Tomotubby’s Travel Blog

Tomotubby と Pet の奇妙な旅 Blog。
でもホントに旅 Blog なんだろうか?

「ミニ・チョゴリ」と「トップレス・チョゴリ」

2006-11-29 | 好韓嫌韓・厭鮮
本来、この記事はナムジュン・パイクについての特集記事四回目の前置きなんですが、脱線して長くなりそうな気配なので独立させて、何回かに分けました。

朝鮮の伝統衣装チマチョゴリの変遷を調べていて驚いたのは、李氏朝鮮時代末期にチョゴリの丈がどんどん短くなって、下着にあたる胸当てが丸見えるまでに露出度が高くなったことでした。いわば「ミニ・チョゴリ」。儒教を国教とする李朝に相応しくないセクシーな風俗のような気がして、これは妓生(キーセン)のような花柳界の女性に限定された風俗だったに違いない。と考えました。例えば↓このような美人画のモデルは髪型から判断して妓生です。


「ミニ・チョゴリ」作者不詳、李人文、申潤福の美人画

ところが当時の風俗画を調べていくと、「ミニ・チョゴリ」は李氏朝鮮で広く普及・流行していたことが分かります。例えば↓のような絵。カラフルなチマ・チョゴリから両班階級(科挙官僚階層)を描いたものではないかと思われます。中人(職人階層)・常人(一般農民)と、賤民の階級は、一般に白一色のチマチョゴリを着ていたそうです。


金俊根「新婦宴席」


金俊根「端午鞦韆」

こうしてチョゴリ画像を調べていて驚いたのは、「ミニ・チョゴリ」よりさらに露出度の高いチョゴリが存在していたことでした。「ミニ・チョゴリ」から見える胸当てが取り外されて、裸の胸を露出させているのです。いわば「トップレス・チョゴリ」です。あな恐ろしや。


「トップレス・チョゴリ」作者不詳、申潤福、蔡臣

まず、2003年から2004年にかけて、中国や台湾の人たちがネットで「朝鮮露乳装束」「坦胸露乳裝」の存在を指摘しました。これに対して韓国からは、当然のように、そのような破廉恥な習俗は存在しえない。歴史捏造だ。と反論が上がります。しかし、合成写真とは思えない数々の写真や、欧米人の描いた版画までが物証として見つかったことで、韓国ネチズンは戦況不利と感じたのか、本件について沈黙を保っています。日本に数多ある「嫌韓」サイトや掲示板が、韓国を攻撃・愚弄するネタとしてこの奇妙な風俗を利用しない筈もなく、「乳チョゴリ」とか「乳出しチョゴリ」と呼んでネットで繰り返して取り上げたため、チマチョゴリについて検索すると否応なく「トップレス・チョゴリ」の記事にぶつかるのです。↓は、見つかった写真や絵画を台湾サイドでビジュアルにまとめたものです。


台湾発「トップレス・チョゴリ」の「まとめ」

つづく
コメント (10)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加