ともやの映画大好きっ!

鑑賞した映画の感想やサウンドトラックなどの紹介、懸賞や日々の戯れ言などをのほほんと綴っていこうと思っています。

天然コケッコー

2007年05月01日 | 映画(た行)
【2007年・日本】試写会で鑑賞(★★★★★)

くらもちふさこ原作のコミックを実写映画化した青春映画。

島根県の石見地方の山奥にある田舎の分校。ここには6人の生徒たちが通っていた。中学2年生の右田そよ(夏帆)。中学1年生の田浦伊吹(柳英里沙)と山辺篤子(藤村聖子)。小学6年生の右田浩太郎(森下翔梧)。小学3年生の田浦カツ代(本間るい)。小学1年生の田浦早知子(宮澤砂耶)の6人である。そんな夏のある日、この分校に1人の転校生がやってくることになる。中学2年生の大沢広海(岡田将生)である。今まで同級生がいなかったそよは、期待に胸を膨らませる。面倒見の良いそよに対して、大沢はちょっと意地悪でとっつき難い男の子。季節を重ねるごとに子供たちはいろいろな経験をし、成長していくことになる…。



いや~、青いなぁ。
いや~、若いなぁ。
いや~、甘酸っぱいなぁ。



原作は読んだことはありませんが、不思議な優しさに満ちている作品です。
特にこれといった特別な事件が起こるわけではありません。
海へ行ったり、町へ買い物に行ったり、夏祭りに参加したり…。
そんな中でいろいろな事を感じて人は成長していきます。

何か、作品が持っている雰囲気が、ともやの永遠のバイブルでもある「アイコ十六歳」みたいなんです。





フード付きのパーカーが欲しくて、大沢くんとキスをしてしまうそよ。
バレンタインでのパイプチョコ。
スイカ水。
東京への修学旅行。
そよの父親(佐藤浩市)と大沢くんのお母さん(大内まり)との浮気。
郵便局に勤めるシゲちゃん(廣末哲万)の恋。
高校進学への不安。

たぶん原作を知っている人ならば、ニヤリニヤリなエピソードが満載されていると思います。



そしてほんわかした雰囲気のそよを演じる夏帆がいい感じ。
石見弁をしゃべる様が可愛いのです。
(結局『れれれ?』とは言ってくれませんでしたが・笑)

監督は山下敦弘。

2007年7月28日公開
公式HP:天然コケッコー


天然コケッコー 特別版 (初回限定生産2枚組)

角川エンタテインメント

このアイテムの詳細を見る


「天然コケッコー」オリジナル・サウンドトラック BY REI HARAKAMI
サントラ
ミュージックマイン

このアイテムの詳細を見る


天然コケッコー―映画ノベライズ (コバルト文庫)
下川 香苗,くらもち ふさこ,渡辺 あや,山下 敦弘
集英社

このアイテムの詳細を見る


天然コケッコーの散歩路 増補版 (クイーンズコミックス)
くらもち ふさこ
集英社

このアイテムの詳細を見る


天然コケッコー (1)

集英社

このアイテムの詳細を見る


天然コケッコー (2)

集英社

このアイテムの詳細を見る


天然コケッコー (3)

集英社

このアイテムの詳細を見る


天然コケッコー (4)

集英社

このアイテムの詳細を見る


天然コケッコー (5)

集英社

このアイテムの詳細を見る


天然コケッコー (6)

集英社

このアイテムの詳細を見る


天然コケッコー (7)

集英社

このアイテムの詳細を見る


天然コケッコー (8)

集英社

このアイテムの詳細を見る


天然コケッコー (9)

集英社

このアイテムの詳細を見る
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (10)   トラックバック (31)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« デッド・ゾーン 第2シーズン... | トップ | ファイナル・デッドコースター »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは♪ (ミチ)
2007-08-30 20:55:51
まあ、ともやさんは原作を読んでおられるんですか?
素晴らしい!
私は未読なんですけど、映画があまりに良かったので原作を大人買いしようかと思っています。
くらもちふさこなら間違いないでしょう!(笑)
こういう甘酸っぱい青春モノには目がありません。
甘酸っぱさ (ともや)
2007-08-30 22:42:17
こんばんは、ミチさん♪
>まあ、ともやさんは原作を読んでおられるんですか?
原作は読んでないんですよ~。
くらもちふさこの絵がすごい好きなんですけど。

>こういう甘酸っぱい青春モノには目がありません。
いや~、ホント青春モノはいいですわねぇ。
甘酸っぱければ甘酸っぱいほど良し!
原作 (kimion20002000)
2008-01-27 18:34:28
TBありがとう。
原作と言うより、長期連載人気コミックですからね、そのエピソードをいくつか咀嚼して、シナリオ化しているんですね。
コミックも奇妙でほんわりとした味わいがありますよ。
うむむ (ともや)
2008-01-28 02:15:36
こんばんは、kimion20002000さん!
原作読んでみたいんですよね。
誰か貸してくれないかしらん?
マンガ喫茶とかに行けばいいのかな?
でもともや、マンガ喫茶に行ったことないからドキドキ。
TB有難うございました (シムウナ)
2008-05-27 23:49:35
TB有難うございました。
現在、公開中の「砂時計」に出演している
夏帆ちゃんを気に入ってしまい、
過去の作品をチェックした結果
天然コケッコーを見ることになりました。
自分の実家が島根県なので、
このほんわかした感じがすごく共感できて
癒されました。
「砂時計」も島根県が舞台です。
「砂時計」の夏帆ちゃん、すごく可愛いですよ。
よかったら、是非見て下さい。
砂時計 (ともや)
2008-05-28 04:50:52
こんばんは、シムウナさん!
そうですよね。
「砂時計」に出てるんですよね。
実はこの「砂時計」、TVドラマ版をちょこちょこ観ていて、結構気に入ってるんです。

>自分の実家が島根県なので…
うわぁ、いいですねぇ。
将来はああいう自然たっぷりのところで生活したいですよん。
楽しいだろうなぁ。
砂時計 (シムウナ)
2008-05-30 05:58:58
コメント有難うございました。
今週は、「砂時計」3回目の観賞に行ってきます。
ドラマ版は漫画に忠実なんでしょうか。
映画版は2時間という枠なので、杏の母親の自殺というトラウマを乗り越えていく心の成長を描いた感じがしました。夏帆ちゃんがほとんど出ています。松下奈緒の出番が少なかった(笑)もう少し大人になった杏の時間を割いて欲しかったのですが。自然はいいですよ~。将来は実家で過ごします。
太陽に向かって走れ~! (ともや)
2008-05-31 07:25:37
こんにちは、シムウナさん!
>今週は、「砂時計」3回目の観賞に行ってきます。
めっちゃリピーターになってますねぇ(笑)。

>ドラマ版は漫画に忠実なんでしょうか。
どうなんですかねぇ。
でも学生時代のエピソードなんかは、きゅんきゅんモードで見てました(笑)。
甘酸っぱ~!
青春だなぁ~!
このドラマ大好きです~!
こんにちは~♪ (由香)
2009-05-28 17:38:02
お邪魔します♪
何とも言えない懐かし~いような雰囲気が良かったですね~
天然ボケのそよちゃんが可愛いかったですぅ~
目当ての岡田君も良かった♪
キスしたくて「握手みたいなもんだって」って説得する必死さ・・・ぷぷ
その時、「だめかのぉ~」と懇願する彼がナイスでした(笑)

ターミネーター4を鑑賞されたんですね~
点数だけ拝見しましたが、、、まぁまぁでしたか?
超~期待しているんだけど、冷静な気持ちで観に行こうっと♪(笑)
必死 (ともや)
2009-05-28 18:23:32
こんばんは、由香さん♪
>キスしたくて「握手みたいなもんだって」って説得する必死さ・・・ぷぷ
男の子はもう必死なんですよ。
それが若さですからね~♪
そよちゃんも神懸かり的に可愛いし、この映画たまらんです~♪

>点数だけ拝見しましたが、、、まぁまぁでしたか?
いやいや、普通に面白かったですよ♪
来週先行ですね~。
楽しんできてくださいね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

31 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
天然コケッコー (スクイズマンの部屋)
舞台挨拶の回に行って来ました。久々の銀座です。今回は特定の誰が目当てって訳でもなくて、実は酔ったところに舞台挨拶のお知らせが飛び込んで、勢いでポチっと。恐るべし、インターネット(笑)。 子供たちはみんな浴衣姿で登場。いや~、夏帆さん可愛かったし、岡田...
天然コケッコー/夏帆、岡田将生 (カノンな日々)
くらもちふさこさんの原作を山下敦弘監督が映画化となれば、当然「リンダ リンダ リンダ」な作品を期待しちゃいますッ。予告編からしてのーんびりして癒されそうな素朴な青春映画の雰囲気♪、先週は洋画ばっかりだったしこのところミニシアター系の邦画に飢えていたのでと...
天然コケッコー (江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽)
 日本  青春&ドラマ&ロマンス  監督:山下敦弘  出演:夏帆      岡田将生      夏川結衣      藤村聖子 【物語】 山と田んぼが広がる木村町。中学2年の右田そよは、小中学生合わせても 全校生徒たった6人という小さな分校に通っていた。...
『天然コケッコー』舞台挨拶@シネスイッチ銀座 (|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο)
夏帆と『花ざかりの君たちへ~イケメン♂パラダイス~』出演中の岡田将生が繰り広げる甘酸っぱい初恋の物語『天然コケッコー』の舞台挨拶レポート。汗が噴き出るくらいの暑さの中、日本で1番地価が高い銀座4丁目から1本入った裏通りにあるシネスイッチ銀座 (写真 港...
天然コケッコー (八ちゃんの日常空間)
TENNEN-KOKEKKO 184[シネ・アミューズ/EAST/SR] 公式サイト 『全校生徒たった6人の田舎の分校に ある日 東京から転校生がやってきた』 日本のど田舎の美しい風景と時間 今年の夏の邦画では、ひそかに一番期待して待っていたのがコレなのです。シネスイッチ銀座...
真・映画日記『天然コケッコー』 (          )
7月30日(月)◆517日目◆ 午後6時半過ぎに終業。 さて、何を見るか? この時間から映画館で見られるのは限られている。 『オープン・ウォーター2』も『レミーのおいしいレストラン』もこの時間からでは無理。 ということで山下敦弘が監督しといる『天然コケッコ...
天然コケッコー (シャーロットの涙)
「行って帰ります!」
天然コケッコー~「観迎」 (佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン)
小中学合わせて児童生徒6人の過疎の学校に東京から転校生がやって来た。「歓迎」のために黒板に大書されていたのは「観迎」。芸が細かいなあ、きっと先生が出て来て間違いを直すんだろな、と期待したが先生も気付かずじまい。なんか天然ボケかあ。
「天然コケッコー」  移り変わることを大切に感じたい (はらやんの映画徒然草)
ほんわりして、いい気分になれる映画でした。 先週、仕事で訪れた方のところで麦茶を
「天然コケッコー」映画館レビュー この映画のこの時間 (長江将史~てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ)
文面で何度も言っているような気がするが、山下敦弘監督は関西で映画つくってる若者にとってはやはり特別な存在だ。
天然コケッコー (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『もうすぐ消えてなくなるかもしれんと思やあ、 ささいなことが急に輝いて見えてきてしまう』  コチラの「天然コケッコー」は、7/28公開のくらもちふさこさんの同名コミックの映画化で、とてもキラキラとした瑞々しい青春の1ページをゆったりとした風景と一緒に切...
天然コケッコー (Good job M)
公開日 2007/7/28、8/11(福岡県)監督:山下敦弘 「リンダリンダリンダ」出演:夏帆/岡田将生/柳英里沙/藤村聖子/夏川結衣/佐藤浩市 他【あらすじ】小中学校合わせても、たった6人の生徒しかいない田舎の分校に、東京から転校生の大沢がやってきた。そよにとっては初....
天然コケッコー (お萌えば遠くに来たもんだ!)
観てきました。 <新宿武蔵野館> 監督:山下敦弘 原作:くらもちふさこ 『天然コケッコー』(集英社『コーラス』連載) 脚本:渡辺あや くらもちふさこの同名コミックの実写映像化作品。 小中あわせて6人しか生徒のいない分校に通う右田そよは中学二年。ある日、同...
天然コケッコー (映画を観たよ)
清々しい気分♪
【2007-116】天然コケッコー (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? 全校生徒たった6人の分校 ど田舎の学校に 東京から転校生がやってきた もうすぐ消えてなくなるかもしれんと思やあ、ささいなことが急に輝いて見えてきてしまう ゆったりと時が流れる
『天然コケッコー』 (アンディの日記シネマ版)
<注意> gooブログなど本館からTBできないブログにはこちらから送っています。 TB&コメントはお手数ですが本館の記事にお願いします{/hiyo_please/} → 『天然コケッコー』 (本館) 【監督】山下敦弘 【脚本】渡辺あや 【原作】くらもちふさこ 『天然コケッコー』(...
『天然コケッコー』 (ラムの大通り)
----あれっ。この映画、 絶対にえいが好きそうだと思ったのに、 どうしたの? 「いやあ。もう聞いてよ。 今日はとても楽しみにして映画館に行ったのに、 始まって10分ぐらい経った頃、 そう、そよが早知子(宮澤砂耶)の下着を洗っているあたりから、 少し年配の女性集団...
天然コケッコー ~夏帆かわいい!!~ (ドラマ!テレビ!言いたい放題)
くらもちふさこ原作の「天然コケッコー」を見た。 主演は「天然コケッコー」で単独発主演となる夏帆。 夏帆の演技は「ケータイ刑事 銭形零」 で愕然としたことがあり かわいいものの、演技という点では全く期待していなかった。 夏帆は、1991年6月30日生まれの16歳。 『...
映画 【天然コケッコー】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「天然コケッコー」 くらもちふさこ原作の同名人気少女漫画を『リンダ リンダ リンダ』の山下敦弘監督が映画化。脚本は『メゾン・ド・ヒミコ』の渡辺あや。 おはなし:島根県浜田の山あい。小中学校合わせてもたった6人しかいない分校に、東京から転校生・大...
天然コケッコー (future world)
もう何年もの間、コミックとは縁がないのでこの原作は読んでないのだけど、 「くらもちふさこ作」・・・懐かしい名前だ。 中学・高校くらいかな、彼女の作品は‘別マ(別冊マーガレット)’でかなり読んだ記憶がある。 読み切りが殆んどだったので一つ一つの作品は憶...
天然コケッコー 2007-47 (観たよ~ん~)
「天然コケッコー」を観てきました~♪ 島根県の田舎町、小中学生合わせて6人の学校の最年長そよ(夏帆)の前に、東京から生まれて初めての同級生広海(岡田将生)が転校してくる。広海に、淡い恋心を描くそよ・・・ 人気Blogランキング      ↑ 押せ...
mini review 07089「天然コケッコー」★★★★★★★☆☆☆ (サーカスな日々)
くらもちふさこ原作の同名人気少女漫画を、『リンダ リンダ リンダ』『松か根乱射事件』の俊英山下敦弘が映画化。脚本は『ジョゼと虎と魚たち』の渡辺あやが担当し、甘酸っぱい初恋や、友人や家族との何気ない日常を、のびやかに描き出す。みずみずしい魅力を発揮するヒロ...
天然コケッコー (C'est Joli)
天然コケッコー’07:日本 ◆監督:山下敦弘「リンダ リンダ リンダ」「松ヶ根乱射事件」◆出演:夏帆、 岡田将生、 夏川結衣、 佐藤浩市、 柳英里沙 ◆STORY◆山間の分校。小学校と中学校は同じ校舎の中にあり、全校生徒はたったの6人!右田そ...
「天然コケッコー」切ないぜ (ももたろうサブライ)
【初回仕様!】天然コケッコー特別版(DVD)◆20%OFF!監督 山下敦弘DVDで鑑賞少しあらすじ 小中学校合わせても、たった6人の生徒しかいない田舎の分校に、東京から転校生の大沢(岡田将生)がやってきた。そよ(夏帆)は、都会の雰囲気漂う大沢に心ときめくが大沢の冷たい...
『天然コケッコー』'07・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ山間の分校。小学校と中学校は同じ校舎の中にあり全校生徒はたったの6人!右田そよは唯一の中学二年生。初夏のある日、東京から転校生・大沢広海がやってきた。期待に胸を膨らませるそよだったが・・・。感想コンビニねぇ!美容院ねぇ!全校生徒は、小中合わせて...
天然コケッコー [監督:山下敦弘] (自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ)
個人的評価:■■■■■□ (最高:■■■■■■、最低:■□□□□□) 遅まきながら、やっと観ました。劇場で。 昨年の多くの映画賞で第二位に選ばれた、「2007年度・2番目の作品」 朝日ベストテン映画祭 1位 キネマ旬報ベストテン2位 キネマ旬報読者ベストテン2位 ヨコハ...
No.96 天然コケッコ- (気ままな映画生活)
全校生徒6人の分校、ひぐらしの鳴き声、海の美しさなど ノスタルジックな気持ちになってしまった。 田舎は時間がゆっくりと流れて、時計なんて必要なし。 この空気感などは、見終わった後、癒しの時間を 過ごしたような錯覚に陥った。 この風景を想像しながら、余韻...
「天然コケッコー」 (まっちゃん(ひきばっち)の映画がいっぱい!!)
全校生徒あわせて6人のド田舎学校に、東京の香りを乗せて、チョイイケメンの 大沢広海が転校してきた!! 原作はくらもちふさこさんの少女まんがということであります。 舞台は島根県の浜田のさらに田舎の方だと考えられます・・一応木村町となっております・・。 主...
天然コケッコー (★YUKAの気ままな有閑日記★)
レンタルで鑑賞―【story】小中学校合わせても、たった6人の生徒しかいない田舎の分校に、東京から転校生の大沢(岡田将生)がやってきた。そよ(夏帆)は、都会の雰囲気漂う大沢に心ときめくが、彼の冷たく乱暴な言動に戸惑いを覚える。しかし、海水浴でのあるできごとを...
映画「天然コケッコー」 (おそらく見聞録)
監督:山下敦弘(2年近く、撮ってませんね) 出演:夏帆 岡田将生 佐藤浩市 夏川結衣 大内まり 柳英里沙 藤村聖子 森下翔梧  出演:本間るい 宮澤砂耶(すんばらしい!)斉藤暁 廣末哲万(◎)黒田大輔  小さな村に住む中学生の女の子と、東京から転...
天然コケッコー (単館系)
渋谷、シネアミューズで鑑賞。ド田舎のなんでもない日常を女子中学生の視点から描かれている「だけ」の作品・・・しかし、それがまた新鮮...