ともやの映画大好きっ!

鑑賞した映画の感想やサウンドトラックなどの紹介、懸賞や日々の戯れ言などをのほほんと綴っていこうと思っています。

ヤッターマン

2009年03月06日 | 映画(や行)
【2008年・日本】ジャパン・プレミアで鑑賞(★★★☆☆)

1977〜1979年まで放映されていたTVアニメ「タイムボカン」シリーズの第2弾を、「ゼブラーマン」「スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ」の三池崇史監督が実写映画化。
ドクロストーンを狙うドロンボー一味とヤッターマンの戦いを描く娯楽エンターテイメント作品。

高田玩具店のひとり息子ガンちゃん=ヤッターマン1号(櫻井翔)は、父が開発中だった犬型巨大ロボット・ヤッターワン(声:山寺宏一)を完成させ、ガールフレンドの愛ちゃん=ヤッターマン2号(福田沙紀)と共に、ドロンボー一味…ドロンジョ(深田恭子)、ボヤッキー(生瀬勝久)、トンズラー(ケンドーコバヤシ)と飽くなき戦いを繰り広げていた。ドロンボー一味が狙っているのは、4つ集めると願いが叶うといわれるドクロストーン。そのうちの1つは考古学者の海江田博士(阿部サダヲ)が発見し、2つ目のドクロストーンを捜しにナルウェーの盛りに出かけるが、そこで泥棒の神様ドクロベエ(声:滝口順平)に襲われてしまう。海江田教授の娘・翔子(岡本杏理)に父の捜索を頼まれた1号と2号は、一路オジプトに向かう…。



三池監督にあまり莫大な制作費を渡しちゃ行けないという例がまたひとつ…(笑)。

ま、オリジナル作品も観てましたし、現在放映中のリメイク作品もたまに観ているともやですが、これは「ヤッターマン」の実写映画というよりは三池作品として鑑賞しました。
「漂流街 THE HAZARD CITY」(だったかな?)の闘軍鶏のマトリックスもどきに無駄にお金使って〜的な部分が各所にあるんで、そういう見方をすると『ワハハワハハ』と苦笑いしながら楽しめますわん♪



いろいろと話題になった深キョンのドロンジョ様ですが、これはこれでアリかな…と。
いや、ドロンジョ様というより深キョンまんまなんですけどね。
キムタクがどんな役を演じてもキムタクにしかならないように、深キョンもどんな役を演じても深キョンにしかならないのだな…。
これはこれで凄いことだと思います。
系統的には「未来講師めぐる」や「下妻物語」の深キョンですね。

ひとつ原作ファンからの視点で語るとするならば、ヤッターワンのカラーリングかな?
ボディの色が赤なんだけど、あれだとゼンダライオンに見えちゃうのだな。

監督は三池崇史。

追伸。
この日はジャパン・プレミアということで、三池監督を始め、櫻井翔、福田沙紀、深田恭子、生瀬勝久、ケンドーコバヤシらが登場。
会場は9割5部(ともや推定)が櫻井くんのファンばかり。
劇中で1号がキスをすると会場中が『キャ〜〜〜〜〜〜!』、1号が毒の吸い出すために女性の太ももに口を寄せると『キャ〜〜〜〜〜〜!』、回想シーンでスーツを着た姿で登場すると『キャ〜〜〜〜〜〜!』。
普通の劇場では絶対見られない現象を、目の当たりにすることができました(笑)。

会場のお客さんがこんな状況でありながらも深キョンは女の子にも人気ではあるので、舞台挨拶で声援なんかもあったりしたんです。
もちろん生瀬さんやケンコバの挨拶場面でも声援はありました。
…が、問題は福田沙紀ちゃん(あえてちゃん付けします)です。
声援一切無しの拍手のみ。
『何あの女?』オーラが会場中を埋め尽くす。
めっちゃアウェー!
めっちゃ四面楚歌!
めっちゃ孤立無援!
会場すべてが敵という状態。
『怖っ!』
別にファンでも何でもないんだけど、見ていて可愛そうになってきました。
みんな応援してあげてね♪

2009年3月7日公開
公式HP:ヤッターマン


ヤッターマン てんこ盛りブルーレイ [Blu-ray]

バップ

このアイテムの詳細を見る


ヤッターマン “てんこ盛りDVD”

バップ

このアイテムの詳細を見る


映画『ヤッターマン』 オリジナル・サウンドトラック

ジェイ・ストーム

このアイテムの詳細を見る


映画「ヤッターマン」オフィシャル・ヴィジュアル・ブック

角川メディアハウス(角川グループパブリッシング)

このアイテムの詳細を見る


YATTERMAN DORONJO in CG

タカラトミー

このアイテムの詳細を見る


タイムボカンシリーズ・ヤッターマン ドロンジョ様 (1/7スケールPVC塗装済み完成品)

クレイズ

このアイテムの詳細を見る


フルフェイス ヤッターマン(ドロンジョ)

ラナ

このアイテムの詳細を見る
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (14)   トラックバック (41)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ドラゴンボール:エヴォリューシ... | トップ | ランゴリアーズ/スティーブン・... »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (かなちぃ)
2009-03-07 01:40:31
福田さんは、
映画中でもどこか空気な存在感でしたよねぇw
私は特に櫻井さんファンでも
深田さん好きでもないので
完全に第三者視点だったんですけど
ともやさんと同じように感じましたw
あれはやりにくかっただろうなぁ・・(*゜ロ゜)
ヒロインなのに… (ともや)
2009-03-07 14:33:09
こんにちは、かなちぃさん♪
福田沙紀ちゃんは、特撮作品が大好きで、この映画でもスタントをほとんど使わずに頑張ったみたいですね。
もしともやがあんな状況(味方のいない舞台挨拶)に立たされたら、間違いなく泣いてますね(笑)。
芸能界という荒波で頑張っているだけあって、強い精神持ってるんだなぁ。

ともやの応援リストに加えておくことにいたしましょう♪
こんにちは♪ (ミチ)
2009-03-07 16:58:43
私もこの深キョンはアリだと思いました。
あの奇抜なコスプレが似合う人はなかなかいないでしょう〜?

舞台挨拶の様子、ちょっとゾゾッとしますよね。
回り回って櫻井君の心証も悪くしかねないのになぁ。
若い子が多いとそこまで考えが及ばないか・・・。
ともやさん こんにちは♪ (なぎさ)
2009-03-07 17:23:12
>福田沙紀ちゃん

いやぁ〜そんな扱いだったんですかぁ〜。
それはファンじゃなくても可哀想に思います。
沙紀ちゃん好きですよ〜可愛いですよね!
それにしてもハッキリした態度の示し方ですね(笑)

内容的にはちょっとなと思うところもあったんですが、フカキョンの網タイに星が一つ増えました♪
ドロンジョ様 (ともや)
2009-03-07 17:32:15
こんにちは、ミチさん♪
深キョンのドロンジョ様はいろいろと異論がありましたけど、なかなかどうして!
かなり好印象でしたね〜♪
アニメのイメージからすると杉本彩が…なんて思ってたんですけどね〜♪
これでまた代表作が増えましたね(笑)。

次回作は同じ配役で「タイムボカン」を!
なんて思ったりしてます♪
勝利のポーズ (ともや)
2009-03-07 17:38:02
こんにちは、なぎささん!
ま、三池作品なんで、"よく原作に忠実にやったなぁ〜"って、別の感想を抱いちゃいました。
勝利のポーズもあそこまで忠実にやるとは…(笑)。
もっとメチャクチャになってると思ってた…(笑)。

福田沙紀ちゃんは今後応援しようと思います♪
Unknown (えふ)
2009-03-07 21:47:23
これは深キョンのドロンジョ様をはじめ〜
いろいろとどつぼにはまってしまった実写版でした!
子供のころにみていたヤッターマンを
おもいだしいました。

わたしも深キョンのコスプレを
してみたくなりましたわ〜ん・・・(爆)
ドロンジョ様 (ともや)
2009-03-07 21:55:59
こんばんは、えふさん♪
コスプレ魂に火が付いてますね(笑)。
やっちゃってくださいな♪
やっちゃってくださいな♪
やったもんだすったもんだ〜♪ですよ♪

ともやはさすがにドロンジョ様にはなれないですからね〜。
えっ、トンズラーなら大丈夫って?
もう、いい加減にしなさぁ〜い!
Unknown (KLY)
2009-03-08 03:29:05
>『何あの女?』
可哀想ですけど福田さんはこの作品に限ってはそれでいいかなと思ったり。
何故ならヤッターマン2号って数いるキャラクターの中で一番影が薄いと思うから。^^;
むしろその影の薄さが2号役にはまっているなと妙に感心してしまいました。(笑)
キャスト (ともや)
2009-03-08 12:58:45
こんにちは、KLYさん♪
「タイムボカン」シリーズって、メカと悪玉トリオの物語であって、主人公2人は男と女のヒーローであるって記号でしかないですからね。
最初に2人の配役が発表された時に、違和感無くふ〜んって思ったんだけど、そんな理由からなんでしょうね。
そこまで狙っていたか? 三池監督!
 (とらねこ)
2009-03-14 13:56:32
羨ましい〜!ジャパンプレミア、当たったんですね、ともやさん!
いいなあー。私さんざん応募したし、友達も応募してくれてたんですが、全然当たりませんでした。

ともやさんの鑑賞姿勢に、なんか妙に共感するワタクシですw
単に三池作品として堪能できましたよね〜♪
私もKLYさんの意見と同じような感想を持ってました。
2号の印象が薄いのは、もともと存在感が薄いからかなと
うわ〜 (miyu)
2009-03-14 18:38:02
それは福田ちゃんかわいそう(;・∀・)
まぁ個人的には深キョン好きなので、彼女に声援があったのは
すご〜くうれしいのですが、福田ちゃんだけ声援がないってのは
ちょっと切なすぎ〜(/ω\)
それにしても櫻井さんのファンのパワーすごいっすね!
三池監督 (ともや)
2009-03-14 20:30:28
こんばんは、とらねこさん♪
ジャパン・プレミアは倍率高かったんでしょうね〜。
それぐらい櫻井くんのファンの熱気は凄かったです〜♪
それにしても三池監督はツボをハズさないから好きですね〜♪
ファン (ともや)
2009-03-14 20:47:51
こんばんは、miyuさん♪
いや〜、ファンって凄いですよね。
すべてを全肯定ですもんね。
何を言っても『きゃ〜〜〜〜!』、どんなことしても『きゃ〜〜〜〜!』。
ま、ファンってそういうもんなんですけど(笑)、男性のファンと女性のファンってベクトルが違うんで、そういうのを目の当たりにできただけでも楽しかったです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

41 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
映画【ヤッターマン】ジャパンプレミア試写会 (Chateau de perle)
【ヤッターマン】 公式サイト 3月7日公開 監督 三池崇史 出演 櫻井翔、福田沙紀、深田恭子、生瀬勝久、ケンドーコバヤシ、岡本杏理、阿部サダヲ、他 舞台挨拶登壇 櫻井翔、福田沙紀、深田恭子、生瀬勝久、ケンドーコバヤシ、三池崇史 フォーラムホールAの巨大...
ヤッターマン (Akira's VOICE)
メチャクチャ面白かったでコロン。  
映画 【ヤッターマン】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「ヤッターマン」 三池崇史監督がテレビアニメ「ヤッターマン」を実写映画化。 おはなし:4つ集めると願いがかなうドクロストーンを巡って、いつものように戦いを繰り広げるヤッターマンとドロンボー一味。考古学者の海江田博士は発見したドクロストーンの一...
YATTERMAN〜ヤッターマン〜 (UkiUkiれいんぼーデイ)
JUGEMテーマ:映画 2009年3月7日 公開 ★★★★☆ 日本の政治家はアホでもヤッターマンがいる限り、この世に悪は栄えなぁ〜い!ってことで 星4っつです! 説明しよう! 深田恭子のドロンジョ様が観たかったから、初日の初回で観てきたのだ! ...
「ヤッターマン」 ディテールへのこだわりはあるが・・・ (はらやんの映画徒然草)
オリジナルのアニメが放映されていた時は小学生、思いっきり「ヤッターマン」世代です
ヤッターマン (Lovely Cinema)
JUGEMテーマ:映画館でみました! 2009年/日本 監督:三池崇史 出演:櫻井翔、福田沙紀、深田恭子、生瀬勝久、ケンドーコバヤシ、岡本杏理、阿部サダ   ヲ、滝口順平、山寺宏一、たかはし智秋・・・ 深キョンのドロンジョ様を見ないとおしおきじゃあぁ〜!
「ヤッターマン」観てきました♪ (りんたろうの☆きときと日記☆)
☆「ヤッターマン」 監督:三池崇史 出演:櫻井翔、福田沙紀、深田恭子、生瀬勝久、ケンドーコバヤシ、岡本杏理、阿部サダヲ 声の出演:滝口順平、山寺宏一、たかはし智秋 高田玩具店の1人息子のガンちゃんは、父親の開発途中のヤッターワンを完成させ、ガールフレンド...
映画『ヤッターマン』 (ブルー・カフェ)
「ヤッターマンがいる限り、この世に悪は栄えない!」 ぎやーーーっつ!翔さ〜〜ん!!{/rabi_happy/}{/m_0139/} というワケで櫻井翔主演、三池崇史監督映画→ヤッターマンを観て参りましたよ♪ まず、ワタシは櫻井翔さんに「ゾッコン」なので、この映画の「出来」に関し...
☆『ヤッターマン』★ ※ネタバレ有 (〜青いそよ風が吹く街角〜)
2009年:日本映画、三池崇史監督、櫻井翔、深田恭子、福田沙紀共演。
ヤッターマン (LOVE Cinemas 調布)
この作品ほど出演者が事前にフィーチャリングされている作品も久しぶりです。主演はヤッターマン1号の櫻井翔、2号は福田沙紀。そしてそのコスチュームが話題になったドロンジョが深田恭子、ボヤッキーとトンズラーがそれぞれケンドーコバヤシと生瀬勝久。いや楽しそうな...
ヤッターマン (だらだら無気力ブログ)
タイムボカンシリーズの人気アニメ『ヤッターマン』を嵐の櫻井翔と 福田沙紀で実写化。高田玩具店のひとり息子ガンちゃんは、父の設計したヤッターワンを 完成させ、ガールフレンドの愛ちゃんと一緒に正義の味方ヤッターマン1号・ 2号として、4つあつめると願いが叶...
ヤッターマン (そーれりぽーと)
と言う訳で、渋滞で朝イチの予約を観逃してしまったので、2回分の3600円で昼イチの回『ヤッターマン』を観てきました。 はたして3600円の価値はあるのでしょうかw ★★★★ やってくれました三池崇史、タイムボカンシリーズのコンセプトを熟知してはります。 どこから書...
「ヤッターマン」全国のみなさん!!!お約束のシーンが満載だコロン (オールマイティにコメンテート)
「ヤッターマン」は30年前にアニメ化されたタイムボカンシリーズのヤッターマンの実写版で泥棒の神様と称するドクロベェの指令でどくろリングを狙うドロンジョ率いるドロンボーが正義の味方ヤッターマンと対決するストーリーである。現在30年ぶりに復活したアニメヤッ...
【101.0Kg】 「ヤッターマン」を観てきました♪ (街のクマさん 炎のダイエット日記)
こんばんわです♪ またまた1日遅れのブログ更新です。まずは3月7日(土)の分の報告です。
『ヤッターマン』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「ヤッターマン」□監督 三池崇史 □脚本 十川誠志  □キャスト 櫻井 翔、福田沙紀、深田恭子、生瀬勝久、ケンドーコバヤシ、岡本杏理、阿部サダヲ (声の出演)滝口順平、山寺宏一、たかはし智秋■鑑賞日 3月7日(土)■劇場 TO...
「ヤッターマン」 (NAOのピアノレッスン日記)
          〜あのニッポンのヒーローが実写になって ただ今参上!〜ヤッターマン」世代のNAOさん。公開初日に、娘と行ってきました。2009年 日本  松竹・日活 配給 (09.3.7公開)[監督]三池崇史    [原作]竜の子プロダクション[脚本]...
★「ヤッターマン」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
久しぶりに週末レイトショウだよーーー。 ひらりんの子供時分にやってたテレビアニメの実写版・・・ 映像技術が進歩して、カッコよく作れるようになったからか、 最近多いよね、アニメの実写版・・・ 深キョンのドロンジョ様がどんなもんかも楽しみだベーーーー。
劇場鑑賞「YATTERMAN」 (日々“是”精進!)
映画ヤッターマンオリジナル・サウンドトラック「YATTERMAN」を鑑賞してきました“タイムボカン”シリーズの第2弾として人気を博した往年のTVアニメを奇才・三池崇史監督が実写映画化したアクション・エンターテインメント。ヤッターワンなどのおなじみメカも...
映画 ヤッターマン (単館系)
あの(タイムボカンシリーズ)ヤッターマンを実写映画化。 現在もアニメヤッターマンをやっているようですがどうもノリが違うということで ...
【映画感想】ヤッターマン (掃き溜め日記〜てれびな日々〜)
ヤッターマン」観て来ました♪ガンちゃん(櫻井翔)は父の遺志を継ぎ、犬型の巨大ロボット“ヤッターワン”を完成させた。そしてアイちゃん(福田沙紀)と力を合わせ、愛と正義の味方ヤッターマン1号・2号としてドロンジョ(深田恭子)率いるドロンボー一味と戦...
映画『ヤッターマン』 (頑張る!独身女!!)
うーわんわんわん。うーじんじんじん。ワンと吠えりゃ(ワン)ツースリーサイレンの音(ウー)高々に。地球の裏表ひとっ飛び・・・
映画【ヤッターマン】★櫻井翔★福田沙紀★深田恭子 (猫とHidamariで)
おまたせ。あのニッポンのヒーローが実写になって、ただ今参上!ヤッターマンがいる限り、この世に悪は栄えない!ヤッターマン HPヤッターマン シネマトゥデイ製作年:2009年製作国:日本日本公開:2009年3月7日配給:松竹/日活2008タツノコプロ/ヤッターマン製作委員...
「ヤッターマン」 (ば○こう○ちの納得いかないコーナー)
幼少の頃より、竜の子プロダクション制作のアニメを随分と見て来た。「マッハGoGoGo」(動画)に「ハクション大魔王」(動画)、「昆虫物語 みなしごハッチ」(動画)、「いなかっぺ大将」(動画)、「カバトット」(曲)、「樫の木モック」(動画)、「科学忍者隊...
『ヤッターマン』2009・3・8に観ました (映画と秋葉原と日記)
『ヤッターマン』  公式HPはこちら ←クリック   ●あらすじ(序盤) 今日もヤッターマン1号(櫻井翔)・2号(福田沙紀)は、ドロンジョ(深田恭子)ボヤッキー(生瀬勝久)トンズラー(ケンドーコバヤシ)のドロンボー一味と熾烈な戦いを展開していたが。
「DRAGONBALL EVOLUTION」 vs 「ヤッターマン」 (It's a Wonderful Life)
説明しよう! 元々観る気全然無かったこの2本、ちょっと 怖いもの見たさというか 時間あったんでノリでえいやって続けて観てしまいました。 この二つって似てる話なんですよね。世界に散らばった 「7つのドラゴンボール」と「4つのドクロストーン」を 探す話...
ヤッターマン ▲37 (レザボアCATs)
絵になってる、サマになってるゥ!特にボヤッキーが最高!バージンローダーもお気に入りだ〜♪オハナシは確かにくだらないけど・・・
ヤッターマン (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『やっておしまい! ヤッターマンVSドロンボー 遂に宿命の戦いがはじまる!』  コチラの「ヤッターマン」は、1977年に製作されたタツノコプロの大ヒットアニメで、現在はそのリメイク版のアニメがTV放映されている同名アニメを「スキヤキ・ウェスタン ジャンゴ」...
ヤッターマン (Peaceナ、ワタシ!)
- ただ今参上! - 『ヤッターマン』観てきちゃった。 アニメを忠実に再現するとこんな感じ? 深キョン目当て(←男子的発想)だったんですけれど、出演の役者さんたちに何の違和感もなく…むしろハマッてました。特に生瀬さんが・笑…実は意外と面白かったです♪(フリーチケ...
映画日記りぼーん『ヤッターマン』 (CHEAP THRILL)
ただいまクニオイベントから再び新宿に移動中。 また映画を見るためさ。 で、武蔵野館を出てから再び新宿ピカデリーに戻って『ヤッターマン』を見たのさ。 うん、アニメを実写化させたのは凄いけど、変に恋愛をねじ込んだりしてアニメ...
ヤッターマン (ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!)
まさかの実写化、まずはヤッターマン。
ヤッターマン (週末映画!)
期待値: 96% アニメの実写化 出演:櫻井翔、福田沙紀、深田恭子、生瀬勝久、ケンドーコバヤシ、岡本
[遅ればせながら、映画『ヤッターマン』を観る] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
☆実は、レイトショーで『ドロップ』ってのを観ようと、ネット予約をしようと思ったのだが、満席で予約できなかった。  <MOVIX昭島>・・・、盛況やなあ^^;  で、公開からかなり経っていて、多くのブロガーが高評価をしていた『ヤッターマン』を観てきた。 ...
【映画】ヤッターマン (新!やさぐれ日記)
▼動機 衝動見 ▼感想 こだわる所を間違えなかった秀作 ▼満足度 ★★★★★☆☆ なかなか ▼あらすじ ガンちゃん(櫻井翔)は父の遺志を継ぎ、犬型の巨大ロボット“ヤッターワン”を完成させた。そしてアイちゃん(福田沙紀)と力を合わせ、愛と正義の味方ヤッ...
ヤッターマン(日本) (映画でココロの筋トレ)
まだTVでやってんのね。 ほとんど記憶はないけれど、小さいころ観てた「ヤッターマン」を観てきましたー。 ( → 公式サイト  ) 出演:櫻井翔、福田沙紀、生瀬勝久、ケンドーコバヤシ、深田恭子 上映時間:111分  父の発案した犬の巨大ロボット...
映画ヤッターマン観ました。(やっと) (HEYHEY BONBON)
 3月7日から全国公開 された映画ヤッターマン やっと娘と3月29日に 劇場で鑑賞する事が できました。ヽ(*゚∀゚)ノ 突然仕事が入ったり色々あってなかなか行けなかった っでこの前も書きましたが 朝1番の上映を娘と 行ってまいりました。 っで感想ですが T...
ヤッターマン (深田恭子さん) (yanajunのイラスト・まんが道)
◆ドロンジョ 役の深田恭子さん(のつもり) 映画『ヤッターマン』を先月、劇場に観に行きました。 ●導入部のあらすじと感想
ヤッターマン (お萌えば遠くに来たもんだ!)
観てきました。 <新宿ピカデリー> 監督:三池崇史 原作:竜の子プロダクション 脚本:十川誠志 音楽:山本正之、神保正明 、藤原いくろう メカ&キャラクターデザインリファイン:寺田克也 ドロンジョ、ボヤッキー、トンズラーのドロンボー一味は、4つ全部集め...
ヤッターマン <ネタバレあり> (HAPPYMANIA)
面白かったねぇ 原作に結構忠実な感じ。 タツノコプロ作品なので始まってすぐに アクビちゃん登場、渋谷のハチ公渋山のハッチ公(みつばちハッチ)になってたりで こーゆーパロディってるのも好きやわ〜CGもよーさん使われてて 色が綺麗やった 独特の色合いの映像...
映画「ヤッターマン」 (Andre's Review)
  ヤッターマン 日本 2009 09年3月公開  劇場劇賞 オリジナルの世代ではないものの、子供の頃、再放送などで慣れ親しんだヤッターマンが実写化ということで、気になっていた作品。果たしてその完成度やいかに!? 泥棒の神様ドロンボーの手下であるドロンジョ(深田...
【ヤッターマン】やった〜やった〜やっちゃった・・・ (映画@見取り八段)
ヤッターマン 監督: 三池崇史 出演:  櫻井翔、福田沙紀、深田恭子、生瀬勝久      ケンドー・コバヤシ、阿部サダヲ、岡本杏理 公開:...
「ヤッターマン」鑑賞 (帰ってきた二次元に愛をこめて☆)
山本正之の歌声が聞こえて来た時ああ、まだ「少年の夢は生きている」と思いましたよ、ええ。かなり本気で・・・そう、かなり本気で、これだけお馬鹿な内容を作り上げたというのは、並々ならぬものがあるわけですよ。一見馬鹿映画でも、これだけ予算を注ぎ込んで作っている...