Silenceのほとりで散歩 by ともすけ

山アリ谷アリのアフガニスタン赴任を終え2014からモーリタニアにて毎日こつこつ脳内改革作業中…

このブログについて(最新記事はこの後に表示されています)

2099年10月13日 | ブログ案内&連絡事項

2014年10月12日ブログ人よりこちらGooに引っ越してまいりました
一記事一カテゴリー設定への対応、画像のサイズ訂正、閉鎖したHP関連記事の整理のため、しばしば訂正が入ります…

Webの雑踏の中にころがるこのブログをご訪問いただきありがとうございます。私は1998年頃から、「デヴィッド・ボウイ」のインタビューと歌詞の訳「こっそり訳詞集」を中心にHP(We Are Strangers When We Meet)をこつこつ運営していました。

HPを立ち上げた90年代終わりから10年でネット文化にもネットの利用者にも劇的な発展と変化がありました。著作権や肖像権のことをもっと気を遣わなくてはならないこと、自分の書いたコトで不快に感じる人もいること、また知らないところで批判されうることも覚悟しなくてはならないことも知りました。

これらの流れにスマートに対応できる自信が持てず、転職&海外赴任をきっかけにHPは2007年11月に内容を縮小、2015年2月OCN PageON終了とともに閉鎖しました。一方、元々HPの更新連絡用であったブログは継続し、生活のコト、そして大切なボウイさんことDavid Bowie氏のことなどを投稿し続けています。

2013年のボウイさんの10年ぶりの新アルバム発売に合わせて、「The Next Day」の全曲の解釈と感想を投稿してみました。HP運営を通じ、多くのボウイファンとの素敵な出会いがあったことを思い出し、以降、少しづつ2007年までに行った多量の歌詞訳と解釈を見直して投稿し始めました。ちょっと年をとった私にどんな新発見ができるのかわくわくしながら…。

そして、2016年…ボウイさんはこの世から去ってしまいました。寂しくて心細くなることしばしばですが、大切に最後のアルバム「★」の解釈と「こっそり訳詞集」の復活を行っていきたいと思います(アルバムごとにカテゴリー分けしています。左の柱のカテゴリー欄からご覧ください)。

ボウイさんの存在に改めて感謝。これからも、どこに行っても、ボウイさんの作品とそして遠藤先生の「死海のほとり」は私の栄養です (ともすけ 2016年3月最終訂正)

ご連絡、ご感想はコメント欄か☆こちらまで。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

プリンス殿下そしてパパ・ウェンバ☆彡

2016年05月03日 | 追悼 デヴィッド・ボウイ

遅ればせながら、殿下の突然の死から考えたコトについて投稿してみたいと思います。

カテゴリー選択にまた悩みましたが、既存カテゴリーで一番関係している「追悼デヴィッド・ボウイ」にしています。殿下のことなのに特にファンの方にはごめんなさい。ホント、複数カテゴリーを設定できないのは苦しいです。

4月21日の19時頃、事務所を出る前にニュースチェックをしたところ、プリンス殿下逝くのニュース…。帰りの車中で聴いたRadio France Internationalもそのニュースを混乱しながら伝えていました。

大学生の頃(90年代前半であります)、所属していた混声合唱団の同パートの1年先輩に殿下の大ファンかつその他洋楽にも詳しいHさんという方がいました。まだ洋楽初心者に近かった私がボウイさんについて語るのをあったかく見守りつつ(私にとってホント初チケ取り!のティンマシーン来日の際チケットの取り方も教えてくれました)、殿下のことを熱く語り、CDもいろいろ貸してくださいました。

とても大切な思い出です。

そんなこともあって、私の中では発表される作品の色は違っていても、ボウイさんと同じく、自分と時代に挑戦し続けることより輝き続けるカリスマ性があって、作品の出来不出来よりもその生き方によって、アーティストを含む多くの人々の「灯台となるタイプのアーティスト」のひとりとして、尊敬&応援の対象でありました。

つい先月、ツアー中にボウイさん追悼の素敵なパフォーマンスを織り込んでくれたところなのに…。

そのパフォーマンスを見て、ジャンルは違うけれど、挑戦的なことはプリンス殿下などが続けてくれるのかなと現役で頑張る存在をたくましく、今後も頑張ってほしいなぁと思っていたところ…。

そして、ボウイさんの死にもプリンス殿下の死にもびくともしなかったAfrica24という普段見ているニュースチャンネルですが、ここ1週間、4月24日にコート・ジボワールでのコンサート中に倒れ急逝したコンゴ出身のアフリカ音楽の巨星パパ・ウェンバのことが大変な大ニュースになっています。

彼のことは、ピーター・ガブリエルを通じてちょっと知っているくらいだったのですが、あまりにもすごい騒ぎなので(Africa24ではまだ関連ニュースがトップ扱いで、30分ごとに追悼ビデオが流れます~写真参照~ボウイさんの時のBBC Worldの様です)、いろいろ調べて興味をふくらませています。

日本のニュース(時事)
BBC(英語

Africa24(仏語)
ピーター・ガブリエルの追悼コメント
RealWorldレーベルの追悼ページ

欧米そして日本の大巨星、そして彼のように欧州でも活躍したタイプのアーティスとのニュースは耳に入りますが、世界中での彼らのようなアートを通じて自分と世界に挑戦した存在が(時には差別や偏見やの壁を打ち砕いた!新しいジャンルを開拓した!)が確実に消えて行くのだなと思うと寂しいです。

情報が氾濫し、テクノロジーが発展し、価値観が分散し、そして、公にものを言うにも創作するのにいろんな方面に気を使いまくれなければ恐ろしい破滅に繋がりかねない今、時代的に、勇気と革新的なアイデアで時代を揺るがす新たな文化的革命児的な大巨星は生まれにくいかもしれない。でも、きっと、影響はもっと小さいかもしれないけれど、革新的なことを紡ぎ出している人たちはきっときっと途切れない。そう思いたいです。

-------------

今、突然灯台の火が消えて、喪失感に襲われている人がたくさんいるのではと思います。すごくわかるので、そのことを思うと、心がきゅっとなります。

これからは自分で火を灯し、進んでいかなくてはならない。それができるまで、寂しく、不安だと思います。

でも、こちらの投稿でも触れましたが、他の人からもらった感動や影響は、その人の生前、死後にかかわらず自分の中で起こった小さな転生と言えると思います。自分の魂を震わせる存在に出会えたことを(そして引っかっかった自分の感性にもちょっと)感謝し、受けた影響を自分の光の糧に変えて、生きて、そしてまた誰かの力になることができれば、その受け継いだ光の素は自分の小さな転生と共に未来永劫受け継がれ生き続いていくのだと思います。

本当に皆さん安らかに!!!その魂の炎で灯台になってくれてありがとう!!!

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

☆ヌアクショット衣食住~ちょっと心配なゴールドラッシュの行末

2016年05月03日 | モーリタニア&西アフリカ

続いて、ここ数週間モーリタニアの巷を賑わせている話題です。

Tasiastという北部の地域付近の金鉱を個人で掘れるように法律改定!ということで、何とまさにゴールドラシュが起こっております。知り合いの西洋人の皆さんの話だと警備員やコックさん等が突然辞めて行ってしまったとか、モーリタニア人の同僚や友人からも彼らの親戚、知人や友人が突然行ってしまって心配している、という話を聞いております。

こちら詳細関連ニュースです(Redio France Internationalの記事)と(Afrique Actualitéの記事)。

週末ボランティアでちょっとお手伝いしている農園(この農園の話はいずれ)のモーリタニア人の農業専門家の方によれば、初期投資は

1.鉱山省の許可証(4ヶ月有効)代 100,000ウギア(約3万円)
2.金属探知機(空港とかで警備員さんが使っている棒)2,000,000ウギア(約60万円)※高騰中
3.四輪駆動の車(砂漠なので)少なくとも1,000,000ウギア(約30万円)

と、約90万円かかります。それでも既に2万人程現地に殺到しているそうな。それに加え、↑記事では1万6000人許可書待ちとのこと。

行き先は水も医療施設も十分ではない砂漠。皆、家も車も売り払って資金を作って出かける知人や友人のこと、心配しているようでした。

また、金属探知機は品薄で値段超高騰中。↑のニュース記事でもローカルマーケットで200EUROから4,000EUROに高騰と書いてありました。探知機メーカーにとっては大ビジネスチャンスかもとのこと。探知機メーカって?日本ではいくら?と思ってちょっと調べてみると、アメリカのGARRETT社の日本の空港で使用されているプロ仕様のクリケットラケットみたいなタイプで12000円位のよう。確かにすごいビジネスチャンス。

4ヶ月後、無事健康で投資以上の金を見つけて帰ってこれますように…また、人生かかっている人たちの間でいさかいもあるだろうし、厳しい条件のなかでの作業で怪我や病気になる人もいるだろうし、ゴールドラッシュ前から金発掘をしている欧米の企業も幾つかあるようですし、政府や企業が速攻現地での安全確保強化のために多少利害を超えて動いていること、祈っております。

しばし見守り必至の話題であります。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

超小ネタ~赤道ギニアの国章におよ?

2016年05月02日 | モーリタニア&西アフリカ

日本はゴールデンウィーク真っ只中ですが、こちらもメーデーが日曜日となったため、3連休になりました。

出張やイベント(6月5日ころ始まるラマダン前にできるだけ済まさないといけませぬ)、報告書の締切などなどでブログの更新が止まっておりますが、この連休を使ってちょっと更新ネタを書き溜めておこうと作業中。

まず、ずっと超小ネタ!で投稿しようと思っていたことから。

ほとんどTVつけているときは誘惑に負けず固定している、「Africa24」というアフリカのニュースをフランス語で報じるチャンネルがあるのですが、時間の節目節目に政府の広報コマーシャルが流れます。

その中で「赤道ギニア」のものがよく流れるのですが、その国旗の真ん中の国章におよっとなりました。←のTV画面の写真をご覧ください。

ファンタジー好きのかたなら、ピンとくるかなー。そうです、なんだかちょっと指輪物語の「ゴンドール」の国章に似ていますよね!ね!

このコマーシャルを見る度、最後無事王様となった馳夫さんことアラゴルンの姿と国旗が浮かびます。映画版だと最後、白の木に花が咲いてるところかな。

赤道ギニアの現国旗はスペインからの独立後幾度かの変更を経て、1979年から使われているもので、国章の真ん中の木はマングローブで、上には6個の六芒星、下には国のモットーである「統一・平和・正義(Unidad Paz Justicia)」と言う文字がデザインされています。詳細はこちら(Wiki)で

ゴンドールは、白の木と、翼ある王冠、七つの星ですね。詳細はこちら(Wiki)で

以上、超小ネタでした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スケート用品を★で飾るの巻

2016年03月28日 | 2016 ★ Blackstar

このようなクロスカッティングな話題を投稿するとき、カテゴリーが一つしか設定できないのがこのgooブログの難点であります。うむむ…悩みましたが、この行動の初めかつ最大の動機は何か、ということで『★ (Blackstar)』カテゴリーに分けてみます。

2008年始めにキエフでスケートを滑り始めてから、スケート靴用バッグやエッジカバーは紫色で統一していました。最近、年齢的に合わなくなって来たかも…と思っていたところ、煌く夜空の用な黒の半透明ラメ入エッジカバーを発見。黒で統一するのもいいかなと思って、黒のスケート靴バッグも合わせて購入しました。

そして、ボウイさんの新譜『★』発売のニュース。それなら、★仕様にちょっと細工をしよう!と思って、★形の5mm位の少し光沢のある石のビーズを購入しました。

これらは全部、日本の帰省先実家に配達にしていたので、2015→2016年末年始の休暇で作業し使い始めるのを楽しみに帰省しました。

でも、帰省中は思いのほか忙しく、作業はこちらに戻ってからすることにしました…。

しかし、ボウイさんの突然の訃報。ちょっとした作業なのになかなか始める気になれずにいました。

『★』の曲の解釈をほぼ終え、落ち着いたコロ、やっと作業ができました。靴袋のポケット部分に★を7つ縫い付け、エッジカバーには★を外側踵部分に2つづつ強力接着剤でくっつけました。

ちょうどいい地味派手さとこっそり具合。満足のできる出来になりました。

次のスケート練習は、7月始めのラマダン明けのお休みにラバトで…になりそうです。

まだまだ先…。でも…

自己満足の極みではありますが、足元から力をもらえそうな気がします

コメント
この記事をはてなブックマークに追加