ともやの映画大好きっ!

鑑賞した映画の感想やサウンドトラックなどの紹介、懸賞や日々の戯れ言などをのほほんと綴っていこうと思っています。

X-MEN:ファイナル・ディシジョン

2006年10月27日 | 映画(あ行)
(原題:X-MEN:THE LAST STAND)
【2006年・アメリカ】試写会で鑑賞(★★★★★)


並はずれた特殊能力を有するミュータント集団X-MENの活躍を描く、マーヴェル・コミック原作のアメコミ映画第3弾。
「Astonishing X-Men」「Uncanny X-Men #134」「X-MEN:Children of the Atom」のエピソードが基になっている。

プロフェッサーX(パトリック・スチュワート)の右腕だったジーン(ファムケ・ヤンセン)の死により、いまだその動揺から立ち直れずにいるX-MENたち。そんな中、『ミュータントは病である』と主張する天才科学者によって、ミュータントの能力を消去し普通の人間にすることのできる新薬【キュア】が開発される。ミュータントのまま生きるか、それとも人間になるか…という究極の選択に、ミュータント社会は大きく揺れる。マグニートー(イアン・マッケラン)率いるブラザーフッドは、キュアの根絶を狙い、キュア開発のカギとなる少年ミュータント・リーチ(キャメロン・ブライト)の強奪に動き出す。一方、X-MENたちは人類とミュータントの全面戦争を回避しようと奔走するのだが…。



今年の夏は、本作品と「スーパーマン リターンズ」の2大アメコミ映画が鑑賞できて大満足。



今回はいよいよ最終章。
ウルヴァリンを演じるのはヒュー・ジャックマン。
第1作で伏線が張られていた出生の秘密には、結局触れずしまい。





そして今回出番が増えて張り切っている、ストーム役のハル・ベリー。
この役柄のこの髪型好きだなぁ。



出演者のギャラが高揚しているための対策か、「スーパーマン リターンズ」出演のためなのかは判らないけど、あっという間にいなくなってしまうサイクロップス役のジェームズ・マーズデン。
でも彼がいないとX-MENらしくないんだよね。
今回のキーとなるジーン役のファムケ・ヤンセンのように復活するのかな?



ネクスト・ジェネレーションも今回は頑張ります。
物体をすり抜ける能力を持つキティ役のエレン・ペイジ。
物を凍らせる能力を持つアイスマン役のショーン・アシュモア。
…とはいえ、歴代X-MENに比べると地味…なんだよね。



今回残念な結末が待っているのはミスティーク役のレベッカ・ローミン。
でもエンディング以降のエピソードを見る限り、ミスティークの能力も復活していておかしくないハズ。
ミスティークの変身能力は映画映えするからね。



やり方は違えど、必ずしもどちらが悪とはいいきれないミュータント同士の関係が面白い。

現在はスピンオフ作品「ウルヴァリン」と「ヤング・マグニートー」の企画が進行中。

監督はブレット・ラトナー。

※エンドテロップの後のエピソードにも注目です。
これで終わりと銘打っているけれど、続編作る気まんまんだよね?


X-MEN:ファイナルディシジョン

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

このアイテムの詳細を見る


X-MEN:ファイナルディシジョン (Blu-ray Disc)

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

このアイテムの詳細を見る


X-MEN トリロジーBOX

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

このアイテムの詳細を見る


オリジナル・サウンドトラック「X-MEN:ファイナル・ディシジョン」
ジョン・パウエル
ジェネオン エンタテインメント

このアイテムの詳細を見る


■シリーズ前作はこちら

X-MEN (2枚組 プレミアム)

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

このアイテムの詳細を見る


X-MEN〈特別編〉

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

このアイテムの詳細を見る


X-MEN (UMD Video)

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

このアイテムの詳細を見る


X-MEN
マイケル・ケイメン, サントラ
ユニバーサルクラシック

このアイテムの詳細を見る


X-メン・ザ・ムービーパワーガイド

小学館プロダクション

このアイテムの詳細を見る


X-MEN 2 アルティメット・エディション

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

このアイテムの詳細を見る


X-MEN 2

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

このアイテムの詳細を見る


X-MEN 2 (UMD Video)

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

このアイテムの詳細を見る


X2: X-Men United [Original Motion Picture Score]
Ann Atkinson, Bart Samolis, Bruce Morgenthaler, Christian Kollgaard, Drew Dembowski, Edward Meares, Frances Liu Wu, Richard Feves, Susan Ranney, Susan Wulff
Superb

このアイテムの詳細を見る
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (10)   トラックバック (9)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« プリズン・ブレイク 第1シー... | トップ | パイレーツ・オブ・カリビア... »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
な、なんか……… (よろ川長TOM)
2006-10-28 04:08:55
毎度です。

ともやさん、もんのすっげーピッチで観まくり書きまくっておられますねえ~~~!

(@_@;)

あやかりたくて、またまたトラバさせていただきました。
原作の人気が凄いですからね (すず)
2006-10-28 09:25:04
 「最終章なのに終わった感じがしない」等の批評もありましたが、これはやっぱりアメコミ原作の、裾野の広さと現地の人気に関係ありますよね。いやもう、コミック作品数の多い事&登場人物の複雑な絡み合いに、ファンサイトさんの閲覧だけでお手上げです(笑)スピンオフ作品が出来ると教えて頂いて、当然だなぁと思いました。
いえいえ、 (ともや)
2006-10-28 18:43:33
こんばんは、よろ川長TOMさま♪

>ともやさん、もんのすっげーピッチで観まくり書きまくっておられますねえ~~~!

そういうワケじゃないんですよ。

8月下旬から10月上旬までネット環境が不調で観た映画の記事を全然アップできなかったんですよ。

それを今猛烈な勢いでアップしている最中なのです。

アップしてない記事はあと4本。

ふぅ。
アメコミ (ともや)
2006-10-28 18:50:01
こんばんは、すずさん♪

>いやもう、コミック作品数の多い事&登場人物の複雑な絡み合いに、ファンサイトさんの閲覧だけでお手上げです(笑)

原作の「X-MEN」は読んだこと無いんですけど、多分「こち亀」並の巻数ペーパーブックが出てるんじゃないでしょうか?

アメコミは「スポーン」「GEN13」「ウィッチ・ブレイド」「バットマン」しか読んだこと無いんですよね。

読むと意外と面白いんですよね、アメコミって。



>スピンオフ作品が出来ると教えて頂いて、当然だなぁと思いました。

「X-MEN」のスピンオフは楽しみですね。

他のヒーローとの共演もアメコミの醍醐味なんで、そういう作品も今後作られるといいですね。
こんにちは! (猫姫少佐現品限り)
2007-01-09 12:59:35
原作全く知らないし、ファンでもないので、これはきつかった、、、
あの女の人が生きていた!というだけで、もうダメだったのに、2重人格なんて、、、
原作通りなの?だとしたら、最初からわかって入れば良かったんだケド、最低2の最後で、こういうこと、ほのめかせておかないと。で、CGはすごいケド、アクションないし。
ま、食傷気味です。コメディーだったら良いんだケドねぇ。
フェニックス (さいさい@百鬼)
2007-01-09 17:49:17
>最低2の最後で、こういうこと、ほのめかせておかないと

ふふ。
猫姫少佐現品限りさん、ともやの代わりにおいらがお答えしませう。

2のラストで湖に巨大な鳥の影が映ったので、原作知っている人は「ああ、やっぱり次はフェニックス編だね。ジーンが生き返るんだね。しかも、最強キャラになるね」って思ったんですね。
このシリーズって、いやスパイディやスーパーマンもだけど、一限さんお断り的なネタけっこう多いですよ。

3のラストに出てきた女性も、実は・・・だったりするし。
ま、ほとんどウチワウケですよ。
気にしないことです。
ヒーロー・コメディ (ともや)
2007-01-09 17:57:12
こんばんは、猫姫少佐現品限りさま♪
>あの女の人が生きていた!というだけで、もうダメだったのに、2重人格なんて、、、
まぁ、日本でも「宇宙戦艦ヤマト」とか、シリーズを続けるために生き返ったとかありますからね(笑)。

>コメディーだったら良いんだケドねぇ。
ヒーローモノでコメディというと、今度公開する「Gガール 破壊的な彼女」が面白そうですよ。
ユマ・サーマン演じる主人公は、実はスーパーガール。
そんな彼女とのラブコメディ。
あれ、この設定って「奥様は魔女」じゃん(笑)。
フェニックス? (ともや)
2007-01-09 18:00:50
こんばんは、さいさい@百鬼さん♪
>2のラストで湖に巨大な鳥の影が映ったので、原作知っている人は「ああ、やっぱり次はフェニックス編だね。ジーンが生き返るんだね。しかも、最強キャラになるね」って思ったんですね。

わかんね~!(笑)
そこまでアメコミを読み込んでいる人ってなかなかいないですよ。

ま、面白くてワクワクできれば何でもいいんですけどね。
そうさ、快楽主義でいいじゃない(笑)。
3作目! (@KOBA)
2007-06-07 23:46:16
こんばんは!

自分は、シリーズの中では、この3作目が
最高でした!
続編できそうな感じですね!
続編 (ともや)
2007-06-08 02:47:06
こんばんは、@KOBAさま♪
>続編できそうな感じですね!
日本ではヒットしなかったけど、アメリカでは大ヒットしてますからねぇ。
続編ができる可能性は大ですよ!
ぜひ作って欲しいモノです。

コメントを投稿

映画(あ行)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

9 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『X-MEN3ファイナルディシジョン』よくできたシリーズ。必ず三作... (よろ川長TOMのオススメ座CINEMA)
ついにシリーズ最終章。三作通して観ないと面白さは半減するが、まとめて観れば3乗になって味わえる。
映画「X-MEN:ファイナル ディシジョン」 (しょうちゃんの映画ブログ)
2006年48本目の劇場鑑賞です。公開当日劇場で観ました。「ラッシュ・アワー」「レッド・ドラゴン」のブレット・ラトナー監督作品。並はずれた特殊能力を有するミュータント集団“X-MEN”の活躍を描くマーヴェル・コミック原作の大ヒット・シリーズ第3弾にして最終 ...
X-MEN ファイナル ディシジョン (夢見る小悪魔)
世界は、選択で創られ、選択で滅ぶかもしれない。X-MEN ファイナル ディシジョン◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆ここで少しばかりおさらいを・・・X-メン   人間社会から阻害されるミュ ...
「X-MEN ファイナル ディシジョン」 テーマを貫きシリーズを見事に締めくくった! (はらやんの映画徒然草)
ブライアン・シンガーが「スーパーマン リターンズ」の方を選択して、ブレット・ラト
X-MEN:ファイナル ディシジョン 07006 (猫姫じゃ)
X-MEN:ファイナル ディシジョン X-MEN:The Last Stand 2006年   ブレット・ラトナー 監督ヒュー・ジャックマン  ハル・ベリー  ファムケ・ヤンセン  イアン・マッケラン  パトリック・スチュワート  アンナ・パキン  ...
X-MEN:ファイナル ディシジョン (X-Men:The Last Stand) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ブレット・ラトナー 主演 ヒュー・ジャックマン 2006年 アメリカ映画 105分 アクション 採点★★★ 無敵の帝国軍が毛むくじゃらのチビッコにコテンパンにされたり、辻褄合わせを放棄し禅問答に終始したり、突如ロボが空を飛んだりと、世界中の映画ファンが腰 ...
X-MEN3 ファイナル ディシジョン (mama)
2006年:アメリカ 監督:ブレット・ラトナー 出演:ヒュー・ジャックマン、イアン・マッケラン、ハル・ベリー、ファムケ・ヤンセン、アンナ・パキン、ケルシー・グラマー、パトリック・スチュワート プロフェッサーXの右腕だったジーンの死により、いまだその動揺...
『X-MENファイナルディシジョン』シリーズ完結編 (@KOBAのムービー!ムービー!)
『X-MENファイナルディシジョン』 X-MEN THE LAST STAND(2006年アメリカ)  監督 ブレット・ラトナー  脚本 ザック・ペン、サイモン・キンバーグ  出演 ヒュー・ジャックマン、ハル・ベリー、パトリック・スチュアート、ファムケ・ヤンセン、イアン・マッケ...
X-MEN:ファイナル・ディシジョン (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『世界は、選択で創られ、選択で滅ぶかもしれない。』  コチラの「X-MEN:ファイナル・ディシジョン」の試写会に行ってきましたぁ~♪公開は9/9なので、まだ1ヶ月ぐらいありますが、かなり試写会も多いみたいで、先月末頃にはケータイ電源ONのまま試写会なるものま...