ともやの映画大好きっ!

鑑賞した映画の感想やサウンドトラックなどの紹介、懸賞や日々の戯れ言などをのほほんと綴っていこうと思っています。

300<スリーハンドレッド>

2007年05月04日 | 映画(さ行)
(原題:300)
【2007年・アメリカ】試写会で鑑賞(★★★☆☆)


フランク・ミラー原作のグラフィック・ノベルを実写映画化した歴史スペクタル映画。
歴史上もっとも熾烈な闘いのひとつとして語られている【テルモピュライの戦い】がモチーフにされている。

紀元前480年。スパルタ王レオニダス(ジェラルド・バトラー)の元にペルシア帝国からの使者がやって来る。幾千もの国々を征服してきたペルシア帝国の次なる標的は、スパルタをはじめとするギリシアの地。国を滅ぼされたくなければ、ペルシアの大王クセルクセス(ロドリゴ・サントロ)に土地と水を差し出し、服従の証を立てろと使者は言う。『服従か、死か』と問われ、レオニダス王は躊躇うことなくペルシア帝国の使者を葬り去る。スパルタは、すべてが神の神託=法によって定められる。レオニダス王は、神々に開戦の許しを乞うために、司祭の元を訪れる。託宣者であるオラクルから告げられたのは、スパルタ軍の出兵を禁じるものだった。神託は絶対である。しかし、このままではスパルタがペルシア帝国に侵略されてしまう。実は司祭たちはペルシア帝国から賄賂を受け取り、嘘の神託をレオニダス王に告げていたのだ。レオニダス王は、散歩に出ると言い、300人の屈強な戦士を連れて、迫りくる100万のペルシア大軍を迎え撃つために旅立っていく。レオニダス王にはある作戦があった。海岸線の狭い関門=ホットゲートに敵を誘い込めば、大軍の利点を封じることができる。テルモピュライまでやってきたレオニダス王たちは、海岸線を延々と埋め尽くすペルシアの大軍を目の当たりにする。100万もの兵を前にして、スパルタの戦士達は嬉々として闘いに挑んでいく…。



アメリカでは興行収入が2億ドルを越す大ヒットとなった本作。
アメリカ軍兵士に大人気みたいですね。
「シン・シティ」などで知られるフランク・ミューラー原作のコミックがあくまで元となっているので、「トロイ」や「アレキサンダー」、「キングダム・オブ・ヘブン」のような作品を期待すると肩すかしを食らうかもしれません。





スパルタの戦士達の出で立ちは、黒いパンツに赤いマントだけ。
この屈強な肉体だけを武器にペルシア軍に立ち向かっていきます。
そして彼らの後に高く積み上げられているのは、殺したペルシア軍の兵士たち。







地鳴りを響かせて押し寄せるペルシア大軍に、スパルタの戦士達は怯むどころか胸を躍らせて闘いに挑んでいく。
空を真っ黒に覆い尽くして降り注ぐ敵の弓矢さえも豪快に笑い飛ばしていく。
スパルタの戦士は絶対に退かない。
スパルタの戦士は絶対に屈しない。
首や足や手が飛びまくる激しい闘いが次々と繰り広げられていきます。



ペルシアの大王クセルクセスもさまざまな兵士を繰り出してきます。
黄金の仮面を着けた最強の戦士たちが集まる死の軍団。
10メートル越すと思われる巨大な像。
凶暴なサイにまたがった兵士。
5メートルはある怪力を持った巨人。
爆弾を操る魔術師たち。



「荒野の7人」などに代表される、大軍に僅かな人間で立ち向かうってストーリーは大好き。
でも後半になってくると『戦場で戦って死ぬことが美学』みたいな、闘いが目的ではなく行為に終始するようになってきて、ちょっと食傷気味になってしまいました。
何だか軍国主義の洗脳ビデオでも観てるような感じ。
この作品を観たときの気分の問題なのかなぁ?

監督はザック・スナイダー。

「シン・シティ」「300」と大ヒット連発で、フランク・ミラーの作品は大注目みたいですね。
次は「Ronin」という作品の映画化が決定している。
日本の浪人が近未来のニューヨークで怪物たちと戦うというモノらしい。

2007年6月9日公開
公式HP:300<スリーハンドレッド>


300〈スリーハンドレッド〉 コンプリート・エクスペリエンス [Blu-ray]

ワーナー・ホーム・ビデオ

このアイテムの詳細を見る


300<スリーハンドレッド>特別版(2枚組) [DVD]

ワーナー・ホーム・ビデオ

このアイテムの詳細を見る


300 [Deluxe Edition](「300<スリーハンドレッド>」輸入盤サントラ)

Warner

このアイテムの詳細を見る


300(「300<スリーハンドレッド>」輸入盤サントラ)

Warner

このアイテムの詳細を見る


300アートブック
フランク・ミラー/ザック・スナイダー/タラ・ディルーロ
小学館プロダクション

このアイテムの詳細を見る


■フランク・ミラー原作の映画化作品「シン・シティ」はこちら

シン・シティ コンプリートBOX (完全初回限定版)

ジェネオン エンタテインメント

このアイテムの詳細を見る


シン・シティ プレミアム・エディション

ジェネオン エンタテインメント

このアイテムの詳細を見る


シン・シティ スタンダード・エディション

ジェネオン エンタテインメント

このアイテムの詳細を見る


Sin City(「シン・シティ」輸入盤サントラ)

Varese Sarabande

このアイテムの詳細を見る


シン・シティ(国内版サントラ)

ジェネオン エンタテインメント

このアイテムの詳細を見る
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (18)   トラックバック (54)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« レイヤー・ケーキ | トップ | アラン・ドロンのゾロ »
最近の画像もっと見る

18 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ほう (さいさい@百鬼)
2007-05-05 00:48:59
観たんだw
あの日、けっきょく起きられなくて、予定していた「ゾディアック」観れなかったんだお。
なので、来週これと「ゾディアック」を連荘する予定。
フィンチャー (ともや)
2007-05-05 03:49:54
こんばんは、さいさい@百鬼さま♪
>観たんだw
背景全編CGと、かなり完成された映像を楽しむことができましたよ。
歴史映画と言うよりヒーロー映画ですね。

>来週これと「ゾディアック」を連荘する予定。
「ゾディアック」気になるよね。
作品もそうなんだけど、デビッド・フィンチャーが作るオープニングが今度はどんなのか?
毎回楽しみなんですよね。
こんばんは。 (hyoutan2005)
2007-05-06 01:57:59
TBありがとうございました。
早々に試写会で鑑賞しましたが、史実を踏襲しながらもファンタジーになっていましたね。
スパルタ式の教育が決して正しくは無いことは明白ですので、戦うことの美学よりも、やはり愚かさと滑稽さを描いているように感じました。
こちらもTBさせていただきますね。
スパルタ (ともや)
2007-05-06 02:43:12
こんばんは、hyoutan2005さん!
>スパルタ式の教育が決して正しくは無いことは明白ですので、戦うことの美学よりも、やはり愚かさと滑稽さを描いているように感じました。
そうですよね。
ともやはあくまでもコミックのヒーローモノを観る覚悟で鑑賞したのですが、ちょっといろいろと考えさせられちゃいました。
こんにちは♪ (ミチ)
2007-06-03 15:09:04
「シン・シティ」を髣髴とさせるシーンもあって、これはあくまでも映像を見せる映画かな~と思いました。
一つ一つのシーンが本当にグラフィックノベル(ナレーション付きですし)
戦いに次ぐ戦いで、内容を重んじる方にはいまひとつだろうな~と思いました。
コミック (ともや)
2007-06-03 22:40:23
こんばんは、ミチさん♪
神官の神託を受ける踊りのシーンなんかは、コミックらしい…コミックの方を想像できるようないい場面でした。

それにしても今やってる宣伝は酷いですね。
【彼らは愛のために戦う!】ですって。
それもあるのかもしれないけれど、彼らは【愛】のためではなく【スパルタの戦士】であるという【誇り】のために戦っているんですよね。
こういう【愛】って言葉を安易に出して女性客を引き込もうとする宣伝ってダイッキライです!
TBさせていただきました (ノルウェーまだ~む)
2007-06-04 17:14:03
ともやさん、ご無沙汰しています~
叙情的な絵画のような映像がすばらしかったですね。
映像の美しさと、イケメンマッチョに見惚れていたら、後半の醜いクリーチャーでげんなりしてしまいました。
敵を醜く描くのは、コミックならではなのでしょうが、シンシティでも出てきたのとそっくりな姿は、ちょっとどうなの?と思ってしまいました。
敵キャラクター (ともや)
2007-06-04 22:07:41
こんばんは、ノルウェーまだ~むさん!
>後半の醜いクリーチャーでげんなりしてしまいました。
あらら、そうだったのですね。
ともやはもうちょっとぶっ飛んだキャラがいても良かったかなぁ…なんて思ってます。
TBありがとうございました (とらねこ)
2007-06-10 12:46:52
そうですね!おっしゃる通り、
>軍国主義の教義のためのビデオみたい。
さすがともやさん!
私は好きなタイプの映画かと思いきや、あまりノレなかった映画でしたが、ともやさんにハッキリ言われてサッパリしました!
スパルタの精神 (ともや)
2007-06-11 00:13:07
こんばんは、とらねこさん♪
>私は好きなタイプの映画かと思いきや、あまりノレなかった映画
そうなんですよ。
ちょっとしたニュアンスなんでしょうけどね。
本当はこういうシチュエーションの映画大好きなんですけど…。
こんばんは! (猫姫少佐現品限り)
2007-06-12 23:29:08
あたしはこれ、大好き!
今年のベスト選出、間違い無しですね。
てか、ペルシャはちょっと、かわいそうな感じですが、、、
あまりにも、イロモノすぎ、、、
高評価 (ともや)
2007-06-13 10:04:35
こんにちは、猫姫少佐現品限りさま♪
>あたしはこれ、大好き!
>今年のベスト選出、間違い無しですね。
かなりの高評価ですね。
やはりおパンツ一丁のムキムキが良かったのかしらん(笑)。
ともやはもうちょっとイロモノ色が濃くてもよかったかな?
こんにちは! (由香)
2007-06-14 11:39:13
TBさせて頂きました♪
私は史実か?神話か?みたいな話が大好きなので、この映画には興奮させられました。
映像も絵画のように綺麗でしたし、肉体美には圧倒されました!!
ジェラルド・バトラーのレオニダスはハマってましたね~彼の腹筋に目がクギ付けでした(笑)
ムキムキ (ともや)
2007-06-15 07:03:30
こんにちは、由香さん♪
>史実か?神話か?みたいな話が大好きなので、この映画には興奮させられました。
史実を題材にしたファンタジー映画でしたね。
1シーン1シーンがコミックのコマのような映像美はホント凄かったです。

>彼の腹筋に目がクギ付けでした(笑)
むむっ、由香さまもマッチョ・フェチですな?(笑)
おひさしぶりです (D)
2007-07-08 20:47:35
観て来ました!!

大画面で見ることができて嬉しい~!
まず、それが一番の感想(日ごろ見にいけないですから)
軍国主義の洗脳・・ってのは困ります
R-15でいいのか??とちょっと不安を感じたけれど

個人的には単純にバトラー氏を見てニンマリしておりました・・・(汗)
ムキムキ? (ともや)
2007-07-08 22:11:52
こんばんは、Dさま♪
お久し振りです~!
やはりバトラーのムキムキ?
ブートキャンプも流行ってるし、これからはムキムキなのかなぁ。
ともやもムキムキを目指そうかしらん。
(今から?)
普通の画像 (@KOBA)
2007-11-22 22:14:31
こんにちは!

自分的には、やはり普通の画像で観たかったです。
戦いのシーンが面白いだけに、そこが残念でした。
でも、あんまり気にしてない観客の方が多いんでしょうね。
違和感 (ともや)
2007-11-24 10:57:59
こんにちは、@KOBAさま♪
最近は演者以外フルCGって映画も少なくないですからねぇ。
「ゴッド・ディーヴァ」とか「スカイ・キャプテン」とか。
最初に違和感感じちゃうと、のめり込めなくなっちゃうのかも?

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

54 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『300 <スリーハンドレッド>』 (ラムの大通り)
(原題:300) ----『300』ってなにが300ニャの? 「うん。これはね。 侵略を目論むペルシャ帝国軍100万に対して 王レオニダス(ジェラルド・バトラー)のもとに集まったスパルタの屈強な男たちが 壮絶なバトルを挑んだと言う ヘロドトスの『歴史』にも記されている テル...
「 300 <スリーハンドレッド>(2007) 」 (MoonDreamWorks★Fc2)
監督・脚本 : ザック・スナイダー 出演 : ジェラルド・バトラー  / レナ・へー
躍動する肉体は鎧にも勝る。 (ひょうたんからこまッ!)
『300<スリー・ハンドレッド>』300(2006年・アメリカ/117分)公式サイト~100万対300大群を前にしてひるむことなく勇気を見せるスパルタの兵士たち。ペルシア戦争最中に起きたテルモピュライの戦い。その戦(いくさ)の結果はどうあれ、彼らは後々ま...
絵画的美しさに惚れ惚れ。。。☆ 『300 <スリーハンドレッド> 』 ☆ (honu☆のつぶやき ~映画に恋して~)
キャストをみても私の見知った人が誰一人いなかった本作。 なのにU.S.A ボックス・オフィスでは、何週も連続して上位に入るという大ヒット フランク・ミラーのグラフィック・ノベルが原作だからなのかなと想像しつつ、何となく気になってた。 観た感想は、斬新な映像...
300 <スリーハンドレッド> (映画/DVD/感想レビュー 色即是空日記+α)
スパルタ戦士300人の戦いがすごいっ! 300人の腹筋がすごい! 300人のパンツ姿がすごいっ!(爆
300<スリーハンドレッド>(試写会) (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★★☆ 裸一貫!戦う最強筋肉男300人!! 
映画【300[スリーハンドレッド]】試写会 (Chateau de perle)
【300[スリーハンドレッド]】 公式サイト 6月9日公開 監督 ザック・スナイダー 出演 ジェラルド・バトラー、レナ・ヘディ、デヴィッド・ウェンハム、ドミニク・ウェスト、ミヒャエル・ファスベンダー、ロドリゴ・サントロ、他 スパルタの王・レオニダス率いる300...
300 (メルブロ)
300 上映時間 1時間57分 監督 ザック・スナイダー 出演 ジェラルド・バトラー レナ・ヘディ デヴィッド・ウェンハム ドミニク・ウェスト ミヒャエル・ファスベンダー 評価 7点(10点満点) 会場 中野サンプラザ(試写会)  二日連続、中野サンプラザで...
映画「300 <スリーハンドレッド>」 (映画専用トラックバックセンター)
映画「300 <スリーハンドレッド>」に関するトラックバックを募集しています。
300<スリーハンドレッド> (悠雅的生活)
100万のペルシャ軍を迎え撃つ、スパルタの300人の裸の男たち。
ザ・シューター 極大射程 (Lovely Cinema)
2007/アメリカ 監督:アントワーン・フークア 出演:マーク・ウォルバーグ(ボブ・スワガー)    マイケル・ペーニャ(ニック・メンフィス)    ダニー・グローバー(アイザック・ジョンソン大佐)    ケイト・マーラ(サラ・フェン)    ネット・ビ...
「300<スリーハンドレッド>」試写会で見てきた映画感想 (Wilderlandwandar)
まさか当たるとは思ってなかった、試写会が当たったので見てきました。「300<スリ
映画「300(スリー・ハンドレッド)」・・・ギリシア対ペルシア... (システムエンジニアの晴耕雨読)
 「紀元前480年、スパルタ王レオニダスはわずか300名の軍勢で100万のペルシア軍を向え討つ。」 映画「300」が、もうすぐ公開ですね! 古代ギリシア・・・というか、プラトンさんにはまっているので、楽しみです。 プラトンの訳者、岩田靖夫さんの「ヨーロッパ思想....
300 スリーハンドレッド(先行上映) (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
100万の敵を向こうに回し、男たちは戦うことを望んだ。弱いものは生きることさえ許されない_スパルタの男たちはそのように生まれ、そのように育てられた。服従はしない、退却はしない、降伏しない、これがスパルタの掟だ__ 最強国家を作り上げた“スパルタ式”...
300/スリーハンドレッド (そーれりぽーと)
なんだか北米ではスマッシュヒットを飛ばしていたらしい『300』が先行上映されていたので、何も考えずに観てきました。 ★★★ 腹筋バキバキのマッチョな男達がパンツにマント姿でわんさか登場。 華も洒落も無いけれど、ゲイムービーにも観えてしまうくらいに、腹筋の動...
映画 【300 〈スリーハンドレッド〉】 (ミチの雑記帳)
先行上映にて「300〈スリーハンドレッド〉」 『シン・シティ』でも知られるアメコミを代表する作家フランク・ミラーのグラフィック・ノベルを基に映画化。 紀元前480年、スパルタ王レオニダス(ジェラルド・バトラー)は、ペルシアの大王クセルクセス(ロドリゴ・サント...
映画「300 <スリーハンドレッド>」 (しょうちゃんの映画ブログ)
2007年40本目の劇場鑑賞です。先行レイトショーで観ました。「ドーン・オブ・ザ・デッド」ザック・スナイダー監督作品。無謀なる壮絶な戦いに生身の屈強な男たちが立ち向かう迫力の歴史スペクタクル。100万のペルシア大軍をわずか300人のスパルタ軍が迎え撃つという伝説的...
映画「300」(スリーハンドレッド)がR-15な訳 (ノルウェー暮らし・イン・ジャパン)
久しぶりの試写会だ。 ギリシャ彫刻そのものの、鍛えられた肉体をもつ戦士たちが、古典の絵画のような美しい画面で戦う姿は、スローモーションとストップモーションを駆使した映像が、その動きを優雅なダンスのように見せ、飛び散る血しぶきでさえ、美しいと思わせる・・...
『300 スリーハンドレッド』 (Sweet* Days**)
監督:ザック・スナイダー CAST:ジェラルド・バトラー、レナ・ヘディー 他 STORY:紀元前480年、ギリシャのスパルタ。その国の兵士達は、幼い頃から厳しい戦闘訓練によって鍛え上げられていた。そんなスパルタの王、レオニダス(ジェラルド・バトラー)はペルシアの...
300 <スリーハンドレッド> (江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽)
 アメリカ  アクション&アドベンチャー&歴史劇  監督:ザック・スナイダー  出演:ジェラルド・バトラー      レナ・ヘディ      デヴィッド・ウェンハム      ドミニク・ウェスト 【物語】 紀元前480年、千もの国々を征服してきた大帝国...
300 スリーハンドレッド (ネタバレ映画館)
スパルタと聞くと、戸塚ヨットスクールを思い出す。
#82.『300 <スリーハンドレッド>』 (レザボアCATs)
いやぁ、もう、何と言うべきか。偏差値40以下の肉体派映画。これ見たら、体を作らないといけない、という気になるかもしれません・・・多分。
300<スリーハンドレッド> (利用価値のない日々の雑学)
年頭での筆者の期待度としては、ベスト30に入るかどうか程度の作品であったのだが、正直、こんなに周囲でも人気が高いのは驚きだった。シアターの予告編効果も大きかったのかと思う。又、筆者が子供の時分にはよく「スパルタ教育」なんて言葉も耳にしたし、実際、小学校...
300/スリーハンドレッド (Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆))
人類史上最強300人からなるスパルタ軍団。肉体や映像など感銘するシーンはあったが、物語としてはどうなの???                               評価:★6点(満点1...
勝手に映画批評16 (sons and daughters -blog-)
【300(スリーハンドレッド)】 4点 けっこう期待して観に行ったんですが、イマイチでした。まず言うと、ストーリーが薄い。一言で「300人と100万人が戦った」っていうだけの映画って感じ。それ以上でもなくそれ以下で
『300(スリーハンドレッド)』 (Day After Day)
す、すごい( ̄□ ̄;)!! アドレナリン出まくりです!! この作品については、TVCM程度の知識しか持っていなかったので、実際に観てびっくりしました。 暴力的な内容ではありますが、すべてのシーンはとても綺麗に描かれており、モノトーンの画面にマントの赤色のみを...
300 07130 (猫姫じゃ)
300 スリーハンドレッド 300 2006年  ザック・スナイダー 監督・脚本  フランク・ミラー 原作・制作総指揮  リン・バーリー 原作ジェラルド・バトラー レナ・ヘディー デイビッド・ウェナム ドミニク・ウェスト ビンセント・リーガン マイケル・フ...
300 <スリーハンドレッド> (映画鑑賞★日記・・・)
【300:2007/06/09】06/12鑑賞製作国:アメリカR-15監督:ザック・スナイダー原作:フランク・ミラー、リン・ヴァーリー出演:ジェラルド・バトラー、レナ・ヘディ、デヴィッド・ウェンハム、ドミニク・ウェスト、ミヒャエル・ファスベンダー紀元前480年。スパルタ王レオ...
300/スリーハンドレッド (Akira's VOICE)
伝説の追体験。 脳裏に刻み込まれました。
300 [スリーハンドレッド]・・・・・評価額1600円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
開場30分前に行ったのに、もう既に劇場の前は長蛇の列。 古代ギリシャとペルシャ帝国が戦ったペルシャ戦争の激戦地、テルモピレーの戦いを基にしたグラフィックノベルを映画化した「300」は、オスカーシーズン明けで、
300  スリーハンドレッド (★YUKAの気ままな有閑日記★)
ジェラルド・バトラーの肉体美を堪能しに劇場へ―【story】紀元前480年。スパルタ王レオ二ダス(ジェラルド・バトラー)の元にペルシャ帝国からの遣いがやってきた。国を滅ぼされたくなければ、ペルシャの大王クセルクセス(ロドリゴ・サントロ)に服従しろと使者は言う。...
300 スリーハンドレッド (C'est Joli)
300 スリーハンドレッド’06:米 ◆監督・脚本:ザック・スナイダー「ドーン・オブ・ザ・デッド」◆出演:ジェラルド・バトラー 、 レナ・ヘディー 、 デイビッド・ウェナム 、 ドミニク・ウェスト、 ビンセント・リーガン ◆S...
【2007-82】300<スリーハンドレッド> (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
戦えない子供は谷底へ突き落とされ、 男たちはとてつもない国を育てた。 スパルタだ・・・ そこに侵略軍が現れた 人類史上── 最強の300人 VS侵略軍100万人 史上最大のとてつもない真っ向勝負が幕を開ける。 300人VS1,000,000人、真っ向勝負!...
300 <スリーハンドレッド> (300) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ザック・スナイダー 主演 ジェラルド・バトラー 2007年 アメリカ映画 117分 アクション 採点★★★★★ もう評価も付けたことだし、余計なことをウダウダと書かずに一言「これがスパルタだ!!」とだけ書いて終わらせるのが一番良い気もするので、こっから先は無駄話...
300 スリー・ハンドレッド(映画館) (ひるめし。)
300人VS1,000,000人、真っ向勝負!
「300<スリーハンドレッド>」 伝説という抑止力 (はらやんの映画徒然草)
画面から感じるエネルギーのポテンシャルがすごいです。 原作はフランク・ミラーのグ
300 スリーハンドレッド (週末映画!)
期待値: 81%  漫画が原作の歴史スペクタクル映画。 ジェラルド・バトラー,レナ・ヘディ,デヴィッ
300 を観てきた (ヤジャの奇妙な独り言)
「300(スリーハンドレッド)」を 観てきました 映画の設定は紀元前480年に起きた 「テ
スパルタ戦士の強さの源は女性●300 スリー・ハンドレット (Prism Viewpoints)
力なき正義は無能であり、正義なき力は圧制である。 力なき正義は反抗を受け、正義なき力は弾劾を受ける。 それゆえ正義と力を結合せねばならない。   ―― パスカル 『パンセ』より  ―― 『Three Hundred』 紀
「300(スリーハンドレッド)」 (やまたくの音吐朗々Diary)
公開中の映画「300(スリーハンドレッド)」を観賞。監督・脚本はザック・スナイダー。製作総指揮・原作はフランク・ミラ。出演はジェラルド・バトラー、レナ・ヘディー、デイビッド・ウェナム、ドミニク・ウェスト、ビンセント・リーガンほか。紀元前480年。スパルタ王レ...
★「300 <スリーハンドレッド>」 (ひらりん的映画ブログ)
全米で興行収入2億ドルを突破したというヒット作。 ギリシャやペルシャの戦士ものはヒットしない・・・という今までの常識を覆したそうで。 主人公はスパルタ教育で有名なスパルタの王。 300人対100万人の対決・・・というのがウリ・・です。
300(スリーハンドレッド)(6/9公開) (第八芸術鑑賞日記)
 6/24、新宿ミラノにて鑑賞。6.5点。  見ながらウトウトしてしまった俺などが言っても説得力のないことかもしれないが、評価とは関係なく映画ファンならば一見しておく価値のある作品だ、とは言っておくべきだろう。一昨年の『シン・シティ』に続き、フランク・ミラーの...
300 スリーハンドレッド!! (銅版画制作の日々)
世界各国でNO.1ヒット記録 6月10日、MOVX京都にて鑑賞。300人vs1,000,000人のバトルえぇ~そんな戦い、勝てっこないじゃん。しかし彼らは100万人相手に戦うことを望んだ。弱い者は生きることさえ許されないスパルタの男たちはそのようなところに生まれ、そ...
300~スリーハンドレッド~ <ネタバレあり> (HAPPYMANIA)
血、血、血、飛びまくる血明らかにCGで作った血だったので 不思議と結構観れるもの。リアルに吹き出ていたら とても最後まで観れやしないっ紀元前480年 ここでは最強のスパルタ兵を育てる為に、男の子は生まれた時から選別される戦士になれない者は育てられずに ...
300<スリーハンドレッド> (映画を観よう)
300<スリーハンドレッド> アメリカ 2006年 ジェラルド・バトラー、レナ・ヘディ、デヴィッド・ウェンハム、ドミニク・ウェスト、ミヒャエル・ファスベンダー、ヴィンセント・リーガン、トム・ウィズダム、アンドリュー・プレヴィン、アンドリュー・ティアナン
300[スリーハンドレッド] (TRIVIAL JUNK Blog)
スパルタブートキャンプ(多分同ネタ多数) <公式サイト> 史実「テルモピュライの戦い」を元にした、フランク・ミラー(「シン・シティ」)の劇画の実写化。 まぁ予告やポスターを見ていただければ分かるとおり、全編これ男性ホルモンの本格マッチョ映画であります。...
300 (20XX年問題)
レビューを更新しました。 レビューを見てみたい方は当HP↓からどうぞ。 Review→映画レビュー、から見れます
300[スリーハンドレッド] (Yuhiの読書日記+α)
紀元前480年の話。スパルタ教育とかの語源となったっていう話を、世界史の授業で習った気もしますが、遠い昔の事なのですっかり霞の彼方で・・・。これから観ようと思っている方は、前もってこの時代のことを知っていた方が、より映画の世界を楽しめると思います。 ...
300 スリーハンドレッド (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『300人VS1,000,000人、真っ向勝負!』  コチラの「300 スリーハンドレッド」は、史上もっとも熾烈な闘いのひとつとも言われる紀元前480年の"テルモピュライの戦い"を基にしたフランク・ミラーのグラフィック・ノベルを斬新で強烈なヴィジュアルで映画化したR-15指...
300 (スリーハンドレッド)@我流映画評論 (ジフルブログは映画・音楽・札幌グルメを紹介|GFL BLOG)
今回紹介する映画は、『300 』です。 まずは映画のストーリーから・・・ 紀元前480年。スパルタ王レオニダスのもとに、圧倒的な軍力を誇るペルシア帝国・クセルクセス王の遣いがやって来た。 曰く、土地と水を差し出さなければ、国を滅ぼすという。しかしレオニダ...
『300』観ずらい! (@KOBAのムービー!ムービー!)
『300』 300(2007年アメリカ)  監督 ザック・スナイダー  脚本 ザック・スナイダー、マイケル・B・ゴードン、カート・ジョンスタッド  出演 ジェラルド・バトラー、レナ・ヘディ  ■ストーリー■  紀元前480年、戦士の国スパルタに、強大な国力...
mini review 07084「300 スリーハンドレッド」★★★★★★★☆☆☆ (サーカスな日々)
解説: 『シン・シティ』でも知られるフランク・ミラーのグラフィック・ノベルを基に、スパルタの兵士300人がペルシアの巨大軍と戦う姿を描いたアクション超大作。監督は『ドーン・オブ・ザ・デッド』のザック・スナイダー。屈強なスパルタの王レオニダスを『オペラ座の...
『300』'07・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ紀元前480年、スパルタ王レオニダス(ジェラルド・バトラー)は、ペルシアの大王クセルクセス(ロドリゴ・サントロ)から服従の証を立てるよう迫られる。そこで、レオニダス王が取った選択肢は一つ。わずか300人の精鋭たちとともにペルシアの大群に立ち向か...
300 (真性ひできちんこショボーン↓)
ペルシア人10万の軍勢に対し、スパルタ人300人の無謀なる戦い。 とにかく、戦闘シーンがハンパなくカッコヨイ!!そして美しい!! ...