Tomotubby’s Travel Blog

Tomotubby と Pet の奇妙な旅 Blog。
でもホントに旅 Blog なんだろうか?

エスナの街で見つけたもの

2006-11-11 | Africa Afrique
コム・オンボからナイルを北に下るとまずエドフ、そのまた下流にエスナの街があります。それぞれに神殿遺跡があるので、ナイル川クルーズではこれらの街には必ずといってよいくらい停泊します。

エスナの街を歩いていて、こんなものをみつけました。

まず、ワニ絡みです。二階の窓からワニの剥製を吊るしている建物がありました。


これは何かの看板なのでしょうか。

お次は、エスナの斜塔。モスクのミナレットなんですが、倒れそうに傾いているので、鉄骨で支えられています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

コム・オンボ神殿 (ジョジョをめぐる旅 第二回 エジプト)

2006-11-11 | 漫画... 「デスノート」と「ジョジョ」など
ワニ頭のセベク神が祀られ、ワニのミイラで有名なコム・オンボ神殿は、「ジョジョの奇妙な冒険 第三部」で印象的なエピソードの舞台となっています。主人公、空条承太郎の仲間で、「銀の戦車」のスタンド(特殊能力)を操る正義漢 J・P・ポルナレフが、強敵「冥界の神 アヌビス神」のスタンドと派手な真っ向対決したのが、この神殿の中なのでした。「アヌビス神」の実体は切れ味鋭い刀で、その刀身を手にした者に取り憑いて、その心を奪い殺人者に変えるという恐ろしい敵でした。初戦、コム・オンボ地元の青年チャカに取り憑いた「アヌビス神」を、苦戦の末にポルナレフは下すのですが、刀の美しさに魅入られた彼は、コム・オンボの下流にあるエドフの街で、今度は「アヌビス神」に取り憑かれ、主人公承太郎を襲うことになります。まさに「ミイラ取りがミイラに」なったというオチです。

ナイル河畔から麦畑の向こうにコム・オンボ神殿が見えますが、途中にはカラベーヤを着て本物の銃を携えた人↓がいたりして、


ちと、おっかなかったです。




ピクチャレスクです。

ポルナレフは第五部で、ローマのコロッセオにおけるクライマックス・シーンに再登場しますが、どうも爬虫類と縁があるようで、亀に生まれ変わってしまう可哀相な運命にあります。(ネタバレ)
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加