ともやの映画大好きっ!

鑑賞した映画の感想やサウンドトラックなどの紹介、懸賞や日々の戯れ言などをのほほんと綴っていこうと思っています。

ブラインドネス

2008年11月16日 | 映画(は行)
(原題:BLINDNESS)
【2008年・カナダ/ブラジル/日本】試写で鑑賞(★★★★☆)


第61回カンヌ国際映画祭オープニング作品。
第33回トロント国際映画祭特別上映作品。
第21回東京国際映画祭特別招待作品。
ノーベル賞作家ジョゼ・サラマーゴの小説「白の闇」を国際色豊かなキャスト陣で描いたパニック・サスペンス。

ある日、車を運転していた日本人の男(伊勢谷友介)の目の前が真っ白になってしまい、視力を完全に失ってしまう。男は妻(木村佳乃)に連れられ眼科医(マーク・ラファロ)の元を訪れるが、視神経や網膜などにも異常は見られず、原因は不明だった。その後、日本人の男が接触した人たちが次々と同じ症状で失明していく。政府はこれを感染力の強い伝染病と認定し、緊急隔離政策を発動。発症者を片っ端からかつて精神病院だった隔離病棟へと強制収容していく。最初に日本人の男を診察した医者も失明し隔離病棟送りとなるが、その妻(ジュリアン・ムーア)だけは、何故か病気を発症せずにいた。夫を気遣う妻は、自分も失明したフリをして夫に付き添い隔離病棟に向かう。そこには日本人夫妻はもちろん、サングラスの女(アリサ・ブラガ)、斜視の少年(ミッチェル・ナイ)、黒い眼帯の老人(ダニー・グローヴァー)、車泥棒の男(ドン・マッケラー)などで溢れかえってしまう。外の状況も分からず軟禁される患者たち。唯一目の見える医者の妻は、見える事実を隠しながら患者たちの世話を献身的にしていく。そんな中、新しくやってきたバーテンダーの男(ガエル・ガルシア・ベルナル)は"第三病棟の王"を名乗り、隔離病棟を暴力で支配していく…。



あっ、ダニー・グローヴァーのポスター、眼帯の位置が逆(笑)。

この作品はハリウッドのメジャー・スタジオが関与しないインディペンデント映画。
…とは言っても、お金もしっかりかけられてるし、ともやにはメジャーとインディーズの差はちんぷんかんぷんです。
原作者であるジョゼ・サラマーゴは『映画は想像力を破壊する』『ハリウッドが映画化すると、原作が持っている政治性が失われ、ただのゾンビ映画にされてしまう』と、なかなか映画化を認めていなかったらしい。
うんうん、確かに。
視力を失って周りを探りながら歩く人って、そのまんまゾンビみたいだもんね。



原作もそうらしいんだけど、極限状況に置かれた人間が、次第に露わにしていく様を描いたヒューマンドラマ。
…なので、登場人物たちも名前は明らかにせず、あくまで記号として描かれている。
いや~、全世界の人間の視力が失われるだけで、今までの文明はあっという間に崩壊しちゃいますね。
怖い怖い。
ホラー映画とは別の次元で怖いです。

よくほんのちょい役で日本人が出演しているだけで、まるで主演のような宣伝をする映画とか過去に何本もあったけれど、これは堂々と胸を張って名前を前面に押し出していいですね。
伊勢谷友介と木村佳乃。
「スキヤキ・ウェスタン・ジャンゴ」コンビですね。
物語の最初と最後を締めくくるかなり重要な役どころです。
流暢な英語も披露しますが、途中の台詞はほとんど日本語。
こういうところもインディペンデント映画ならではなんでしょうね。

ちなみに、この原作「白い闇」の続編があるらしい。
失明病から4年後の世界が舞台。
この作品でも登場する日本人の男や医者の妻が出てくるらしい。
わわわ。
この原作読んでみたくなった。
早く文庫化されないかなぁ…。

監督はフェルナンド・メイレレス。

2008年11月22日公開
公式HP:ブラインドネス


ブラインドネス [Blu-ray]

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

このアイテムの詳細を見る


ブラインドネス スペシャル・エディション(初回限定生産2枚組) [DVD]

角川エンタテインメント

このアイテムの詳細を見る


Blindness(「ブラインドネス」輸入盤サントラ)
Luiz Bonfa,Marco Antonio Guimaraes,Uakti,Luiz Bonfa
Decca

このアイテムの詳細を見る


白の闇 新装版
ジョゼ・サラマーゴ
日本放送出版協会

このアイテムの詳細を見る
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (16)   トラックバック (43)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ミラーズ | トップ | コカ・コーラ/指紋認証USBメ... »
最近の画像もっと見る

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
★ともやさん★ (mig)
2008-11-16 10:53:28
おはよう~ともやさん
早速来ました♪

相変わらずいっぱいのポスター、圧巻ですね。

ガエルくんのもあるんだ~☆
ほんとダニーグローヴァーの眼帯逆だぁ(笑)

>視力を失って周りを探りながら歩く人って、そのまんまゾンビみたい

私も観ててそう思っちゃった。
日本人ふたりのキャスト、頑張ってましたね~、あんな出るとは!すごい。
これけっこう好みだったから
わたしも小説版も読みたいな。
そうそう!
この間やっとSキングの短編小説集
『幸運の25セント硬貨』見つけたから
1408は今日読みまーす。意外と短いのね。
原作本 (ともや)
2008-11-16 13:10:37
こんにちは、migさん♪
>相変わらずいっぱいのポスター、圧巻ですね。
でも結構メインどころの伊勢谷&木村バージョンのポスターは見つけられなかった…。

>この間やっとSキングの短編小説集『幸運の25セント硬貨』見つけたから1408は今日読みまーす。
いいな、いいな!
「1408号室」を観る前後から、ブックオフとかあちこちで探してるんだけど、見つからないのよね~、この原作短編集。
普通の本屋さんで買うしかないのかな?
それも何かしゃくだし…。
地道に探すとしましょうか…。
へぇ~! (miyu)
2008-11-22 18:44:39
原作には続編があるのですね!
それはあわせて読みたいなぁ~。
本作も小説だとまた違った味わいがありそうですものね。
ヒットは難しい作風だろうけど、
なかなか面白く観れました♪
Unknown (えふ)
2008-11-22 21:17:29
作品自体は、
なんで失明したのか?なぜ一人だけ見えるのか?
といった疑問もあって不満だらけなのですが、
4年後の続編があるのは、
とても興味深いですね。
それはそれで見てみたい気がしますが、、、
本作は見えなくなった人の心が醜くて・・・
嫌気がさしました(苦笑)
続編 (ともや)
2008-11-23 09:01:31
こんにちは、miyuさん♪
続編は同じ町が舞台で4年後っていう設定みたいですけど、まったく違う物語になるようです。
国会議員選挙で、住民の大半が白紙票を提出。
この陰謀を企てたのが、医者の妻だと疑われてしまい…っていう感じのサスペンスっぽい内容みたい。
なかなか面白そうですわん。
要因 (ともや)
2008-11-23 09:05:19
こんにちは、えふさん♪
>なんで失明したのか?なぜ一人だけ見えるのか?
この辺で好き嫌いが別れちゃうんでしょうね~。
白い病は人の心を本性をむき出しにさせるための要因でしかないから、それが何で起こったのかとかはあまり重要じゃないんですよね。
でも、気になる人は気になっちゃうか…。
こんばんは~♪ (ひろちゃん)
2008-11-28 21:17:49
ほんとだ~ダニーの眼帯、反対だ~~(笑)
ポスターこんなにたくさんあるんですね(@_@)

日本人俳優のシーンがこれほど多いとは思いません
でした(@_@)しかも、伊勢谷さんは最初に失明して
最初に回復すると言う結構重要な役ですよね^^
意外で驚きました(@_@)

ともやさんが言われているように、ホラー映画とは
別の次元で怖い映画でした(T^T)

ともやさんは、古本で、1408をお探し
なんですか?
新品なら、新宿バルト9のショップにありました。
私は、映画を観てから、原作を読むので、購入は
しなかったのですがσ(^◇^;)
日本人俳優 (ともや)
2008-11-28 22:58:59
こんばんは、ひろちゃんさん♪
>日本人俳優のシーンがこれほど多いとは思いません
でした(@_@)
「バットマン ビギンズ」の渡辺謙然り、「サンシャイン2056」「スピードレーサー」の真田広之然り、ちょい役なのに、日本人がハリウッドで主演くらいの宣伝してましたからね~。

>新品なら、新宿バルト9のショップにありました。
情報ありがとうございます~♪
ともやの変なこだわりなんですけど、出たばかりの新刊を新品で買うのに抵抗は無いんですけど、発売されてだいぶ経った本を新品で買うのに抵抗あるんですよね。
ケチなのかな?
いや、倹約家なのだと思うことにいたしましょう(笑)。
好きな映画 (kossy)
2008-11-29 23:45:19
人間の本質をむき出しに・・・
いやはや、これは面白かった。
原作者が伝えたいことがよくわかりました。
収容所内のシーンをもっと長くしてもよいくらいだったと思います。
こんにちは♪ (ミチ)
2008-11-30 09:41:07
予想した内容とはちょっと違ったけれど、だからこそ逆に面白かったです。
道徳や理性なんてあっけなく吹っ飛んでしまうんですよね。
日本人俳優がここまで登場していると思っていなかったので、ちょっと誇らしい気分でした。
視力 (ともや)
2008-11-30 19:53:34
こんばんは、kossyさん♪
人間の本質をむき出しにするための要素でしかないんですよね、白い病って。
この映画を観た後に、目が見えなくなったら…なんて、目を閉じて行動しようとしてみたけれど、かって知ったる字分の部屋でも行動がおぼつかなかったですからね。
いかに視力に頼った生活をしているかが、身にしみました。
コッチ方面 (ともや)
2008-11-30 19:59:29
こんばんは、ミチさん♪
>予想した内容とはちょっと違ったけれど、だからこそ逆に面白かったです。
それは一緒でした♪
え~、コッチ方面だったの~!って感じで、楽しめましたわん。
日本人俳優にはもっと世界で頑張って欲しいですね。
『やった~!』以外に(笑)。
こんばんは~^^・ (由香)
2008-12-04 00:12:31
お邪魔します♪
思いっきり辛口の私の感想にTB&コメントありがとうございました。
いや~~~かなり言いたい事を書いちゃったので、感想をアップしてから具合が悪いです(笑)小心者なの~

私は、どうしても本作が苦手でした。苦手で苦手で、、、それしか言葉が出てこないくらい(汗)

『伊勢谷友介と木村佳乃。
「スキヤキ・ウェスタン・ジャンゴ」コンビですね』
そうでしたね~
もしかしてその映画を観た方がオファーしたのかしら?(笑)
思った以上に重要な役どころで驚きました。

ところで、『占星術~』にコメント頂き、ありがとうございました。記事にともやさんのお名前を勝手に書いてしまってスミマセン!
スッゴク面白かったので、アドバイスに従い、他の作品も読みたいです♪
小心者 (ともや)
2008-12-04 00:58:48
こんばんは、由香さん♪
ともやも一緒ですよ~♪
小心者仲間♪

映画なんて人それぞれ違う感想持っているんだから、いいんですよ♪
ともやなんか偏った映画ばっかり観てるから、人との感想が違う違う(笑)

>記事にともやさんのお名前を勝手に書いてしまってスミマセン!
もう全然そんなこと気にしないでくださいな♪
どんどん出しちゃってもらって大丈夫ですよ(売名行為か?笑)
 (とらねこ)
2008-12-09 22:42:12
>作者であるジョゼ・サラマーゴは『映画は想像力を破壊する』
>『ハリウッドが映画化すると、原作が持っている政治性が失われ、ただのゾンビ映画にされてしまう

へえ、原作者、こんないいこと言ってたんですね。
うん、なかなかに骨太な人のようですね!

でもって、これ4年後もやるんですね。
その時はまた見ちゃおうっと!
これ、私もここを読んで、原作が読みたくなりました。
原作 (ともや)
2008-12-10 09:32:25
こんにちは、とらねこさん♪
こういうのって映画公開に合わせて文庫化したりするもんなんですけどね~。
ハードカバーで小説はあまり読まない人なんで、早く文庫化してほしいですよ。
うんうん。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

43 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ブラインドネス/Blindness (我想一個人映画美的女人blog)
今年のトロント映画祭と、カンヌ映画祭オープニングを飾った 『シティ・オブ・ゴッド』のフェルナンド・メイレレス監督の最新作! 『ナイロビの蜂』はあまり好きじゃないけど『シティ・オブ・ゴッド』が良かったしガエルくんが出てるので楽しみにしてた作品。 いよいよ...
『ブラインドネス』 (ラムの大通り)
(原題:Blindness) ----あっ、この映画なら フォーンも聞いたことあるニャあ。 確か『ナイロビの蜂』の監督作品で 日本からは伊勢谷友介と木村佳乃が参加してるんでしょ。 カンヌ国際映画祭で オープニングを飾った上にコンペティション作品にも 選ばれたとも聞いたけど...
ブラインドネス(2008年) (勝手に映画評)
伊勢谷友介と木村佳乃が出演して話題にもなった映画。突然、視野が真っ白になってしまい失明してしまう伝染性の奇病。感染間は瞬く間に広がっていくが、有効な対策は無く、感染者は、不衛生で危険な環境の収容所に閉じ込められる。多数の失明者を収容した収容所は次第に秩...
ブラインドネス (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『全世界、失明。』  コチラの「ブラインドネス」は、驚異的な伝染力を持つ奇病<ブラインドネス>により、人類が次々と失明してゆき、不安と恐怖がひき起こすパニックの渦中に、ただ一人”見えている”女が紛れこんでいた様を描く、11/22公開のPG-12指定の心理パニ...
ブラインドネス (佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン)
公式サイト原作はノーベル文学賞作家、ジョゼ・サラマーゴの「白の闇」、フェルナンド・メイレレス監督。ジュリアン・ムーア、マーク・ラファロ、伊勢谷友介、木村佳乃、ダニー・グローヴァー、ガエル・ガルシア・ベルナル、サンドラ・オー。何か頭と尾は良いが、中身は不...
ブラインドネス (Lovely Cinema)
JUGEMテーマ:映画館でみました! 2008年/日本、カナダ、ブラジル 監督:フェルナンド・メイレレス 出演:ジュリアン・ムーア    マーク・ラファロ    ガエル・ガルシア・ベルナル    ダニー・グローヴァー    サンドラ・オー    木村佳乃    ...
ブラインドネス (悠雅的生活)
見えない時、見えてくるもの。
"伊勢谷友介" に関する話題 (注目の男性をウォッチンGoo!!)
"伊勢谷友介" について書かれたエントリを検索してみました。 「ブラインドネス」伊勢谷くん、頑張ってます-soramove「ブラインドネス」伊勢谷くん、頑張ってます 2008年11月23日(日) 0時09分 「ブラインドネス」★★
「ブラインドネス」貧困と暴力そして希望 (再出発日記)
(ちょっと粗筋)ひとりの男が失明した。突然目の前が真っ白になり、視力を完全に奪われたのだ。そして、それは悪夢の始まりだった。世界各地で同時発生した“白い病”は、爆発的な伝染力を持っていた。原因不明、治療法もない。これ以上の混乱を恐れた政府は、失明患者の強...
[映画『ブラインドネス』を観た(パワフル!)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
☆私は、パッと見で似た作品イメージであるシャマランの『ハプニング』にも、なかなかの高評価を与えた者であるが、  いかんせん、所詮は、この『ブラインドネス』の前座でしかなかったようだ。  『ブラインドネス』・・・、物語の中盤、この下腹部に鬱積する暗澹たる...
ブラインドネス (今宵、サムソン・マスマスラーオの映画館で)
    = 『ブラインドネス』  (2008) = ある日、車を運転していた日本人の男(伊勢谷友介)が、突然視力を失い、目の前が真っ白になる事態に見舞われる。 しかし、彼を診た医者(マーク・ラファロ)によれば、眼球に異常はなく、原因は不明だった。 その後...
ブラインドネス (eclipse的な独り言)
 どこまで深読みすればよいのか・・・悩まされる映画でした。(11月23日 清水M
「ブラインドネス」 豊かさと倫理 (はらやんの映画徒然草)
本作を観て思い出したのが、ロバード・ゴールディングの「蝿の王」。 映画化もしてい
ブラインドネス/Blindness (いい加減社長の映画日記)
ポイントが溜まっていたので、急遽日曜の朝一の回で観に行くことにした「ブラインドネス」。 かなり宣伝してるけど、M・ナイト・シャマラン監督の「ハプニング」を連想させる感じがあって、ちょっとはずれの不安も^^; 「UCとしまえん」は、ちょっと少ない感じかな? 「...
Blindness (ブラインドネス) ネタばれあり (うだるありぞな)
今回は、ジュリアン・ムーア主演、原因不明の病原菌で人類が次々と失明していく恐怖を描いた心理サスペンス「Blindness ブラインドネス」 ランキングに参加してます。    街の交差点に止まった車の中で、何の前ぶれもなく突然目が見えなくなった男(伊勢谷友介...
【99.6Kg】 「ブラインドネス」を観てきました (街のクマさん 炎のダイエット日記)
こんばんわ♪ 3連休の最後の日、クマは本当は、スーパーホテルマンのTさんと、プロレス観戦の約束をしていました。ですが、Tさんにしては珍しくチケット購入時に既に完売!の憂き目を見たということで、先週の時点で予定のキャンセルが確定しました。口では「いやぁ、...
ブラインドネス (だらだら無気力ブログ)
ノーベル賞作家ジョゼ・サラマーゴの小説『白の闇』を映画化した パニックサスペンス。ある日、車を運転中の日本人の男性が突然、目の前が真っ白になり視力を 失う事態に見舞われる。男性は眼科で検査を受けるも原因は不明。 しかし彼に接触した人間も同様の症状に見舞...
『ブラインドネス』2008・11・23に観ました (映画と秋葉原と日記)
『ブラインドネス』  公式HPはこちら ←クリック ●あらすじ ある日、車を運転していた日本人の男性(伊勢谷友介)が突然視力を失い、目の前が真っ白になる事態に見舞われる。しかし、彼を診た眼科専門医(マーク・ラファロ)は、眼球に異常は認められなかった...
ブラインドネス (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆  あなたには何が見える?  
『ブラインドネス』 (試写会帰りに)
追いつめられた先にある、希望の光りはとても力強くまぶしい。 人間の暗部、汚いところを徹底的に描く事で、逆に、生きる事、人間の素晴らしさをあぶりださせるよう。映画的な感動、興奮があり、スクリーンに身を委ねる幸福を感じる121分。『ブラインドネス』(『BLINDNES...
「ブラインドネス」 (かいコ。の気ままに生活)
視界が真っ白になる伝染病がまん延する心理サスペンス。「ブラインドネス」公式サイト「全世界、失明。」「誰もが見えないのになぜ私だけ見えるのか」の予告でちょっと興味もって観にいったんですケド・・想像してたのと違いました。全員が失明する極限状態の人間がどうす...
★ブラインドネス(2008)★ (CinemaCollection)
BLINDNESS全世界、失明。失明するより怖いー私だけが見えていることが上映時間121分製作国日本/ブラジル/カナダ公開情報劇場公開(ギャガ・コミュニケーションズ)初公開年月2008/11/22ジャンルサスペンス/SF/ドラマ映倫PG-12【解説】「ナイロビの蜂」のフェルナンド....
ブラインドネス (週末映画!)
期待値: 76% 小説『白の闇』の映画化 出演: ジュリアン・ムーア、マーク・ラファロ、アリシー・ブ
ブラインドネス (ネタバレ映画館)
観客からは見えてますよ・・・ジュリアン・ムーアさん。
映画 【ブラインドネス】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「ブラインドネス」 『ナイロビの蜂』のメイレレス監督がノーベル文学賞受賞作家ジョゼ・サラマーゴの小説「白い闇」を映画化。 おはなし:街の交差点に止まった車の中で、何の前ぶれもなく突然目が見えなくなった日本人男性(伊勢谷友介)。原因は一向に分か...
ブラインドネス(映画館) (ひるめし。)
全世界、失明。
★「ブラインドネス」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の週末ナイトショウは・・・ 今週公開のジェイソン・ステイサムの「デス・レース」にしようと思ったけど、 先週公開作のこっちのほうが、早く始まるので、ついつい劇場に吸い込まれちゃいました。
ブラインドネス (★YUKAの気ままな有閑日記★)
参った、、、私には全く合わない作品だった―【story】はじまりは一人の日本人男性(伊勢谷友介)だった。突然目の前が真っ白になり完全に失明する謎の伝染病は、彼の発症を皮切りに爆発的な勢いで拡がっていく。有効な治療法がない中、政府がとった政策は“感染者の強制...
ブラインドネス (Diarydiary!)
《ブラインドネス》 2008年 日本/ブラジル/カナダ映画 - 原題 - BLI
ブラインドネス*見えない恐怖が、見えてくる。 (銅版画制作の日々)
何故か?ただ一人“見えている”女が紛れ込んでいた。 12月1日、ファーストディーに鑑賞しました。1000円ですし、これはラッキー!日本の俳優がメインで登場していました伊勢谷友介さんに木村佳乃さんが素晴らしい演技で活躍。ジュリアン・ムーア、マーク・ラファ...
ブラインドネス (メルブロ)
ブラインドネス 234本目 2008-40 上映時間 2時間2分 監督 フェルナンド・メイレレス 出演 ジュリアン・ムーア マーク・ラファロ アリス・ブラガ 伊勢谷友介 木村佳乃 ガエル・ガルシア・ベルナル 会場 TOHOシネマズ府中 評価 6点(10点満点)  ...
ブラインドネス を観ました。 (My Favorite Things)
今日も必殺プランBで、朝から映画を観ることにしました!
158●ブラインドネス (レザボアCATs)
これまた素晴らしい映画の登場だ!SFに説明不十分な隠喩がこめられているという点で、去年の素晴らしい傑作『トゥモロー・ワールド』を思い出すし、極めて限定された状況の中、人々の醜い争いを描いたという点では『ミスト』を彷彿させたり。だが最も似通っているのは『ゾ...
映画【ブラインドネス】東京国際映画祭特別招待作品 (Chateau de perle)
【ブラインドネス】 公式サイト 11月22日公開 監督 フェルナンド・メイレレス 出演 ジュリアン・ムーア、マーク・ラファロ、伊勢谷友介、木村佳乃、ダニー・グローヴァー、ガエル・ガルシア・ベルナル、サンドラ・オー、他 舞台挨拶登壇 ジュリアン・ムーア、伊勢...
ブラインドネス 評価:★★ (20XX年問題)
レビューを更新しました。 当HP↓からどうぞ。 Review→映画レビュー、から見れます
ブラインドネス (Addict allcinema 映画レビュー)
全世界、失明。
「ブラインドネス」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
この病原体(?)は一体・・・?
ブラインドネス (映画君の毎日)
ブラインドネス スペシャル・エディション ¥3,092 「シティ・オブ・ゴッド」のフェルナンド・メイレレス監督が描く、人類を震撼させるサバイバル・パニック・サスペンス!始まりは一人の日本人男性だった。突然目の前が真っ白になり完全に失明する謎の伝染病は、彼の...
【映画】ブラインドネス…見えなくなる映画ですが…観なくても良かったかな (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
今日{/kaeru_fine/}は、娘が先日行われた七夕教書会なる書道のイベントでナンヤラ賞を受賞したとのことで、授賞式に門司港{/m_0036/}まで行ってきました。 今回の賞は…まぁ常連みたいなモノなので特に珍しくも無いみたいなんですが… 今チャレンジ中(?)の松本清張生誕...
『ブラインドネス』 (『映画な日々』 cinema-days)
ブラインドネス ”白い病”と名付けられた原因不明の 伝染性失明が瞬く間に伝播。 罹患者は即刻隔離収容されるが... 【個人評価:★★ (2.0...
ブラインドネス (mama)
BLINDNESS 2008年:カナダ・ブラジル・日本 原作:ジョゼ サラマーゴ 監督:フェルナンド・メイレレス 出演:ジュリアン・ムーア、アリス・ブラガ、ダニー・グローヴァー、マーク・ラファロ、伊勢谷友介、ガエル・ガルシア・ベルナル、サンドラ・オー、木村佳乃 ...
映画『ブラインドネス』を観て (KINTYRE’SDIARY)
94.ブラインドネス■原題:Blindness(EnsarioSobreaCegueira)■製作年・国:2008年、カナダ・ブラジル・日本■上映時間:121分■鑑賞日:11月29日、シネパレス(渋谷)スタッフ・キ...
ブラインドネス (A Day In The Life)
劇場にて鑑賞 映画はモノクロームな世界観。 モノクロームって、Artを感じさせて くれますよね? 解説 『シティ・オブ・ゴッド』のフェルナンド・メイレレスが、ノーベル 文学賞受賞作家ジョゼ・サラマーゴの小説を映画化した心理パニック ・サスペンス。 ...