ともやの映画大好きっ!

鑑賞した映画の感想やサウンドトラックなどの紹介、懸賞や日々の戯れ言などをのほほんと綴っていこうと思っています。

ミスト

2009年01月06日 | 映画(ま行)
(原題:THE MIST)
【2007年・アメリカ】DVDで鑑賞(★★★★★)


スティーヴン・キングの中編小説「霧」を、フランク・ダラボン監督が映像化したパニック・ホラー映画。
スティーブン・キング×フランク・ダラボンは、短編映画「老婆の部屋」(「312号室の女」原作)、「ショーシャンクの空に」、「グリーンマイル」に次いで、4度目のタッグを組むことになる。
第34回サターン賞では、ミセス・カーモディを演じたマーシャ・ゲイ・ハーデンが助演女優賞を受賞。

のどかな田舎町を襲った激しい嵐の翌日。デヴィッド・ドレイトン(トーマス・ジェーン)は、湖の向こう岸に発生した異様に深い霧に懸念を抱きながら、息子のビリー(ネイサン・ギャンブル)と隣人の弁護士ブレント・ノートン(アンドレ・ブラウアー)と共にスーパーマーケットへ買い出しに出掛ける。そこへダン・ミラー(ジェフリー・デマン)が『霧の中に何かいる!』と叫びながらスーパーマーケットに駆け込んでくる。程なくして濃い霧が辺りを覆い、人々はスーパーマーケットに閉じ込められてしまう。そこでデヴィッドや店員であるオリー・ウィークス(トビー・ジョーンズ)たちは、ノーム(クリス・オーウェン)が霧の中に潜む不気味な触手にさらわれるのを目撃する。デヴィッドは外に出ないよう人々に警告するが、それを信じようとしないノートンらは、外に出かけ2度と戻って来ることはなかった。残った人たちは店にバリケードを作り始めるが、骨董品店の女主人ミセス・カーモディ(マーシャ・ゲイ・ハーデン)は狂信めいた発言で人々の不安を煽り始める…。



初期のスティーブン・キング原作作品。
珍しく原作読んでます!
でもかなり昔の出来事なので、ほとんど忘れてます(笑)。
それにしても、新年早々何ていい映画を観てしまったんだろう…というこの上ない幸せ♪
考えてみると、「グリーンマイル」は3時間を越える作品だけど、10回以上は観てるんだよね。
そっかそっか、この監督だったのか〜♪



いや〜、ワクワクするくらい面白かった♪
息子のビリーが言う『僕を怪物に殺させないでね』という台詞から、何となく予測できてしまいましたが、あそこまで救いようの無いエンディングとは。
"傘を買ったら雨が止んだ"…みたいなマーフィーの法則的なエンディング。
もしこの作品がハッピーエンドだったら、『ふ〜ん』レベルの感想で終わってたかも。



そしてこの物語で語られる"アローヘッド計画"。
アメリカってテスラコイルを使ったステルス実験"フィラデルフィア計画"(1984年にこの実験を題材にした映画「フィラデルフィア・エクスペリメント」が公開)というのも行っていたというし、こういう実験本当にしていそうで怖いね〜。
この計画のせいで、異次元に穴が開き、そこから異形のモノが侵入してきてしまう。
異次元からの侵略者というのは、キングなりのクトゥルー神話を描こうとしていたのかな?
サソリの針を持った巨大な虫、
酸性の糸を出す巨大な蜘蛛。
それらを補食する空を飛ぶ異形。
禍々しさを通り越して、神々しくもある巨大な異形。
インタビュー映像でフランク・ダラボン監督は、『「七人の侍」と「ゴジラ」シリーズが大好き!』って言ってたけど、そっち方面の人なのね♪

監督・脚本はフランク・ダラボン。

追伸。
フランク・ダラボン監督と言えば、現在同じくキング原作の「死のロングウォーク」の映像化、レイブラッド・ベリの「華氏451」のリメイク、「遊星からの物体X」をTVドラマでのリメイク、ロバート・R・マキャモン原作の「MINE」の映像化…などが予定されている模様。
楽しみな作品が目白押しですね〜♪


ミスト コレクターズ・エディション [DVD]

ポニーキャニオン

このアイテムの詳細を見る


ミスト [DVD]

ポニーキャニオン

このアイテムの詳細を見る


The Mist(「ミスト」輸入盤サントラ)
Mark Isham,Dead Can Dance,Sodden Dog Electronic Arts Society
Varese Sarabande

このアイテムの詳細を見る


スケルトン・クルー〈1〉骸骨乗組員 (扶桑社ミステリー)
スティーヴン キング
扶桑社

このアイテムの詳細を見る


闇の展覧会 霧 (ハヤカワ文庫NV)

早川書房

このアイテムの詳細を見る
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (12)   トラックバック (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お姉チャンバラ THE MOVIE | トップ | 犬-わんわん分析&猫-にゃんにゃ... »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おぉ〜! (miyu)
2009-01-06 22:09:36
原作読んでましたかぁ〜。
でも、確か原作とはラストが違うって聞きました。
あのラストは後味悪いけど、おっしゃるように
あのラストだからこそとっても印象深い映画になっていたと思いました。
今年もたくさんお話させていただきたいと思っております。
どうぞよろしくお願いしますね。
キング (ともや)
2009-01-06 22:38:00
こんばんわ、miyuさん♪
「シャイニング」とか「クージョ」とか「クリスティーン」とか、初期のキング作品は貪るように読んでました♪
クーンツ派に寝返ってからは、あんまりキング作品読んでないんですけどね(笑)。

インタビューではキングが絶賛してましたからね〜、この作品。
監督とも個人的に長い付き合いらしく、信頼しきってるみたいですしね。
この2人のコンビによる次回作「死のロングウォーク」が楽しみです♪
☆ともやさん☆ (mig)
2009-01-06 23:02:51
観ましたネ!

>"傘を買ったら雨が止んだ"…みたいなマーフィーの法則的なエンディング。

その例えうまい〜!ほんとそうでしたよね。

わたしもハッピーエンドだったら
なんだ〜ってありきたりになるところだったけど
ラストって重要ですよね〜
ガツン!ときちゃいましたよ。

バッド・チョイス (ともや)
2009-01-06 23:18:16
こんばんは、migさん♪
"早起きして2度寝したら遅刻した"
"ゆっくり行こうとわざと電車を1本ずらしたら、電車が人身事故でストップ"
世の中にはバッド・チョイスがいっぱいありますからね〜。
これは2009年のともやベスト5に確実に入りますよ(笑)。
新年早々ホラー! (ノルウェーまだ〜む)
2009-01-07 01:27:55
ともやさーん、ホラー納めホラー始めの仲間が他にもいて、嬉しいです!
しかも、新年早々のホラーで、「なんていい映画を見てしまったんだ…」とまで言い切るあたり、なかなかですね。
しかし、写真を改めて見ると、やっぱうぎゃーっ!ってなっちゃう。
ゴジラ好きの監督が、ゴジラの形状にとらわれずに、独創的なクリーチャーを生み出したことに、改めて感動しました。
今年もまたよろしくお願いします〜♪(ホラーで)
こんにちは〜^^・ (由香)
2009-01-07 11:48:13
お邪魔します♪
ともやさんはお気に召したようですね〜
私は、あの救いのないエンディングに呆然としました!!なんてこと?!って・・・
でも、ともやさんも原作を読まれたようですが、原作の曖昧ラストよりも、映画のラストの方が、物語の結末としてピッタリ!でしたよね〜
流石ダラボン監督だわ〜って思いました。

↑に化け物が沢山いる・・・思いだすと怖い・・・
キング作品 (にゃむばなな)
2009-01-07 15:52:56
私は怨霊系には恐怖を感じるのですが、クリーチャー系には『ザ・グリード』の影響もあってか、あんまり恐怖を感じなかったんですよね。
でもあの人物描写は凄かったです。

特にカリスカ化していくオバハン。見ているだけでもストレスが溜まってしまいましたよ。
よろしくです♪ (ともや)
2009-01-07 16:07:20
こんにちは、ノルウェーまだ〜むさん♪
いや〜ん、ホラー以外でもよろしくお願いします〜♪
それにしても時期遅れで一緒にこの感動を味わっている方がいるというのはいいですね〜♪
ニマニマ♪
ショーシャンク (ともや)
2009-01-07 16:09:16
こんにちは、由香さん♪
ダラボン監督はすごい好きかも?
次は「ショーシャンクの空」を観るざます!
うふふ♪
クリーチャー (ともや)
2009-01-07 16:14:38
こんにちは、にゃむばななさん♪
今まで胡散がられていた自分に脚光を浴びるようになり、どんどん変になってっちゃうおばさんは怖いですからね〜。
日本にもいそうだし…。

クリーチャーは怖くはないけど、ラストのでかいのだけは好き♪
あんなの実際に見ちゃったら、ただただ絶望しちゃうんでしょうね〜。
うへ。 (たいむ)
2009-01-18 14:43:54
バケモノたちの画像にドンビキ(><)
ということで、上へスクロールできません(笑)
人間の恐さがビンビン伝わってくる作品でしたね。でもありそうって思う自分もコワイ(^^;
ぺこり (ともや)
2009-01-19 02:47:36
こんばんは、たいむさん♪
ごめんなさい。
虫の写真いっぱい集めちゃいました(笑)。
だって、好きなんですもの、こういうの。
ぺこり。
ぺこり。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

8 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ミスト (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『この子と約束した 必ず守ると── 霧<ミスト>の中には“何”が待っていたのか── 映画史上かつてない、震撼のラスト15分』  コチラの「ミスト」は、スティーブン・キングの原作をフランク・ダラボン監督が「ショーシャンクの空に」、「グリーンマイル」に続...
「ミスト」忘れない衝撃のラスト (ノルウェー暮らし・イン・ジャパン)
途中結構怖かったんだけど、最後どうなったんだっけ?というホラーやミステリーはよくある。 これは、途中を忘れても結末は決して忘れない・・・・・そんな映画だ。
ミスト (★YUKAの気ままな有閑日記★)
本作は『ショーシャンクの空に』『グリーンマイル』のコンビ、≪原作:スティーヴン・キング≫と≪監督:フランク・ダラボン≫が描くパニック・ミステリーだ。なんでも、原作のラストを変えて驚愕のエンディングが用意されているらしい。怖い、、、怖いよぉ〜大判のタオル...
『ミスト』 (めでぃあみっくす)
予告編を見たときから不安だった要素が2つありました。それは最近「衝撃のラスト15分」と宣伝されている映画にロクなものがないことと、この映画の製作会社が『グラインドハウス』のDIMENSIONフィルムなので緊迫感のあるサスペンスは望めないだろうということ。ただ原作...
DVD「ミスト」みた。 (たいむのひとりごと)
「ホラーは苦手だし・・」と劇場での鑑賞は意図的にスルーしていたこの作品。しかし、年末恒例の映画関連ブロガーさん達による《2008年の映画ベスト10》では、多くの方々がランクインされていたことから、「こ
「ミスト」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
昨年末にブロガーの皆さんが、各々発表してた年間ランキングで結構上位にランキングされてたホラー。
【映画評】<!-- みすと -->ミスト (未完の映画評)
霧(ミスト)の中から襲い来る“何か”が悪夢を呼び起こすパニック・ホラー。
ミスト (mama)
THE MIST 2007年:アメリカ 原作:スティーヴン・キング 監督:フランク・ダラボン 出演:トーマス・ジェーン、ウィリアム・サドラー、ローリー・ホールデン、アンドレ・ブラウアー、ジェフリー・デマン、フランシス・スターンハーゲン、マーシャ・ゲイ・ハーデン、...