人は何のために生きるのか?★お釈迦さまの仏典に学ぶ★

同じことを繰り返す毎日だけで終わらない、自分らしく生きる意味(^^)/

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

シンガポールの空へ☆その2 親鸞聖人降誕会♪

2009-06-22 | 親鸞聖人の教えを学ぶ


射水市の親鸞会館で開かれた

 親鸞聖人 降誕会の2日間、、、

  高森顕徹先生は

 「利他の信楽うるひとは
  願に相応するゆえに
  教と仏語にしたがえば
  外の雑縁さらになし」  (親鸞聖人)

 このお言葉から、
 親鸞聖人の本当の教えを、
 明らかにしてくださいました。


「利他の信楽うる」とは、

 死んでからではない、
 生きている今、
 弥陀に救い摂られたこと
であり、

 それを、
  「信心獲得」「信心決定」と、言われるのですね。

 

親鸞聖人は、
  「利他の信楽うるひとは」
  「外の雑縁さらになし」
 無碍の一道に生かされる のだ と仰有っています。

 弥陀に救い摂られた人は
 絶対の幸福になれるのだ、と。

  『歎異抄』には、次のお言葉があります。

 念仏者は無碍の一道なり。
 そのいわれ如何とならば、
 信心の行者には天神・地祇も敬伏し、
 魔界外道も障碍することなし、
 罪悪も業報を感ずることあたわず、
 諸善も及ぶことなき故に無碍の一道なり、と云々。


一切のさわりが、
  さわりのままで、
  さわりとならなくなる世界、、、
  無碍の一道とは、
一体どんな幸せなのでしょう。

 
  「難思の弘誓は難度海を度する大船
 無碍の光明は無明の闇を破する慧日なり」
(親鸞聖人)

 弥陀の救いとは、
 苦しみ悩みの波の絶えぬ、人生の難度海を
 明るく楽しく渡して下さる、
 大きな船に乗せていただくことなんだよと

 『教行信証』の冒頭に、
 親鸞聖人は、教えてくださっているのですね。

 

生まれた時に
  大海に放り出されたような私たち。
  周り中、空と水しか見えない。。

  泳がなければ沈むだけ。。。

    みんな泳ぐしかないのですが、 

  どこへ向かって泳げばよいのでしょう。

  分からない。。。

 

 一番知りたいのは泳ぐ方角です!!


 政治も経済も科学も医学も芸術も倫理も道徳も
 泳ぎ方を教えたり、
 丸太や板切れを与えてくれても、
 助かる方角は、示していない。。 (>_<)

 「ここに、大きな船があるぞ!
 絶対に沈まない船があるぞ!」
 と、

 生きる方角をハッキリと、

 明示してくだされた方が親鸞聖人なのです (^o^)/~~


 ほかに、、、
 どこに、、、
 そんな方が、、、
 おられるでしょうか!!!!!


そして、、、

 ではどうすれば、
 「利他の信楽うる」身になれるのか。。
 「外の雑縁さらになし」の幸せになれるのか。。

 次に わき起こる
 私たちの疑問に、、、

 「願に相応するゆえに
 教と仏語にしたがえば」と、
 お答えくださっているのですね。。


 

 こんな短いお言葉に、、、
 足すものも、引くものもなく、、、

 親鸞聖人の教えのすべてが
 おさまっている・・・と驚かずにおれません。 


 「知った」「分かった」とは、天地の違い、、、
 無碍の一道に向かう、一本きりの真実の道、
 大切に、進ませていただきたいと思います。m(_ _)m

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« シンガポールの空へ☆親鸞聖人... | トップ | See you next time !! »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ありがとうございます。 (JJSG)
2009-06-23 00:53:48
丁寧にお書きくださり、ありがとうございます。
ほんとにありがとうございます。
まずは2回繰り返して読ませていただきました。
また何度も読ませていただきます。

続きも期待していいですか?
(ずうずうしい性格なんです♪笑)

本日、K先生、先輩、同期、後輩からもメールがありました。
みな、心配してくれて、概要を伝えてくれました。
幸せものです。
でもやっぱり、現地に足を運んで、真剣に聞かせていただかないとダメですね。
甘えていてはいけません。

お金と時間と足を使って!!

ありがとうございました。
素晴らしき法友☆ (kitty→JJSGさん)
2009-06-23 22:15:28
JJSGさんには、素晴らしい法友がたくさんおられるのですね。

わたくしの、
聞かせていただいた、
いっぱいを、、、
どのようにしてお伝えしようか、と、、、
いろいろと考えているところです。。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。