僕たちの天使

私の愛する天使たち、ネコ、山P、佐藤健君、60~80年代の音楽、バイクなどを徒然に語っていきます。

(6/18)母が逝った

2017年06月18日 19時55分51秒 | 両親のこと、入院のこと
「父が泣いた」の記事から一週間後の12日、母が逝った。
2つ目の病院に転院してから2週間も経っていない。
急激な変化だった。
食べなくなってから(元々、前の病院でも食べる量は少なかったが、食べる食べないは別として、毎日3食出ていた。それがこちらの病院に来てからは
食べないとなったら、食事が出なくなった)、急に弱り始めた。

こんなことを今更言ってもしょうがないが、あの病院に対する不信感は結局払拭できなかった私だ。

「死」が軽い。
そうだろう、毎日のように誰かが死に、淡々とその日の当番医師が「死亡宣告」して足早に去っていく。
私の目の前で、呼吸が止まったのは8時少し前。
父に電話をしたのが8時、とケータイに記録されているから、その時刻だ。
が、医師の死亡宣告は8時52分。
これが母の死亡の時刻になった。

親の死に目に会えない、とよく言われるが
神様、
私の目の前で、母、あっちに逝ってしまったよ。
私一人で母の最期を看取ったよ。
もう人事不省に陥っているから、苦しむとか痛いとか、見ていてこちらがつらいとかの感情はなかった。
穏やかな、というのもちょっとふさわしくない。
ドラマチックでもない。
静かに呼吸が止まった、もっともっと揺り動かせば、また再開するような静けさだった。
そしてその直後から
非日常の日々が始まった。
それは記録として、後に気持ちが落ち着いたときに書いておこう。

葬儀が終わって、一日休んで、仕事を始めた。
そして、死んだ時も葬儀の時も涙が出なかったのに
今日はいろんなことが思い出されて、いろんな後悔が押し寄せて
スーパーの中をウロウロしながら泣けてきた。

お母さん、ヨーグルトを毎日食べ続ける私です。
毎日、あなたに、ヨーグルトを買って、この味、あの味、と何種類ものヨーグルトを試して
自分も毎日食べているうちに、昨年から気になっていた腸の張りがすっかり無くなって
ヨーグルト効果だ、と思って食べています。
あなたに、あんなに勧めていた自分だから、これからも毎日食べます。


私は
自分の後悔に苛まれるのが怖いのだ。
後悔。
もっともっと、自分が今年の正月以降に
実家に顔を出すべきだった。
父の手紙が届いたときに飛んではいったが
もっともっと踏み込むべきだった。
台所の椅子に座っていた母の首を振った表情をもっともっと
自分のものにすべきだった。
強引にでも、父から引き離し、すぐに病院に連れていくべきだった。

そんなことを言ったって
もうどうしようもないだろう、とつぶやく。
葬儀期間中は
弔問客の接待に追われて、そんな後悔は押し寄せなかったが
どうして
日常に戻ると、次から次へと、押し寄せるのだろう。
実家に正月以来、久々に帰ったとき
母の表情が変わっていたので
「お母さん、大丈夫か。」と尋ねたら
首を横に振った、あの表情。
あれを忘れないでおこう。
私への戒めとして、あの悲しい表情で(もう、だめだ)という首の振り方をした母を忘れないでおこう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« (6/7)義母の米研ぎ | トップ |   
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (fairy25)
2017-06-26 16:14:47
お母様のこと、謹んでお悔やみ申し上げます。
大切な方を失ったのですもの、
喪失感からしばらくは抜け出せないかもしれません。
後悔がまったくない、ということはどんな場合もないと思います。
ああしてあげればよかった、こうすればよかった
そんな堂々巡りの思いは、愛すればこそ。
お母様は、今はすべてわかっていると思います。
トモロッシさんが、元気で、前向きにいること、
それが一番嬉しいことだと思います。
一足先に行かれたもう一人のお母様と、あの世で楽しくおしゃべりでもしているといいですね。
今は無理でも、トモロッシさんが笑顔でいること、
それが、お母様が安心して、あの世で過ごせること
だと僭越ながら私は思います。





80歳代で命をまっとうしたこと、
Unknown (fairy25)
2017-06-26 16:19:37
80歳代で〜
のくだりは消し忘れたものです。
いろいろ文章を推敲して、どんなふうに書いたらいいだろうなどと、
試行錯誤していて、消し忘れたものです
Unknown (fairさんへ)
2017-07-01 09:20:28
fairさん、ありがとうございます。
日常の生活に戻って、気持ちは落ち着いてきました。
ブログに、当日前後のことを載せなくては(自分の記録として)と思っているのですが、それがなかなかできない。
あの時感じたことを載せないままにしておくのが後悔の元になるようで、近いうに書くようにせねば。
あとは、父のこと。
父と私の間(はざま)にいた母を失って、今ギクシャクしている2人です。
やはり「血」の問題なんでしょうかね。
まだ、その答えは出てはいない。
お悔やみ申し上げます (しゃちくん)
2017-07-07 07:34:48
コメントが遅くなりました。
トモロッシさんの冷静な対応に安堵しました。
親との別れをきちんと受け入れているからでしょう。
葬儀が済むまでは気が張っており、今も諸手続きに追われているでしょうか?

これからは一人残されたお父様のことも考えなければならないでしょうけど、一つ一つゆっくりとね。

まとまりのないコメントでごめんなさい。
Unknown (しゃちさんへ)
2017-07-12 04:42:44
返信遅れました。ごめんなさい。
なかなか、時間を取ってブログを書けないでいる自分がもどかしい。
気持ちは落ち着いています。
現実生活が大事ですものね。
ただ、父がどんな気持ちでいるのかが
私の推し量れないところです。
夫婦が配偶者を失った時の心の変化、
未知です、私にとって。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。