ともやの映画大好きっ!

鑑賞した映画の感想やサウンドトラックなどの紹介、懸賞や日々の戯れ言などをのほほんと綴っていこうと思っています。

グリーン・ゾーン

2010年05月16日 | 映画(か行)
(原題:GREEN ZONE)
【2010年・フランス/アメリカ/スペイン/イギリス】完成披露試写で鑑賞(★★★☆☆)


イラク戦争の大義とされた「大量破壊兵器」を巡り、その情報に疑問を抱いた一人の米軍兵士が真実を追求していくサスペンス・アクション。

イラク戦争開戦から4週間後。フセイン政権は陥落し、米軍駐留地域=グリーン・ゾーンの外は無政府状態に陥っていた。米国陸軍のロイ・ミラー上級准尉(マット・デイモン)率いるMET隊は、イラクの首都バグダッドで大量破壊兵器を捜索するも、兵器はおろか、その痕跡すら掴めずにいた。ミラーは次第に情報源への疑いを強めていくようになる。MET隊がアンマンスール地区へ大量破壊兵器の捜索に向かった時、英語が堪能なイラク人のフレディ(ハリド・アブダラ)がある情報を持ってくる。大量破壊兵器発見に繋がる政府要人が近くの民家に集まっていると言う。数名の部下とフレディを連れて現場に向かったミラーは、そこでフセイン政権での最高幹部アル・ラウィ将軍(イガル・ノール)の側近サイード(サイード・フラージ)を捕獲する。ミラーはラウィ将軍の潜伏先を聞き出すために尋問を開始するが、そこへ現れた米国陸軍ブリッグス少佐(ジェイソン・アイザックス)がサイードを無理矢理連れ去っていってしまう。ミラーの手元に残ったのは、サイードから押収した1冊の手帳のみ。いくら探しても見つからない大量破壊兵器と特殊部隊の不可解な動きに疑念を募らせたミラーは、宮殿のプールでCIAの古参エージェントであるマーティ・ブラウン(ブレンダン・グリーソン)と落ち合う。中東情勢の専門家であるブラウンは、戦後のイラクの民主化計画を巡って国防総省情報局のクラーク・パウンドストーン(グレッグ・キニア)と敵対しており、ミラーと同じように消えた大量破壊兵器の謎を追っていた。ラウィ将軍を捕まえる事が大量破壊兵器発見の近道だと睨んだミラーは、ウォール・ストリート・ジャーナル紙の女性記者ローリー・デイン(エイミー・ライアン)が過去に執筆した記事を調べ、【マゼラン】と呼ばれる匿名のイラク政府高官が大量破壊兵器の情報源である事を突き止める…。



完成披露試写で観たのが2月だったんで、かなり放置してました(笑)。
「ボーン・スプレマシー」(2004年)と「ボーン・アルティメイタム」(2007年)以来となる、マット・デイモンとポール・グリーングラスのタッグ作品。
(今調べてビックリしたのが、「ボーン・アイデンティティー」(2002年)はポール・グリーングラス監督ノータッチだったんだぁ…)
キャッチコピーにある『114分あなたは最前線へ送り込まれる。』は、嘘偽りありませんでした♪
もう上映中、緊迫感が途切れる事が無く、ずっとドキドキハラハラしっぱなし♪



この映画のテーマともなっているのが、当時ニュースでも連日報じられた大量破壊兵器の存在。
そして他国に支配され、他国の思惑によって動かされる国に住むイラク人の思い。
これはワシントン・ポストの記者ラジブ・チャンドラセカランのノンフィクションを原作にしているので、ここで描かれている出来事はほぼ真実なんだよね?
う~ん、怖いな国家って。

基本的に戦争映画は大嫌いなともやですが、これは戦場を舞台にしたサスペンス映画だったんで、かなり楽しめちゃいました♪

監督・製作はポール・グリーングラス。
全米興行成績(2010年3月公開):初登場2位→5位→7位→ランク外

2010年5月14日公開
公式HP:グリーン・ゾーン


グリーン・ゾーン 【ブルーレイ&DVDセット・2枚組】 [Blu-ray]

ジェネオン・ユニバーサル

このアイテムの詳細を見る


Green Zone(「グリーン・ゾーン」輸入盤サントラ)
John Powell
Varese Sarabande

このアイテムの詳細を見る


グリーン・ゾーン(国内版サントラ)
ジョン・パウエル
ジェネオン・ユニバーサル

このアイテムの詳細を見る


グリーン・ゾーン
ラジブ・チャンドラセカラン
集英社インターナショナル

このアイテムの詳細を見る
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (12)   トラックバック (35)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マイ・ブラザー/試写状 | トップ | ハロウィン(2007年) »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ありゃ (KLY)
2010-05-16 19:49:09
ともやさんて戦争映画大嫌いなんだ。
それじゃ古典的なところでプラトーンみたいなのもだめ?
というか、例えば今の時代にベトナム戦争の映画なら歴史として見られなくもないんだけど、イラク戦争は流石に時期尚早じゃないかなぁって。『ハート・ロッカー』は政治的な思想は極力排除して、淡々と事実をありのままに見せた、戦争に携わった兵士の内面をさらけ出した作品だったんだけど、これはうーん…。
ま、アクション映画としてはホント好きなんだけど。監督の独特の手振れ映像とか、マットのすんげーカッコよさとかね。(笑)
Unknown (えふ)
2010-05-16 20:24:52
わたしも昔はKLYさんのおっしゃる古典的な戦争映画はダメでした。
でも最近はけっこうエンタメっぽく仕上がってるのでわりとたのしめます。
いいんだかわるいんだか~(苦笑
しかしマットはかっこよかったですねー!
戦争映画 (ともや)
2010-05-17 23:27:08
こんばんは、KLYさん♪
うん、ほんと数える程しか観てないや、戦争映画って。
「プラトーン」も未見です~。
戦車とか戦闘機とかは好きなんですけどねww。
昔観た「フルメタル・ジャケット」がトラウマになったのかな?(笑)
「地獄の黙示録」なんかは好きなんですけどね♪

「ハート・ロッカー」も感想アップしてないんだけど、緊張中毒のイカれた男の生き方を描いた物語っていうことで、好きな作品ですよ♪
これぐらいのバランス (ともや)
2010-05-17 23:29:48
こんばんは、えふさん♪
映画ってこれくらいのバランスが丁度いいと思いますよ。
エンタメで面白く見せつつも、根底で真実への問題提議を行う…みたいな。

こういうちょっとリアルな話にピッタリ来ますね、マット・デイモンって♪
イラク (にゃむばなな)
2010-05-18 16:23:46
こういう映画を見ると、フセイン政権時代の方がイラクは平和だったと嘆く人たちの気持ちが分かりますよ。
まぁアメリカは本当に酷い!
なのに自己反省がない!

マット・デイモンも今度はアメリカ政府に対して、ジェイソン・ボーン以外でも暴れてほしいものです。
こんばんは~♪ (由香)
2010-05-18 21:21:14
お邪魔します♪
私も戦争映画は苦手ですが、最近よく劇場鑑賞してます^^(成長したわん・笑)
コチラはボーンシリーズみたいな面白さはあったけど、引いちゃうところもあったなぁ~
いっその事ボーンシリーズの一環で作った方が面白かったかも。
すかっと (ともや)
2010-05-22 15:18:58
こんにちは、にゃむばななさん♪
かつては日本も似たような事されてる訳ですからね~。
映画の中だけでもスカっとするような活躍をお願いします>マット・デイモンさま♪
どこまで (miyu)
2010-05-23 13:55:19
本当かはビミョーなところですが、
まぁそんなところだったんだろうなぁ~
って感じでしょうね。
なかなか楽しめましたよね。
ボーン (ともや)
2010-05-23 17:45:25
こんにちは、由香さん♪
もっとフィクションに準じちゃった方がよかったのかもしれないですね。
ジェイソン・ボーンが主人公でも良かったかも?
あ、でもCIAはボーンの天敵だからなぁ…ww
緊迫感 (ともや)
2010-05-23 18:39:57
こんばんは、miyuさん♪
そういう真実もあるんだろうけど、これはあくまで娯楽映画として観るのが正解でしょうね♪
「ボーン」シリーズ並の緊迫感がたまりませんでしたわん♪
戦争映画 (ノルウェーまだ~む)
2010-08-25 20:49:56
ともやさん、こんにちは☆
戦争映画だめなのですねー、可愛い♪
私は、生まれて初めてディズニー以外で劇場で観たのが戦争映画だったので、かなり今までも見てきました。
なので、戦争映画だと熱く語ってしまいそうなのですが、この映画はエンタメなのか社会派なのか中途半端なかんじで・・・
観終わった時は面白い!って思ったのですが・・・
エンタメ (ともや)
2010-08-26 06:52:13
こんにちは、ノルウェーまだ~むさん♪
社会派というよりは、エンタメでしょうね~。
素早い展開が面白く、最後までドキドキしながら観ちゃいました♪

ほら、リアルな戦場映画って、悲惨な負の感情しか湧いてこないから好きじゃないんですよ。
そこにはカタルシスも爽快感もありませんからね~。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

35 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
グリーン・ゾーン / Green Zone (勝手に映画評)
2003年3月19日に米軍を始めとした有志連合がイラクに攻撃を始める『証拠』である『大量破壊兵器』。探せば探すほど、その存在に疑問が生じてくる『大量破壊兵器』の謎に、マット・デイモン演じるロイ・ミラーが命を掛けて迫ります。 いまとなっては『大量破壊兵器』なる...
グリーンゾーン/GREEN ZONE (いい加減社長の映画日記)
戦争物は、苦手ではあるんだけど、予告編でサスペンス風味が面白そうで。 「グリーンゾーン」を金曜日のレイトショーで鑑賞。「UCとしまえん」は、平日のレイトショーの時間としては、普通かな。 「グリーンゾーン」は、大きめのスクリーンで、4~5割。 【ストーリー...
[映画『グリーン・ゾーン』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆先のイラク戦争のアメリカの大義としてあった「大量破壊兵器の脅威の排除」・・・、バグダッドの捜索現場で、その指揮を執っていた部隊リーダーの物語。  手持ちカメラでの撮影映像は臨場感あるが、私のようなおじさんにはいささか目が疲れるも、「占領地」特...
「グリーン・ゾーン」 そんな国を誰が信用するのか (はらやんの映画徒然草)
タイトルの「グリーン・ゾーン」とはイラク戦争時、首都バグダットへの侵攻後市内に設
グリーン・ゾーン (LOVE Cinemas 調布)
『ボーン・スプレマシー』、『ボーン・アルティメイタム』でコンビを組んだポール・グリーングラス監督とマット・デイモンが、イラクを部隊に大暴れ!大量破壊兵器の有無に隠されたアメリカ政府の内紛に翻弄される主人公を描いたサスペンス・アクションだ。脚本は『ミス...
グリーン・ゾーン (Lovely Cinema)
JUGEMテーマ:映画館でみました!114分間 あなたは最前線へ送り込まれる。
グリーン・ゾーン (映画鑑賞★日記・・・)
【GREEN ZONE】 2010/05/14公開 アメリカ 114分監督:ポール・グリーングラス出演:マット・デイモン、グレッグ・キニア、ブレンダン・グリーソン、エイミー・ライアン、ハリド・アブダラ、ジェイソン・アイザックスグリーン・ゾーン──。そこは、偽りに支配された安全地...
戦場のジェイソン・ボーン「グリーン・ゾーン」 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
ブライアン・ヘルゲランド脚本、ポール・グリーングラス監督による『グリーン・ゾーン』(Green Zone)。ジェイソン・ボーンシリーズでみせた手持ちカメラと高速カット割りによる臨場感は今作でも全編にわ
一番の悲劇は・・・。『グリーン・ゾーン』 (水曜日のシネマ日記)
イラク中心部のアメリカ軍駐留地域グリーン・ゾーンを舞台に大量破壊兵器の所在の秘密を描いた作品です。
グリーン・ゾーン (だらだら無気力ブログ)
『ボーン・スプレマシー』『ボーン・アルティメイタム』のマット・デイモン とポール・グリーングラス監督のコンビが再びタッグを組んでおくるサスペン スアクション。 イラク・バグダッドとその近郊を舞台に、イラクが開発した大量破壊兵器の 在りかを求めて特殊任務に...
劇場鑑賞「グリーン・ゾーン」 (日々“是”精進!)
「グリーン・ゾーン」を鑑賞してきました「ボーン・スプレマシー」「ボーン・アルティメイタム」の監督・主演コンビ、ポール・グリーングラス&マット・デイモンが、イラクの戦場を...
グリーン・ゾーン (犬・ときどき映画)
グリーン・ゾーン「GreenZone」 <Story> イラクが大量破壊兵器を隠しているとの情報を得て、ロイ・ミラー(マット・デイモン)が率いる部隊は、情報通りの場所を捜索していた、しかしその作戦も3度失敗し、兵器は見つからない。 情報源が確かなのか上官に詰め寄るミラ...
『グリーン・ゾーン』 (めでぃあみっくす)
すっきりしない映画でした。大量破壊兵器がイラクには存在しなかったことは今や誰もが知る事実なのに、今になってこういうアメリカ映画を見せられても何とも言い様がありません。痛烈な身内批判もなければ、自分たちの行いに対する自己反省もない。本当に何が言いたいのか...
グリーン・ゾーン (★YUKAの気ままな有閑日記★)
『ボーン・アルティメイタム』のポール・グリーングラス監督×マット・デイモンのコンビということで観て来ました~【story】ロイ・ミラー(マット・デイモン)と彼の部隊は、大量破壊兵器の行方を追う任務に就くが、国防総省の要人パウンドストーン(グレッグ・キニア)...
『グリーン・ゾーン』は諸刃の剣 (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  『グリーン・ゾーン』は、イラク戦争の背景に焦点を当てて映画化した作品である。  本作はワシントン・ポストのバ...
「グリーン・ゾーン」感想 (狂人ブログ ~旅立ち~)
 イラク戦争戦時下のイラク・バグダッド。ロイ・ミラー率いるMET隊は、大量破壊兵器(WMD)捜索作戦を三度展開するも、いずれも空振り。飛び交う嘘情報に苛立ちを募らせてい...
グリーン・ゾーン(2010)GREEN ZONE (銅版画制作の日々)
グリーン・ゾーン──。そこは、偽りに支配された安全地帯。 上映開始されました。14日は東宝シネマズディということで、1000円で鑑賞できる日でした。ポイントを貯めて、フリーパスポートゲットしたいので、頑張っております。 寝不足ではなかったはずなのに、途...
グリーン・ゾーン (そーれりぽーと)
最強タッグでシリアスなドンパチもの?? 『グリーン・ゾーン』を観てきました。 ★★★★ スティーブン・ソダーバーグ辺りが撮ってたらもっと人物に焦点当てた社会派映画になってたろうけど、ボーンシリーズ2&3で大成功した監督作だけあって、功名な展開とアクションが...
グリーン・ゾーン (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『決死のWMD<大量破壊兵器>捜索、唯一の手掛かりは”偽情報”だった─。』  コチラの「グリーン・ゾーン」は、「ボーン・スプレマシー」、「ボーン・アルティメイタム」のポール・グリーングラス監督&マット・デイモン主演の3度目のタッグとなる5/14公開の戦争サス...
グリーン・ゾーン (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
2003年、米英連合軍によって陥落したイラクの首都バグダッドで、この街のどこかに隠されているはずの大量破壊兵器を探す任務を負った兵士が直面した真実に迫る緊迫のアクション。 物語:イラク戦争開戦から四週間、米陸軍のロイ・ミラー上級准尉(マット・デイモン...
グリーン・ゾーン (Yuhiの読書日記+α)
「ボーン・スプレマシー」「ボーン・アルティメイタム」のポール・グリーングラス監督&マット・デイモンによるサスペンス・アクション。その他のキャストはグレッグ・キニア、ブレンダン・グリーソン、エイミー・ライアン、ハリド・アブダラ、ジェイソン・アイザックス他...
大量破壊兵器は存在しない~『グリーン・ゾーン』 (真紅のthinkingdays)
 GREEN ZONE  2003年、「大量破壊兵器が存在する」という大義名分のもと、アメリカはイラク に戦争を仕掛ける。軍からの指令により、兵...
★「グリーン・ゾーン」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
マット・デイモン主演でポール・グリーングラス監督作といえば、 「ボーン~」シリーズのコンビ。 原題も「GREEN ZONE」だけど、これはイラク・バクダッドの米軍駐留地域の事。
グリーン・ゾーン (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[グリーン・ゾーン] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ おみくじ評価:中吉 2010年36本目(34作品)です。 【あらすじ】 フセイン政権崩壊直後のバグダッド。 ロイ・ミラー上級准尉(マット・デイモン)率いる部隊は、砂漠地帯に隠された大...
グリーン・ゾーン (Movies 1-800)
Green Zone (2010年) 監督:ポール・グリーングラス 出演:マット・デイモン、 グレッグ・キニア、ブレンダン・グリーソン、 エイミー・ライアン 2003年、米軍によるイラク制圧後、グリーン・ゾーンと呼ばれる占領地帯で、開戦の要因となった大量破壊兵器(WMD)を捜索す...
『グリーン・ゾーン』 (京の昼寝~♪)
  □作品オフィシャルサイト 「グリーン・ゾーン」        □監督 ポール・グリーングラス □脚本 ブライアン・ヘルゲランド □キャスト マット・デイモン、グレッグ・キニア、ブレンダン・グリーソン、エイミー・ラ...
グリーン・ゾーン ぎりぎりマット・デイモン愛でるだけの映画になるのを回避(笑) (労組書記長社労士のブログ)
【{/m_0167/}=19 -7-】 マット・デイモン好きのうちの奥さんが「絶対に観に行く!」と息巻いていたら、試写会が当たった☆⌒(>。≪)イテェ 試写会場は初めて行くABCホール、どの席がいいのかわからんかったから、最前列の真ん中あたりを陣取ってみた(スクリーンが小さ...
■映画『グリーン・ゾーン』 (Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>)
マット・デイモン×ポール・グリーングラスという『ボーン・スプレマシー』、『ボーン・アルティメイタム』の主演×監督コンビがタッグを組んだ問題作『グリーン・ゾーン』。 イラク戦争勃発のきっかけとなる「大量破壊兵器」の所在をめぐる陰謀を、リアルな映像で描き出...
グリーン・ゾーン★★★★劇場66、72本... (kaoritalyたる所以)
すでに先週見たので、本当は『パリより愛をこめて』を観に行く予定が、お母さんが行けなくなったので、お父さんと2人で、晩ご飯を一緒に食べて、映画を見ることになりました。とは...
グリーン・ゾーン 評価:★★★ (20XX年問題)
レビューを更新しました。 当HP↓からどうぞ。 Review→映画レビュー、から見れます
グリーン・ゾーン (Green Zone) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ポール・グリーングラス 主演 マット・デイモン 2010年 フランス/アメリカ/スペイン/イギリス映画 114分 アクション 採点★★★★ この辺もあっちこっちと合併しまくって市を名乗るようになりましたが、まだ町だった頃は町長選なりなんかの節目になると、...
「グリーン・ゾーン」(GREEN ZONE) (シネマ・ワンダーランド)
多くの血が流れたイラク戦争を舞台にしたマット・デイモン主演の戦争ヒューマン・ドラマ「グリーン・ゾーン」(2010年、英米仏西、114分、ユニバーサル映画配給)。この映画は、大量破壊兵器に疑問をもった1人の米軍兵士が、米政府の内部抗争に巻きこまれながら、...
mini review 10512「グリーン・ゾーン」★★★★★★★☆☆☆ (サーカスな日々)
『ボーン・スプレマシー』『ボーン・アルティメイタム』のマット・デイモンとポール・グリーングラス監督が、3度目のタッグを組んだサスペンス・アクション。イラク中心部のアメリカ軍駐留地域“グリーン・ゾ...
【映画】グリーン・ゾーン…私なりに色々書いたけど全部削ってこんな感じ。 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
まずは近況報告 先週は息子が帰省。で、2010年11月5日(金曜日)に関東の方に戻りました。 息子が帰って来たからと言って、特に何もしてやらなかったけど、私の家がヤツの息抜きになったのなら幸い…どうなんだろうねぇ バイク買うからお金貸してくれとか、財布の中身を...
『グリーン・ゾーン』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 グリーン・ゾーン 』 (2010)  監  督 :ポール・グリーングラスキャスト :マット・デイモン、グレッグ・キニア、ブレンダン・グリーソン、エイミー・ライアン、ジェイソン・アイザックス、ハリ...