気ままに風の跡 by樋口友治郎

日々は風のごとく吹き抜けてしまうから、そんな風の跡を刻んでいきたい。気ままに綴る詩ブログ。 

大きな虹

2017-04-19 07:44:31 | 詩歌





春の嵐が過ぎて
雨が上がる ほんの手前
朝陽が雲を割った

おばあちゃんに手を引かれた
園児服の 小っちゃな女の子
見つけた大きな虹を 指さして

空を見上げて
にこにこと笑った

それを見た おばあちゃん
うれしそうに 

笑い合っていた


いつのまにか やんでた雨に 
雲が昇ってく

晴れ広がり始めた空の上へと








ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« のどかな空がこんなにも | トップ | とてもじゃないけど 幸せに... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。