ともやの映画大好きっ!

鑑賞した映画の感想やサウンドトラックなどの紹介、懸賞や日々の戯れ言などをのほほんと綴っていこうと思っています。

127時間

2011年06月18日 | 映画(は行)
(原題:127 HOURS)
【2010年・アメリカ/イギリス】試写会で鑑賞(★★★☆☆)


第83回アカデミー賞、作品賞・主演男優賞・脚色賞・作曲賞・歌曲賞・編集賞の6部門ノミネート。
第68回ゴールデングローブ賞、男優賞・脚本賞・音楽賞の3部門ノミネート。
第64回英国アカデミー賞、主演男優賞・監督賞・脚色賞・作曲賞・撮影賞・編集賞・音響賞・英国作品賞の8部門ノミネート。
2003年に遭難した山から軌跡の生還を果たした、冒険家アーロン・ラルストンの手記「奇跡の6日間」を映画化。

27歳になるアーロン・ラルストン(ジェームズ・フランコ)は、一人でロッククライミングを楽しむため、週末を利用して慣れ親しんだブルー・ジョン・キャニオンへ向かう。ところが、ふとしたアクシデントで大きな落石に右腕を挟まれ、身動きがとれなくなってしまう。そこは誰も寄りつかない荒野の真ん中。しかも、行き先を告げずに出てきたので、アーロンがここにいることを誰も知らない。そんな絶望的な状況の中、アーロンは冷静さを失わずにここから抜け出す方法を模索していく…。



アメリカ人の大好きな「TRUE STORY」。
「世界まる見え」や「アンビリバボー」などで、20分くらいの再現ドラマで語られるような出来事です。
もしそういう再現ドラマを先にTVで見ていたら、観てなかったかも?
(実際、MITの大学生がラスベガスでカード・カウンティングを行う『ラスベガスをぶっつぶせ』が公開された時も、かなり前に「世界まる見え」でその出来事の再現ドラマ見ていて、まるっきり観ようという興味が沸かなかったことがあるし…)



ま、それはともかく…。
プロモーションビデオのように、自然を楽しむアーロンが描かれていたら、開始早々に岩に腕を挟まれるアーロン。
ええっ、こんなに早くですか????
実はこの映画で一番ビックリしたのがココかも(笑)。
情報収集をしていなくても大体の流れは分かっていたので、挟まれるのはもっと中盤かと思ってた。
そんなに早く挟まれちゃっても、ダレることなく見せてっちゃうのが、ダニー・ボイルの上手さよね~。
まぁ、それにもしても、このアーロンさんの「我を忘れて取り乱すことを、良しとしない美学」はすごいね。
腕が挟まった現場は、谷の下降部分で足は地に着かない状態。
「困ったな…」レベルな顔をして最初にしたのが、冷静にロープを取り出して身体を支えること。
実際にそういう目に合ってしまったら、あそこまで冷静に行動できるか分からないね~。

すでに発売されている自伝の表紙を見れば、アーロンさんがどういう行動を取ったのか分かっちゃうんだけど、会場のお客さんは「アカデミー賞ノミネートの素晴らしい作品にあんな場面が出るとは思っていなかったらしく」ドン引き状態ww。
いやぁ、あんなのでドン引きしてたら、同監督の「28日後…」なんて観られませんよ(笑)。
それよりもともやが『うわ~~っ』ってなってしまったのは、実は腕を切り落としてから。
ともやは昔右腕を切って4針縫ったことがあるんだけど、そのときの出血による虚脱感がハンパじゃなかったのね。
いくら止血しているとはいえ、あんな状態で動いているアーロンさんにひたすら『うわ~~、うわ~~!』ってなってました。
こっちの方が衝撃的。

追伸。
途中アーロンがビデオを撮影しながらテレビキャスターの物真似をしていたが、会場にいた外人さんは大ウケしてました。
こういうリアクションに遭遇できるとちょっと面白いのだ。

追伸2。
やっぱりダニー・ボイル監督は音楽の使い方がすごく上手い。
彼の監督作のサントラはハズレ無しだね♪

監督・製作・脚本はダニー・ボイル。

全米興行成績(2010年11月公開):ベスト10にランクインせず
全米興行収入:1832万ドル(2011/4/10現在)
日本興行成績(2011年6月公開):ベスト10にランクインせず

2011年6月18日公開
公式HP:127時間


127 Hours(「127時間」輸入盤サントラ)

Interscope Records

このアイテムの詳細を見る


アーロン・ラルストン 奇跡の6日間 [単行本]

小学館

このアイテムの詳細を見る


127時間 (小学館文庫) [文庫]

日活

このアイテムの詳細を見る
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (14)   トラックバック (33)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 6月17日(金)のつぶやき | トップ | 6月18日(土)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは (dai)
2011-06-18 21:36:29
確かに『28日後...』の方がグロいですよね。

それにアンビリーバボーでやってそうなTrueStoryですね。TVで先にやってたのを観てしまうとイマイチ観る気にならないのはかなり分かります。
Unknown (KLY)
2011-06-18 22:00:20
既にあの腕程度では全く動じない耐性がついてしまった私です(爆)もっとも痛そうで歯を食いしばってたけどね~。
ほんと、話としては別にすぐ終わってしまう程度の内容なんだけど、ダニー・ボイル監督凄いわ。ジェームズ・フランコもここまで芝居できるとは知りませんでした(笑)
ダニー・ボイル (ともや)
2011-06-18 23:07:38
こんばんは、daiさん♪
ダニー・ボイル監督作品はどれも好きなんですけど、一番好きなのは『普通じゃない』かな。
今作もそうなんだけど、グロいよりは軽妙なタッチの作品?
ますます次回作が楽しみになりました。
エグい描写 (ともや)
2011-06-18 23:30:02
こんばんは、KLYさん♪
最初KLYさんホラー苦手って言ってたけど、今ではすっかりホラーマニアですもんね(あ、マニアではないか?ww)

ダニー・ボイル監督は最近ちょっと大衆よりな作品が多くなっている気がするんで、また「トレイン・スポッティング」や「ザ・ビーチ」のような作品をまた観てみたいですけどね~♪
ありがとうございました♪ (maru♪)
2011-06-21 02:23:28
試写会ありがとうございました♪
gooの方にTBとURLリンクが出来ないんです(涙)
コメントのみでごめんなさい!

あのシーンではだいぶ引いて笑われましたが、
『28日後・・・』は観れたんだけど・・・
だって、あのシーン全然切れないから・・・(笑)

私は、あの後、傷口を汚い水に漬けちゃったから、
破傷風とか大丈夫なのか?と気になりました(笑)
うわ~うわ~ (ノルウェーまだ~む)
2011-06-21 07:42:07
ともやさん、こんばんは☆
大自然が美しくてうわ~
しゅぽーんって、隙間から落ちてうわ~
がっつり挟まれてうわ~
水攻めも極限状態もそして・・・
とにかくうわ~ってなりましたね。
ジェームスくんの一人芝居でも、しっかり魅せてくれました。
破傷風 (ともや)
2011-06-22 23:32:01
こんばんは、maruちゃん♪
傷口の破傷風よりも、あの水を飲んだ後の体調とかの方が心配(笑)。
せめて布で漉して飲むとかしないと…ねww。
また興味ある試写があったら、ぜひぜひ♪
うわ~ (ともや)
2011-06-22 23:55:42
こんばんは、ノルウェーまだ~む♪
うわ~!、しゅぽーん!、うわ~! …でしたね~(笑)。
短い作品だったけど、一人芝居であそこまで魅せられるってスゴイっ!
次回作の「猿の惑星:創世記」も楽しみっ♪
こんにちは。 (みぃみ)
2011-06-23 15:16:32
TB、ありがとうございます。

寒さ対策に持ってるものを活用して暖をとったり、棒きれを加工して落ち物を拾ったり(この場面、見ながら、足がつりそうになりました(^_^;))、ほぉ!そうやればいいのね♪と勉強になりつつ。。。
例の場面、自由になれたアーロンと岩に挟まった腕が交互に映った時、さーっと一気に血が引きました。
「腕が、腕が、さっきまで身体の一部だった腕が、身体から離れた場所にあるっ。岩に挟まってる~っ(>_<)。」と。。。
たぶん、アーロンとすっかり同化していたんだと思います。
見せ方、上手いですよね(^^)。
音楽、すごく良かったので、サントラ買いました。カリフォルニアから近々届くそうで、楽しみです♪。
こんにちは♪。 (みぃみ)
2011-06-23 15:20:38
(コメントが途中までになってしまいましたので、再送信させて下さい)。

TB、ありがとうございます。

寒さ対策に持ってるものを活用して暖をとったり、棒きれを加工して落し物を拾ったり(この場面、見ながら、足がつりそうになりました(^_^;))、ほぉ!そうやればいいのね♪と勉強になりつつ。。。
例の場面、自由になれたアーロンと岩に挟まった腕が交互に映った時、さーっと一気に血が引きました。
「腕が、腕が、さっきまで身体の一部だった腕が、身体から離れた場所にあるっ。岩に挟まってる~っ(>_<)。と。
たぶん、アーロンと同化してたんだと思います、私。見せ方上手いですね~♪。

音楽、良かったのでサントラ買いました。
近々、カリフォルニアから届くそうで、そちらも楽しみです(^^)。
続きです。 (みぃみ)
2011-06-23 15:23:32
(文字数、限られているんですね。すみません。御迷惑をおかけしますm(_ _)m。)

たぶんアーロンと同化してました。私。見せ方上手いですよね♪。
音楽、良かったのでサントラ買いました。近々カリフォルニアから届くそうで、そちらも楽しみです(^^)。
サバイバル (ともや)
2011-06-24 06:57:17
こんにちは、みぃみさん!
要はいかに物を応用できるか…ですよね。
サバイバルって大変~ww。

>文字数、限られているんですね。すみません。御迷惑をおかけしますm(_ _)m。)
文字数が限られているんじゃなくて、顔文字使うとたまに何かの記号が反応して切れちゃうみたい。
ともやもたまにやらかしますww。

>近々カリフォルニアから届くそうで、そちらも楽しみです(^^)。
お~、カルフォルニアから!
それは楽しみですね~♪
写真いっぱい♪ (tomoco)
2011-06-26 21:35:22
ともやさん、こんばんは☆
先日はお疲れさまでした♪

わ~、ポスターもこんなにバージョンあるんですね。
まん中の段の右のは初めて見たような気がします、
どこのなんでしょー?

わたしもその後の方が気になりました(笑
ほんといくら止血してるとはいえ、ですよね。
そこはもうアーロンさんの精神力もあってということなんででしょうか(汗
貧血 (ともや)
2011-06-29 10:41:11
こんにちは、tomocoさん♪
予算の都合にもよるんでしょうが、アメリカはいろんなバージョンのポスターを作るんで、見ているだけで楽しいです~♪

>アーロンさんの精神力もあってということなんででしょうか(汗
ともやは無理無理~。
絶対貧血で倒れてるですよ!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

33 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
127時間 / 127HOURS  (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね &larr;please click 「スラムドッグ・ミリオネア」でアカデミー賞作品賞受賞、ダニー・ボイル監督最新作 ってことで思わず、「127時間後&hellip;」なんて言っちゃいそう なんて冗談はさておき。 受賞はならずだったけど、本作は今...
127時間 (あーうぃ だにぇっと)
5月12日(木)@20世紀フォックス試写室。 TwitterとFacebookのユーザー限定のイベント。 さすがに若者が多かった。
映画レビュー「127時間」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
公式サイト◆プチレビュー◆“動かないアクション・ヒーロー”を技巧をこらした映像で活写。実話ならではの感動が沸き上がる。 【85点】 クライマーのアーロンは、思わぬアクシ ...
127時間 (Memoirs_of_dai)
前に進むことの大切さ 【Story】 アメリカ・ユタ州のブルージョン・キャニオン。ロッククライミングをしていた登山家のアーロン・ラルストン(ジェームズ・フランコ)は落石事故に見舞われ、右腕を断...
127時間 (LOVE Cinemas 調布)
『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督が登山家アーロン・ラルストンの実話を映画化。峡谷で岩に右腕を挟まれた主人公の127時間にも及ぶ極限のサバイバルを描いた感動作。出演は『スパイダーマン』シリーズのジェームズ・フランコ。ギリギリのところで正気...
127時間 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(14) これは強烈だった!その瞬間、極限の痛みで顔がついつい歪んでしまった。
『127時間』・・・生きる、生き抜く、生き延びる (SOARのパストラーレ♪)
死に直面した青年が“生きる”ために究極の決断をする壮絶なドラマ。作り話としてなら案外ありふれたシチュエーションかもしれないが、これが実話だというから驚くばかりである。
「127時間」  127 Hours (俺の明日はどっちだ)
渓谷で落下した際に右腕を岩によって挟まれ身動きが取れなくなり、生と死のはざまで127時間を過ごした登山家を襲う絶望と希望を描いたダニー・ボイル監督の最新作。 前作「スラムドック・ミリオネア」同様、疾走感溢れる映像と音楽で惹き込まれるオープニングのスピード...
127時間(2010)◆◇127 Hours (銅版画制作の日々)
            自分のミスは自分で片付ける、、、、? でもこれって苛酷過ぎるなあ。 パソコン教室の食事会の後、東宝シネマズ二条へ・・・・。 公開を心待ちにしていた作品です。主演のジェームズ・フランコ君、私的には好きな俳優さんで、しかもアウトドア...
「127hours」(邦題 127時間)精神力との戦い (ノルウェー暮らし・イン・London)
精神力との戦いである。 実際に体験したアーロン・ラルストンは当然ながら、主役のジェームス・フランコ、そして見ている観客がまず精神力を試される。 はたして最後まで見届けられるか・・・・?
劇場鑑賞「127時間」 (日々“是”精進! ver.A)
“生”への執着 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201106210004/ Soundtrack posted with amazlet at 11.06.14 Interscope Records (2010-11-22) 売り上げランキング: 5724 Amazon.co.jp で詳細...
『127時間』 (こねたみっくす)
右腕を岩に挟まれ5日と7時間。感謝することに無頓着だった青年の心理的な密室脱出劇。そのラストに自然と涙が流れる。 若き登山家アーロン・ラルストンの実話を映画化したこの ...
映画「127時間」 (Andre's Review)
127 hours アメリカ・イギリス 2010 2011年6月公開 劇場鑑賞 このところ3カ月遅れのレビューが続いているのですが、新作映画を劇場で観たときには優先して感想を書くことにしました。すぐに感想を書きたいと思わせてくれる素晴らしい映画に出会えたのがきっかけ...
ダニー・ボイル監督『127時間』 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容に触れています。原作はアルピニストとして活動しているアーロン・ラルストン氏の実体験をもとにした「127時間」。監督は『スラムドッグ$ミリオネア』でアカデミー賞8部門に輝いたダニー・ボイル。主演
映画:「127時間」♪。 (☆みぃみの日々徒然日記☆)
平成23年6月20日(月)/。 映画:「127時間」。 【監督・脚本】 ダニー・ボイル 【原   作】 アーロン・ラルストン 【脚   本】 サイモン・ボーフォイ 【撮   影】 アンソニー・トッド=マントル、エンリケ・シャディアック 【音   楽】 A...
127時間 (サムソン・マスラーオの映画ずんどこ村)
   『127時間』  (2010) アメリカ・ユタ州のブルージョン・キャニオン。 ロッククライミングをしていた登山家のアーロン・ラルストン(ジェームズ・フランコ)は、落石事故に見舞われ、右腕を断崖に挟まれたまま身動きが取れなくなってしまう。 ...
127時間 えっ?これって実話っ? (労組書記長社労士のブログ)
 えらく夏になった、本気で、暑すぎる~~(=^‥^A アセアセ・・・ 【=31 -8-】 TOHOシネマズ1か月フリーパスポート5本目、オープニングではインド映画の香りが・・・でも「最後のみんなで踊り」はなかった(笑) 2003年4月25日金曜日。いつものように行き先を誰にも告げ...
「127時間」 (みんなシネマいいのに!)
 ロッククライミングをしていた登山家のアーロン・ラルストンは、落ちてきた石で右腕
「127時間」 127 Hours (2010 FOXサーチライト) (事務職員へのこの1冊)
トレッキング(というかケイビングに近い)の最中に岩の裂け目から落下し、同時に腕を
映画「127時間」 (FREE TIME)
映画「127時間」を鑑賞しました。
『127時間』 (まいふぇいばりっと ゆる日記)
    127hours   監督:ダニー・ボイル   出演:ジェームズ・フランコ、他 今年上半期で楽しみにしてた3本のうちの最後、 やっと観た   ちなみに他2本は『ミスター・ノーバディ』と『ブラック・スワン』 ...
■映画『127時間』 (Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>)
2008年の米国アカデミー賞にて8部門で賞を独占した『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督の最新作『127時間』。 「失神者続出!」とか「劇場で嘔吐する人も!!」などという、海外の前評判を聞いていたので、どんな残酷な作品かと思っていたのです。 しかし...
身動き取れぬ 127時間 (笑う学生の生活)
20日のことですが、映画「127時間」を鑑賞しました。 1人でロッククライミングに行ったアーロン その途中 谷間に落ち右腕が岩に挟まれ身動きが取れなくなってしまい・・・ まさに、絶体絶命の127時間 この ある種の限定空間の中で話は進んでいくのですが 流石 オスカ....
『127時間』 (だらだら無気力ブログ)
アカデミー賞受賞作「スラムドッグ$ミリオネア」のダニー・ボイル監督が、 青年登山家アーロン・ラルストンの奇跡の実話を映画化した衝撃のサバイバル ・ヒューマン・ストーリー。 誰も寄りつかない大自然の峡谷でアクシデントに見舞われ、身動きのとれない 絶体絶命の...
127時間 (映画の話でコーヒーブレイク)
ジェームズ・フランコって整ったお顔立ちなのに、「スパイダーマン」のハリー以外で私が見たのは 変な役どころばかり  今回はほぼ一人芝居で、アカデミ―主演男優賞ノミネート 残念ながら賞は「英国王のスピーチ」のコリン・ファースに。 ノミネートに加え、今年のアカ...
『127時間』 (2010) / アメリカ・イギリス (Nice One!! @goo)
原題: 127 Hours 監督: ダニー・ボイル 出演: ジェームズ・フランコ 、アンバー・タンブリン 、ケイト・マーラ 、リジー・キャプラン 、クレマンス・ポエジー 本年アカデミー賞作品賞ノミネート、最後の10本目の鑑賞です(日本でようやく最後に公開が決まっ....
127時間 (晴れたらいいね~)
行きたいっていうのが果たせると、嬉しい。アーロンが、行き先も告げずに出かけるのと、勝手にリンクしてしまった(笑)ここで、なんらかに巻き込まれても、家族は仕事に行ってる ...
127時間 (映画的・絵画的・音楽的)
 『127時間』を渋東シネタワーで見てきました。 (1)アカデミー賞を受賞した『スラムドッグ$ミリオネア』を制作したダニー・ボイル監督の作品ということもあって、映画館に出かけてみました。  物語の主人公は、ユタ州のブルー・ジョン・キャニオンに一人で出かけたア...
127時間 (C'est joli~ここちいい毎日を~)
127時間'10:米、イギリス◆原題:127 Hours◆監督:ダニー・ボイル「スラムドッグ$ミリオネア」◆出演:ジェームズ・フランコ、アンバー・タンブリン、ケイト・マーラ、リジー・キャプ ...
生きることをあきらめない~『127時間』 (真紅のthinkingdays)
 127 Hours  27歳のアーロン(ジェームズ・フランコ)は、ある週末、峡谷に向かう。音楽を 供に、一人でいることを愛する彼だったが、その単独行が思わぬ悲劇を招く。  巨岩に右腕を挟まれ...
「127時間」 自分と向きあった127時間 (はらやんの映画徒然草)
正直、観ようか観まいか迷った作品です。 「スラムドッグ$ミリオネア」のダニー・ボ
『127時間』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 127時間 』 (2010)  監  督 :ダニー・ボイルキャスト :ジェームズ・フランコ、アンバー・タンブリン、ケイト・マーラ、クレマンス・ポエジー、 リジー・キャプラン、トリート・ウィリアムズ、...
127時間 (銀幕大帝α)
127 Hours/10年/米・英/94分/サスペンス・ドラマ/劇場公開 監督:ダニー・ボイル 過去監督作:『スラムドッグ$ミリオネア』 製作:ダニー・ボイル 原作:アーロン・ラルストン『奇跡の6日間』 脚本:ダニー・ボイル 出演: ◆ジェームズ・フランコ…アーロン...