Tomotubby’s Travel Blog

Tomotubby と Pet の奇妙な旅 Blog。
でもホントに旅 Blog なんだろうか?

浅田次郎「中原の虹」

2006-11-15 | 今週の婉容
全四巻の大ヴォリュームとなるらしい浅田次郎の新作「中原の虹」を読み始めました。書店には既に第一巻が9月に並び、第二巻が遅れて11月に発売されると予告されていたので、少し待ってから二巻合わせて買いました。第一巻がまだ初版本だったのであんまり売れてないのかもしれません。

講談社のドル箱だから仕方がないかもしれませんが、ページを「蒼穹の昴」みたいに二段組みにしてくれれば全二巻に収まるのに。と思いました。

そういえば「蒼穹の昴」文庫版はなかなか刊行されなかったですね。1800円の単行本二冊を買い控えていた人は、590円の文庫四冊買うのなら、最初から単行本買えば良かったと言っていました。「中原の虹」も時間差つけて刊行するからには、文庫版が売られるのは相当先になるでしょう。長期戦に我慢できなくなった読者に単行本を買わせる講談社の戦略ですね。

で、第一章「白虎の張」を読んだだけでワクワク。この長編が名作「蒼穹の昴」の続編であることがすぐに判ります。
まず奉天の馬賊の頭目、総攬把張作霖が浪人市場で買った壮士、李春雷が「蒼穹の昴」の主人公である李春雲の生き別れになった実兄であること。

「蒼穹の昴」に登場して李春雲に昴の星の予言を授けた老婆白太太がまたもや現れて、張作霖や李春雷たちの行く末を予言すること。

冒頭、張作霖が李春雷を従えて向かった先が、中朝国境、長白山中にある清太祖愛新覚羅努爾哈赤(ヌルハチ)の陵で、そこで張作霖が見つけて奪うのは「蒼穹の昴」で乾隆帝が隠したとされた覇王の証「龍玉」であること。

表紙デザインが踏襲されているんで見ただけで判るという声もあるけど。
こうなると、やはり「蒼穹の昴」→「珍妃の井戸」→「中原の虹」と読み進めるべきなんでしょう。こちらは浅田次郎の戦略かな。

第二章「風のごとく」は太祖ヌルハチのエピソードで始まっています。どうやら「中原の虹」は明末清初の時代を清末から民国への時代に重ね合わせて描こうとしているようで、スケールが大きいですね。気がかりなのは、この小説で重要な役割を演そうな張作霖・張学良親子が、ヌルハチ・ホンタイジ・順治帝を重ね合わせて描くほど人間的に魅力があったのかどうか?ということ。

第二巻をパラパラめくると、西太后が天寿を全うするようなので、第三巻以降は溥儀、婉容も登場しそうな気配です。


溥儀と婉容

蛇足ですが、「北斗の拳」の続編ともいえる「蒼天の拳」、TV放映してるみたいですね。こちらは「中原の虹」と同時代の上海が舞台ですが、浅田作品同様、予言者がよく出てくるなー
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

くゃにんこ玉?

2006-11-14 | Japan 日常生活の冒険


「一の酉」の前日の風景です。
日本語を習い始めたムスリムの人向けかな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

李氏朝鮮時代の妓生・黄真尹

2006-11-13 | 好韓嫌韓・厭鮮
韓国ドラマでブームの李氏朝鮮時代の妓生・黄真尹について少し調べてみました。

まず「妓生(キーセン)」についてですが、少し誤解をしていました。

李能和・著「朝鮮解語花史」(1927年)なる文献によると、李氏朝鮮時代に風俗営業に就いていた女性たちは「蝎甫(カルボ)」という名で括られるそうです。蠍蝎の蝎の文字からもどのような扱いを受けていたのかが伺い知れます。この「蝎甫」は、いわゆる広義の意味であり、日本語でいうと「遊女」に該当するようで、文献では以下のように分類されています。

一牌妓生(妓女、狭義の妓生)
二牌妓生(殷勤者、隠勤子)
三牌妓生(搭仰謀利)
花娘遊女・女社堂牌・色酒家
下へ行くほど「売娼」の色合いが強くなるようです。「妓生」は等級別に、一牌、二牌、三牌と分類されています。一牌妓生が教養を持ち合わせ、宮中に出入りして上層階級の前で歌舞音曲を披露し「売唄不売淫」をモットーとしていたのに対して、二牌妓生は政丞や判書の家に出入りし、ときには夜砥までを行い、三牌妓生は専ら一般庶民を相手にした地方娼妓でした。このように同じ妓生でも一牌と三牌の実態はまったく異なっています。ただ「妓生」という言葉が一牌妓生だけを指す場合も多いため、あらぬ誤解を招いているようです。

なお、李氏朝鮮時代には通じて一牌妓生の中に医術と宴会を担当した「薬房妓生」がおかれていました。これはチャングムの時代に存在していた医女と妓生の区別がつかなくなったことを意味しています。彼女たちは、衣服や内宮関係の仕事を担当した「尚房妓生」とともに気位が高かったそうです。

韓流ブームより以前は、「妓生パーティー」メインの買春ツアー(売春ツアー)が、韓国の国策として日本観光客誘致、円貨獲得に重要な役割を果たしてきたそうですが、歌舞音曲を忘れた「妓生」はかつての一牌妓生とは程遠く、これが原因で韓国でも日本でも「妓生」とは売春と関連づけられた卑しい女性として考えるようになったらしいです。また、狭義の「蝎甫(カルボ)」という言葉は、広義の「妓生」と対比して、下位の「売春婦」を意味することも多く、このあたりがさらに話をややこしくしているようです。


絶世の美女、黄真尹は紛れもない「一牌妓生」で、両班階級の下級官吏の父と、その妾である常民の母との間に、1502年「松都」開城に生まれています。後に、あること(これについては 1986年 張美姫と安聖基が主演した映画「黄眞尹」で詳しく描かれています。輝国山人の韓国映画という尊敬すべきサイトに出ています。少しルーイス・ブニュエル的脚色が入っているのかな。黄真尹自身は、安聖基演じる男の素性を知らなかったというのが本当のようです)がきっかけとなり自ら志願して妓生の世界に入り(オンエア中の河智媛・主演のドラマとはかなり違っています)、両班階級と交わることで優れた漢詩を残して「詩聖」とまで呼ばれていました。


映画「黄眞尹」(1986年)の張美姫 面白いことに彼女は、20年後に映画で同役を演じる宋慧喬と、親子役でCMを演じているらしい。

李氏朝鮮の儒教社会における女性が、跡取りの男子を産む道具として扱われ、多くの束縛の中、家庭の外の世界との交流を禁じられたのに対して、一牌妓生黄真尹は、束縛から逃れたいわば自由人で、その自由奔放な生活から芸術性の高い詩が奇跡的に生まれたのでしょう。彼女の漢詩「奉別蘇判書世譲、送別蘇陽谷」が崔基鎬・著「韓国 堕落の2000年史」(凄い題名)という本に紹介されていましたので引用してみます。蘇世譲(陽谷は号)という判書(大臣)は、常日頃「女色に惑わされるようでは男とはいえない」と豪語していたのですが、黄真尹と30日限定で暮らすことにしたそうです。30日目に蘇世譲が帰り支度をしていたときに、黄真尹が詠んだのがこの詩で、彼はこれを聞いて「俺は人に非ず」と嘆き、服を脱ぎ捨て、黄真尹と褥を共にしたといいます。この話を聞くと、黄真尹って二牌妓生みたいに大胆じゃん。と思えてきます。

奉別蘇判書世譲、送別蘇陽谷

月下梧桐尽
霜中野菊黄
棲高天一尺
人酔酒千觴
流水如琴冷
梅花入笛香
明朝相別後
情興碧波長


映画「黄眞尹」(1986年)

韓国ではハングル一辺倒の教育が祟り、漢字の読み書きが十分にできない(日本でいうと小学校低学年で習う漢字くらいしか知らない。大韓民国の韓の字すら書けない)人たちが殆どになっているようです。黄真尹の遺した漢詩にしても、ハングルに訳されたものを読むだけで、最初からハングルで書かれたものと誤解している人たちが多くいるようです。もはや詩の本当に意味するところを理解できないでいるのではないかと危惧します。実際、李氏朝鮮期の文学で漢文からハングルへの翻訳ではなくハングルで書かれたものは、有名な「洪吉童傳」など数えるほどしかないのです。

最近の竹島や歴史認識の問題にしても、真実を解明できるのは漢文や漢字混じりの文献になるわけですから、漢字を読めない人たちを相手に正論でいくら議論をしても、劣等感を裏返しにした感情論を呼び起こすだけで、虚しい限りです。最後は愚痴になったかも。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

スキポール空港のトイレの蝿 (オランダ)

2006-11-12 | Europe ところどころ
お下品ネタです。今月初め、トイレに関わるコラム記事が毎日新聞に出ていました。例によって勝手に引用。

=======================================
<雑記帳>男性小便器のターゲットシールがヒット商品に

◇的があれば狙ってしまう男心を利用した「ターゲットシール」が、隠れたヒット商品になっている。男性小便器に張り、おしっこが当たれば変色する仕掛け。飛び散り対策に効果抜群だとか。

◇オランダ発のアイデアらしく、国内では一昨年、関西国際空港に初登場。評判を聞き、印刷会社の「たかアート」(大阪市)が今年商品化した。

◇シールは「ダーツの的」「てんとう虫」「777」の3種類で、10枚 3800円。当たると消える種類もある。見かけたら渋く構えて、「トイレのガンマン」といきますか。【板垣博之】

(毎日新聞 - 11月02日 19:21) (写真は早坂洋祐氏撮影のもの)
=======================================

記事中に「オランダ発のアイデア」とあるんですが、オランダの空の玄関口であるスキポール空港の男子トイレにそういうのがあることを人づてに聞いて知っていました(実は、ここの女子トイレにもっと凄いものがあるのですが、それはまたの話にしましょう。それからスキポールって名前、自分は初めて聞いたときから何故かトイレ洗剤のサンポールを連想してしまいます。でも、サンポール=聖パウロだから、恐れ多いネーミングかも)。具体的に言うと、朝顔の中に蝿がリアルに印刷されていて、男性は用を足す際に反射的に蝿を打ち落とそうと狙うらしく、結果的にトイレを綺麗に使用することになって、掃除が楽になるそうです。

この話を聞いて以来ずっと、Tomotubby は KLMオランダ航空で欧州に行く男性たちに、蝿の写真を撮ってきて。と御願いしていたんですが、その甲斐あってこんな写真を入手したのです。K君さんきゅぅでした。



想像していたより、おとなしめというか、清潔というか...なんだか今ひとつよく判りません。しかし拡大してみると、



確かに蠅がとまっているように見えます。立体的に見える。因みにこの蠅は当たると変色したり消えたりはしないとのことです。

変色するという関空のも見てみたいです。誰か写真撮ってきてくれないかな。

(と書いた後に検索してみたら、「デイリーポータルZ」で、女子禁制の男子トイレが細部までレポートされていました。スキポールの蠅の方がクールではあるな。それより関空のトイレが世界の空港で一番清潔なトイレに選ばれたことは知りませんでした)

あと、御馴染み蜂さん経由で知ったのですが、蠅の刺青というのがあって、なんだかスキポールの蠅みたいでした。↓こんなの



コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加

エスナの街で見つけたもの

2006-11-11 | Africa Afrique
コム・オンボからナイルを北に下るとまずエドフ、そのまた下流にエスナの街があります。それぞれに神殿遺跡があるので、ナイル川クルーズではこれらの街には必ずといってよいくらい停泊します。

エスナの街を歩いていて、こんなものをみつけました。

まず、ワニ絡みです。二階の窓からワニの剥製を吊るしている建物がありました。


これは何かの看板なのでしょうか。

お次は、エスナの斜塔。モスクのミナレットなんですが、倒れそうに傾いているので、鉄骨で支えられています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

コム・オンボ神殿 (ジョジョをめぐる旅 第二回 エジプト)

2006-11-11 | 漫画... 「デスノート」と「ジョジョ」など
ワニ頭のセベク神が祀られ、ワニのミイラで有名なコム・オンボ神殿は、「ジョジョの奇妙な冒険 第三部」で印象的なエピソードの舞台となっています。主人公、空条承太郎の仲間で、「銀の戦車」のスタンド(特殊能力)を操る正義漢 J・P・ポルナレフが、強敵「冥界の神 アヌビス神」のスタンドと派手な真っ向対決したのが、この神殿の中なのでした。「アヌビス神」の実体は切れ味鋭い刀で、その刀身を手にした者に取り憑いて、その心を奪い殺人者に変えるという恐ろしい敵でした。初戦、コム・オンボ地元の青年チャカに取り憑いた「アヌビス神」を、苦戦の末にポルナレフは下すのですが、刀の美しさに魅入られた彼は、コム・オンボの下流にあるエドフの街で、今度は「アヌビス神」に取り憑かれ、主人公承太郎を襲うことになります。まさに「ミイラ取りがミイラに」なったというオチです。

ナイル河畔から麦畑の向こうにコム・オンボ神殿が見えますが、途中にはカラベーヤを着て本物の銃を携えた人↓がいたりして、


ちと、おっかなかったです。




ピクチャレスクです。

ポルナレフは第五部で、ローマのコロッセオにおけるクライマックス・シーンに再登場しますが、どうも爬虫類と縁があるようで、亀に生まれ変わってしまう可哀相な運命にあります。(ネタバレ)
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

世界一長い川は?

2006-11-10 | Africa Afrique
前回、世界の大河と呼ばれる川は、大概が北から南に流れており、ナイル川のように南から北へ流れる川は珍しい。というようなことを書きましたが、本当にそうなのか、気になったので調べてみました。

いくつかの資料によって、順位が違っています。ただ、上位四位までは、どの資料も同じようです。ある年齢以上の人たちはミシシッピ川が世界一と習っていたそうですが、今ではナイル川が世界一長いのです。意外だったのは、そのミシシッピ川が四位であること。ミシシッピ川はアメリカにあるため以前から全容が明らかですが、ナイル川、アマゾン川、長江は水源がさらに上流に見つかったり、支流が見つかったりして、その分全長が伸びていったそうです。今後も伸びていくかもしれません。

① 6,650 km ナイル川 (南→北 ブルンジ・ウガンダ・エチオピア他→スーダン→エジプト→地中海)
② 6,400 km アマゾン川 (西→東 ペルー・ボリビア・コロンビア・エクアドル・ベネズエラ→ブラジル→大西洋)
③ 6,300 km 長江 (西→東 中国→東シナ海)
④ 5,971 km ミシシッピ川 - ミズーリ川 (北→南 カナダ→アメリカ→メキシコ湾)
⑤ 5,540 km エニセイ川-バイカル-セレンガ川 (南→北 モンゴル→ロシア→カラ海)
⑥ 5,464 km オビ川-イルチシ川 (南→北 中国→カザフスタン→ロシア→オビ湾)
⑦ 5,410 km 黄河 (西→東 中国→渤海)
⑧ 4,880 km パラナ川 (北→南 パラグアイ→ブラジル→大西洋)

以上は、外務省のホームページに載っている順位ですが、川の流れる方向も調べて書いてみました。名前をあまり知られていないと思うのですが、ロシアを南から北へ流れる川が、5位、6位に出てきています。前言撤回しないといけなくなりました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ワニのミイラ

2006-11-09 | Africa Afrique
ナイル川は南から北へ流れる川なので、当たり前なんですが川上が南、川下が北にあります。よって川に沿って北上、南下という言葉が使いにくい川です。世界地図を見ていてよく不思議に思ったのは、大河と呼ばれる川は、なぜか一部の例外を除いて、北から南(例えばミシシッピ、メコン)、または西から東(例えばアマゾン、長江、黄河)へ流れるのが相場ということです。ナイル川は数少ない例外になります。(←果たしてそうなのか?調べてみました

ついでに言うと、大きな半島も、たいがい北から南に向かって垂れ下がるように延びているのは、どうしてなんでしょう。オーストラリアで、お土産として南が上になったメルカトル図法の地図が売られていますが、どうも重力に逆らっているような形に見えあまり座りがよくないように思えます。

前置きが長くなりましたが、ナイル観光の拠点アスワンを50kmほど「北に下った」ところに、コム・オンボ(Kom Ombo)の街があります。アスワンから王家の谷のあるルクソールへナイル川を下るクルーズの最初の停泊地でもあります。船から下りると、麦畑の向こうにコム・オンボ神殿が見えます。エジプトでは、一つの神殿に一人の神だけを祀るのが通例なんですが、この神殿では、右側にワニの頭を持つセベク神、左側に隼の頭を持つホルス神と、二神が祀られています。不謹慎ですが、公衆トイレや銭湯を思い出してしまいました。


右端に居るのがワニの頭をしたセベク神

セベク神を祀っているためか、ワニのミイラがガラスケースに入れられて展示されていました。


ワニのミイラ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ラムセスⅡ世のミイラ

2006-11-08 | Africa Afrique
上野・国立科学博物館で開催中の「化け物の文化誌展」の隣でやっている「大英博物館 ミイラと古代エジプト展」。一般人には「ミイラと古代エジプト展」の隣でやってる「化け物展」なんだろうけど。英国経由の本物のミイラにも、ちょっとお目にかかりたくなってきました。

ミイラは、エジプトを旅行するとそこいらじゅうでお目にかかれるし、ヨーロッパやアメリカの博物館でも珍しくないんですが、袖の下払ってまで隠し撮りさせてもらったのは、カイロの考古学博物館の別室におわしまするこのお方だけ。Tomotubby 秘蔵の一枚でござる。



ファラオの中のファラオ。ラムセスⅡ世です。アブシンベル神殿、ルクソール神殿、メンフィス、カイロのラムセス駅...いろんなところで、その巨像を目にするあのお方です。

でもピンボケ。フラッシュ焚けなかったのであんまり綺麗に撮れていません。その分おどろおどろしくなって呪われそう。3200年前、ルクソールのナイル川西岸、太陽の沈む死者の地に葬られたときは、まさか墓を発かれ、カイロのナイル川東岸、生者の住む街で我が屍を晒すとは思ってもみなかったでしょう。望んでいた「復活」とはまったく別の形で。

あ、重要なことを忘れていました。ラムセス駅のラムセスⅡ世像は、8月末ナイル川を渡って、ピラミッドのあるギザに引越していました。2011年にギザにできる新博物館「大エジプト博物館」の前に鎮座予定。この像、そもそもはメンフィスのプタハ神殿からカイロに移されたもので、メンフィスに横たわっている像と対になっていたそうです。ラムセス駅はもともとカイロ中央駅の愛称だったのですが、駅前のラムセス広場は主を失ってしまい、新しいモニュメントが作られるのでしょうか?

つづく
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

バイバイ・ミスター・パイク (3)

2006-11-07 | 好韓嫌韓・厭鮮
ヨーゼフ・ボイスは胡散臭い奴。と前回書いてしまいましたが、日韓のナムジュン・パイク展では、「Eurasian Way」ほか、ボイスに関わる作品が多数展示されていました。例えば三星美術館 リウムでは「BEUYS Car」↓という作品で、TVにボイスのパフォーマンスを延々流していました。フェルト帽被ってマイクに食いつくボイスの姿がお判りいただけようか?


「BEUYS Car: I am Eskimo, Khazaks are Koreans」副題がまた怪しい

ワタリウムで目を引いたのが、2階にあった「BEUYS」という作品、そのものズバリの題名がつけられたこの彫刻、というかロボット↓でした。古いブラウン管TVで組み上げられた体に、フェルト帽、木橇、コヨーテ(ポータブルTVを見ている!!)と、ボイスを表す記号が加えられ、ユーモラスな作品です。胸には「忘以喜」「暴夷州」と書いてあります。


「BEUYS」

ナムジュン・パイクというと「K-456」という名の二足歩行型ロボットが有名です。モーツァルトのピアノ曲から名前をつけたんだろうと思いますが、こんなロボット↓でした。


「K-456」

1963年に、当時は放送局のエンジニアで、その後もパイクを支え続けた阿部修也の協力で作られた「K-456」は、フレームやコードがむき出しで、はっきりいって不細工です。リモコン操作によって動くので常に複数の人が同伴しないといけなくて、ASIMO みたいに安心して見ていられない感じ。胸の部分のビニール袋は空気の出し入れで膨らんだり萎んだりするらしく、歩きながらお尻から豆を排泄するような余分な機能もついていたらしいです。ぷぷぷ。「K-456」によるNYでの路上パフォーマンスがビデオとして残されているようです。↓拾いものです。


「K-456」乳母車が時代モノです

「K-456」は、その後も長年パイクと行動を共にしましたが、1982年、NYホイットニー美術館前のマジソン・アヴェニューで、パイクのリモコン操作によるパフォーマンス中に、車に轢かれてしまいました。ということで、交通事故に遭ったロボット第一号として知られています。ワタリウムの2階、「ケージの森」の前には、「K-456」の後継機「K-567」がひとり佇んでいました。


「K-567」

つづく
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加