ともやの映画大好きっ!

鑑賞した映画の感想やサウンドトラックなどの紹介、懸賞や日々の戯れ言などをのほほんと綴っていこうと思っています。

レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで

2009年01月19日 | 映画(ら行)
(原題:REVOLUTIONARY ROAD)
【2008年・アメリカ】試写で鑑賞(★★☆☆☆)


1961年に発表されたリチャード・イエーツの処女小説「家族の終わりに」を映像化。
「タイタニック」のレオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレットが、11年ぶりに競演するヒューマンドラマ。
本作品でケイト・ウィンスレットは、第66回ゴールデン・グローブ賞主演女優賞を受賞。

1950年代のコネチカット州。"レボリューショナリー・ロード"と名づけられた新興住宅街に住むフランク・ウィーラー(レオナルド・ディカプリオ)とエイプリル(ケイト・ウィンスレット)夫妻。フランクは元陸軍兵で、今はニューヨークにある事務機会社ノックスの社員。エイプリルは女優志願だった美しい女性。2人はあるパーティの会場で知り合い結婚。今では2人の可愛い子供にも恵まれて、誰もが羨む理想的な家族だった。ある日、エイプリルは地元アマチュア劇団の舞台に立つが、芝居は最悪の出来。帰りの車中でその怒りをフランクにぶつけ口論となる。些細なことでギクシャクし始める2人。フランクが30歳の誕生日を迎えるその日、フランクは会社の女子社員モーリーン(ゾエ・カザン)と浮気をして帰宅する。その夜エイプリルは今までのことを謝り、パリで生活することをフランクに提案する…。



実はまったく興味が無かった作品なのだが、知り合いからオチを聞いた時に『むむっ、それは面白そう!』と思い鑑賞。
それまで予告編は見ていたのだが、こんなシーンがあった。
『家族のために一生懸命働いている』と言うレオに対して、『誰がそんなこと頼んだの』的なことをヒステリックに叫ぶケイト。
こんな予告編を見てともやが思ったこと。
うざっ!
ともやが一番大ッ嫌いな種類の女性。
…ということで、まったく興味が無かったのでした。



観終えてね。
何だろう?
もの凄く気持ち悪い映画。
気持ち悪いっていうか、不快な映画。

失敗した芝居のことを慰めるフランクに八つ当たりするエイプリル。
誕生日の日に浮気をするフランク。
レボリューショナリー・ロードから出たいがために、何も根拠も無くパリへ行こうと言うエイプリル。
仲のいい奥さんの旦那と寝るエイプリル。
子供がいるのに真っ昼間からキッチンでセックスするフランクとエイプリル。
パリ行きのために身ごもった子供を降ろそうとするエイプリル。
この2人、子供のことなんか考えてないんじゃないかってくらい自分勝手。
どっちにも感情移入できない。
そしてこの2人の歯車が噛み合わない様が、この上なく気持ち悪い。
関係をやり直そうとしたりするんだけど、やっぱり歯車が噛み合わない。
そんな様が、ただただ不快。

ただそう思えるっていうのは、2人の演技が迫真に迫っているからなんだろうね。

これは既婚者と未婚者、男性と女性で見方が全然違うんだろうな~。
知り合いから聞いていたオチはすごい大好き。
夫婦円満の秘訣をひとつ知りました(ともやは未婚だけどね・笑)。

あとね、トーマス・ニューマンの劇中音楽が、素晴らしくステキなの!
これはサントラ買いです!
何だか今年はいいサントラにいっぱい出会えてるんじゃないかしらん?

監督はサム・メンデス。

2009年1月24日公開
公式HP:レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで


レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで スペシャル・エディション Blu-ray

角川エンタテインメント

このアイテムの詳細を見る


レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで スペシャル・エディション [DVD]

角川エンタテインメント

このアイテムの詳細を見る


Revolutionary Road(「レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで」輸入盤サントラ)
Ann Atkinson,Bruce Morgenthaler,Don Ferrone,Frances Liu Wu,Nico Aboldolo,Nicolas Philippon,Norman Ludwin,Peter Doubrovsky,Susan Ranney,Andrew Duckles,Armen Ksajikian,Chris Ermacoff,Christina Soule,Dane Little,Daniel Smith,Dennis Karmazan,Erika Duke Kirkpatrick,Larry Corbett,Melissa Hasin,Stephen Erdody
Nonesuch

このアイテムの詳細を見る


家族の終わりに
リチャード イエーツ
ヴィレッジブックス

このアイテムの詳細を見る


レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで (ヴィレッジブックス)
リチャード・イエーツ
ヴィレッジブックス

このアイテムの詳細を見る
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (18)   トラックバック (43)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« CRANK 2:HIGH VOLTAGE | トップ | 007 ゴールデンアイ »
最近の画像もっと見る

18 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
オチ。 (えい)
2009-01-21 00:28:56
こんばんは。

オチ聞いてから観たんですか?
でも、あのオチを聞くとしたら、
内容ほとんど分かってしまうのでは?
なんて、そんな心配をしてしまいました。
あのオチ(オチという言葉3回目)の
表情がいいですよね。(笑)
オチありき (ともや)
2009-01-21 00:49:43
こんばんは、えいさん♪
ええ。
たぶんオチを聞いてなかったら、絶対観ない類いの映画ですからね~。
ともやの身体にも、ああいったスイッチがあればなぁ(笑)。
私も・・・ (latifa)
2009-01-23 21:02:17
ともやさん、こんばんは☆
私もこのケイト演じるエイプリルは、同性ながらも、苦手なタイプというか、好きじゃなかったです。なんかヒステリックで・・・。

でも主役2人の演技は迫力ありましたね~。特に喧嘩の言い合いシーンは、凄かった・・・。

でも飽きることなく、どうなるんだ?一体・・・と、最後まで集中して見ることは出来ました。好きな映画ではありませんが、、、、
あ… (ともや)
2009-01-23 21:18:19
こんばんは、latifaさん!
あ…、同性から見てもアレはダメですか(笑)。
とことん救いようの無い夫婦。
似た者夫婦ってことですかねぇ~。
とりあえず、自分の知り合いにはこんな夫婦はいないから一安心です~♪
こんにちは♪ (ミチ)
2009-01-24 16:31:43
エイプリルに共感する人って本当に少ないんじゃないかなぁ?
フランクが気の毒になってしまう時もありました。
ただ、あの時代、社会進出を夢見た女性が家に閉じ込められたら・・・・ということを考えると少しは納得できる部分もあるんですよね。
Unknown (えふ)
2009-01-24 17:29:53
わたしもなんだかへんな気分でしたね(苦笑)
夢を追いたい気持ちはわかるんだけど・・・

子供が2人もいるのに、
あまり家にはいませんでしたね。
だから夫婦仲がこじれたのよー(爆)
身勝手 (ともや)
2009-01-25 06:02:25
こんばんは、ミチさん♪
劇中で『パリに行くと友達と離ればなれになっちゃう』と訴える子供に対して、『またできるわよ』と軽く禁める母親。
言葉の問題もあるだろうに、子供のことを考えず、自分のことしか考えない親に不快感ですわん。
ダメ親映画なんだろうけど、それをわざわざ観たくはなかったですね~。
黒い家 (ともや)
2009-01-25 06:19:52
こんにちは、えふさん♪
この映画を観ていて、何となく「黒い家」を連想してました。
子供に愛情を持っておらず、子供をモノとしか認識できない親。
変なホラー映画よりも怖かったです(笑)。
仮面夫婦 (にゃむばなな)
2009-01-25 14:12:40
仮面夫婦って本当にどこにでもいますよね。
理想の押し付け合いというのか、傍から見れば本当に不快で悲しいものですよ。

あといつの時代もパリって理想郷なんでしょうね。
でも同じアメリカならテキサス州にもパリがあるじゃないですか!
そちらの方が言葉の問題もなくて済みますのにね。
結婚 (ともや)
2009-01-25 14:22:26
こんんいちは、にゃむばななさん♪
未婚とはいえ、もう結婚に幻想を抱く若造でもなくなってしまったともやですが、仮面夫婦は嫌だなぁ。
仮面を付けて夜を楽しむ夫婦になりたいです(笑)。

>テキサス州にもパリがあるじゃないですか!
そういえば昔に「パリ、テキサス」って映画がありましたね~。
ナターシャ・キンスキーでしたっけ?
また観直してみたいなぁ。
Unknown (mig)
2009-01-25 17:46:25
ともやさん♪こんばんわ

ほんとムカついちゃう女だったなー!
オチ聞いてから観るなんて勇気あるなー(笑)

最後まで自分勝手で
子供たちも可哀想。

そうそう音楽良かったです♪
オチ (ともや)
2009-01-25 17:54:49
こんばんは、migさん♪
オチを聞いてなかったら、絶対観ようとは思わなかった作品です。
(予告編で拒絶反応が出てましたからね~・笑)
あのオチが無かったら、本当に救われない映画で終わってたところでしたわん。
こんにしは~♪ (由香)
2009-01-27 11:34:00
お邪魔します~♪
『もの凄く気持ち悪い映画。
気持ち悪いっていうか、不快な映画』
私も、、、ちょっと不快に感じる映画でした。
特にエイプリルがねぇ~嫌な女で(汗)
レオとケイトの演技合戦は見応えがあったけど、、、それだけかなぁ~

ところで!『異邦の騎士』を読みましたよ~
何だ?この話?!ってことで、一気に読んじゃった(笑)感想を書けるかどうか分かりませんが、これからも島田さんの作品は密かに読むつもりです♪
うしし (ともや)
2009-01-27 22:33:17
こんばんは、由香さん♪
レオとケイトが主演じゃなかったら、目も当てられない映画になってたかもしれないですね、これ。

>『異邦の騎士』を読みましたよ~
わ~い♪
これがともやをボロボロ泣かせたにくい本なんですよ~!
感想楽しみにしてますね~♪
お邪魔しま~す♪ (ひろちゃん)
2009-01-30 00:48:22
ともやさん、こんばんは♪
☆すくなっ!(笑)
不快な映画、納得です。私も観終った後
何を言いたかったの?とさっぱりわからない
映画でした。男性、女性、独身、既婚者など
立場によって違うのかもしれませんが、一応妻の立場の私は、エイプリルにまったく共感できません
でした(^^ゞ
レオとケイトの演技は素晴らしかったのですが^^

救われない、重い映画でしたが、オチは良かった
ですよね。唯一ホッとしたシーンでした(笑)
結婚=戦争 (ともや)
2009-01-30 09:27:16
こんにちは、ひろちゃんさん♪
>☆すくなっ!(笑)
えへへ。
何かね、ともやは戦争映画が好きじゃないんだけど、それを見終わった後と同じような気分だったのね。
何か不快な空しさしか残らない…みたいな。

結婚するって戦争に行くのと同じかな?
結婚願望が薄れる映画ですね(笑)。
ん~ (miyu)
2009-02-01 20:46:15
確かに不快な内容でしたよね~。
あんな言い合い、見苦しいことこの上ないです。
でも、結婚してたり、性別によって感じることって
違うかもしれませんね~。
恋愛映画 (ともや)
2009-02-01 21:00:31
こんばんは、miyuさん♪
この映画を恋愛映画だと思って、カップルで見た人の感想って気になりますね~。
見終わった後に、どんなこと話し合うのか…。
ともやだったら映画の話題を一切出さずに、他の会話に専念するかも(笑)。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

43 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』(@「シネマのすき間」) (ラムの大通り)
-----今日はちょっと 紹介するの恥ずかしいニャあ。 なぜってフォーンの顔が あのディカプリオやケイト・ウィンスレットと並んでいるんだもの。 えっ、ニャンの話かって? 火曜日恒例の カタログハウス「シネマのすき間」。 今日の映画は『レボリューショナリー・ロード/...
「レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで」感想 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
タイタニックから11年、主演の2人が今度は夫婦役を演じる・・・ ちょっとだけ「リトル・チルドレン」っぽさも感じる映画かなぁ~と思いま...
映画 【レボリューショナリー・ロード / 燃え尽きるまで】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「レボリューショナリー・ロード / 燃え尽きるまで」 リチャード・イェーツの小説を『アメリカン・ビューティー』のサム・メンデス監督が映像化。『タイタニック』主演の二人が11年ぶりに共演を果たす。 おはなし:1950年代半ばの富裕層が集まるコネチカット...
レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで (Lovely Cinema)
JUGEMテーマ:映画館でみました! 2008年/アメリカ 監督:サム・メンデス 出演:レオナルド・ディカプリオ    ケイト・ウィンスレット    キャスリーン・ハーン    マイケル・シャノン    デビッド・ハーバー    キャシー・ベイツ そうだ!パ...
レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで (そーれりぽーと)
「『タイタニック』主演の二人が…」という印象の強い映画なので、仮面夫婦的な予告編にもきっとラブストーリーな要素が強いんだろうと想像しながら『レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで』を観てきました。 ★★★★ なんつーアンチラブストーリー。 カップル...
レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで (利用価値のない日々の雑学)
ディカプリオとウインスレットの共演だからやはり映画史に残るあの作品「タイタニック」を思い出してしまうのは仕方が無いことだと思う。当のディカプリオですらその類の発言を何度もしているのだから。しかし、あの作品の呪詛を取り除くが如くのウインスレットのゴール...
レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで (今宵、サムソン・マスマスラーオの映画座で)
  = 『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』  (2008) = 1950年代、半ば。 富裕層が集まるコネチカット州の郊外で、フランク(レオナルド・ディカプリオ)とエイプリル(ケイト・ウィンスレット)の夫婦は、二人の子どもにも恵まれ、幸せに暮らし...
「レボリューショナリー・ロード~燃え尽きるまで」みた。 (たいむのひとりごと)
”おままごと”から脱出するはずだった。。。傍から見れば順風満帆、美男美女の似合いの夫婦に2人の可愛い子供たち。閑静な郊外の住宅地に庭付き一戸建て持ち、理想的な家庭を営んでいるウィラー家。でもそれは、夫
レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで/Revolutionary Road (いい加減社長の映画日記)
ここんところ、観たい映画が目白押し。 困ったもんです。時間的にも、お金的にも^^; まずは、「レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで」を選択。 ディカプリオ、ウィンスレットの「タイタニック」コンビの共演。 そして、アカデミー賞候補になったことでも話題に...
レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで (映画鑑賞★日記・・・)
原題:REVOLUTIONARY ROAD公開:2009/01/24製作国・年度:アメリカ、2008年上映時間:119分鑑賞日:2009/01/24監督:サム・メンデス出演:レオナルド・ディカプリオ、ケイト・ウィンスレット、キャシー・ベイツ、マイケル・シャノン、キャスリン・ハーン、デヴィッド・ハ...
[映画『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
☆・・・いや、映画としては非常に面白い。  傑作と言えよう。  しかし、『タイタニック』コンビ(レオナルド・ディカプリオ ケイト・ウィンスレット)による、「その後の『タイタニック』」を期待し、デートで出かけた日にゃあ、暗雲垂れ込める二人の未来となるやも...
「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで」 (かいコ。の気ままに生活)
1950年代半ば、夢に人生を懸けようとする夫婦の葛藤と運命。「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで」公式サイト「タイタニック」コンビのねっとりラブストーリーかと思ってたら・・おもーい家庭崩壊の話でした~ ひええー大企業に勤め、郊外に住み、子供2人、....
レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで (めでぃあみっくす)
本当の幸せって何なんでしょう?誰もが不満のない生活を望んでいるのに、幸せな生活を送るためには不満も必要かも知れない。結婚経験のない私にはまだまだ実感のないことの多い映画でしたが、見終わった後、年々なくなっていく私の結婚願望がさらになくなってしまいそうに...
レボリューショナリー・ロード ~燃え尽きるまで/ REVOLUTIONARY ROAD (我想一個人映画美的女人blog)
『タイタニック』以来の、ケイト・ウィンスレットとレオナルド・ディカプリオの共演ということ、 各映画賞でもケイトの演技力に注目が集まってるこの作品{/m_0151/} 札幌駅にあるシネコンで観て来ました~ 初日の夜なのにガラガラ~{/down/}{/face_sup/} 皆 007の方に...
レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで (to Heart)
あなたの最愛のひとは あなたを愛していますか──。 原題 REVOLUTIONARY ROAD 上映時間 119分 製作国 アメリカ/イギリス 原作 リチャード・イェーツ 『家族の終わりに』(ヴィレッジブックス刊) 出演 レオナルド・ディカプリオ/ケイト・ウィンスレット/キャシー・ベ...
レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで (2008・アメリカ/イギリス) (白ブタさん)
タイタニック以来の共演というレオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレット。 恋愛物かと思ったのですが・・・
レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで (心のままに映画の風景)
1950年代のコネチカット州。 “レボリューショナリー・ロード”と名づけられた新興住宅街に暮らすフランク(レオナルド・ディカプリオ)とエ...
『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』・・・ ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2008年:アメリカ+イギリス合作映画、ケイト・ウィンスレットの夫:サム・メンデス監督、レオナルド・ディカプリオ&ケイト・ウィンスレット『タイタニック』以来11年ぶりの共演作。
Revolutionary Road (2008) (アヤは観た。)
邦題:レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで 監督:サム・メンデス 出演:レオナルド・ディカプリオ、ケイト・ウィンスレット、マイケル・シャノン、キャスリン・ハーン、デヴィッド・ハーバー、キャシー・ベイツ、ライアン・シンプキンス、タイ・シンプキン...
レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで Revolutionary Road (映画!That' s Entertainment)
●「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで Revolutionary Road」 2008 アメリカ Dream Works SKG,BBC Films,119min. 監督:サム・メンデス  原作:リチャード・イェーツ「家族の終わりに」 出演:レオナルド・ディカプリオ、ケイト・ウィンスレット、キャ...
レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで (★YUKAの気ままな有閑日記★)
『タイタニック』コンビ、11年ぶりの復活だぁ~ってワクワクしている場合ではなさそうな作品だけど、公開日に観て来ました~ (お客さんが6~7人しかいなかった!寂しい・・・)  【story】1950年代半ば、アメリカ。富裕層が集まるコネチカット州の郊外で、フランク・...
映画「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで」の感想です。 (MOVIE レビュー)
1月24日(土)公開の映画「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで」の主演ケイト・ウィンスレットが第66回 ゴールデン・グローブ賞で、最優秀主演女優賞に輝きました。ケイト・ウィンスレットは、『愛を読むひと』でも最優秀助演女優賞を受賞!主演&助演の最...
【レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで】 (日々のつぶやき)
監督:サム・メンデス 出演:レオナルド・ディカプリオ、ケイト・ウィンスレット、キャシー・ベイツ あなたの最愛の人は あなたを愛していますか ―。 「田舎のレボリューショナリー・ロードに住む夫婦フランクとエイプリルと二人の娘。誰もが認める理想的な
映画「レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで」(2008年、米・英) (富久亭日乗)
   ★★★★★  Leonardo DiCaprio とKate Winslet が 「Titanic」(1997年)以来11年ぶりに共演、 夫婦のすれ違いを描いたドラマ。 原作はRichard Yatesの処女小説『家族の終わりに』 原題は「Revolutionary Road 」。       ◇  1955年、 結婚7年...
レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで (悠雅的生活)
すれ違う心。愛しているはずなのに…   
レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで (Addict allcinema 映画レビュー)
あなたの最愛のひとはあなたを愛していますか──。
★レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで(2008)★ (CinemaCollection)
REVOLUTIONARYROADそれは──誰もが逃れられない<運命の愛>あなたの最愛のひとはあなたを愛していますか──。<↑そう言う感じの映画ではなかったような・・・>上映時間119分製作国アメリカ/イギリス公開情報劇場公開(パラマウント)初公開年月2009/01/24ジャンルドラ...
『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで」□監督 サム・メンデス □原作 リチャード・イェーツ(「家族の終わりに」) □脚本 ジャスティン・ヘイス □キャスト レオナルド・ディカプリオ、ケイト・ウィンスレット、マイケル・シャ...
レボリューショナリーロード / 燃え尽きるまで (Diarydiary!)
《レボリューショナリーロード / 燃え尽きるまで》 2008年 アメリカ/イギリ
婚活女性にオススメ!『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』 (水曜日のシネマ日記)
夢や希望に人生を懸けようとする若い夫婦の理想と現実を描いた作品です。
レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで-★★★★- (not simple.)
  英題: REVOLUTIONARY ROAD 製作年: 2008年 製作国: アメリカ/イギリス 日本公開: 2009年1月24日 (丸の内ピカデリー1 ほか) 上映時間: 1時間59分 配給: パラマウント ピクチャーズ ジャパン 公式サイト スタッフ 監督・製作: サム・メンデス 原作: ...
レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで (ネタバレ映画館)
乗りかけた船には乗ってしまえ・・・沈没することを恐れずに・・・
レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『それは──誰もが逃れられない<運命の愛> あなたの最愛のひとは あなたを愛していますか──。』  コチラの「レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで」は、不沈の大ヒット作「タイタニック」のレオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレットの再共...
レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで (pure's movie review)
2008年度 アメリカ作品 119分 パラマウント配給 原題:REVOLUTIONARY ROAD STAFF 監督:サム・メンデス 脚本:ジャスティン・ヘイス 原作:リチャード・イェーツ『家族の終わりに』( CAST レオナルド・ディカプリオ  ケイト・ウィンスレット  キャシー・ベイツ マ...
レボリューショナリーロード 燃え尽きるまで  (ケントのたそがれ劇場)
★★★☆  レオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレットが共演するのは、あの歴史的ラブストーリー『タイタニック』以来、なんと11年振りだという。ほんに月日の経つのは早いもので、当時まだて20代だった両名とも、いつの間にやら30代になってしまった。 ...
レボリューショナリー・ロード◎燃え尽きるまで (銅版画制作の日々)
    Happyで美しい恋愛ドラマかと思っていたら・・・・。 1月30日、MOVX京都にて鑑賞。 「エレジー」とはまったく反対のドラマでした。あの「タイタニック」の美男・美女カップルが11年目に再度タッグを組んだ作品です。ケイト・ウィンスレットはこの作品...
『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで 』 (音次郎の夏炉冬扇)
レオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレットの共演と聞けば、誰しも97年の超大ヒット作を思い浮かべるでしょうが、小生その映画を観に行かなくて変人扱いされましたっけ。周囲には劇場で複数回観た人(4回観たツワモノもいた)も珍しくなかったのになんでだろう...
映画* レボリューショナリー・ロード (有閑マダムは何を観ているのか? in California)
つ、つかれた~あ!! 世間で絶賛されたタイタニックも、ある意味で私にとっては疲れる映画ではあったけれど、 11年を経てレオナルド・ディ=カプリオ&ケイト・ウィンスレットのカップル再び! と注目を集めるこの映画を見ようと言う方、覚悟が必要かと思います・...
★「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みは話題作2本を「TOHOシネマズ・ららぽーと横浜」で。 その2本目。
レボリューショナリー・ロード / 燃え尽きるまで (週末映画!)
期待値: 74% 『タイタニック』以来のレオナルド・ディカプリオ/ケイト・ウィンスレットの共演映画。
「レボリューショナリー・ロード」(REVOLUTIONARY ROAD) (シネマ・ワンダーランド)
オスカー受賞作「アメリカン・ビューティ」や、「ロード・トゥ・パーディション」 などの作品で知られる英国出身の米映画監督、サム・メンデスがリチャード・イェーツの小説「家族の終わりに」を映画化したヒューマン・ドラマ「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きる...
レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで (Movies 1-800)
Revolutionary Road (2008年) 監督:サム・メンデス 出演:レオナルド・ディカプリオ、ケイト・ウィンスレット、マイケル・シャノン、キャシー・ベイツ 50年代半ば、郊外の住宅地に居を構える夫婦が理想と現実の差にもがく様を描いたドラマ。 一戸建てに2人の子供と傍か...
映画「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで」 (make myself just as hard)
映画「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで」(2008年・アメリカ/イギリス)フランク(レオナルド・ディカプリオ)にとっての父親の存在の大きさが、印象的に描かれていた。DVDの特典映像を見ると、フランクが父親と過ごした時間の回想シーンがもともとは含ま...