ともやの映画大好きっ!

鑑賞した映画の感想やサウンドトラックなどの紹介、懸賞や日々の戯れ言などをのほほんと綴っていこうと思っています。

007 ロシアより愛をこめて

2005年06月14日 | 映画(た行)
(原題:FROM RUSSIA WITH LOVE)
【1963年・イギリス】ビデオで鑑賞(★★★☆☆)


英国情報部の凄腕諜報員007の活躍を描いたシリーズ第2作目。

ある日英国情報部に、ソ連情報部保安局のタチアナ・ロマノフ(ダニエラ・ビアンキ)という女性が英国への亡命を希望してきた。彼女は手土産に、新型暗号解読器レクターを持ち出す事を約束し、その手伝いにジェームズ・ボンド(ショーン・コネリー)を指名してきた。何かの罠だと知りつつ暗号解読器を手に入れられるなら…とタチアナの提案に乗る英国情報部。実は裏では前作でドクター・ノオを倒された国際的犯罪組織スペクターが想像通り暗躍していたのだ。スペクターの目的はボンドを殺すことと、新型暗号解読器を手に入れること。そして、ボンド暗殺のためだけに訓練を積んだ、プロの殺し屋ドナルド・グラント(ロバート・ショウ)が送り込む。イスタンブールに飛んだボンドは、タチアナと合流。無事に暗号解読器をソビエト領事館から盗み出し、オリエント急行で英国を目指す。一見成功したかに見えたミッションだったが、グラントの魔の手がボンドに迫っていた…。

40年前の作品かぁ。
若いなぁショーン・コネリー。
時代のせいというのもあるんだけど、秘密兵器がアタッシュケースに仕掛けられたナイフやガスボンベというのが微笑ましいです。
途中、ソビエト領事館の地下から秘密で潜水艦の潜望鏡を仕掛けたといって、ソビエト領事館の秘密の部屋を監視するシーンは、今観るとかなりトンデモな内容。
そういうシーンは映ってないんだけど、部屋の隅っこの床から潜水艦の潜望鏡の先っちょが飛び出してて、キョロキョロしてるところを想像したら笑ってしまいました。
気付くって(笑)。
それにしてもこの頃から007のオープニングクレジットはめちゃくちゃ格好良いですな。
60年代のサイケデリックな感じがたまりませんですわ。

監督はテレンス・ヤング。


ロシアより愛をこめて [Blu-ray]

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

このアイテムの詳細を見る


ロシアより愛をこめて (デジタルリマスター・バージョン) [DVD]

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

このアイテムの詳細を見る


ロシアより愛をこめて (アルティメット・エディション) [DVD]

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

このアイテムの詳細を見る


007/ロシアより愛をこめて
サントラ
東芝EMI

このアイテムの詳細を見る
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (7)   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ハイテクへの道は険しいのだ! | トップ | ジャケ写買い! »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (axis_009)
2005-07-02 02:46:19
同じ映画の話題を書かれていたのでTBさせて頂きました。良かったら寄って見てください。
007シリーズ (ともや)
2005-07-03 19:48:35
こんばんは、axis_009さん!

昔の映画はそれほど派手な演出は無いけど、面白いですよね~!

007シリーズは全部観ているような気になってましたが、実はまだ観てない作品とかあるみたいです。

これを機会にいろいろ観直していこうかなぁ。
Unknown (axis_009)
2005-07-05 18:39:33
やっぱり面白い映画はいつまで経っても残りますよね。007シリーズはロジャー・ムーア時代の後半は(「オクトパシー」以降)ちょっと内容的に質が落ちるので、後回しにした方が良いですよ。

それではまた。(^^♪
ショーン・コネリーが好き! (ともや)
2005-07-06 01:14:46
こんばんは、axis_009さん!



>007シリーズはロジャー・ムーア時代の後半は(「オクトパシー」以降)ちょっと内容的に質が落ちるので、後回しにした方が良いですよ。

たぶんロジャー・ムーア以降の作品は確実に全部観てるんですよね。

ショーン・コネリーの作品もある程度はTVで観てるから、見直していくなら最初からですね、やっぱり。
そういえば。 (ボー)
2010-05-27 06:24:29
潜望鏡でしたねえ。
きっと先の部分はカモフラージュしてあるのだと思いますが、気づかない相手も、のん気というか、まあ微笑ましいものです。
スパイ兵器 (ともや)
2010-05-29 16:17:07
こんにちは、ボーさん♪
いや~、時代が時代ですからね。
でも中にはハッとするスパイ兵器もありましたし、イマジネーションと夢がありました>007
Unknown (ふじき78)
2013-08-17 10:33:42
8年前の記事にコメ付けれるっての凄いな、おもろいな。

> 若いなぁショーン・コネリー。

異常にニヤけてましたねえ。
この時のショーン・コネリーより全然年上になってしまったものの、映画の中の登場人物には迷いがないから、凄く兄貴感を感じます。コネリーが骨格がしっかりしてるってのもあるのかもしれないですけど。

コメントを投稿

映画(た行)」カテゴリの最新記事

3 トラックバック

FROM RUSSIA WITH LOVE (OOH LA LA - my favorite songs)
ロシアより愛をこめて■英、1963年■監督 テレンス・ヤング■出演 ショーン・コネリー、ロバート・ショー、ダニエラ・ビアンキ イアン・フレミング原作の殺人許可書を持つスパイ"ジェイムズ・ボンド"の活躍を描く007シリーズの映画化。数多く作られた007シリー
「007/ロシアより愛をこめて」 (或る日の出来事)
オープニングタイトルは、歌なしで演奏のみだったんだ!
『007 ロシアより愛をこめて』『荒野の七人』を新橋文化で観て、男だらけだなふじき★★★★,★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
◆『007 ロシアより愛をこめて』 五つ星評価で【★★★★美女と猛女が出ながらも男男してる】 昨今のダニエル・クレイグ版はもう本当にちゃんと作ってるので、突っ込みど ...