ともやの映画大好きっ!

鑑賞した映画の感想やサウンドトラックなどの紹介、懸賞や日々の戯れ言などをのほほんと綴っていこうと思っています。

ヒューゴの不思議な発明

2011年12月31日 | 映画(は行)
(原題:HUGO)
【2011年・アメリカ】完成披露試写で鑑賞(★★★★☆)


第37回LA映画批評家協会賞、美術賞(ダンテ・フェレッティ)受賞。
第69回ゴールデングローブ賞、監督賞(マーティン・スコセッシ)受賞。
第17回放送映画批評家協会賞、美術賞(ダンテ・フェレッティ)受賞。
第65回英国アカデミー賞、美術賞(ダンテ・フェレッティ)、音響賞(フィリップ・ストックトン他)受賞。
第84回アカデミー賞、美術賞・撮影賞(ロバート・リチャードソン)・視覚効果賞・録音賞・音響編集賞・受賞。

数々の賞を受賞したブライアン・セルズニック原作のベストセラー小説『ユゴーの不思議な発明』を映像化。
父親が残したからくり人形に隠された秘密を探る少年と、その人形にまつわる映画創世記のパイオニアと言われた人物の半生を描くヒューマンドラマ。

1930年代のパリ。孤児の少年ヒューゴ・カブレ(エイサ・バターフィールド)は、駅の時計台に独りで隠れ住んでいた。かつては時計屋の父(ジュード・ロウ)と一緒に暮らしていたが、火事で父親を亡くしてしまう。ヒューゴは駅の時計を管理するクロードおじさん(レイ・ウィンストン)に引き取られることになるが、いつの間にかそのおじさんも帰って来なくなり、ヒューゴは独りで駅の時計のネジを巻きながら暮らしていた。彼の一番の楽しみは、父親が博物館から見つけてきたからくり人形を修理すること。ある日、修理の部品を調達するため、駅構内でオモチャ屋を営むパパ・ジョルジュ(ベン・キングズレー)の店で盗みを働くが、ジョルジュに見つかり、父が遺したからくり人形に関するメモ帳を取られてしまう。ヒューゴは必死にメモ帳を取り戻そうとし、そこでジョシュの養子であるイザベル(クロエ・グレース・モレッツ)と出会うことになる…。



いろんな意味で観るまで不安を隠しきれなかった作品。
だって、マーティン・スコセッシ監督がファンタジー・アドベンチャーって…。
『タクシードライバー』(1976年)、『レイジング・ブル』(1980年)、『ケープ・フィアー』(1991年)、『救命士』(1999年)、『ギャング・オブ・ニューヨーク』(2001年)、『ディパーテッド』(2006年)、『シャッター アイランド』(2009年)など、殺伐とした映画を撮ってきたマーティン・スコセッシ監督がファンタジー・アドベンチャーだよ?
しかも3D映画…。
「何をトチ狂った、スコセッシ? どうした、スコセッシ?」って思っちゃうよね。

…でもね、いい意味で裏切られた。
こんな映画だとは思わなかった。



3D字幕版(masterimage方式)で鑑賞。

この映画は紹介が難しいなぁ。
原作を読んでいないので何とも言えないんだけど、主人公はヒューゴじゃないです!
(原題のタイトルにもなってるけど、やっぱり主人公ではないです!)
確かに前半は、父親が残したからくり人形を修理することで、父親との絆を確かめようとするヒューゴが描かれている。
しかし、後半で描かれるのはベン・キングズレー演じるパパ・ジョルジュの人生。
主人公はベン・キングズレー、ベン・キングズレーのための映画なのである。
(それに劇中でヒューゴは、発明なんか1つもしてないしね)

いろいろ奥歯に物が挟まった言い方をするけど、この映画は間違っても子供向けのファンタジー映画などではない。
逆に小さい子供を連れていくと、子供が可愛そうな映画。

さっき「ベン・キングズレーのための映画」って言ったけど、それもちょっと違うな。
映画のための映画。
映画が持っている「人を楽しませる・驚かせる・喜ばせる」という根本的な基礎を作ってきた人物の物語。

あ~、歯がゆいね。
奥歯に物が挟まりまくってるよね。
うん。

でもこれは3Dで観た方がいいかも!
(3D否定派のともやにしては珍しい意見)
たくさんの歯車がひしめく時計台のシーンとかすごいな。
『カリオストロの城』を思い出しちゃうww。

イザベルを演じるクロエ・グレース・モレッツも良かったしね。
映画館でのシーンなんか可愛さ爆発♪
ひとつ気になったのは、共演のエイサ・バターフィールドがクロエよりも身長が低いので、(クロエがそれに合わせて?)クロエの姿勢が終始猫背気味でちょっと格好悪いのである。
この作品でだいぶ成長しちゃってるので、『キックアス2』がちょっと心配だなぁ。
もうやんちゃな少女ではなく、レイディなんですもの。



ヒューゴの父親役でジュード・ロウが出演しているけれど、出番は回想シーンのちょっとだけ。
ジュード・ファンはワクワクし過ぎないように注意してね~。



この映画で重要なキーワードとなっているのは、1902年に製作された『月世界旅行』。
ジュール・ヴェルヌ原作のSF小説の映画化作品。
写真や資料などで存在は知っているけど、ともやも観たことが無い作品。
動いている映像も、ちょっと観たことがあるレベルである。

ちなみに古典映画でともやが観たことのある作品といったら、1984年にリバイバル公開された『メトロポリス』(1926年)と1976年に復元され「オデッサの階段」シーンがすごいと話題になった『戦艦ポチョムキン』(1925年)くらいである。

重ねて言うが、これはファンタジー・アドベンチャーではまったく無いです。
映画という「魔法」を描いているけれど、映画愛に満ちあふれたスコセッシ版『ニュー・シネマ・パラダイス』と言っていいだろう。
スコセッシがこういう映画を撮ったということに、本当に驚きを隠せない作品でしたわん。

監督・製作はマーティン・スコセッシ。
製作はジョニー・デップ。

全米興行成績(2011年11月公開):初登場5位→3位→6位→8位→10位→ランク外
全米興行収入:4365万ドル(2011/12/25現在)
日本興行成績(2012年3月公開):初登場3位→4位→9位→ランク外

2012年3月1日公開
公式HP:ヒューゴの不思議な発明


Hugo(『ヒューゴの不思議な発明』輸入盤サントラ)

Howe Records

このアイテムの詳細を見る


ヒューゴの不思議な発明 公式ガイドブック [単行本(ソフトカバー)]

アスペクト

このアイテムの詳細を見る


ユゴーの不思議な発明 [ハードカバー]

アスペクト

このアイテムの詳細を見る


ユゴーの不思議な発明(文庫) (アスペクト文庫) [文庫]

アスペクト

このアイテムの詳細を見る
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (13)   トラックバック (46)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« プリングルズ/商品券(2000... | トップ | 12月30日(金)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

13 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (mig)
2011-12-31 12:23:42
ともやさん

この邦題やっぱりおかしいよね?
ヒューゴって原題もちょっとアレだけど。。。。
不思議な発明って、なんかつまんなそうだし。(笑)
映画愛に溢れた作品をもっと強調しないと。子供向けだと思われちゃうわ。
もったいない。
ベンキングズレーの部分がセリフ難しかったのでもいっかいみたらきっともっと好きになると思う。
今ベスト作ってるけど、ともやさん今年もたくさんありがとう!!
良いお年をね☆

ニューイヤーズ・イヴ♪ (ともや)
2011-12-31 15:00:58
こんにちは、migさん♪
うん、このタイトルは絶対おかしい!
たぶんともやたちの年代よりもっと上、70~80歳ぐらいの人、『月世界旅行』をリアルタイムで体験した人たちが一番楽しめる映画なんじゃないかな?

あの映画創世記の話は、子供たちにはまったく興味ない話題だと思うしね。

2011年ベストどうしよう?

よいお年を!
2012年も面白い映画に出会えますように。
横レスです。 (えい)
2012-02-08 00:11:05
こんばんは。

『月世界旅行』をリアルタイムで体験した人たちは、
もっと上なんじゃないかな。
1902年の作品だし…。
ぼくが観たのは、ン10年前、
大学時代にアテネフランセで。
映画サークルの先輩と一緒に。
その人は、いまハリウッドや日本で
撮影監督として活躍しています。
なんて、懐かしい話をしてしまいました。
わわわ (ともや)
2012-02-12 00:39:00
こんばんは、えいさん♪
わわわ、『月世界旅行』をフルで観たことあるんですね。
すごいすごい!
昔はバスター・キートンの作品とかテレビでやってくれたんだけど、今はこういうトーキー作品を放送って難しいのかな?
ニュー・シネマ・パラダイス (まっつぁんこ)
2012-02-24 05:57:40
「ニュー・シネマ・パラダイス」好きな人多いみたいだけど、わたしはあんまり印象に残ってなくて(笑)言及しませんでしたがたしかにそんな感じでした。
映画LOVE (ともや)
2012-02-26 19:32:27
こんばんは、まっつぁんこさん♪
内容的には『ニュー・シネマ・パラダイス』とは、全然違うんだけどね~。
根底にある「映画愛」を感じました~♪
こんばんわ (にゃむばなな)
2012-03-01 18:01:30
やっぱりみなさん、この映画の情報を初めて聞いたときは不安を隠しきれなかったんですね。
しかしその不安がいい意味で裏切られて良かったです。
映画創生期の映画は今見ても本当に面白い理由もこの映画に詰まっていたと思いましたよ。
それでもファンタジー (ノルウェーまだ~む)
2012-03-02 16:43:10
ともやさん☆
奥歯にいっぱい挟まっちゃってるね~(笑)
子供向け映画の範疇を越えた大人にも楽しめる映画だけど、私にはどうしても子供向きに見えちゃったなー
それは私がファンタジー=子供向けとしか思えないからかもしれないけど。
でもスコセッシ頑張ったぁ☆
スコセッシ (ともや)
2012-03-03 20:55:49
こんばんは、にゃむばななさん♪
いや~、スコセッシ映画の最新作として鑑賞したので、観るまでは本当に不安でしたよ~(笑)。
こんなのも撮れるんだね…と、いい感じに裏切られました♪
スコセッシめ♪♪
ジョルジュ (ともや)
2012-03-03 22:00:25
こんばんは、ノルウェーまだ~む♪
>奥歯にいっぱい挟まっちゃってるね~(笑)
この感想書いた時点で、ジョルジュ・メリエスのことがまったく触れられていなかったんで、いっぱい挟まっちゃった(笑)。

ファンタジーって難しいのよww。

コメントを投稿

映画(は行)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

46 トラックバック

Hugo /ヒューゴの不思議な発明  (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 世界中でベストセラーとなったブライアン・セルズニックの冒険ファンタジー小説「ユゴーの不思議な発明」を マーティン・スコセッシ監督が描いたファンタジー 毎日NYあちこち歩いてます☆ こっちへ来て劇...
『ヒューゴの不思議な発明』 (ラムの大通り)
(英題:Hugo) ----これ、マーティン・スコセッシ監督の新作だよね。 しかも3D。 よく「映画への愛」を描いているって、言われているけど、 それってどういうこと? 「ぼくも、どういうことかなと、 もしかしたら、原作に“映画愛”の要素を加えたのではないかと、 監督...
ヒューゴの不思議な発明 (あーうぃ だにぇっと)
ヒューゴの不思議な発明@TOHOシネマズ錦糸町
映画「ヒューゴの不思議な発明(3D版)」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「ヒューゴの不思議な発明」観に行ってきました。ブライアン・ セルズニックの小説「ユゴーの不思議な発明」を原作とする、マーティン・スコセッシ監督の冒険ファンタジー作品...
映画:ヒューゴの不思議な発明 Hugo スコセッシの映画愛が炸裂! だが今年は... (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
某ブログで、 <なるべく予備知識を仕入れずに観ることをオススメします! とあったので、これはさっさと観ようと、NY到着日の深夜に鑑賞。 1930年代のパリ。 巨大な始発駅の構内。 で... あまり予備知識を仕入れずに観ることをオススメしたいので、これ以上は....
ヒューゴの不思議な発明 (食はすべての源なり。)
ヒューゴの不思議な発明 ★★★★★(★満点) ライラの冒険や、ナルニア国物語のようなファンタジーを想像していったのですが、まったくもって予習不足で、泣かされました。。。 じ~んと来るセリフがいくつもありました。 初めて映画を観た時の感動がキーになってい...
劇場鑑賞「ヒューゴの不思議な発明」 (日々“是”精進! ver.A)
“映画ファン”、必見… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201203010001/ ヒューゴの不思議な発明 公式ガイドブック ブライアン セルズニック 中島 早苗 アスペクト 2012-02-17 売り上げランキング ...
ヒューゴの不思議な発明 (Akira's VOICE)
素晴らしきかな世界。  
『ヒューゴの不思議な発明』 (こねたみっくす)
夢は映画の中で生まれる。そして夢は今も新たな夢を映画の中で生み続けている。 第84回アカデミー賞で撮影賞を始め技術系5部門を制覇したこの作品は、娯楽映画の父:ジョルジュ・ ...
ヒューゴの不思議な発明 (悠雅的生活)
機械人形。夢が現実に。Phantom of  Lyon Station。
"夢の発明" マーティン・スコセッシ監督『ヒューゴの不思議な発明』(Hugo) (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、台詞に触れています。マーティン・スコセッシ監督、初の3D作品『ヒューゴの不思議な発明』原作はブライアン セルズニック。出演はエイサ・バターフィールド、クロエ・グレース・モレッツ、ジュード・ロ
[映画『ヒューゴの不思議な発明』を観た(短信)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆かなり技巧を凝らした作品だった。  3D作品を撮るにあたって、スコセッシ監督が思い描いていたであろう場景が惜しみなく注ぎ込まれていたと思う(残念ながら、仕事の後、歯医者に行って、それから映画館に向かったので、時間的に2D作品しか上映していなかった^^...
ヒューゴの不思議な発明 (だらだら無気力ブログ!)
ヒューゴって発明してたっけ?
マーティン・スコセッシ監督 「ヒューゴの不思議な発明」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが……禁煙しました。)
残念ながらアカデミー作品賞は逃してしまいましたが、11部門でノミネートされた話題作「ヒューゴの不思議な発明」、今日3月1日、映画の日、公開ということで、早速観てきましたv(^m^)v 公式サイト⇒http://www.hugo-movie.jp/ 【あらすじ】 1930年代、...
「ヒューゴの不思議な発明」3Dの魔力再び (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
アカデミー賞でも美術賞・撮影賞・視覚効果賞・録音賞・音響編集賞と5冠を取った「ヒューゴの不思議な発明」。 映像も美しく、子供にも大人にも夢を与えてくれる素晴らしい作品だ。 だけど・・・あれれ?どこかで体験したような?
ヒューゴの不思議な発明・・・・・評価額1800円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
さあ、一緒に夢を見ましょう。 これは、巨匠マーティン・スコセッシ監督が、21世紀のデジタルテクノロジーを駆使し、110年前に作られた最初の“物語映画”と、偉大なる“映画の父”との時空を超えたコラボレー...
ヒューゴの不思議な発明 (3D吹替え) (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★【3点】(13) 冒頭からの奥行き感たっぷり映像に胃が浮いた(笑)
ヒューゴの不思議な発明(3D)       評価★★★★★100点        (パピとママ映画のblog)
「シャッターアイランド」のマーティン・スコセッシ監督による3Dファンタジー。パリを舞台に、父を亡くした少年ヒューゴが、父の形見の機械人形に隠された秘密を巡って、美少女とともに冒険を繰り広げる。 出演は「シャッター・アイランド」のベン・キングズレー、「シャ....
ヒューゴと不思議な発明 (こみち)
JUGEMテーマ:映画館で観た映画     死んだ父親が残した機械人形を修理することで大冒険が始まると思っていたら ちょっと違いました。邦題では、「不思議な発明」となっていますが ヒューゴやヒューゴの父親が発明し...
ヒューゴの不思議な発明 (佐藤秀の徒然幻視録)
機械仕掛けの夢と儚さ 公式サイト。原題:Hugo。ブライアン・セルズニック原作、マーティン・スコセッシ監督。エイサ・バターフィールド、クロエ・グレース・モレッツ、ジュード・ロ ...
ヒューゴの不思議な発明/Hugo (LOVE Cinemas 調布)
巨匠マーティン・スコセッシが初めて3Dで送るヒューマンファンタジー。ブライアン・セルズニックの小説を原作に、父の形見の機械人形に隠された謎を探る少年の姿を描く。主演は『縞模様のパジャマの少年』のエイサ・バターフィールドと、『モールス』のクロエ・グレース...
「ヒューゴの不思議な発明」 映画讃歌 (はらやんの映画徒然草)
スコセッシがファンタジー?それも3D?なんで?と初めて予告を観たときはたいそう驚
パパ・ジョルジュ。 【映画】ヒューゴの不思議な発明 (B級生活 ゲームやら映画やらD-POPやら)
【映画】ヒューゴの不思議な発明 監督にマーティン・スコセッシ。 撮影賞、美術賞、音響編集賞、録音賞、視覚効果賞 アカデミー賞で5冠を獲得。 【あらすじ】 1930年代のパリ。駅の時計台にひそかに住む孤児の少年ヒューゴ(エイサ・バターフィールド)の唯一...
『ヒューゴの不思議な発明』・・・映画で映画を語る (SOARのパストラーレ♪)
第84回アカデミー賞で5部門受賞に輝いたマーティン・スコセッシ監督の話題作。 時計台に隠れ住みながら父の残した機械人形をコツコツと修理する日々を送る孤独な少年ヒューゴは、玩具屋ジョルジュとその養女イザベルに出会う。イザベルが持っていたあるアイテムにより動...
映画「ヒューゴの不思議な発明」 (FREE TIME)
注目の映画「ヒューゴの不思議な発明」を鑑賞しました。
ヒューゴの不思議な発明 (新・映画鑑賞★日記・・・)
【HUGO】 2012/03/01公開 アメリカ 126分監督:マーティン・スコセッシ出演:ベン・キングズレー、ジュード・ロウ、エイサ・バターフィールド、クロエ・グレース・モレッツ、レイ・ウィンストン、エミリー・モーティマー、ヘレン・マックロリー、クリストファー・リー、...
誤解を招きそうな映画。『ヒューゴの不思議な発明』 (水曜日のシネマ日記)
1930年代のパリを舞台に父親が残した機械人形に隠された秘密を探る少年の物語です。
「ヒューゴの不思議な発明」ぶらぼ~!! (シネマ親父の“日々是妄言”)
[ヒューゴの不思議な発明] ブログ村キーワード  巨匠 マーティン・スコセッシ監督が贈る、初の3D映画。「ヒューゴの不思議な発明」(パラマウント ピクチャーズ ジャパン)。アカデミー賞では、チョット残念な結果に終わっちゃいました(それでも、“5冠”!)...
『ヒューゴの不思議な発明(2D字幕)』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ヒューゴの不思議な発明」□監督 マーティン・スコセッシ □脚本 ジョン・ローガン□原作 ブライアン・セルズニック □キャスト エイサ・バターフィールド、クロエ・グレース・モレッツ、ジュード・ロウ、     サシャ・バロン・...
ヒューゴの不思議な発明 (ハリウッド映画 LOVE)
原題:Hugo監督:マーティン・スコセッシ出演:ベン・キングズレー、エイサ・バターフィールド、クロエ・グレース・モレッツ、ジュード・ロウいったい、何を発明したの?
映画「ヒューゴの不思議な発明(3D)」感想 (帰ってきた二次元に愛をこめて☆)
3Dで観て欲しい映画。 何故なら”映画”の進化をはっきりと実感して欲しいから。 そして進化しながらも変わらぬものがそこにある事も。 白黒のちょっとした映像の見世物だった映画が、夢とメッセー...
「ヒューゴの不思議な発明」 (或る日の出来事)
ヒューゴ、発明なんてしてないじゃん、と思ったけど、原作は「ユゴーの不思議な発明」なのでした。
ヒューゴの不思議な発明 映画愛に溢れていて映像が素晴らしくて・・・でもしかし・・・ (労組書記長社労士のブログ)
【=12 -0-】 3Dと吹き替えがとにかく嫌いなので2D字幕版にて金曜日に鑑賞。 あれだけアカデミー賞にノミネートされていたというのに、受賞したカテゴリーは録音賞・音響編集賞・視覚効果賞・美術賞・撮影賞の5つ、物語には関係が無くて技術的な部門ばっかだった。(作品...
映画「ヒューゴの不思議な発明(3D・字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレあります (ディレクターの目線blog@FC2)
映画『ヒューゴの不思議な発明(3D・字幕版)』(公式)を先週平日のレイトショーで劇場鑑賞。キャパ221名に8名ほど。公開から一週間以内の割に少ないかも? 採点は、★★★☆☆(5点満点で3点)。100...
ヒューゴの不思議な発明 (映画的・絵画的・音楽的)
 『ヒューゴの不思議な発明』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)この映画については、『サラの鍵』や『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』を取り上げたエントリにおいて大いなる期待を表明していたところ、その期待以上の優れた出来栄えだと思います。  それ...
フィルムの音 (笑う学生の生活)
14日のことですが、映画「ヒューゴの不思議な発明」を鑑賞しました。 3Dにて見ました。 1930年代 パリ 駅の時計台の隠れて住んでいる孤児のヒューゴ 少女イザベルとの出会い、父の残した機械人形が絡み合って・・・ これがスコセッシ作品と思える感じで 万人に見やす....
『ヒューゴの不思議な発明』 映画愛ではない、とスコセッシは云った (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  本作はなぜ二つの異なる要素から構成されるのだろうか。  『ヒューゴの不思議な発明』の主人公ヒューゴは孤児である。駅の時計台に隠れ住んでおり、かっぱらいをして暮らしている。...
ヒューゴの不思議な発明 (Said the one winning)
監督 マーティン・スコセッシ出演:エイサ・バターフィールド クロエ・グレース・モレッツ ジュード・ロウベン・キングズレー サシャ・バロン・コーエン レイ・ウィンストン クリストファー・リーヘレン・マックロリー リチャード・グリフィス フランシス・デ・ラ...
ヒューゴの不思議な発明 映画愛に溢れていて映像が素晴らしくて・・・でもしかし・・・ (労組書記長社労士のブログ)
【=12 -0-】 3Dと吹き替えがとにかく嫌いなので2D字幕版にて金曜日に鑑賞。 あれだけアカデミー賞にノミネートされていたというのに、受賞したカテゴリーは録音賞・音響編集賞・視覚効果賞・美術賞・撮影賞の5つ、物語には関係が無くて技術的な部門ばっかだった。(作品...
『ヒューゴの不思議な発明』 (Cinema+Sweets=∞)
更新が遅くなりましたが、先週『ドラゴン・タトゥーの女』と同じ日に観てきた『ヒューゴの不思議な発明』の感想を。 とても評価の高い作品でもあるし、予告からして面白そうだったので、めちゃくちゃ期待し...
ヒューゴの不思議な発明(3D) (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
ヒューゴの不思議な発見 '11:米 ◆原題:HUGO ◆監督:マーティン・スコセッシ「ディパーテッド」「シャッターアイランド」 ◆出演:エイサ・バターフィールド、クロエ・グレース・モレッツ、サシャ・バロン・コーエン、ベン・キングズレー、ジュード・ロウ、レイ・ウ...
映画『ヒューゴの不思議な発明 3D』を観て~アカデミー賞受賞作品 (kintyre's Diary 新館)
12-28.ヒューゴの不思議な発明 3D■原題:Hugo■製作国・年:アメリカ、2011年■上映時間:126分■観賞日:3月24日、TOHOシネマズ渋谷(渋谷)□監督・製作:マーティン・スコセッシ◆ベン・キングスレー(パパ・ジョルジュ/ジョルジュ・メリエス)◆サシャ...
ヒューゴの不思議な発明 (銀幕大帝α)
HUGO/11年/米/126分/アドベンチャー・ファンタジー/劇場公開(2012/03/01) -監督- マーティン・スコセッシ 『シャッター アイランド』 -製作- *マーティン・スコセッシ *ジョニー・デップ -原作- ブライアン・セルズニック『ユゴーの不思議な発明』 ...
ヒューゴの不思議な発明 (いやいやえん)
思ってたよりは平凡でしたが、映画ってやっぱりいいよなぁ、と思える作品でしたね。(私はもっぱらDVD鑑賞ですけども~^;) 少年と機械人形とか、お店の中の雑然とした感じとか、素敵と思える部分もたくさんあって、楽しかった、というのが第一印象。 ただしか...
ヒューゴの不思議な発明 (タケヤと愉快な仲間達)
【あらすじ】 1930年代のフランスはパリ。父(ジュード・ロウ)を 火事で失ったヒューゴ(エイサ・バターフィールド)は、 駅の時計台に隠れ住み、駅の時計のネジを巻いて 毎日を過ごしていた。 独りぼっちになった彼の唯一の友だちは、父が遺し た壊れたままの“機械人...
「ヒューゴの不思議な発明」(HUGO) (シネマ・ワンダーランド)
名作「タクシードライバー」や、「レイジング・ブル」「シャッターアイランド」などの作品で知られる米映画界の鬼才、マーティン・スコセッシ監督がメガホンを執った詩情あふれるヒューマン・ファンタジー「ヒューゴの不思議な発明」(2011年、米、126分、パラマウ...