Tomotubby’s Travel Blog

Tomotubby と Pet の奇妙な旅 Blog。
でもホントに旅 Blog なんだろうか?

ヴェールを着用する女性たち・他

2006-11-17 | Asia 「圓」な旅

李氏朝鮮の両班階級の女性

李氏朝鮮時代の両班階級の女性の外出着の写真を見つけました。これは50代の女性が着る服とのことです。なぜなら、両班階級の女性は出産可能な年齢、16歳に達すれば、年下の10歳になるかならない男子と結婚し、以後、50代になるまで嫁いだ家から外出することは許されず、どこかのやんごとなき女性のように、ひたすら子供を、跡取りの男子を産むことを求められました。

嫁いでしまうと、夫以外の男性と話すことはおろか、他の男性を見ることも禁じられていたそうで、他の男性に手が触れただけでも手を切り落とされたり、他の男性をぼんやり眺めていただけで自殺を命じられたりしたそうです。50代になって外出できたとしても、夫以外の男性にその姿を晒すことは不貞とされたため、暗くなってから、このようなヴェールを身に纏って道を急いだということです。前に取り上げた、同時代を生きた妓生の派手な生活や衣装とは対照的です。


イラク出身の女性 ファーティマ・アイシャ・ホメイニさん

一部の厳しい戒律を守るムスリムの女性は今も顔が見えないヴェールを着用していますが、以前、海外渡航のためのパスポートはこのようになっていたそうで、まるで何かの冗談のようです。写真の出所が不明なため、もしかすると冗談かもしれませんが。

少し古いニュースですが、2005年6月3日付けのイスラム・メモ(いつも見慣れているサイトと左右が逆なのが新鮮)によると、
=======================================


モリタニアの警察官により殴打された直後、首都ヌアクショットの国立病院に運ばれた2日後に、ザイナブ・ビント・ユーソフさんは、昨夜息を引き取った。

医師団によると事の顛末はこうだ。警察官が妊娠7ヶ月のザイナブさんが通りでヴェールを被っていることに抗議して殴りかかり流産させた。病院に担ぎ込まれ帝王切開手術をしたが、病状が悪化して死亡した。

モリタニアの治安機関は、ザイナブさんへの暴行は、公道でのヴェール着用を禁止する国家の命令違反が理由であると発表していた。政府はヴェール着用を、アルカーイダの指令に従う行動だと見なしている。

ザイナブさんが死亡する前に、パリに本部を置くモリタニア人権監視団体は、道路上での女性の拘束や襲撃を非難する声明を出した。
=======================================

ヴェールを着用していたばかりに暴力を受け死んでしまったという悲劇的な事件でした。


アメリカ人の変装

この写真もちょうど一年前のものです。ヴェール着用の子供を連れた人はアラブ首長国連邦・ドバイを訪れたアメリカ人なのですが、ショッピング・センター「イブン・バトゥラ・モール」で買い物をするためにアラブ女性に変装していたそうです。この後、女子トイレでメイクをしているところを見つかって警察に連行された御馴染みマイケル・ジャクソンさん(当時・47)でした。

=======================================
Michael Jackson’s toilet faux pas in Dubai
By Amira Agarib

13 November 2005

DUBAI When she went to the ladies washroom in the Egyptian Court of Ibn Battuta Mall at 9.30 last night, 37-year old Latifa M. never imagined that she would come face to face with pop icon Michael Jackson, who walked in dressed in a T-shirt and trousers, with his head covered with the Emirati women’s traditional head scarf Sheila.

The Tunisian, who is a teacher in a private school in Dubai, screamed in shock and ran out of the ladies room when she realised that the woman-like person was a man. She went back in to photograph the pop singer with her mobile phone, while he was busy fixing his make up.

This time it was the turn of Michael Jackson who ran after the Ajman-based teacher, to retrieve the pictures. The scene attracted the security of the mall, who tried to take the phone from Latifa, but she refused and asked for compensation, while the two women accompanying Jackson tried to convince her to sit in private and settle the issue.

Wary of this suggestion, the teacher called the police. Colonel Abdul Jalil Al Mehdi, Deputy Director of the Preventive Security Department of Dubai Police, took the matter in his hands and tried to solve the issue, while Jackson left it to his companions to explain who he is and solve the matter.

While Latifa insisted on compensation, Jackson flatly refused to pay up. The police informed Latifa that the UAE laws do not entitle her to any financial gain from the situation and they convinced her to hand over the mobile, which she did after erasing the photos for the fear of being penalised.
ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フィリピン料理「アドボ」を... | トップ | 「風の絨毯」 イスファハンは... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL