TOMOの日常。。。kehidupan TOMO

流山児★事務所の横須賀智美による日常日記。
役者の素顔が見えるかも。。。INDONESIA交流記も満載。

見納め。。。

2016-05-29 | インドネシア

押しに押した開演時間。




ここでも子供達の踊りから。
これはよい。

その後映画があったり、音楽があったり。。。
これが長すぎる。
段取り悪いし。
トリがwayang bocorにしなければなのだが、どんどん遅くなると子供達が帰ってしまう。。。



何とかはじまる。



始まってしまえば子供達も眠気よりも面白さにひきつけられる。



裏から見るとこんな感じ。



ここだけ演出家で脚本家のグナワンが参加。
一番楽しそうだった。
あれこれ即興いれてたし、皆も演出家が来るとなって気が引き締まってた。



記念撮影やらインタビューやら。



ともも見てばかりだったのでここだけは参加。
は〜〜〜。
面白かった。
仕事でも楽しいのはいいことだ。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

きました、最後のwayang bocor。

2016-05-28 | インドネシア

撮影隊も最後なんで気合が。




ここは子供たちがえらい積極的だった。



ナンカ(ジャックフルーツ)の木もたわわに。



いい田園風景。



まだ井戸を使ってる。



アンドレはドキュメントだったので皆のインタビューも。



こういう感じがゆるくてよい。
赤ちゃんも興味津々。

小さい時から芸能に触れるいい機会。



あはは!
舞台の足はヤシでバランスとってた。



ラロンという季節の変わり目に大量発生する羽虫。
この羽を取って揚げて食べるとか。

とにかく雨季なのに本番は雨が降らない奇跡。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3村目。

2016-05-27 | インドネシア

またしても大雨中の準備。




ついた時には雨もやんでたし、皆お昼ね中。



夕方になり照明の準備も始まり、役者もメイクなどなど。



ここはウィルダンの村なのでみんなでかけつけ。
どんな村にも呼ばれればいくのだ。
そして村にも都会の芸能を見てもらうのが目的。



最初は村の子供達の踊りから。
そして恒例のテレとレンドラから。



やはり影絵始まると大盛り上がり。
時勢もたっぷり。



お化けも出てくるし。



後ろでは皆横になったりしてみる。
これが正しい姿勢。
固くなってみてはいけません。



何度見ても飽きない。



即興で色々変わるが台本はガラシのグナワン・マルヤント。



そしてやはり終わったらカラオケ大会。



子供たちはぐっすり。
残りあとひとつ。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大迷惑。

2016-05-26 | インドネシア

こういう場面によくでくわす。




若い子たちが中心になって織り成す騒音パレード。
彼らは耳栓してるが近所中迷惑。
集団心理で彼らを触発させると暴力沙汰になるので放置。

大概は選挙の党支持パレード。
政治に関心があっていいけどこれわな〜〜〜。


以前警官が彼らを捕まえて耳栓とって、耳をちかづけさせた事があった。
鼓膜が破れたことでやりすぎと言われていたが、ともはそんな事思わない。
かなりの騒音と大渋滞とストレスをひきおこしてるのだもの。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2つ目の村。

2016-05-25 | インドネシア


雨季にやってるツアーだから雨との戦い。



でもついた頃には晴れ。
スタッフは大変。
雨防止もしとかないとだし。 



暗くなってきてどんどん人が集まってくる。



盛況のうちに始まる。



本当に影絵と人間と色々ミックスして面白いのだ。



影絵劇ならではのゴロゴロも。



是非日本で公演したいものだ。



最後まで少しホラーな作品。



この日はこのままセクシーなお姉ちゃん達が登場しての歌大会に。
イスラムといいながらもこういったセクシーイベントも多いインドネシア。
興味深い国だ。
一生懸命ばらすうちのメンバーとのギャップが。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

エコのwayang bocor。

2016-05-24 | インドネシア

今回は初の写真家での参加。



昔からの大ファンなので嬉しい。
4村を巡るのだ。



1番初めはスタッフの1人でもあるグンデュッの実家の村。
本当に何もない。
なかなかたどりつけなかったし。



エコ待ちが遅れに遅れての開始。



今回はコマールではなくレンドラ。



お化けでも可愛いテレ。



この作品というか、この団体を日本に招聘したいな〜〜と思ってる。



エンデイングまできもかわいい。



村の人に大歓迎。
エコは世界的に有名な現代美術家。
その彼が伝統芸能である影絵ワヤンに取り組んだ新しい公演。
芝居あり、ワヤンありとエンターテイメントなのだ。

さらに、こういった村めぐりすることを目的としている。
ともは大ファンなのだ。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

UGMでのYULI作品。

2016-05-23 | インドネシア

なかなか会場がわからなかったがやっと到着。



かわいいガムランやユリの作品も。




工具、みたいなテーマのもとの作品。



バラエティに飛んでいて面白かった。



いたずら描きされた1000ルピア集めてのアルバムなど、アイデアもユニーク。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

TBYの展覧会。

2016-05-22 | インドネシア

ジャワ舞踊の稽古があるので、TBYでの展覧会には良くありつける。



グラフィック作品化とおもいきや版画べースの4人の作家。





一人目は割りと繊細なぐろけい。



バテイックモチーフにしたものは好きだった。



2人目は色鮮やか系。



3人目は武道系。



4人目は重いシュール系。

好きでないものでも目を通すと思わぬ発見もあるのでかかさずに見てる。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

仮面フェステイバル。

2016-05-21 | インドネシア

よだれが出る企画展覧会。




知り合いでもある、世界的に有名なダンサーのデイデイックやミロトのコレクションも。
写真を撮ってはいけないのが残念だったが、貴重なもの沢山見れた。



入り口もかわいい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

友人が雑誌に。

2016-05-20 | インドネシア

衣裳・ヘアメイクアップアーテイストのエノッ。




2003年にはまだガラシのメンバーで演出もやったりしてた古い友人。
今では映画のベスト衣裳などにも選ばれる売れっ子の有名人。
ココ何年も連続で優秀賞とってるのだ。
そりゃ雑誌にものるさ。



で、とものおすすめしないレストラン。
大量人数収容できるのと、冷房があるからで日本人のお昼場所で有名だが、
インドネシアらしさもないし、おすすめはしません。
文句だけ言ってるのは卑怯なんで、実際に行ってのリサーチ結果。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ゆいさんとのビエンナーレ。

2016-05-19 | インドネシア


今回のゆいさんの目的はビエンナーレ見ること。
なのでとも何回目かの来場。



ちょうどパフォーマンスが!
盲目の男の子がコーラン暗唱。



一般人が盲目気分を味わうツアー。
両目を隠して、ガイドに連れられてのミュージアム見学。
ガイドも盲目。



前回見逃してた部屋が。
隠し部屋があった。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

レストラン。

2016-05-18 | インドネシア

ゆいさん帰る前の空港そばでのレストラン。





何年ぶりかに来ました。
ギャラリーもお土産やも併設。
でも行ってからレストランの電気つけられてやっぱりここもホラー感。

懐かしの有名な詩人レンドラの写真見つけた! 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おどろおどろしい。

2016-05-17 | インドネシア

ビエンナーレの一貫作品。




通り過ぎてしまうくらい、ひっそり。
しかし怪しい。
入りづらい。



昼間にいったのにホラー感が。。。



おどろおどろしいが、存在感はたっぷり。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ゆいさんと展覧会周り。

2016-05-16 | インドネシア


ま、イッシュのガイドです。



スマールばかりをテーマにしてる有名な美術家の展覧会もちょうどやってた。



ものの見事にスマール。
普通の絵もあったのが意外。



さらにはばていっく作品はごく普通。
もとはここから始まったらしい。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ngayogjazz。

2016-05-15 | インドネシア

雨季に行われるジャズフェス。



今年は遊びに来てたゆいさんが、行ったことないというので、一緒に。
毎回ながら本当に村でやるので探すのが大変。
よくたどりついたわ。



村ごと貸しきっての大イベント。
まず訪れた舞台。
まだ10台の彼らが演奏してた。



二つ目では地元のガムラングループが。



3つ目では知り合いがMCやってた。



4つ目のステージ。



メインの5つ目のステージ。
とりのステージ見たかったのに、近寄れもできない。
さすがメインステージなので出演者も豪華。



この創設者でもあり、メインステージのとりを勤める音楽バンドのボスでもある。
世界的に有名なミュージシャンじゃどゅっ。
いい人柄です。
娘も美人。
息子は今日本に留学中とか。

ああああ。
雨の降らないngayogjazzはじめてでした。
満喫。 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加