査関係者によると、頭部だけは大型の透明のポリ袋に入れられていたことが新たにわかった。

 現場付近から見つかった黒色のキャリーバッグからは血液反応が出ていて、警察は、何者かがポリ袋に入れた頭部などを、キャリーバッグを使って現場に運んだ可能性があるとみて、ポリ袋に指紋など犯人につながる証拠が残されていないか調べている。

 ちゃんと捜査して犯人を早く捕まえてもらいたいですね。
『事件』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 白バイ追跡の男性死亡 バイ... | トップ | 民家で4人刺され1人死亡=殺... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。