ともやの映画大好きっ!

鑑賞した映画の感想やサウンドトラックなどの紹介、懸賞や日々の戯れ言などをのほほんと綴っていこうと思っています。

猿の惑星:創世記(ジェネシス)

2011年10月13日 | 映画(さ行)
(原題:RISE OF THE PLANET OF THE APES)
【2011年・アメリカ】試写&劇場で鑑賞(★★★★★)


1968年に公開された『猿の惑星』の前日譚を改めて描き直し。
一匹の猿の驚異的な進化から始まり、地球の支配者が人間から猿へと取り代わっていく様を描くSFアクション。

現代のサンフランシスコ。ジェンシス製薬会社に務める神経科学者のウィル・ロッドマン(ジェームズ・フランコ)。ウィルはアルツハイマー病の新薬を研究しており、実験用に新薬=ALZ112を投与していた一匹のチンパンジー:9号が驚くべき高い知能を示す。しかし、この成果を発表する場で9号が暴れ出し、警備員に射殺されてしまう。後に9号が暴れたのは赤ちゃんを産んでおり、その赤ちゃんを守る為だったことが判明する。所長のジェイコブ(デヴィッド・オイェロウォ)からプロジェクトの中止を言い渡されたウィルは、この赤ちゃんを引き取り、シーザーと名付けることに。
それから3年後。シーザーは成長し、母親から受け継いだ特殊な遺伝子のお陰で高い知能を有するようになっていた。自分が作った新薬が脳を活性化させることを確信したウィルは、アルツハイマー病を患う父親チャールズ(ジョン・リスゴー)に研究所から持ち出したALZ-112を投与する。すると翌朝にはチャールズは軽やかなピアノを弾いてみせ、病気は瞬く間に回復をみせる。そんなある日、シーザーが家の外に出てしまい、隣人に怪我を負わされてしまう。治療のため訪れた動物園で、ウィルは獣医のキャロライン(フリーダ・ピント)と出会うことになる。
それから5年後。ウィルとキャロラインは付き合い始め、幸せな日々が続いていた。しかし、チャールズの身体に潜伏するアルツハイマー病に抗体ができ、ALZ-112が効かなくなってしまう。ウィルは父親への臨床結果をジェイコブに告白し、更に強力な新薬ALZ-113の開発に着手する。そんな最中、完全に元に戻ってしまったチャールズが隣人ともめ事を起こし、彼を助けようとシーザーが隣人を傷つけてしまう。そして危険と見なされたシーザーは霊長類保護施設に入れられてしまう…。




1968年公開『猿の惑星』(原題:PLANET OF THE APES):地球を飛び立った宇宙船が不時着した先が、猿が支配する星だった。
1970年公開『続・猿の惑星』(原題:BENEATH THE PLANET OF THE APES):地下へと追いやられていたミュータント(人類)と猿の戦いを描く。
1971年公開『新・猿の惑星』(原題:ESCAPE FROM THE PLANET OF THE APES):過去の地球にタイムスリップした猿のジーラとコーネリアスを描く。
1972年公開『猿の惑星・征服』(原題:CONQUEST OF THE PLANET OF THE APES):ジーラとコーネリアスの息子シーザーが人類に反旗を翻す様を描く。
1973年公開『最後の猿の惑星』(原題:BATTLE FOR THE PLANET OF THE APES):猿と人間の大きな戦争が終わり、両者はほとんど全滅に近い状態に。生き残ったシーザーはそこから猿の社会を築いていく。

無限にループする作品世界を作り上げた『猿の惑星』5部作。
小さい頃にTVでの鑑賞でしたが、この5部作は何回も観ました(ひょっとしたら最後の5作目は1回しか観てないかも?)。
3作目のラストでジーラとコーネリアスの間に赤ちゃんが生まれていた場面は、今でもゾクゾクします。

ちなみに1974年に作られたTVシリーズ(全14話)は観たことないです。
そして2001年にリメイクされた『PLANET OF THE APES/猿の惑星』(原題:PLANET OF THE APES)はあまり好きではないです。
好きではないというか…ティム・バートンが撮ったにしてはあまりにも普通過ぎて…、監督はティム・バートンじゃなくても良かったじゃん! …と、評価はかなり低いです。



…ということで、試写で1回、劇場で1回、計2回鑑賞しました♪
2回目でも面白い♪
映画ってこうでなくっちゃね~♪
実は1回目の試写を観た後にプレスを見たら、ルパート・ワイアット監督の談としてこんなことが書かれていた。
「この映画を観るときには、ジェンシスの研究所のカフェの名前に注意を払わなければならない。それに劇中のテレビのニュースは、僕らの物語の背景となるようなこと(宇宙船の打ち上げ)を伝えているんだ」
えっ? そうなの?
もちろん1回目の試写ではそんな部分に気がつかなかったので、2回目は注意して鑑賞。
…あれ?
カフェってたぶんジェンシス社1階エントランスのアレだよね?
カフェの名前なんてどこにも表示されてない~!
そしてテレビのニュース。
確かに宇宙船打ち上げのニュースは劇中に出てきたが、そこで流れた宇宙飛行士の名前はトッド。
…あれ?
ジョージ・テイラーじゃない?
ってことは1作目の宇宙船って訳でもないんだ。
あれれれれれれれれ~、これって裏設定?
チャールズを助ける前に、シーザーが自由の女神のパズル(模型?)を作っていたのにはニヤリとしたけど、オマージュはそれくらい?

出演は『127時間』(2010年)のジェームズ・フランコと『スリムドッグ$ミリオネア』(2008年)のフリーダ・ピント。
2人はダニー・ボイル監督作品で繋がっているのね。
面白し面白し♪



もうとにかく後半はお猿さんに感情移入しまくり♪
赤ちゃんの頃からシーザーの成長を見てるからね~。
このシーザーを演じるのが、『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズのゴラムや、2005年公開の『キング・コング』でパフォーマンス・キャプチャーの先駆者となったアンディ・サーキス。
あの複雑な表情は、フルCGじゃ作れないだろうし、実際の猿に演技させることもできないからね~。
ちなみにアンディ・サーキスはパフォーマンス・キャプチャーだけではなく、普通の人間の役もやってますww。



2006年公開『プレステージ』のアリー役。



2006年公開『アレックス・ライダー』のMr.グリン役などなど。
12月に公開の『タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密』にもアンディ・サーキスは出演している模様。
果たして人間か? それ以外か?wwww

おっと、話が脱線したけど、ここでの猿たちが本当にいいんだ。
オランウータンとゴリラが2匹してパトカーに向かっていく場面とか、シーザーを庇って銃に撃たれ、ヘリコプターに向かっていくゴリラとか。
『猿の惑星』シリーズではゴリラって悪者扱いなんで、ゴリラの格好良さにきゅるんきゅるん♪



シーザーが収監された霊長類保護施設で、陰湿な飼育員ドッジを演じるのは、『ハリー・ポッター』シリーズのドラゴ・マルフォイを演じていたトム・フェルトン。
もうこういう嫌な役柄がピッタリなんだから♪
しかも電気を発する魔法の棒を持っていたのは、何かの皮肉?ww

追伸。
実はエンドロールが始まった時に、『え~終わってないじゃん! 猿が知恵を付けただけで、人類を制圧できるとは限らないし…』と納得のいかない思いをモンモンとしていたら、エンドロールの途中で新たなエピソードが。
途中に出てきた新薬ALZ-113の後日譚が始まり…片膝だけでなく両膝をポンとしちゃうくらいの納得感♪
繋がった繋がった!
凄い凄い!
航空路線を使って、ALZ-113が全世界に広まっていく様を描かれて…。
ごちそうさまです♪
もう続編はいらないです。
ここで伝説が作られたからね。
うん、満足♪

監督はルパート・ワイアット。

全米興行成績(2011年8月公開):初登場1位→1位→2位→3位→5位→6位→9位→ランク外
全米興行収入:1億7448万ドル(2011/10/2現在)
日本興行成績(2011年10月公開):初登場1位→1位→1位→4位→5位→ランク外

2011年10月7日公開
公式HP:猿の惑星:創世記(ジェネシス)


Rise of the Planet of the Apes(『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』輸入盤サントラ)

Varese Sarabande

このアイテムの詳細を見る


■オリジナル作品はこちら

猿の惑星 コンプリート・ブルーレイBOX (初回生産限定) [Blu-ray]

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

このアイテムの詳細を見る


Planet Of The Apes/Escape From The Planet Of The Apes(『猿の惑星』『新・猿の惑星』輸入盤サントラ)

Varese Sarabande

このアイテムの詳細を見る


Beneath the Planet of the Apes(『続・猿の惑星』輸入盤サントラ)

Film Score Monthly

このアイテムの詳細を見る


Battle for the Planet of the Apes(『猿の惑星・征服』『最後の猿の惑星』『猿の惑星(TV)』輸入盤サントラ)

Film Score Monthly

このアイテムの詳細を見る


■ティム・バートン監督のリ・イマジネーション版『猿の惑星』はこちら

PLANET OF THE APES/猿の惑星 [Blu-ray]

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

このアイテムの詳細を見る


The Planet of the Apes(『PLANET OF THE APES/猿の惑星』輸入盤サントラ)

Sony Classical

このアイテムの詳細を見る


Planet of the Apes(『PLANET OF THE APES/猿の惑星』輸入盤サントラ)

Sony

このアイテムの詳細を見る


■1974年に日本で作られたリメイク? 模倣? オマージュ? なTVドラマはこちら

SFドラマ 猿の軍団 デジタルリマスター版 DVD-BOX

アートポート

このアイテムの詳細を見る


猿の軍団 ミュージックファイル [Soundtrack]

ウルトラ・ヴァイヴ

このアイテムの詳細を見る
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (24)   トラックバック (44)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 10月12日(水)のつぶやき | トップ | 三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィ... »
最近の画像もっと見る

24 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (mig)
2011-10-13 09:17:14
おはよ☆
そうそう二人ともダニーボイル繋がりなんだよね♪
キャストもいいけど何しろアンディサーキスの役割が凄い。

楽しみにしてた映画だったけど期待以上で今年の上位決定だな~♪
「コリン」もまた観直したいんだけど、、、
そういえばコリンといえばコリンのヴァンパイアものが公開決まって楽しみだけど来年1月だってぇ。。。遅い!
しかも3Dヤメテ
Unknown (KLY)
2011-10-13 11:11:48
あー私も今週末辺りもう一回行こうかなぁ。カフェのシーンとか気になるし。
アンディー・サーキスみたいな役者さんは何ていうんだろうね、性格俳優でもないし。キャプチャー俳優?(笑)
ところでずーっと思ってたんだけど、ラティカの隣のウィルと向かい合う写真あるじゃないですか。あれがね「反省!」「おまえもな!」に見えて仕方がないのですww
時系列で観るでよ (q  繋がった また歴史に残る作品)
2011-10-13 11:25:11
にょほほほほほほ
好きなシリーズがまた出来栄えが素晴し♪とってもウハウハウキウキで観たよ
:*.;".*・;・^;・:\(*^▽^*)/:・;^・;・*.";.*: ワーイ♪
繋がっちゃった~繋がっちゃった~
先日第1作目の「猿の惑星」を観たらハウハがウキキキキキ(ノ*^ー^)ノ☆才≡⊃゛├♪
私さぁ。アンディ・サーキスが結構好きで→マーク・ラファロが何気に地味~だった 「13ラブ30」って作品での彼とか「キングコング」がツボ入りまくったのよね

業務連絡
勿論!「デュカリオン」観てるよぉ
「フランケン・・・」おすすめだよん
気が付かなかった・・・ (ノルウェーまだ~む)
2011-10-13 13:33:45
ともやさん、こんにちは☆
私もカフェの名前もテレビのニュースすら実は気が付かなかったという・・・
皆さんのレビューで知りました(汗)
ともやさんは続編いらないの?
ま、ここで終わりにするのも案外伝説でいいのかも!
こんにちは♪ (yukarin)
2011-10-13 16:59:43
面白かったですね。
私もお猿さんたちに感情移入しちゃいました!
やはりアンディ・サーキスさんあってこそですね。

先日1作目がテレビで放送されてて観たらシリーズ全作みたくなりましたわ~。
なるほどー! (latifa)
2011-10-13 20:44:38
ともやさん、こんにちは!
過去のシリーズものの概要、とっても参考になりました。これから順を追ってみてみようかな!
そういう気持ちになるくらい、この作品面白かったです。

いつもともやさんちは、見た事が無いポスターが一杯貼られていて、おおっ、こっちのポスターの方が良いな、こんなカッコイイ写真のがあったんだ!?って楽しませてもらってます。
海外版のシーザーだけのヤツが私は気に入ったなー。
こんにちは (たいむ)
2011-10-13 20:55:07
そうそう、猿が進化しただけでは人間が滅びる理由として弱いんですよね。
実験中の事故はありがちだけど、まさか短気な隣人さんがパイロットだなんてね。
とにかくお見事な前日譚でした。

それにしても、こんなに作られていたんですね~。最初の以外はあんまり覚えていないなぁ(^^;
こんばんは☆彡 (ひろちゃん)
2011-10-13 21:25:56
猿の惑星のポスター、こんなにあるんですね(*_*;そして、ともやさんが、こんなに、猿の惑星シーリーズを観ていて、ビックリです。
1は、ともやさんもTVでご覧になったんですね^^私も~♪

今までのシリーズって、猿が悪者扱いだったんですね。この作品は、猿の味方をしたくなるような作品になっていますよね。
ゴリラ君のシーンに涙してしまいました(T^T)

ともやさんが、言われるように、これで終わりって言うのも、案外いいかもと私も思いました♪

あっ!ともやさん、★5つだ~~!
コリン? (ともや)
2011-10-13 21:51:03
こんばんは、migさん♪
アンディ・サーキスあっての『猿の惑星』だよね~。

>そういえばコリンといえばコリンのヴァンパイアものが公開決まって楽しみだけど来年1月だってぇ。。。遅い!
えっ、コリンの監督が撮るヴァンパイアモノ?
それともコリン・ファレルのヴァンパイアモノ?
www。
でも3Dって時点で、興味なくすよね~。
多才 (ともや)
2011-10-13 21:55:50
こんばんは、KLYさん♪
カフェのシーンとか、絶対分からないですよ!
テレビニュースのシーンもそうだし!

アンディー・サーキスは今度監督もやるみたいで、多才なんでしょうね~。

>「反省!」「おまえもな!」に見えて仕方がないのですww
笑。
伝説 (ともや)
2011-10-13 21:59:39
こんばんは、qちゃん♪
いいね~、いいね~、あの繋がり方♪
ある程度想像の余地を残してくれてる部分があるのがまたいい♪
歴史に残りまっす!

>「フランケン・・・」おすすめだよん
面白いよね~。
これも映画化されるみたいなんで、楽しみ。
でもクーンツの映像化作品は、とほほなのが多いんで、心配でもある!www
いやいやいやいや (ともや)
2011-10-13 22:03:47
こんばんは、ノルウェーまだ~む♪
>カフェの名前もテレビのニュースすら実は気が付かなかったという・・・
いやいやいやいやいや、これはじっくり注意して観ていてもわからないww。

>ともやさんは続編いらないの?
何か1作目てやめておけば良かったのに、続編でとほほって多いじゃん。
『マトリックス』とか(笑)。
最初から何部作って決められているならまだしも、ヒットしたから続編って考え方は好きじゃないのだなぁ。
1作目 (ともや)
2011-10-13 22:06:03
こんばんは、yukarinさん♪
いや~、あれだけ幼い頃からシーザーちゃんを見ちゃうと、感情移入もしちゃいますよね。

>先日1作目がテレビで放送されてて観たらシリーズ全作みたくなりましたわ~。
そうそう、昼間にやってたんだってね~。
見たかったなぁ。
午後のロードショー (ともや)
2011-10-13 22:14:13
こんばんは、latifaさん♪
シリーズ一気はテレ東の「午後のロードショー」でやってくれそうな感じだったけど、1作目しか放映してくれなかったみたいですね。
残念。

>いつもともやさんちは、見た事が無いポスターが一杯貼られていて
これが唯一の楽しみかもしれない…ww。
日本では1種類しかないポスターでも、海外ではたくさん作られていたり…とか。
海外のいろんなサイトでいろんなポスター見てると、めっちゃ幸せです~♪
お隣さん (ともや)
2011-10-13 22:29:20
こんばんは、たいむさん♪
ホントお見事な脚本でした。
お隣さんは可愛そうな役回りでしたけどね~。

>最初の以外はあんまり覚えていないなぁ(^^;
ともやも観たのは2~30年前なので、2作目と5作目はほとんど覚えてないかも~ww
オリジナル (ともや)
2011-10-13 22:34:12
こんばんは、ひろちゃん♪
あの頃はしょっちゅうテレビで放送してましたからね。
でも順番はほんとバラバラで観てたんで、内容はゴチャゴチャですww。

>ともやさんが、言われるように、これで終わりって言うのも、案外いいかもと私も思いました♪
監督と脚本家が変わらなければ、続編も観てみたいかも…ですけどねww。

>あっ!ともやさん、★5つだ~~!
てへっ。
たぶん3回目、近いうちに観に行きます♪
あっ (ふじき78)
2011-10-13 23:00:31
そうだそうだ。

主役クラスが猿の映画でリック・ベイカーの名前を聞かないのは久しぶりな気がする。
こんばんは (dai)
2011-10-14 01:01:40
これは面白かったです。
勿論この作品をオリジナルへつなげられると考えてもよし、続編があると考えてもいいように作られていて非常に良く出来ていたとおもいました。
特殊メイク (ともや)
2011-10-14 10:32:49
こんにちは、ふじき78さん♪
もう特殊メイクの時代じゃないのかもね~。
ああいうアナログの技術も大切なんだけどね。
寂しす寂しす。
別の流れに (ともや)
2011-10-14 11:06:23
こんにちは、daiさん♪
別の流れに持っていって、オリジナルの「猿の惑星」を構築していくのも面白いですね。1750
Unknown (えふ)
2011-10-15 16:32:54
2回目の鑑賞でさらにシーザーに感情移入しましたね。
お猿さんの目線で見ちゃいました(笑
何気に隣人さんが気になっていたんだけど、
えらいことやってくれましたよね(苦笑
猿LOVE (ともや)
2011-10-16 04:49:55
こんばんは、えふさん♪
これは観れば観る程、「猿LOVE」になっちゃいますよね~♪
近いうちに3回目も観て、もっと「猿LOVE」になってきまっす!!

>何気に隣人さんが気になっていたんだけど、えらいことやってくれましたよね(苦笑
まぁ、どっちかというと、お隣さんはいいとばっちりを食っただけで、本当に悪いのはウィルなんだけどね…(笑)
お久しぶりです (zukka)
2011-10-19 17:29:07
こんにちは^^
トラックバックありがとう。
映画以外の道にハマっていて、すっかりご無沙汰しています(汗)それでも、観たい作品は観ているみたいな生活ですが・・
この映画、良かったですよね~
話題になっているTVの画面はチェック済み、
おおーなるほど~と思ってみていました。

私は続編希望(笑)
アウトブレクやバイオハザードの展開を想像しつつ、お猿さんの世界へ・・・かしら。
シーザーの賢さとリーダーシップにやられました。
オリジナルの展開 (ともや)
2011-10-22 18:48:38
こんばんは、zukkaさん♪
お久しぶりでございます~♪
>私は続編希望(笑)
この監督と脚本家のコンビで、なおかつオリジナルの展開を見せてくれるのなら、続編もアリですね~。
オリジナルを越える衝撃を体験したいです♪

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

44 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
猿の惑星:創世記(ジェネシス) (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
現代の最新医療の成果をふまえた設定が現実的で、無駄なシーンが全くない濃密な内容の傑作が誕生した。進化の過程で猿が人間より優れた結果を生んだのは偶然だと思っていたが、このように科学的裏づけで脚本が書かれて登場する人間だけでなく猿も感情豊かに描かれている。...
猿の惑星:創世記(ジェネシス) (あーうぃ だにぇっと)
猿の惑星:創世記(ジェネシス)@ディファ有明。 9月24日イベント付き上映。 女子サッカーなでしこジャパンのキャプテン・澤穂希、タレントの石原良純が登壇。 イベントの模様はこちら。シネマトゥデイで早くもアップされていた。
劇場鑑賞「猿の惑星:創世記」 (日々“是”精進! ver.A)
猿たちの、革命・・・ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201110070003/ パトリック・ドイル/オリジナル・サウンドトラック 『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』 posted with amazlet at 11.10.06 (...
映画『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』  (よくばりアンテナ)
面白かった~~~~!!! ほんっと良くできてるし、前のめりな姿勢で見ちゃいましたよ! あの名作『猿の惑星('68)』のシリーズなのね、と事前にたいして予習もせず、 観てきたのですが、 あの名...
タイトルデザイン_28・『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
※注・内容、台詞に触れています。人間が高度な猿に支配される世界観を描いた「猿の惑星」(1968年)の起源に迫るSFドラマ。なぜ人類文明は崩壊し、猿が地球の支配者になったのかという謎を解き明かす『猿の惑
猿の惑星:創世記(ジェネシス) (LOVE Cinemas 調布)
1968年に公開されたチャールトン・ヘストン主演の『猿の惑星』。その前日譚となるのが本作だ。出演は『127時間』のジェームズ・フランコ、『スラムドッグ$ミリオネア』のフリーダ・ピント、そして事実上の主人公猿のシーザーを「LOTR」のゴラムなどパフォーマンス...
猿の惑星 創世記(ジェネシス) / RISE OF THE PLANET OF THE APES (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 今月いちばん楽しみにしてた作品。期待以上に面白かった~ 人間が猿に支配されるという斬新な発想と前代未聞の世界観、当時はそりゃあびっくりオチのラスト・シーンが有名な1968年の名作『猿の惑星』。 本....
「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」感想 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
4つ☆半。5つ☆あげても良いくらい私は楽しめました。
猿の惑星:創世記(ジェネシス) (Akira's VOICE)
猿にエール!!!  
分かっていなかったのは人間だけ。『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』 (水曜日のシネマ日記)
高度な知能を持つ猿とそれを取り巻く人間の物語です。
猿の惑星 ~創世記ジェネシス~ (本と映画、ときどき日常)
監督 ルパート・ワイアット 出演 ジェームス・フランコ     アンディ・サーキス     フリーダ・ピントー あの衝撃から40数年。 俺が観たのは30年ほど前だけど、あのラストにはホント衝撃受けました。 何故、地球は猿の惑星と化したのか! あの感動を....
「猿の惑星:ジェネシス」完璧☆猿目線 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
もはや今年のベスト入り決定!
猿の惑星:創世記(ジェネシス) (佐藤秀の徒然幻視録)
始めに“No”ありき 公式サイト。原題:RISE OF THE PLANET OF THE APES。ルパート・ワイアット監督、ジェームズ・フランコ、フリーダ・ピントー、アンディ・サーキス、ジョン・リスゴー、ト ...
猿の惑星:創世記(ジェネシス) (新・映画鑑賞★日記・・・)
【RISE OF THE PLANET OF THE APES】 2011/10/07公開 アメリカ 106分監督:ルパート・ワイアット出演:ジェームズ・フランコ、フリーダ・ピント、ジョン・リスゴー、ブライアン・コックス、トム・フェルトン、アンディ・サーキス これは 人類への 警鐘 あの『猿の惑星...
猿の惑星:創世記(ジェネシス) (風に吹かれて)
エモーション・キャプチャーの猿 公式サイト http://movies2.foxjapan.com/saruwakuサンフランシスコの製薬会社の研究所に務める、若き神経科学者のウィル(ジェームズ・フラ
猿の惑星:創世記(ジェネシス) (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(10) 新薬開発が絡んでくる映画に外れなし!
「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」みた。 (たいむのひとりごと)
あの『猿の惑星』の起源が描かれている映画。『猿の惑星』オリジナルが公開された時はまだ生まれていなかったりするのだけれど、後に、”自由の女神”の意味(”猿の惑星”の正体)が何だったのかが理解できるように
『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』 (ラムの大通り)
(原題:Rise of The Planet of the Apes) ----これ観たの昨日だよね。 スゴく興奮して帰ってきてたけど、 でもリメイクでしょ? 何年か前にもティム・バートンが監督したんじゃなかったっけ。 確かリ・イマジネーションとか言って…。 「いやあ。 こう言ってはバート...
人間は万物の霊長か?~『猿の惑星:創世記/ジェネシス』 (真紅のthinkingdays)
 RISE OF THE PLANET OF THE APES  アメリカ・サンフランシスコ。製薬会社の研究員ウィル(ジェームズ・フランコ) は、アルツハイマーの特効薬を開発していた。その薬を投与されたチンパンジ...
★猿の惑星:創世記(ジェネシス)(2011)★ (Cinema Collection 2)
クリック、クリック~ RISE OF THE PLANET OF THE APES これは 人類への 警鐘 上映時間 106分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(FOX) 初公開年月 2011/10/07 ジャンル SF/アクション/サスペンス 映倫 G  【解説】  ピエール・ブール原作のSF映....
[映画『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆これ、オリジナルのように語られているけど、「猿の惑星・征服」のリメイクですな^^  主人公の名前も同じだし。  で、話も今となっては定番だが、最新の技術で見せられると、  序盤の、物語的に起伏のない、知能が芽生えた類人猿・シーザーの、ロッドマン博士宅...
『猿の惑星 創世記』を109シネマズ木場1で観てウホウホ歓喜ふじき☆☆☆☆ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【☆☆☆☆凄く大衆娯楽してよいと思う】 猿よし 以上、としたい所だが、それも何だか申し訳ないので、 雑然と頭に浮かぶことを適当に羅列してみる。 ・人間の ...
猿の惑星:創世記(ジェネシス) (だらだら無気力ブログ!)
お隣さんは何も悪くないのに・・・。お隣さんがかわいそう過ぎる。
猿の惑星:創世記(ジェネシス) (Memoirs_of_dai)
猿の惑星 エピソード・ゼロ 【Story】 製薬会社に勤める科学者のウィル(ジェームズ・フランコ)は、ある日実験用の猿が驚くべき知能を見せたことに気付く…。 評価 ★★★★☆(4.3P) 【感想】 自...
猿の惑星:創世記(ジェネシス) (ダイターンクラッシュ!!)
2011年10月7日(金) 20:30~ TOHOシネマズ日劇1 料金:0円(フリーパス) パンフレット:600円(買っていない) 『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』公式サイト TOHOシネマズのフリーパスポート鑑賞。19本目。 かの有名な「猿の惑星」の前日譚。いわば猿の革命の...
映画「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」観に行ってきました。 往年のSF映画「猿の惑星」の全く新しいシリーズとして位置付けられる、「猿の惑星」誕生のエピソードを扱った作品。 今作の監督を務めたルパート・ワイアットによれば、「他の映画との関連はなく、オリジ...
猿の惑星:創世記(ジェネシス)(2011)☆★RISE OF THE PLANET OF THE APES字幕スーパー版 (銅版画制作の日々)
 これは人類への警鐘! 評価:→90点 MOVX京都にて初日に鑑賞しました。本作は今までのシリーズのリメイクではなく、新作であり、オリジナルストーリーです。 見ごたえありました。お猿さんたちの表情や動きもなかなかのもので、ぎこちなさも無く、素晴らし...
「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」 (みんなシネマいいのに!)
 「猿の惑星」はその話の面白さ、特に最後のオチ、さらには猿のメイクのリアルさで話
猿の惑星:創世記(ジェネシス) なんかまじでリアル・・・ (労組書記長社労士のブログ)
【=52 -9-】 子どもん頃に見た「猿の惑星」は実はたいへんなトラウマになっている。 子供心に本当に衝撃を受けた、動物園で見るお猿さんに対する感情が「畏怖」になった、あのときから。 そんな衝撃の映画の、ビギニング編、予告編を初めて見たときから、ビビリながらも...
猿の惑星:創世記(ジェネシス) (気ままに綴りたい。)
これは人類への警鐘          (チラシより) 面白かった~です! かなりいいと思う。 主役と言える猿のシーザーは『アバター』と同じように 人間の俳優の動きを取り込む最先端技術エモーシ...
猿の惑星:創世記(ジェネシス)2011-081 (単館系)
Twitterで多くの方がツイートしているなかでサイトにある 予告は見ないで観に行ったほうがいいという話だったので サイトは開かず録画してある猿の惑星を軽くチェック後劇場へ。 なんでもパート1のあの世...
『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」□監督 ルパート・ワイアット□脚本 リック・ジャッファ、アマンダ・シルバー □キャスト ジェームズ・フランコ、フリーダ・ピント、ジョン・リスゴー、ブライアン・コックス、       トム・...
「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」 豊かなるシーザーの表情 (はらやんの映画徒然草)
オリジナルの「猿の惑星」はあまりにも有名なので解説する必要はないでしょうね。 あ
猿の惑星:創世記(ジェネシス) (食はすべての源なり。)
猿の惑星:創世記(ジェネシス) ★★★★☆(★4つ) 人間が高度な知能を持つ猿に支配される前代未聞の世界観と、衝撃的なラストシーンで話題となった『猿の惑星』の前日譚(たん)をひもとく話題作。 前評判通り面白かったですよ~。 チンパンジーの表情が豊かで...
猿の惑星:創世記☆独り言 (黒猫のうたた寝)
アルツハイマー型認知症の治療薬の発見が人間の未来を変えることになる。画期的な発見のはずだった。患者に投与すれば、認知症が改善され昔の健康な頃に戻ることができる。すべてがうまくいくはずだったのに・・・これは人間の奢りに対する天罰なのだろうか。。。身体の中...
猿の惑星:創世記(ジェネシス) / RISE OF THE PLANET OF THE APES (勝手に映画評)
これまで何度か映画化やTVドラマ化が成された『猿の惑星』シリーズ。なぜ猿が人類を駆逐して地球に君臨したのか?と言う、事の始まりを描いた作品。これまでの『猿の惑星』シリーズでも事の始まりを描いた作品はありましたが、この作品では設定を見なおして、より自然に(...
ここから始まる・・・ (笑う学生の生活)
20日のこと、映画「猿の惑星 創世記」を鑑賞しました。 オリジナルの1作目 「猿の惑星」の前日談ともいえる内容で なぜ 猿に支配されてしまったのかという・・・ とはいえ シリーズ関係なく 1つの作品として 良く出来ていて 面白かったですね エンタテインメント性....
映画『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』 を観て (kintyre's Diary 新館)
11-65.猿の惑星:創世記(ジェネシス)■原題:Rise Of The Planet Of The Apes■製作年・国:2011年、アメリカ■上映時間:106分■字幕:戸田奈津子■鑑賞日:10月14日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ(六本木)■料金:1,000円□監督:ルパート・ワイアット...
「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」 (或る日の出来事)
ストーリーも映像も、しっかりしていて楽しめた。映画館で観られて良かった。
猿の惑星:創世記(ジェネシス) (銀幕大帝α)
RISE OF THE PLANET OF THE APES/11年/米/106分/SFアクション・サスペンス/劇場公開 監督:ルパート・ワイアット 出演: ◆ジェームズ・フランコ…ウィル・ロッドマン 過去出演作:『127時間』 ◆フリーダ・ピント…キャロライン 過去出演作:『スラムドッグ...
猿の惑星:創世記(ジェネシス) (いやいやえん)
猿のシーザーの表現が素晴らしかった!CGやVFX技術なんかの技術的な細かい仕様もあるのでしょうが、とにかくシーザーの猿らしい表現、知性を持った猿という難しい役柄をアンディー・サーキスさんは巧みにこなされていると感じました。 正直「猿の惑星」の話なんても...
猿の惑星:創世記 (Rise of the Planet of the Apes) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ルパート・ワイアット 主演 ジェームズ・フランコ 2011年 アメリカ映画 106分 SF 採点★★★ 相変わらず次々と作られておりますねぇ、“ビギニング”物。確かに物の始まりってのを考えるのは楽しいもんで、私もボーっと鉛筆眺めながら「コレ、木だったんだ...
【映画】猿の惑星:創世記…猿の気持ちで観たらいいのか、人の気持ちで観たらいいのか? (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
本日、2012年9月16日(日曜日)早朝なのに二度目の投稿。 数日前「ダークナイト ライジング」の記事をアップした際の前文で… 『ここ数日、実家の目の前(本当に目の前)で、映画の撮影をしているらしい』 『どうもホラー映画のようです。』 という事を書きましたが、一...
猿の惑星:創世記(ジェネシス) (のほほん便り)
人気SFシリーズの第1作「猿の惑星」(1968)のプリクエル(前章)なのだそう。 新薬を用いて、驚異的に知能が発達した猿。でも、親猿は犠牲になったことから、その子を、シーザーと名付け、科学者・ウィルが、ペットとして飼い始めて5年目。 服を着て、すっかり人...