深夜プリン

深夜の台所。ひとりこっそりと食す、バケツプリン。その至福……

ほしくびを見せられた日

2017-07-23 15:37:33 | むかしのこと

はじめに

本日のテーマは、タイトルの通り、ほしくび(干し首)でございます。

飲食されながらの閲覧は、お控えくださいますよう、お願い申し上げます。

なので、画像は、載せませんが、ご興味の方は、「干し首」で画像検索!
【注意】後悔しても知りませんよ。



ほしくび(干し首)

打首、ギロチン、

罪人や、敵の首をとって晒し者にする、
という行為は、洋の東西を問わず、どこでも行なわれておりましたが、南米のある地域の昔の風習で、罪人などを斬首したのち、頭部の中身を取り除き、干して、魔除けとして、吊るす、という、
宗教的な行いがあったようで。植民地時代に、それを見た外国の好事家たちに、妙な人気を得たりして、動物などで作ったレプリカが、流通したこともあったらしいが、昔のことですし、そんな人々が買い求めたものの中には、やはり「ヴィンテージ」物も・・・あったんではないか?とわたしは思う。



そんな「干し首」

小学生の時、同じ団地の友人宅で、
なんと、見せてくれた人がいた。

友人の母親だ。

遊んでいると、ふいに、私だけを別室に呼び
見せてくれたのだ。

白い箱に入ってきたそれは、
脱脂綿に包まれて、
子どもの拳くらいの大きさで、
それは、小さいながらも、人の頭部だった。

脱脂綿には、鮮血・・・

鮮血?を見た時点で、作り物と分かりそうだが、
小学生のわたしに、分かるわけがなかった。

あろうことか、その母親は、
「おばさん、これ気持ち悪くて。良かったらこれ、持っていかない?」

くれるって言うのか?😱

「脱脂綿は、毎日取り替えてあげてね」
世話の仕方まで言い始めた。

いらん。首を横に振る。
これ平気な人間なんているのか?

そのお家のお父さんは、海外取材なんかもやる
カメラマンだったので、
そんな趣味の悪い土産品が家にあっても、まあ不思議ではないのです。今思えば。

でも、小学生のわたしには、


それは、


まごうかたなき、


リアル生首。

果たして、ショックを受けた私は、
家に帰ってからも、しばらく固まっていた。
どえらい秘密を打ち明けられた。
「お父さんやお母さんには、言わないでね」たしか口止めもされた。

小学生の私は、ショックで、混乱した。
あの家には、今だ鮮血を流し続ける、謎の生首があって、しかも秘密だと言う。

もう少しで受け取らされそうになったけど、
どうしよう?

秘密と言われて、なんか、重い罪を背負わされた気がして、なんとも恐ろしく、心細くなった。

夜、父の帰宅をみて、耐えきれなくなった私は、

両親に泣きながら、顛末を報告した。

「そんなの、おもちゃよ」母は笑った。

「子供になんてもの見せるんだ!!」父は怒った。

そう、それだよ!

私は、その父の怒りにふれ、やっと、「生首」の呪縛から解放されたのだ。

生首よりも、怒ると怖い父。うちには、父がいる。

首が本物であるか否かは、取り敢えず問題じゃない。(作り物であることは、後々理解できる。)

常識を超えた行いに、鉄拳を振るうことができる、良識ある、大人(父)の怖さ。

私は、この父の怒りに、どれだけの安堵をえたか。

 

心の琴線ギリギリのキワモノ。子どもの理解力を超えるものは、やはり、見せてはいけないのだ。映画でいったら、R14指定だ。

この事件?結局、悪いのは、友人の母親ってことですね。少し、度を超えてしまった。ま、悪い人じゃ、ないんですけど。

考えて見れば、夫の海外出張の妙な土産物に閉口していただけ、と思われます。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« JKをも虜にする、永遠の気品... | トップ | 娘の眉を描いてあげた »

コメントを投稿

むかしのこと」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL